イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,640、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鱈とじゃがいものパスタ ペンネッテ

   

鱈とじゃがいものパスタ ペンネッテ
鱈とじゃがいものパスタ ペンネッテ
 
イタリア料理レシピ
生鱈の切り身を時間を
たっぷりかけてフレークを作ります
これが大変ですが
できあがりはびっくりするほど
美味しいです
ぜひお楽しみ頂きたいです
パスタはショートパスタ
ペンネより細身のペンネッテを使います
イタリア料理です
なんてんなんてん
なんてん
イタリア料理に使用する食材2人分











パスタ ペンネッテ/TD>140g
鱈の切り身2枚
ローズマリー4枝
にんにく1片
オリーブオイル20cc
じゃがいも2個
牛乳200cc
ブッファラ バター無塩バター60g
海塩(塩の花)適量
ブラックペパー60粒

イタリア料理に使用する食材

最高級パスタ ペンネッテ 500g ペンネより細いパスタ
小麦の香り高く、
ソースの絡みが良く、
独特の食感を持った
比類ないパスタとして
ラティーニは評価されています

真鱈(まだら)切身(5切)
季節限定!真冬の一押し商品!

男爵 じゃがいも 10kg
北海道産のじゃがいも(男爵)

大分県産 ローズマリー
肉類全般の匂い消しや、
風味付けによく使われます。
鶏肉の皮の間に挟んで香り付けしたり、
ポテトと一緒に
炒めたりと、フレッシュハーブですので
かなり香りがつきやすいです
香りが強く、主にフランス料理によく使うものです

ブッファラ バター
■ ブッファラ バター
水牛乳100%で出来たバターです。
色は真っ白で、ミルクの風味が際立っています。
とても希少価値のあるバターです

特選大山おいしい牛乳900ml
白バラ牛乳の生乳は、
鳥取県内の新鮮な牛乳。
県内で搾られ、
県内の工場で製品化しています。
だから、搾乳から工場までの輸送距離が短く、
製品化までの時間が早くて鮮度バツグンです!

田子町産にんにく CL 14個前後
ほくほくの美味しさ!
ブランド産地、青森県田子町から産地直送

EXオリーブオイル プレジャート・リモーネ
■原 産 国:イタリア トスカーナ州 
■内容量: 250ml 
オリーブの青々しい香りと
スッキリと華やかなローズマリー風味が
一体となった
エキストラヴァージンのオリーブオイルです

マスコット メース 30g
「マスコット メース 30g」は、
ナツメグより甘い香りが強く
上品な香りのスパイスです。
フルーツケーキ等焼き菓子の風味付けにお使い下さい

シチリアトラパニ産
「究極の一番塩」(200g)
塩の世界的名産地
シチリア・トラーパニで
完全自然製法で作られた
ミネラル豊富な海塩
自然の力だけで塩田の表面に
一番最初に浮かぶ塩の結晶
(フィオール・ディ・サーレ(塩の花))を
手ですくい取っただけの究極の一番塩

プジョー エリス 電動 ソルトミル』 ソルト/ミル/塩/ワンハンド/片手
粗さ調整可能

【ブラックペッパー】 ホール100g
【最高品質】
有機オーガニック素材の無農薬・無肥料

プジョー 電動ペッパーミル エリスセンス 20cm
「エリス」は、挽き具合を
前もって選択できるシステムを備えています。
単4電池6本付き


イタリア料理レシピ手順
1.鱈の切り身は
  皮をはがし
  身の重さに対して2%の塩をふりかけ
  15~20分置きます
  網をしいたバットにのせラップします
  冷蔵庫の氷温室(チルド室)で
  15~20分程度置きます
  水分がたくさん出てきます
2.フライパンに
  オリーブオイルを入れ鱈を入れ
  弱火で炒めます
  木べらで身をほぐします
  しっかり炒め水分を飛ばします
  約3時間ぐらいかけます
  水分をしっかり取りぱさぱさにします
3.にんにくは
  縦に二等分にし中の芽の部分をきれいに
  取りいやな苦みをなくします
  微塵切りにします
4.じゃがいもは
  皮付きで塩茹でします
  お湯の量の1%の塩の量です
5.茹で上がったら
  ざるにあけ水気を切り皮を剝きます
ボウルに入れ
6.  マッシュでつぶします
7.牛乳・無塩バター・メース・塩を
  加えて混ぜ合わせます
8.ソースパンに入れ
  弱火で煮込み
  水分をしっかり飛ばします
9.フライパンに
  オリーブオイル・にんにくを加え
  弱火で丁寧に炒めます
10.鱈の身・じゃがいものピューレー・
   ローズマリー2枝を加え
   中火で炒めます
   とろみが付いてきたらOKです
11.パスタパンに
   たっぷりをお湯を沸騰させ
   塩をお湯の量の1%を入れ
   パスタを入れゆでます
   パスタのゆで時間は袋に
   表示されている時間より
   2分間短めにゆでます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみいただけます
12.パスタが茹で上がったら水気を切って
   ソースの入ったフライパンに入れ
   絡めます
13.食器に盛り付けます
   ローズマリーを枝ごと上にのせ
   飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー/Fissler ニュープロコレクションマルチスター20cm

IVV アリア 1873/52 チャージャープレート 31cm ブラック
E*N*JOY
kayさんのブログです

E*N*JOYにご訪問 ありがとうございます♪  
2008年10月末にイタリアへと転勤。
4足のお嬢さまとダンナと暮らしてます
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

鱈 料理レシピ関連
寒タラのコクのあるトマトソース パスタ リングイネ
真鱈と白子のパスタ リングイネ
真鱈のロースト カブのスープ
真鱈とジャガイモのグラタン
骨なし真鱈のソテートマトソース和え

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. らるむ より:

    今日は応援だけで失礼します。
    ポチ☆

  2. タヌ子 より:

    ブランダードをパスタに絡める。
    考えたこともありませんでした!
    塩干し鱈を使うと塩抜きに2日ぐらいかかって大変ですが、生の鱈から作るとちょっと時間が短縮できますね。

  3. siawasekun より:

    おはようございます♪♪
    鱈とじゃがいものパスタ ペンネッテ、・・・・・・。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    いつも、コメント&応援ポチに、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  4. メロン より:

    おはようございます^^
    生鱈からのフレーク
    お手間が掛かる分美味しいでしょうね♪
    ローズマリーも生を使えば風味が良いですね!
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  5. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    鱈とじゃがいもの組み合わせが素敵です。
    とても美味しそうですね。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  6. kazuyoo60 より:

    南天の実が食べられてませんね。我が家のは少ない実しかつかなかったのに、その実も半分以下になっています。
    鱈をですか。棒鱈以外、今はあまり買わない魚です。カツオ(生節から)のフレークは作ったことがありました。何でも自分で試さなくてはですね。

  7. taeco より:

    鱈を使ったパスタは初めて見たような気がします!!! 想像もしたことなかったですが、とてもおいしそうですねぇ~*^^* ペンネッテも気になります@@ 素敵なレシピを紹介してくださって、ありがとうございます(^^)/

  8. たかぼん より:

    こんにちは。
    これは、確かに作るの大変そうです。
    どこかのお店で食べれるなら食べてみたいです。

  9. ボーノ より:

    ryujiさん
    和風素材と良く合いそうで美味しいパスタなんでしょうね。 応援☆

  10. mayunbo94 より:

    鱈とじゃがいも合いますよね~^^
    フレーク作りに3時間とは手間がかかってますね!
    考えただけで絶対おいしいです!!
    あぁ食べたい☆

  11. puffpuff より:

    タラのフレーク、
    じっくり時間をかけて素晴らしいですね!
    美容にも良さそうです!

  12. tana より:

    こんにちわ^^
    今の時期の鱈は美味しいんでしょうね~^^
    鱈のフレークってすごいですね!
    美味しさが凝縮されるんでしょうね~!
    応援ポチリ☆

  13. kei より:

    こんばんは~。
    鱈とじゃがいもの組み合わせ、大好きです。
    コロッケやグラタンにすることが多いのですが、
    パスタは作ったことなかったです。
    メース初めて知りました。
    また勉強になりました~。

  14. TWINS より:

    こんばんは~
    生鱈をフレークになるまで
    水分を飛ばすんですね!
    もちろんやったことはありませんが
    おいしい予感をヒシヒシ感じます(^^)

  15. misya より:

    こんばんは~♪
    うん、たまりません♪
    とっても好みです♪
    鱈にジャガイモ・・・これだけでノックアウト☆
    しかも大好きなローズマリーときました^^
    これは、こちらでも手に入りやすい食材なので是非、挑戦してみたいです。
    驚くほど美味しいフレーク・・よだれものです^^
    お身体ご自愛くださいませ。

  16. こまちまま より:

    タラのパスタ!これは初めて見ました!
    あの塩気がいい味出してくれるんでしょうね^^
    おいしそう!!!!
    今度タラを入手しtたら挑戦してみます!!

  17. duckbill より:

    すごく美味しそうなパスタですね♪
    これは生鱈だけでなく、干し鱈を戻したもので作っても美味く出来そうですね。

コメントを残す

  関連記事

海老のニンニク焼き
鶏むね肉のパスタ リングイネヘーゼルナッツペースト
ラムの赤ワイン煮こみ
牡蛎のコンフィのリゾット
ポルチーニ茸のクリームパスタ
夏野菜の冷製スープ
ニンジンのポタージュスープ
パスタ フェットチーネ 新タマネギのローストソース
鴨胸肉のカシスソース煮
ホワイトアスパラのグリル ポーチェッドエッグ添え