イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,580、パスタのレシピ数は1586。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

そらまめ へコリーノソース仕立て

   

そらまめ へコリーノソース仕立て
そらまめ へコリーノソース仕立て
 
イタリア料理レシピ
イタリアのそらまめは
日本の半分ぐらいの粒の大きさです
イタリア中部では、
前菜に、新鮮な空豆を生のまま、
ペコリーノチーズ(羊のチーズ)と
一緒に味わう週間があります
生というのに抵抗を感じますが、
少し青臭く苦みがある生の空豆は、
ペコリーノチーズの濃厚さと合わさって、
口の中で実に素敵な春の味に変身します
最も日本のそらまめとは少し違いますが
日本のものでも
取り立てでしたら美味しくいただけます
ここではそらまめは茹でます
ペコリーノロマーノチーズは
擦り下ろして生クリームと混ぜ合わせ
ソースに仕立てます
このソースを絡んで頂きます
イタリア料理です
クリスマスローズクリスマスローズ
クリスマスローズ 
イタリア料理に使用する食材2人分




そらまめ10鞘
ペコリーノロマーノチーズ30g
生クリーム100cc

イタリア料理に使用する食材

空豆(そらまめ)さやつき!2kg
鹿児島県では、
8月から10月にかけて植付され、
11月から5月の他県に見られない
長期間の出荷がされています。
特に2月の立春以降は、
春の商材として欠かせない野菜です。

イタリア産/ペコリーノロマーノD.O.P【300g】
カットチーズに関しましては、
お客様からご注文を頂いてから
カット処理を行い、切り立てをお届け致します

「特選北海道純生クリーム47」 200ml
北海道ミルクの美味しさたっぷり
ご家庭用の少量タイプ
タカナシ生クリーム
北海道クリームならではの香り、
旨み、コクが最も濃厚な47%クリーム。
料理にも製菓にも使うことができ、
併せる素材を選びません。
お魚のムースやキッシュ、
生キャラメル作りにもおすすめです。


イタリア料理レシピ手順
1.***そらまめを茹でます
  水の量1000cc
  塩30g
  酒 100cc水
2.そら豆を
  さやからとりだします
  豆の頭の黒いスジに包丁で
  切れ込みを入れておきます
3.水をソースパンにいれ
  沸騰したら、塩・酒を入れます
  そら豆を入れて2分です
4.茹で上がったそらまめを
  ざるにあげて冷まします
  冷水に取ら内容にします
  そらまめが水っぽくなります
  うちわであおぎます
5.そらまめの
  あら熱が取れたら
  切れ目のところから薄皮をむきます
  崩れやすいので
  優しく扱いましょう
6.***ペコリーノロマーノソースを作ります
  ペコリーノロマーノは
  擦り下ろし手おきます
7.ソースパンに
  生クリームを入れ弱火で温めます
  沸騰させないで下さい
  十分に熱くなってきたら
  ペコリーノロマーノを入れ
  混ぜ合わせ溶かし込みます
8.食器に盛り付け
  上からソースを回しかけます
イタリア料理に使用する調理器具

【新品】【18-0ステンレス製 四面 チーズおろし器】

ドイツ 正規品 Fissler 『ソースパン浅型20cm』

墨 プレート 23cm M 4枚セット
Mrs.ペザントの独り言
pezantさん

幼少からピアノを自ら始め
以後ピアノと共に人生を歩んでまいりました。
19歳からピアノを教え、
共生徒と学び、以後、発表会や、
演奏活動を行ったりいたしました。
また、20代から、バレエを始め、
舞台にたつ喜びを味あわせていただきました。
好きな踊りはペザント、海賊、胡桃割人形、
料理に興味を幼少の頃から持ち、
来客の多い中でいかに手早く、
身体に優しい料理を「美味しいね」の
一言を聞くのを生き甲斐にし、
毎日家族、友人のためにレシピを考案しております。
楽しいブログです
ぜひお訪ね下さい
ぜひご訪問下さい
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

そらまめ  料理レシピ関連
そらまめとペコリーノロマーノのパスタ リングイネ
ファーべ(イタリアンそら豆)
ペコリーノ・ロマーノとブラックペパーのパスタ キッタラ

スクランブルエッグ 空豆入りパルミジャーノ風味
ズワイカニと空豆のパスタ フェットチーネ
そらまめの冷たいスープ

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    おはようございます。
    今日の食材はシンプル!
    でも、その分素材のおいしさを味わう料理ですね♪
    スーパーにもソラマメが並び始めましたね~。
    応援☆

  2. kazuyoo60 より:

    元気なクリスマスローズです。赤い色が綺麗ですね~。我が家の次の株も咲き始めてきました。撮ってこなくては!。
    黄緑の艶々ソラマメ、早くから並びますが、作っていたときはまだ花も咲かない時期だったと記憶です。

  3. taeco より:

    ソラマメのおいしそうな食べ方ですねぇ~。豆は豆腐やみそで摂取しがちなんですが、イタリアンでも積極的に採り行けていけたらなぁ~と思っていました。嬉しいレシピです(^^)/

  4. Aqua より:

    私の大好きな空豆の季節がまた巡って来たのですね~!
    ペコリーノも好きです。
    春のレシピですね~。

  5. ぴよ より:

    こんにちは。
    大粒の空豆は、春の代表選手で好きです。
    蒸して摘むことがおおいのですが、
    その空豆が、ペコリーノロマーノチーズが
    ベースのソースが添えられてお洒落な一皿に!!
    ブラックのお皿に、春野菜の空豆と
    ホワイトカラーのペコリーノロマーノソースが、
    とてもスタイリッシュで、素敵。。。と、思いました。
    とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

  6. ryuji_s1 より:

    うきょうさんコメント有り難うございます
    がんばって
    素敵なコックさんに

  7. ボーノ より:

    ryujiさま
    そら豆の季節なんですね。そら豆と羊のチーズ仕立てクリームは、見た目も合いますが味もマッチしているのでしょうね。☆彡

  8. suzu より:

    そら豆大好きです。
    イタリアでは新鮮なものは生で食べられるのですね。
    シンプルだけど素材の美味しさを楽しめるお料理。
    私も是非味わってみたいです♪

  9. dove-2 より:

    いつも温かい御言葉有難うございます。
    また季節が巡ってきましたね。
    春の味…。
    新鮮なソラマメが手に入ったら作ってみます。
    カモ肉よりはずっと手に入りやすいですから…。
    なすのムースも素敵だけど…。

  10. TWINS より:

    こんにちは~
    空豆は数年前まで食べられなかったんですが、
    今は大好きになってます。
    生クリームとチーズには
    絶対よく合いますね(^^)

  11. イヴォンヌ より:

    そらまめとぺコリーノチーズおいしそうな組み合わせですね。イタリアの生のそらまめと一緒に是非たべてみたくなっちゃいました♪

  12. cherry より:

    こんばんは!
    食材の空豆・・・・・・・すっかり春らしい
    ですネ~♪
    ワインと、とても相性が良さそう~(^^)
    イタリアの生食用の空豆、一度食べて
    みたいですネ。

  13. fuu より:

    もうそら豆の時期ですね。
    ペコリーノソースで食べたくなりました。

  14. kay より:

    ryujiさんのレシピを見て食べたくなってそら豆を買ったのですがチーズがなかったので以前イタリアで作ったそら豆の前菜にしてしまいました。(汗)
    リンクさせて頂いてます。
    FB等の件に関して時間がある時にメールさせて頂きますね。

  15. duckbill より:

    生でソラマメだけ食べると青臭いのが、ペコリーノロマーノをかけて食べると、全然青臭さが気にならなくなりますよね。
    時々日本のソラマメでやっています。
    でも茹ソラマメに生クリームとペコリーノロマーノを合えたソースは又、素晴らしく美味しそうですね♪

コメントを残す

  関連記事

鰆(さより)の菜の花蒸
ししとうとミニトマトの炒めもの
ズッパ・ディ・ペッシュ
パスタ リングイネ スルメイカ イカ墨ソースシシリアンルージュ添え
カジキマグロのケッカソース
ガーリックバターとホタテ貝
田作り
no image
むらさきいもとにんじん リコッタチーズのサラダ
カーヴォロ・ヴェルッツァとイベリコ豚バラのラグーパスタ
パスタ キタッラ ほうれん草とリコッタチーズソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。