イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,640、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

冬瓜の冷たいミネストローネ

   

冬瓜の冷たいミネストローネ
イタリア料理レシピ
冬瓜のスープ仕立ててです
鶏のブロードとパンチェッタ・ドライトマトペーストの
風味が加わり素晴らしスープになっています
そのスープをしっかり含んだ冬瓜は
たまらない味がします
カラミンサカラミンサ
カラミンサ
イタリア料理に使用する食材2人分









ミニ冬瓜1個
たまねぎ1個
パンチェッタ40g
鶏のブロード600cc
ドライトマトペースト20g
ジンジャー(新ショウガ)20g
岩塩適量
オリーブオイル20cc

イタリア料理に使用する食材

【有機JAS認定】ミニ冬瓜(1個)
使いきりやすい、
小さめサイズの冬瓜です。
重さは約1kg~。
とっても低カロリー
(100gあたり約16kcal)な野菜です。
また、夏の暑い時期に人気の高い
野菜でもあります。

2012年度産 淡路島『たまねぎ』 5kg入り!
産 地 淡路島(兵庫県)
内容量 5kg(15個~25個)
Lサイズ中心でお届けしますが、
収穫の都合上、M、2Lが
混ざる場合がございます。

ネグリーニ社 パンチェッタ(300g)
イタリアの生ベーコン 
「パンチェッタ」 Pancetta
豚のバラ肉の塩漬けです。
日本の
加熱されたベーコンと
違い塩分がしっかりしており、
脂身に深い味わいがあります

キスコ:冷凍ブイヨン【1kg】
丁寧に
アクや脂を取り除き、
くせのない味に仕上げた
濃縮タイプ。
新鮮な野菜と鶏の旨味の
バランスが絶妙で、
評価の高いブイヨンです。

イタリア/クレスピ・サンレモ:ドライトマトペースト【130g】無添加
乾燥トマト、
エクストラバージンオリーブオイル、
ケーパー、砂糖、レモン、塩、
唐辛子、香草 
※一切化学調味料を使用しておりません。

熊本県産ショウガ 120g
九州の真ん中 熊本県産の新鮮野菜!

エキストラヴァージンオリーブオイル Amabile{アマーヴィレ}500ml
伝統的な石臼による
コールドプレス製法
ヴィヴァーチェを熱や空気、
光に直接触れない
一定の温度に保たれた地下の
石タンクに寝かせ約1年以上熟成
Amabileは、
日本ではまだほとんど
紹介されていません。
また、石のタンクに1年以上
熟成したものは希少です。

ドロゲリア フィーノBOX【輸入食品】内容量 600g
シチリア島の
ペレッリーノ鉱山の
地下1000mのところから
採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。
高級ホテルレストランの食材としても
人気のバジルです!
香り高く変色にしくいとシェフに評判♪
朝一枚ずつ丁寧に手摘みし
発送するから新鮮です。


イタリア料理レシピ手順
1.たまねぎは
  微塵切りにします
2.パンチェッタは
  5mmの角切りにします
3.新ショウガは
  薄くスライスします
4.冬瓜は
  二つにカットし中の種と
  わたの部分はきれいに掃除します
5.3cm角に
  カットし皮は剝きます
  面取りをします
6.ソースパンに
  オリーブオイル・パンチェッタ。
  たまねぎを入れ
  弱火で丁寧に炒めます
  たまねぎに少し色がついてきたら
  鶏のブロードを加えます
  ドライトマトのペーストを入れます
  20分間中火で煮込みます
  漉し器で漉します
7.スープを
  ソースパンに戻し入れます
  新ショウガのスライスを入れます
  スープが温まったら冬瓜を入れ煮込みます
  冬瓜が透き通ってきたらOKです
  あら熱が取れ室温に近づくまで
  そのままにし味を含ませます
  冷蔵庫に入れ冷やします
8.スープ皿に冬瓜を
  盛り付け
  スープ補注ぎ入れます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)ボンジョルノチェリー スーププレート24cm
素敵なブログを紹介いたします
ブログ名 「レモンの秘密」  
PICOさんのブログです

はじめまして、PICO(ピコ)です。
好きなものはお料理とパソコンとカメラ。
一日中家の中にいても生きていけます。
このブログでは、レモンの豆知識からおいしい食べ方、
レモンを使った料理レシピ・アイデア、
レモンに関する商品などをご紹介していく予定です。
ほとんどレモンを知らないところからのスタートですが、
日々お勉強して内容を充実させたいと思いますので、
どんどん遊びに来てくださいね♪
レモンという食材に注目して、
毎日の料理やお菓子作りなどに、
積極的にレモンを取り入れています
楽しいブログです
ぜひお立ち寄り下さい楽しいブログです
ぜひお立ち寄り下さい
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

 - イタリア料理

Comment

  1. I.LC より:

    冬瓜もryujiさんの手にかかるとこんなにおしゃれなお料理になるんですね☆
    すごいです!!

  2. ryuji_s1 より:

    I.LC さん
    コメント
    有り難うございます
    嬉しいです

  3. えつこ より:

    冷たいんだ!
    冬瓜、ちょっと苦手な部分が実はあって、
    この方法だと消えそうです。ありがとうございます~

  4. kazuyoo60 より:

    カラミンサが涼しげです。冬瓜も美味しいですね。和風以外の食べ方も美味しそうです。
    12月まで残しても大丈夫だったのもありました。そのうちに1~2個買いましょう。

  5. masakohime より:

    冬瓜をイタリア料理に!
    生姜を使うことにも、びっくりです。
    でも夏には、ピッタリの料理だと思います。
    癖のない冬瓜とドライトマトソースと鶏のブロードのベースのミネストローネ、素敵なレシピです。

  6. メロン より:

    おはようございます^^
    冷たいミネストローネ良いなぁ♪
    食材や調味料も本格的ですね♪
    美味しそうです♪
    ポチッ☆っと応援♪

  7. ボーノ より:

    ryujiさん
    おはようございます。
    コメントありがとうございます。
    これから暑くなるので熱中症にご注意しましょう。☆彡

  8. ゆりりん より:

    冬瓜!!この時期、よく買います。
    でもこんなオシャレなお料理にした事はなかったです。
    ryujiさんが作ると素敵ですね~。
    トマトぺースト入りで嬉しいな(^^♪
    冷たいスープを飲んで夏を乗り切りたいです。

  9. こんにちは!
    冬瓜めちゃくちゃ好きなので、じ~っくりレシピ拝見しました。
    いつも温かいものを食べていたので、今度はこのレシピを参考に食べたいです。

  10. Sakulanbo より:

    こんにちは
    冬瓜の冷たいミネストローネ、暑い夏にぴったりですね。レシピみただけで食べたくなります。

  11. Sivaji より:

    冬瓜といえば、中華を思い出します。
    飾り彫りされた冬瓜を器にしたスープ。
    だしを吸った冬瓜をパスタに。
    美味しそうですね。

  12. らるむ。 より:

    こんにちは。
    料理レシピを数品しか思いつかない冬瓜ですが、ミネストローネでも合うんですね~。
    レシピの幅が広がりそうです♪
    あっさりした冬瓜も、パンチェッタでコクが出てるのでおいしくいただけますね(*^_^*)
    応援☆

  13. suzu より:

    冬瓜も今が美味しい季節ですね。
    みそ汁に入れるか中華の味つけしかしたことがないので
    洋風なスープ気になります。
    パンチェッタとドライトマトペーストでコクも出てとっても美味しそう。
    冷たいスープもいいですね!

  14. TWINS より:

    こんにちは~
    ドライトマトペーストってのがあるんですね!
    コレは絶対美味しそう(*^^)v

  15. こんばんは~
    冬瓜の冷たいミネストローネ、とっても美味しそう~
    冷え冷えで食べたいですね♪
    いつもありがとうございます。

  16. nicky より:

    おいしそう!!
    これ、確実に大好きです!!
    一度でよいので、ryujis_1さんのお料理をいただいてみたいです(^^)

  17. taeco より:

    どんなお味になるのでしょう~!!美しくって、おいしそうなお料理ですね~!! ミニ冬瓜、すごく気になりました!! 素敵な、斬新なレシピの紹介をありがとうございます^^

  18. naonao♪ より:

    わ~~冬瓜がイタリアンに!?
    なんて素敵な一品なんでしょうか・・・。
    冬瓜はなんとも味わいがないので・・・こんな素敵なイタリアンになると嬉しいですね^^
    ドライトマトのオイル漬けで美味しいものを探していました。
    とりあえずスーパーで手に入るもので毎日のお料理はしているのですが。
    にんにくが効いていたり、いろいろ個性がありそうですね。
    ryujiさんのお料理の引き出しは計り知れないですね~~♪♪

  19. dove-2 より:

    素敵っ!
    和の煮物・カレースープ・中華スープなどいろいろ作ってきましたが、冬瓜をイタリア料理にしてしまうなんて思いつきませんでした。
    さすがにryujiさんです。

コメントを残す

  関連記事

パスタ カザレッチェ かぼちゃソース
パスタ リングイネ シラスとチャイブ
カボチャのスープ パンプキンシードオイル風味
白菜と鶏のボルペティーニ パスタ フェットチーネ
パスタ ジリ・リガーティ ミートソース
下仁田ネギのトマト煮
仔羊のカチャトーラ
パスタ タリアッテレ 新たまねぎ ゴルゴンゾーラ・ピカンテ風味
パスタ リングイネ グリーンアスパラとアンチョビー
カーヴォロ・ヴェルッツァとイベリコ豚バラのラグーパスタ