イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

うすいえんどう豆とグアンチャーレの煮込み

   

うすいえんどう豆とグアンチャーレの煮込み
うすいえんどう豆とグアンチャーレの煮込み
 
イタリア料理レシピ
甘みのある新鮮なうすいえんど豆と
甘い脂身が身上のグアンチャーレが
良くマッチします
野菜ののブロードで煮込みます
イタリア料理です
アリッサムアリッサム
アリッサム
イタリア料理に使用する食材2人分









うすいえんどう豆24鞘
グアンチャーレ100g
オリーブオイル30cc
にんにく1片
野菜のブロード100cc
たまねぎ1/2個
岩塩適量
ブラックペパー(粗挽き)適量

イタリア料理に使用する食材

和歌山産 紀州うすいえんどう(実えんどう) 約1kg入 Lサイズ
豆ご飯・かきあげや卵とじに
新鮮採れたてを農園より直送!
『うすいえんどう』は
実を食べるえんどう豆の品種で、
和歌山県は日本一の生産量を誇ります。
豆ご飯を作るのにぴったりで、
他かきあげや卵とじにもおすすめです。
とても甘くて、塩茹でするだけでも
美味しくいただけ、
グリーンピースなどが嫌いな方にもおススメします。
イタリアのグリーンピースに近い感じです

イタリア/カラブリア産:プレシーラ社グアンチャーレ【約700g不定貫】
グアンチャーレは
イタリアのパンチェッタと
同じように脂の層とお肉の層に
分割されております。
最大の特徴と致しましては、
豚のトントロを塩付けにして
生ハムにしたようなイメージです。
その脂身は・・・もう、もう甘くてたまりません

ウェル ビオロジコ 野菜ブロード【輸入食品】
150g
イタリア産
無農薬伝統農法による野菜を使い、
化学調味料・着色料を加えず製造した、
野菜のコクと旨味の効いた野菜スープです。
顆粒状なので調味料としてもお使い頂けます。

エクストラヴァージンオリーブオイル『タジャスカ』【750ml】
イタリア/リグーリア産

2011年度産 淡路島『たまねぎ』 10kg入り!
10kg(20個~30個)
2Lサイズ中心でお届けしますが、
収穫の都合上、L・Mが
混ざる場合がございます。

シチリア産岩塩・粗粒
この岩塩は
シチリア島ペレッリーノ鉱山の
地下1000mのところから採掘され
太古の岩塩は、お料理の味を
ぐっと引き立たせてくれます

プジョー エリス 電動 ソルトミル』 ソルト/ミル/塩/ワンハンド/片手
粗さ調整可能

【ブラックペッパー】 ホール100g
【最高品質】
有機オーガニック素材の無農薬・無肥料

プジョー 電動ペッパーミル エリスセンス 20cm
「エリス」は、挽き具合を
前もって選択できるシステムを備えています。
単4電池6本付き


イタリア料理レシピ手順
1.うすいえんどう豆は
  さやから取り出します
2.グアンチャーレは
  1cm角×長さ3cmの格子切りにします
3.たまねぎは
  繊維に沿って出来るだけ薄く
  スライスします
4.ソースパンに
  野菜のブロードを入れ
  うすいえんどう豆の身を取りだした
  鞘のみを全て入れ中火で軽く煮込み温めます
  鞘が完全に煮込まれたら(15分寒ぐらい)
  鞘だけを取ります
  そのまま弱火で温めておきます
5.別のソースパンに
  オリーブオイル30ccを入れ
  グアンチャーレを加えて弱火で
  丁寧に炒めます
6.しっかり脂に透明感が出てきたら
  たまねぎを加え弱火で炒めます
7.たまねぎが透明になったら
  うすいえんどう豆を加え軽く炒めます
8.温めておいた野菜のブロードを入れ
  軽く木べらで混ぜ合わせます
9.ソースパンの蓋を閉めて
  230℃に設定したオーブンに入れ
  20分程度煮込みます
10.取りだしてボウルに
   全てを移し入れ木べらで
   軽くかき混ぜながらあら熱を取ります
   こうすることによって味がなじみ
   おいしさが良く行き渡ります
11.食器に盛り付けます
   ブラックペパーを軽く振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

ドイツ 正規品 Fissler 『ソースパン浅型16cm』 プロコレクション/フィスラー/

ロイヤルコペンハーゲン エレメンツSAGE ディープ プレート 24cm
私がいつもお世話らなっています
素晴らしいブログをご紹介します
ぜひお訪ねして見て下さい
ゆりぽむ通信別館◇酒肴館◇
ゆりぽむさん

マドワージュ世代の酒肴メインブログ
~こんな肴で呑んでます~
長いおつきあいを頂いております
ぜひお訪ね下さい
ぜひご訪問下さい
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

グリーンピース  料理レシピ関連
うすいえんどう豆のパスタ 
ブルニア タヤリンたまご麺

そらまめとグリーンピースのパスタ フェットチーネ
ズッキーニのイタリアの
グリーンピース・生ハム詰めのイタリアの
グリーンピース・生ハム詰め

お米とグリーンピースのスープ

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. duckbill より:

    うすいえんどう豆とグアンチャーレの脂の甘さ、合うでしょうね。
    素晴らしく美味しそうです♪

  2. らるむ。 より:

    おはようございます。
    今日もうすいえんどうレシピですね♪
    グアンチャーレの甘味がすいえんどうに凄く合いそう!と想像でヨダレが・・・(笑)
    もう少し温かくなったら、春野菜のパスタを作りたいな(*^_^*)
    応援☆

  3. al17 より:

    エンドウを今年は沢山の大型プランターで
    栽培していますから これは凄い嬉しい
    レシピですよ~ヾ(^▽^)ノ
    その節は作らせて頂きます♪
    ( ..)φメモメモ
    いつも素敵なレシピを有難うございます。

  4. tamakiti より:

    今日の料理も美味しそうです。
    食材を見るだけでも楽しいな♪

  5. しぇりこ より:

    うすいえんどう豆ってあるんですね。
    初めて知りました~~♪
    種を見つけたら栽培して見ます。
    アリッサム~可愛い花ですね~♪
    応援2ぽち☆

  6. ゆりりん より:

    凄く美味しそうです。
    グアンチャーレ凄く素敵な食材ですね~。
    間違いなく美味しそうです!!!
    応援ポチです

  7. ぴよ より:

    おはようございます。
    スープやサラダ、メインのサブとして
    脇役になりがちな うすいえんどうが、
    主役に抜擢された一皿!!
    きっと、一際、グリーン色が映えて優美…と、感じました。
    グアンチャーレと共に煮込まれて、
    ふっくら♪とした‘うすいえんどう豆とグアンチャーレの煮込み’、
    とっても、おいしそう♪。。。です。
    応援☆ポチッ

  8. kazuyoo60 より:

    アリッサムがにぎやかですね。連日の寒さにも負けず、我が家でも頑張っています。
    イノシシの肉も脂が美味しいそうですね。食べたのはイノブタだけだったかな?。イノシシもあったかな、大昔のこと、味さえも定かではないです。
    イノシン酸たっぷりの美味しいブタからなのですしょう。

  9. Sakulanbo より:

    こんにちは
    うすいえんどう豆とグアンチャーレに玉ねぎの組み合わせがとってもおいしそうですね。
    食べてみたいです。

  10. taeco より:

    えんどう豆のレシピもたくさんですねぇ。えんどう豆、いっぱい入っていても安心になります~♪ グアンチャーレと一緒にしてもおいしいんですねぇ~@@ おいしそう~。

  11. mayunbo94 より:

    今日のうすいエンドウ豆はグアンチャーレとの煮込み!!
    おいそーう!!
    おいしいもの同士の組み合わせ
    今度作ってみます☆

  12. たかぼん より:

    こんにちは。
    グアンチャーレって脂身が凄いですね。
    甘いんですか。
    でも、脂身が多すぎるのちょっと苦手かもしれないですf^_^;)

  13. ranran より:

    エンドウ豆の種類もたくさんあるんですねー。
    豆大好きだから、この料理も気になります♪
    アリッサム、白い花がきれいですよね~(● ̄(エ) ̄●)ノ

  14. dove-2 より:

    御来訪有難うございました。
    少し前のryujiさんのレシピにあったカモネギが作りたくて、ずっとカモ肉を探しているのですが、この辺りの店には置いてないようです。
    今度、中心街に出かけた時に探してみます。
    この御料理もとても美味しそうっ!
    塩漬けの肉は昔、自家製を作っていたのですが、最近は御無沙汰です。
    この町では、こうした輸入系の肉類が品薄で代用品を探すしかないのです…。
    このエンドウはサトウエンドウと考えてもいいのでしょうか?

  15. tana より:

    こんにちわ^^
    今日はうすいえんどう豆を煮込みにしたんですね!
    食材の甘みが楽しめそうな一品でとっても美味しそうです!
    グアンチャーレ、食べてみたいです~^^
    応援ポチリ☆

  16. イヴォンヌ より:

    うすいエンドウ豆の煮込みなんですね~
    これもとってもおいしそうですね♪

  17. misya より:

    こんばんは~~♪
    うすいえんどう豆・・・お写真で拝見するかぎり、とても大きなお豆さんのような^^
    大人になって好きになりました^^
    最近は、大好きです♪
    子供の頃、豆ごはんも、オムライスの中のお豆も苦手でした。
    好き嫌いって年々変わるようです。
    新鮮で美味しいお肉って
    脂身が甘いのですよね・・・♪
    とても美味しそうです♪
    春の一皿ですね^^
    お身体ご自愛くださいませ。

コメントを残す

  関連記事

新ジャガイモ メークイーンのフリット
三元豚ロース肉のソテー 巨峰とソルダムのソース
小柱のフレッシュトマトのパスタ スパゲッテーニ
なすのリゾット
ロマネスコのパスタ オレッキエッテ
no image
そらまめ・生ハム・マスカルポーネのフェットチーネ
緑野菜の冷製パスタ
パスタ スパゲッティ-ニ 落ち鮎とボッタルガ
手羽中の香料醤油和え
家族のクリスマス会
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。