イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,640、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ブッタネスカ ドライトマト風味 パスタ 有機スパゲッティ

   

ブッタネスカ ドライトマト風味 パスタ 有機スパゲッティ
イタリア料理レシピ
ブッタネスカ
イタリア料理のメニュー
スパゲティ・アッラ・プッタネスカ
(Spaghetti alla Puttanesca)
娼婦のパスタという意味です
イタリアのパスタ料理の中でもかなり有名なパスタ料理です
今日はセミドライトマトを使用した料理です
セミドライトマトの凝縮されたうまみが全体を包みこみ
素晴らし一品になります
オステオスペルマムオステオスペルマム
オステオスペルマム
イタリア料理に使用する食材2人分












パスタ スパゲッティ140g
セミドライトマト(オイル漬け)40g
松の実50粒
ブラックオリーブ10個
アンチョビーフィレ2フィレ
ケッパー(塩漬け)30粒
白ワイン(辛口)50cc
オリーブオイル40cc
岩塩適量
ブラックペパー適量
イタリアンパセリ1枝

イタリア料理に使用する食材

古代小麦グラツィエッラ・ラ 有機スパゲッティ 500G
イタリアのアルチェネロ
農業協同組合認定で有機栽培した
古代小麦グラツィエッラ・ラのみ使用
セモリナ挽き(粗引き)して、
風味と栄養素を壊さない様に仕上げ、
特有のおいしさと食感を持ってます。

甘み、旨みが強烈凝縮! セミドライトマト オイル漬け 250g 
真っ赤な
完熟トマトを
セミドライにして、
ガーリック、オレガノなどを
加えたシンプルな味付けの
オイル漬けです。
オイルが馴染んで
やわらかな食感と
生のトマトでは味わえない
凝縮した旨みと甘みが特徴です。

スペインからの美味しい食材  アンチョビー 365g ロイヤルパール
カンタブリア地方の
アンチョビを原料にした
”ロイヤルパール”は、
発酵熟成した魚醤のような
魚の旨みと絶妙な加減の塩が
さらに上質なオリーブオイルに
よってまろやかな余韻を感じさせます

松の実
是非フライパンで
軽くローストしてみてください。
表面がうっすらとキツネ色に
なりかけるくらいになると、
とても香ばしくなります

フラーテピエトロ ブラックオリーブ3個セット
【イタリアから直輸入】
最も大きな「GGG」サイズの
極上のオリーブ。
太陽の恵みを受け、
ほんのりとした甘みがあります。
オリーブの中でも最大となる
「ベッラディチェリニョーラ」種

塩蔵ケッパー (500g)
ケッパーの大生産地、
シチリア島の北東部に浮かぶ
リーパリ島産の
ケッパーの塩漬け。
4~6mmの厳選された
小粒のケッパーのつぼみを
シチリアのミネラルたっぷりの海塩で
塩蔵しています

白ワイン カステラーレ ディ カステリーナ カノニコ
カステラーレは農薬、
化学肥料を使用しない
有機栽培でブドウを育てています。
カノニコは、シャルドネ100%を
使用したブルゴーニュ・スタイルの
辛口白ワインです。
熟したリンゴや黄桃のアロマ、
しっかりとしたボディ、
複雑味を持ち合わせたエレガントな
ワインです

イタリア/ピアノ・グリッロBIO/EXオリーブオイル【500ml】
「ピアノグリッロ」は、
当店の人気のオイルREと
同じ品種トンダ・イブレア
100%で搾油されるオリーブオイルです。
しかし、同じ品種の特徴である
青いトマトの香りが主張しながらも
テロワール(畑、栽培方法)も違うので
また違った個性を持っております

シチリア産岩塩・粗粒
この岩塩は
シチリア島ペレッリーノ鉱山の
地下1000mのところから採掘され
太古の岩塩は、お料理の味を
ぐっと引き立たせてくれます

プジョー エリス 電動 ソルトミル』 ソルト/ミル/塩/ワンハンド/片手
粗さ調整可能

【ブラックペッパー】 ホール100g
【最高品質】
有機オーガニック素材の無農薬・無肥料

プジョー 電動ペッパーミル エリスセンス 20cm
「エリス」は、挽き具合を
前もって選択できるシステムを備えています。
単4電池6本付き

愛知産 ”特選ハーブ” イタリアンパセリ
別名「パスレー」とも
呼ばれています。
パセリの仲間だお思ってください。
だから、パセリの香りがします。
見た目はパセリよりも、
上品でスマートです


イタリア料理レシピ手順
1.セミドライトマトは
  1cm角ぐらいにカットします
2.松の実は
  フライパンでから煎りします
  軽く焼き色がつくぐらいです
3.にんにくは
  縦に二等分にし中の芽の部分をきれいに取り
  いやな苦みをなくします
  微塵切りにします
4.イタリアンパセリは
  茎のブブカは取り除き粗く刻みます
5.ブラックオリーブは
  種抜き気で種を抜いておきます
6.塩漬けケッパーは
  ボウルに入れ水を加えて塩抜きをします
  10分間ぐらいです
  ざるにあけ水気を切り
  ペーパータオルで軽く包み込んで
  水気を吸い取ります
7.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
8.フライパンに
  オリーブオイル・にんにくを加え弱火で
  丁寧に炒めます
9.にんにくの香りが立ってきたら
  松の実を入れます
10.火をいったん止めて
   アンチョビーを加え混ぜ合わせます
11.白ワインを入れ
   中火にかけアンチョビーを溶かし込みます
12.ブラックオリーブ・ケッパー・
   セミドライトマト・ブラックペパー振り入れ
   混ぜ合わせます
13.パスタが
   茹で上がったら水気を切り
   フライパンに入れ
   パスタの茹で汁60ccを加え混ぜます
14.食器に盛り付け
   イタリアンパセリを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理sori Yanagiスタイリッシュステンレスボウル5個セット

オリーブの種抜き機  オリーブストーナー

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー/Fissler ニュープロコレクションマルチスター20cm

リチャード・ジノリベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
素晴らしいブログの紹介です
アジアンハーブごはん
いくみさんのブログです

バンコクでお料理クラスをしています。
一年中暑いタイでも
しっかり食べると、夏バテしません。
私が作る「なんちゃってではないタイ料理」に、
タイ人の夫家族も満足してくれます。
華僑系中国人の義母に習った
「中華」も作りやすくアレンジ。
ツアーコンダクダーとして
各国を廻った経験を活かして
オリジナルレシピを作っています。
レシピブログで皆さんのレシピを見るのがとても楽しいです。
タイはスパイス&ハーブ天国
「カラダに効く」お料理を手作りでおいしく!
ぜひお訪ね下さい
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

オレンジ 関連
鶏もも肉のラグー 赤ワイン風味
ドライトマトとオリーブへーストのパスタ リングイネ ガルム風味
オリーブとドライトマトペーストのパスタ ストラッチ
鯛とセミドライトマトのパスタ ペペロンチーノ
ドライトマト

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. 厨房男 より:

    イイですねぇ、ブッタネスカ。
    スタンダードをいつものとおり、
    極上素材で丁寧に。
    なかなかできそうでできない。
    経済的な理由はともかくとして、
    どうもいつも手を抜いてしまうボクにとっては。
    いやはや、頭が下がります。

  2. tamakiti より:

    これも美味しそうですね~。
    トマト+チーズ+パスタ=イタリア
    ですね。

  3. kazuyoo60 より:

    ほんのりピンク、とても可愛いオステオスペルマムです。
    オイル漬けのトマト、まだ出会ってません。出会ったら買います。食への工夫は無限ですね。

  4. ぴよ より:

    おはようございます。
    セミドライトマトの鮮やかさに、
    木の実やケッパーがたっぷり入るブッタネスカ!!
    炒った松の実が芳ばしくて、
    ケッパーの香りがふわっ♪広がる…と、感じました。
    完熟トマトのセミドライ×アンチョビのソースが、
    風味豊かで、とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

  5. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    有機スパゲッティーってネーミング、
    女子にうけそうですね^^
    しかも彩り豊かで すごく美味しそう~
    娼婦のパスタですか。
    パスタって奥が深いな~~

  6. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは
    このお花、オステオスペルマムっていう名前ですか?
    ほんのりピンクほっぺがになったような雰囲気のお花ですね。でも、この名前はきっと忘れちゃうと思います(^^ゞ
    プッタネスカ大好きです。
    シーズン問わず美味しいパスタ料理です。

  7. はるこ より:

    もう名前にぞっこんです。
    ♥娼婦のパスタ♥
    ぜひ作らねば、、、
    このレシピを印刷して、保管します。
    ケッパーも、オイル漬けのトマトも、アンチョビや
    オリーヴもそこいらで手に入りますし。
    うまく作れるかな、、、?

  8. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも魅力的ですね。
    とても美味しそうです。
    ドライトマトの活かし方が素敵です!!
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  9. Sivaji より:

    セミドライトマトとドライトマト、どう違うでしょう?
    松の実、からいりするんですね~。
    香りが立ちそうです。

  10. 庭乃桃 より:

    ryuji_s1さん、こんにちは。
    いつも嬉しいコメントをいただきありがとうございます♪
    セミドライトマト、目にも鮮やかで、
    美味しさがぎゅぎゅ~っと詰まっているのでしょうね!
    程良い酸味でさわやかながらも、しっかりと旨味も感じられる
    素晴らしいブッタネスカになりそうですね。
    可愛らしいお花の写真と共に季節の味を感じられる
    ryuji_s1さんのブログ、いつも本当に楽しく拝見しています。
    これからも楽しみにしております☆

  11. イヴォンヌ より:

    ブッタネスカって娼婦のパスタっていう意味合いはどこから来たのでしょうか?!
    でもハン生ドライトマトを使ってあってすっごくおいしそうですね♪

  12. ゆりりん より:

    ブッタネスカ美味しそうです!!
    セミドライトマトを使って、トマトの旨味も詰まってますね~。
    食べたーい(^-^)/
    お花も素敵です。

  13. toruneko65 より:

    こんばんは。
    私も以前トマトをレンジでチンしてドライトマトを
    作ってパスタを作ったことありますが、オイル漬けが有るんですね。
    本当に素晴らしいパスタですね。

  14. taeco より:

    ドライトマトを使うの、おいしいらしいですねぇー*^^* 一度食べてみたい、つくってみたいと思いつつ、挑戦できずにいます。ryujiさんのパスタは、見た目もきれいで、とてもおいしそうですねぇ。

  15. ヒカル より:

    こんばんは!
    セミドライトマトを使ったパスタいいですね~!
    ブラックオリーブも入って彩りが美しいです。
    勉強になります。
    美味しそうです!!

  16. TWINS より:

    こんばんは~
    セミドライトマトは毎年作ってます。
    アンチョビーの使い方が課題です(^^;

コメントを残す

  関連記事

ラタトウィユ
トマト・赤パプリカのサラダ フレッシュチーズ和え
カネロニのクワトロフロマージュと生ハム入り
パスタ スパゲッテーニ しらうお ボッタルガ風味
カーボロ・ヴェルツァと生ハムのスープ
秋鮭のパスタ カルボラーナ風 スパゲッティーニ
あさりのリゾット スプマンテ風味
山芋とキノコのバター炒め
メカジキのハラスの香草パン粉焼き
サーモンのマリネ ボロネギの白ワイン煮