イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

極上のカルボナーラ パスタ スパゲッティ

   

極上のカルボナーラ パスタ スパゲッティ
極上のカルボナーラ パスタ スパゲッティ
 
イタリア料理レシピ
カルボナーラによく合うパスタ 
プルネーティ兄弟で作ったパスタ
1.2mmの太さです
ゆで時間が12分です
それだけもちもち感がありソースの絡みも
素晴らしい物があります
生ハムはグアンチャーレを使います
脂身がすごく
多い生ハムです
脂身の生ハムと知ってもいいくらいです
脂にすごく甘みがありそれだけでも楽しめます
チーズはペコリーノロマーノとパルミジャーノを同量使い
ペコリーノチーズの癖を押さえまろやかにしています
卵はやはりいい物を使いましょう
卵が命です
イタリア料理です
ビオラビオラ
ビオラ
イタリア料理に使用する食材2人分









スパゲッティ140g
ペコリーノロマーノ30g
パルミジャーノ30g+15g
6個
グアンチャーレ100g
オリーブオイル20cc+20cc
岩塩適量
ブラックペパー30粒+30粒

イタリア料理に使用する食材

プルネーティ兄弟のパスタ ブロンズダイス加工 スパゲッティ 2.2mm 500g
パスタ好きにはたまらない究極のパスタです
こしが強く噛みごたえのある太麺タイプですの
濃厚なミートソース
カルボナーラソースとの相性は抜群です
古き良きイタリアを求める
美食家達にも注目されている
長時間低温乾燥製法は
38℃以下の低温で約1週間
何工程もの手間をかけてゆっくりと
低温乾燥させるため
小麦本来の風味と甘みがしっかりと残り
またグルテンが硬くなりすぎず
茹でた時の最高の歯ごたえを感じることができます
・種類:スパゲッティ
・材料:デュラムセモリナ100%
・ゆで時間(目安):12分
・麺の太さ:2.2mm

イタリア/カラブリア産:プレシーラ社グアンチャーレ
グアンチャーレは
イタリアのパンチェッタと同じように
脂の層とお肉の層に分割されております
最大の特徴と致しましては
豚のトントロを塩付けにして
生ハムにしたようなイメージです
その脂身は・・・もう、もう甘くてたまりません
パンチェッタで作るカルボナーラより
グアンチャーレに置き換えて作りられた方が
大変美味しく召し上れます

ニワトリノニワ の絶品有精卵 1パック(10個入り)
素晴らしい環境で飼育されています
放し飼いの健康な鶏の卵 最高です
たまごかけごはんやポーチドエッグ、半熟卵に!
卵アレルギーの方でも食べられる卵?
ニワトリノニワ ねはん 生卵かけご飯 に最高

イタリア産/ペコリーノロマーノD.O.P【300g】
これは羊乳を使用しているので
好き嫌いが分かれてしまっても
仕方がないチーズですが
でもこのチーズが無いと
イタリアンレストランは
やっていけない位、需要の高いチーズです
その味わいはふわっと香る羊乳の香りに
甘~いミルクの味わいが特徴です

パルミジャーノ・レッジャーノ リゼルヴァ4年熟成 約220g
チーズの王様パルミジャーノ
4年熟成の最高級品です
良質なミルクと手間暇をかけた年月を経
おいしいチーズに仕上がりました

STASI社 高級エキストラ バージン オリーブオイル
西麻布タニーチャのシェフが認め
た至宝のオリーブオイル
世界オリーブオイルコンテスト
優勝商品

シチリア産岩塩・粗粒
この岩塩は
シチリア島ペレッリーノ鉱山の
地下1000mのところから採掘され
太古の岩塩は、お料理の味を
ぐっと引き立たせてくれます

プジョー エリス 電動 ソルトミル』 ソルト/ミル/塩/ワンハンド/片手
粗さ調整可能

【ブラックペッパー】 ホール100g
【最高品質】
有機オーガニック素材の無農薬・無肥料

プジョー 電動ペッパーミル エリスセンス 20cm
「エリス」は、挽き具合を
前もって選択できるシステムを備えています。
単4電池6本付き


イタリア料理レシピ手順
1.卵は
  冷蔵庫から取り出汁室温に1時間おきます
  4個は全卵を2個は卵黄のみを使います
  大きめのボウルに溶き卵にしておきます
2.ペコリーノロマーノは
  擦り下ろしておきます
3.パルミジャーノは
  30gを擦り下ろしておきます
  残りの15gは薄くスライスし飾りに使います
4.グアンチャーレは
  7mm角 長さ25mmの格子型にカットします
5.溶き卵を入れた
  ボウルにペコリーノロマーノ・
  パルミジャーノを入れ混ぜ合わせます
6.パスタパンに
  たっぷりをお湯を沸騰させ
  塩をお湯の量の1%を入れ
  パスタを入れゆでます
  パスタのゆで時間は袋に
  表示されている時間より
  2分間短めにゆでます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみいただけます
7.フライパンにオリーブオイルを入れ
  グアンチャーレを加えて
  中火で熱しグアンチャーレの脂身が
  透明になるように炒めます
  ブラックペパーはサランラップで
  くるんで肉タタキなどで
  タタキつぶします
  それの半量を加えます
  火を止めておきます
  後の半量30粒分は最後に飾りとして
  使います
8.パスタの茹で上がる
  2分前に弱火にかけ暖めます
9.茹で上がったパスタを
  入れ混ぜ合わせます
10.卵とチーズを混ぜ合わせたボウルを
   パスタの茹でた沸騰したお湯に乗せ
   フライパンで絡めたパスタを入れ
   オリーブオイル20ccを加えて
   混ぜ合わせます
11.食器に盛り付けます
   ブラックペパーを振りかけます
   パルミジャーノのスライスを飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理sori Yanagiスタイリッシュステンレスボウル5個セット

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー/Fissler ニュープロコレクションマルチスター20cm

IVV アリア 1873/52 チャージャープレート 31cm ブラック
素晴らしい料理専門のブログです
茶葉パスタ +        
chabaさんのブログです

前のブログ(レシピ付き)
旬の食材に触れ、季節の彩りを食す..みたいな。
心の味覚を培えば、
どんなことでも.楽しく味わえる。
そんなこんな。
長くおつきあい頂いております
ぜひご訪問下さい
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

カルボナーラ料理レシピ関連
グリーンアスパラのカルボナーラ パスタ フェトチーネ
卵黄のパスタ フェットチーネのカルボナーラ
明太子のカルボナーラ
カルボナーラ風 牡蛎とパンチェッタ パスタ リングイネ
ズッキーニのカルボナーラ スパゲッティ

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. メロン より:

    こんばんは^^
    本格的なカルボナーラはこうやって作るのですね^^
    勉強になりますね!!
    合うパスタも教えてくださってありがとうございます♪
    ポチッ☆っと応援♪

  2. おさむ より:

    こんばんわ
    素晴らしいパスタと、生ハム。
    チーズも2種類あわせて使われてて
    すごくコクのあるカルボナーラなんでしょうね。
    カルボナーラ大好きです。
    とても美味しそうです。

  3. らるむ。 より:

    おはようございます。
    カルボナーラジプシーなので、「極上の」に凄く反応!!
    いつかおいしい卵を買った時に是非とも作ってみたいです。
    生クリームを使わないレシピなので、パンチェッタも重要ですね♪
    探してこなくちゃヽ(^o^)丿
    応援☆

  4. しぇりこ より:

    おはようございます。
    カルボナーラですね。
    私も大好きです~~♪
    白のビオラ、清楚で可愛いですね。
    応援ぽち☆

  5. ranran より:

    長女が大好物のカルボナーラを私も頑張って本格的に作ってあげようかなー。
    とてもおいしそう♪

  6. タヌ子 より:

    カルボナーラ、夫の大好物です。
    パスタを頼むときは必ずと言ってよいほどカルボナーラを頼むのですが、フランスではなかなか美味しいものに当たりません。
    グアンチャーレ、クロアチアの生ハムやベーコンがこんな感じでした。
    フランスでここまで脂のあるものは買えないと思いますが、近いものがあるかどうか探してみます。

  7. misya より:

    こんにちは♪
    ため息が出ますね~~♪
    素材も、なにもかも厳選されたもの^^
    まったりと、美味しいのでしょうね♪
    一度で良いから、食べてみたい!
    超美味しそうです♪
    相変わらず、素敵な絵♪
    どんな方なんだろうと、一人妄想中です(笑)

  8. kazuyoo60 より:

    白いビオラが沢山咲いて、可愛いですね。
    生ハムにも種類が、当たり前のことなのに、今さらです。暮れに戴いたのを早く食べなくては。
    割っても盛り上がった卵ですね。
    大昔ですが、日持ちするのはどちらかと質問を受けました。無精卵の方が長持ちなのですってね。生きてないから?かな。

  9. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    これはたまらないですね。
    極上のカルボナーラというだけあって魅力的です。
    とても美味しそうです。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  10. ぴよ より:

    こんにちは。
    パンチェッタよりも、脂が多い豚の頬肉の
    グアンチャーレに、卵黄、Wチーズでカルボナーラ!!
    厳選された食材で、究極のカルボナーラを感じました。
    時間をかけて低温乾燥を施した
    プルネーティ兄弟のパスタ、
    小麦粉の持ち味が感じられるパスタなのですね。
    ‘極上のカルボナーラ’、とっても、おいしそう。。。です。
    応援☆ポチッ

  11. きー。 より:

    カルボナーラは自分で作るものではなくて食べに行くものだと、、、、。
    自分で作って成功した事ないんですよ 涙。
    今年こそはリュージさんのレシピを参考に自宅でカルボナーラと言えるようになりたいです。

  12. Sakulanbo より:

    こんにちは
    極上のカルボナーラ、材料のひとつひとつが吟味だれているのですね。
    こういうのは誰かに作ってもらってゆっくりと
    味わって食べてみたいです。

  13. K子 より:

    ryuji_s1さん こんにちは。
    本格的なカルボナーラ、いいですね。食べたくなりました。
    明日は久しぶりにスパゲッティ作ってたべようかな。 ryuji_s1さんほど本格的なのは無理だけど。^^

  14. RiRi* より:

    こんにちは。コメントありがとうございました。
    素敵なレシピですね。カルボナーラ大好きです。
    応援ぽち

  15. mayunbo94 より:

    極上のカルボナーラ!!
    凄く惹かれます^^
    究極のパスタにグアンチャーレ、卵も一人分3個!
    何もかもが素晴らしい食材でまさに極上ですね~♪
    黒のお皿にクリーム色が映えますし!
    あぁ食べたい☆

  16. fuu より:

    贅沢でおいしいでしょうね~
    時々紹介してあるオーガニックのブラックペッパーを取り寄せてみました。
    ハーブや紅茶もいろいろあって気に入ってしまいました。
    素敵なお店、ありがとうございます。

  17. ゆりりん より:

    究極のパスタに極上の生ハム。
    もう十分すぎるご馳走ですね~。
    お祝いの時に喜ばれそうです。
    とっても美味しそう^m^
    応援ポチ

  18. taeco より:

    おいしそう~。極上のカルボナーラに挑戦したい~!!!と思いました☆ カルボナーラに合うパスタ麺があるのですね!これまたとっても勉強になりました!!!探しに行ってみます!いつも、パスタの奥深いことを教えてくださってありがとうございます~^^

  19. suzu より:

    素材にこだわったカルボナーラ。
    本当に極上で美味しそうですね!
    カルボナーラに合うパスタがあることも初めて知りました。
    こんな素敵なカルボナーラが作れたらいいなあと思います。

  20. イヴォンヌ より:

    もっちりとしたパスタに生ハムとたまごとチーズで濃厚なお味なんでしょうね~
    やはり素材がすばらしいです。
    おいしそう!

  21. toruneko65 より:

    遅くなりましたがryujiさん、明けましておめでとう
    ございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
    実はわたし、カルボナーラが一番好きで、
    良く作りますが、目からうろこ…です。
    プルネ―ティ、始めて見聞きしました。
    最後にオリーブオィルを加えるのですね。
    新しい、パスタ・ワールドが楽しめそうです。
    ありがとうございました。

  22. やすへ より:

    カルボナーラは、大好きなのですが、いつも失敗しがちなんです。
    食材が本格的で、おいしそうです。参考になります。
    いつも、ありがとうございます。

  23. TWINS より:

    こんばんは~
    静岡に行っていてちょっとブログをお休みにしていました。
    今日から再開です(^^)
    2人前でタマゴ4個も使うんですね~
    ブラックペッパーもつぶして。。。
    う~ん、メモメモです(*^^)v

  24. はるこ より:

    あ~なるほど、、、
    バンチェッタで作るカルボナーラより愚案チャーレの方が美味しい、、いいこと教わりました。
    カルボナーラはよく作るんですよ。

コメントを残す

  関連記事

牛バラ肉のパスタ リガトーニ
鶏せせりのパン粉焼き
かぼちゃのグラタンスープ
水牛のリコッタチーズのリゾット トマトソース
下仁田ネギとアサリのスープ
パスタ 栗のペンネッテ イタリア栗のクリームソース
しま海老のサラダオレンジ風味キャビア添え
秋鮭とカマンベールチーズのロースト
にんじんとミカンのサラダ
いわしのハーブ煮