イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

マグロとほうれん草のパスタ ストロッツァプレティ

   

マグロとほうれん草のパスタ ストロッツァプレティ
マグロとほうれん草のパスタ ストロッツァプレティ
 
イタリア料理レシピ
ほうれん草の甘み
マグロのうまみが
パスタに絡んで
素敵な風味を味わえます
パスタはショートパスタ
ねじれていてソースの絡みがいい
ストロッツァプレティをつかいます
イタリア料理です
アネモネアネモネ
イタリア料理に使用する食材2人分









パスタ ストロッツァプレティ120g
マグロ(赤身)80g
ほうれん草4本
にんにく1片
ペペロンチーノ5本
オリーブオイル40cc
海塩(塩の花)適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

ソースが絡むショートパスタ最高級パスタ 
ストロッツァプレティ500g
パスタの表面は高温でも
かたくならないため、
湯はパスタにしみ入り、
湯きり後も20~30秒の間は
加熱の状態が続きます
おもしろい形のねじれパスタです

天然本マグロ赤身200g!
皮・血合いなし可食部100%!
脂ののったもっちり赤身を
ご堪能下さい。
解凍方法のレシピ付!

石川県産 ほうれん草 200g 1把
しっかりとした軸に甘さがあります

上級品Mサイズ【田子町産にんにく M(A~B)20個前後】
雪のような純白
青森県産田子にんにく
☆丸まると豊かな形!
ほくほくの美味しさ!
ブランド産地、青森県田子町から産地直送

赤唐辛子(ペペロンチーノ)100g
本場の赤唐辛子は本当に辛いんです

イタリア/ピアノ・グリッロBIO/EXオリーブオイル【500ml】
「ピアノグリッロ」は、
当店の人気のオイルREと
同じ品種トンダ・イブレア
100%で搾油されるオリーブオイルです。
しかし、同じ品種の特徴である
青いトマトの香りが主張しながらも
テロワール(畑、栽培方法)も違うので
また違った個性を持っております

シチリアトラパニ産 「究極の一番塩」(200g)
自然の力だけで
塩田の表面に一番最初に
浮かぶ塩の結晶
(フィオール・ディ・サーレ(塩の花))
を手ですくい取っただけの究極の一番塩です

【ブラックペッパー】 ホール100g
【最高品質】
有機オーガニック素材の無農薬・無肥料

プジョー 電動ペッパーミル エリスセンス 20cm
「エリス」は、挽き具合を
前もって選択できるシステムを備えています。
単4電池6本付き


イタリア料理レシピ手順
1.にんにくは
  縦に二等分にし中の芽の部分をきれいに取り
  いやな苦みをなくします
  微塵切りにします
2.ペペロンチーノは
  手で二つに折り中の種を取り除きます
3.マグロは
  2cm角のサイコロ状にカットします
  ボウルに入れオリーブオイル・塩を加えて
  マリネします
  1時間ぐらいです
4.ほうれん草は
  4本使います
  根の部分は切り落とします
  4等分にカットします
5.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  1分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
6.フライパンに
  オリーブオイル・にんにく・
  ペペロンチーノを入れ弱火で丁寧に炒めます
7.にんにくの
  香りが十分にたってきたら
  ペペロンチーノは取り出します
  いったん火を止めます
8.ほうれん草とパスタの茹で汁40ccを加え
  中火にして炒めます
  火を止めます
9.パスタの茹で上がる
  1分前に火を付け弱火で温めます
  パスタが茹で上がったら火をとめます
10.茹で上がったパスタの
   水気を切りフライパンに入れ
   マグロも加え混ぜ合わせます
   マグロはパスタの熱で表面が
   少し白くなります
   これでOKです
11.食器に盛り付けます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理sori Yanagiスタイリッシュステンレスボウル5個セット 

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

フィスラー/Fissler ニュープロコレクションマルチスター20cm

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)ベッキオホワイト  プレート 26cm
すてきなブログを紹介いたします
藤野幸子のお家で簡単まかないイタリアン!!
sacchiさんのブログです

大学卒業後、
大手航空会社客室乗務員として勤務。
結婚と同時に、ヨーロッパ海外駐在。
イギリス、ドイツに5年ほどくらす
その間、コルドンブルーなど現地料理教室、
ドイツのイタリアレストランの厨房で
イタリア人と働き、イタリアの魅力にはまり、
イタリア各地を旅行、料理学校などでイタリア料理を研究
帰国後、1997年より、
お家で作る簡単まかないイタリアンの教室
CUCINA ITALIANA SACCHI
クッチーナイタリアーナサッチを世田谷と
横浜日吉で開催
日本帰国後は。オリーブオイルソムリエ、
野菜ソムリエの資格を取得。
ぜひご訪問をお願いします
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

マグロ
  料理レシピ関連
フレッシュトマトとマグロ赤身のパスタ カペッリーニ
メバチまぐろのソテー 赤パプリカと ミントのソース
本マグロの中トロ ボッタルガ 
温度たまご添え ケッパー グリーンアスパラ

本マグロほほ肉のパスタ ズィート コルト リッショ
マグロのタルタル ハーブ風味 
オリーブオイル アンチョビー

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    おはようございます。
    おいしそうな鮪の写真にヨダレが~(笑)
    あまり作らないけど、魚を使ったパスタも好きです。
    ほうれん草と鮪が意外な組み合わせですが、これもおいしそう♪
    応援☆

  2. メロン より:

    おはようございます^^
    マグロの赤身を使ったパスタ
    またまたお初のレシピです~
    素敵なレシピ、ありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  3. sacchi より:

    ryujiさん、いつもおいしそうです!
    今日私もryujiさんのブログを私のブログで紹介させていただきました~。

  4. kazuyoo60 より:

    今年も綺麗なアネモネが咲きましたね。どちらの色も可愛いです。
    オリーブオイル・塩のマリネなのですね。これで美味しさだけが残るのですね。

  5. ぴよ より:

    おはようございます。
    大蒜&鷹の爪の香りを、
    ほうれん草に炒めながら移して、
    鮪とパスタ料理に!!
    ストロッツァプレティは、‘S’字のような
    ねじれを持つパスタなのですね。
    パスタソースをキャッチしたストロッツァプレティと、
    たっぷりのほうれん草と、レア感のある鮪が、
    とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

  6. えみ姉 より:

    ストロッツァプレティ???
    食べてみたいな~、生きてるうちにお目にかかれるかな~?(笑)
    ツナとほうれん草って合いますもんね♪
    そのパスタでは最高でしょうね☆
    ぽちっと応援して拍手~♪

  7. suzu より:

    まぐろとほうれん草で色合いもキレイ。
    とっても美味しそうですね!
    ストロッツァプレティ、最高級のパスタいつか食べてみたいなあ。
    素敵なお料理ですね♪

  8. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    とても美味しそうです。
    マグロとほうれん草の組み合わせが魅力的ですね。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  9. Aqua より:

    Ryujiさん、こんにちは!ストロッツァプレティ美味しそうなパスタですね。
    マグロとほうれん草ならアメリカでも手に入る食材です(^ー^)

  10. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    イイですね~~
    マグロとほうれん草のパスタ。
    彩りもきれいなパスタですぅ~~
    いつもありがとう~♪

  11. RiRi* より:

    こんにちは。コメントありがとうございました!
    美味しそう~。マグロもほうれん草も、大好きです。
    色合いが良さそうですね。
    アネモネ綺麗です。

  12. ゆりりん より:

    赤身のまぐろいいですね~。
    鮮度も抜群で美味しそう。
    脂肪分も少なくてヘルシーですよね~。
    たんぱく質もしっかり摂れるし、
    またほうれん草でカルシウムなんかも。
    栄養バッチリ!!

  13. mayunbo94 より:

    まぐろとほうれん草の組み合わせ、初めてです^^;
    舌をかみそうな(笑)このショートパスタも初めてです!
    もうこれは食べてみた~い☆

  14. たかぼん より:

    こんにちは。
    マグロにほうれん草、どちらも大好きです。
    これは、食べたい。

  15. puffpuff より:

    うわぁ~、美味しそうです!
    生のマグロを使うんですね。
    いろいろな味が楽しめて楽しいです。
    アネモネ、綺麗ですね、春はお花がいっぱいでワクワクします。

  16. Sakulanbo より:

    わあ、マグロがこんなおしゃれな
    イタリアンになってしまうのですね。
    食べてみたいです。

  17. こんにちは(^O^)/
    わぁぁぁ~マグロのマリネを入れるんですね。
    とっても美味しそうです(#^.^#)
    いつも美味しいレシピをありがとうございます。

  18. misya より:

    こんにちは♪
    おおお、鮪にほうれん草♪
    なんて綺麗なパスタなんでしょ♪
    ソースが絡みやすいショートパスタで♪
    とっても美味しそうです♪
    ここにお邪魔すると、俄然パスタが食べたくなります^^

  19. hannoah より:

    ryuji_s1さん、おはようございます。
    まぐろが大好きなので、パスタに入っていると
    とても嬉しいです~♪ マリネされて、パスタと
    絡まり易くとても食べやすくて美味しそうです!
    ピリ辛味で、ワインにも良く合いますね(^^)
    いつも素敵なレシピを有難うございます♪

  20. Riecco より:

    こんばんは!
    美味しいマグロの調理は
    これが一番美味しいですよね。
    この ほうれん草とストロッツァプレティのパスタが
    贅沢なマグロにピッタリな素晴らしい一品ですね!

  21. toruneko65 より:

    今日のパスタも興味深いです
    つい、先程食事してお腹いっぱいなのに
    どうにも食べたくなります♫
    アボガドのお料理のアーモンドペーストが、
    手に入れられません。今日、お取り寄せに。
    いつ来るのか待ちどうしいです。
    どうぞ、返コメント、お気ずかいないように。

  22. taeco より:

    こんばんは^^ マグロとほうれん草のパスタって、新しいですねぇ~!!! いただきたいわ~@@ ryujiさんのレストランが近所にできてほしいわぁ~☆☆☆

  23. TWINS より:

    こんばんは~
    マグロが半生状態のソースになるんですね!
    コレはおいしそう(*^^)v

  24. タヌ子 より:

    マグロはこのところ全く見かけなくなってしまいました。
    美味しいマグロが比較的簡単に手に入ったクロアチアが懐かしい。
    マグロはなかなか他のお魚では代用が聞かないところが辛いです。
    ryujiさんのブログを拝見していると、パスタの種類の多さにびっくりします。
    パスタも色々使いこなせたら楽しいですよね。

コメントを残す

  関連記事

tonnetto(かつお)のオイル漬けのパスタ リングイネ
鶏肉の赤ワインビネガー煮込み
なすとトマトのパスタ カムットスパゲッティ・ポモドーロ
アジのマリネ 
鴨のラズベリーソース
サルシッチャとミニトマトのパスタ フジッリ
たこのエスカルゴバター焼き
カジキマグロのケッカソース
no image
肉団子の甘酢あんかけ
パスタ フジッローニ 新たまねぎのソース