イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,640、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

真鯛のカルパッチョ サルサ・ブェルデ添え

   

真鯛のカルパッチョ サルサ・ブェルデ添え
イタリア料理レシピ
サルサ・ブェルデとは緑のソースの事です
イタリアンパセリまたはパセリを刻んで
白ワインビネガー・アンチョビー・オリーブオイル
を混ぜ合わせ手作ります
鯛はしっかり魚の臭みを抜くよう丁寧に調理します
ミニトマトとベビーリーフの彩りの上に
鯛の薄切りを乗せ
その上ににソースを塗ります
manaさんがお作りなったアボカドのアンチョビ乗せ
** M☆M House’s Kitchen **
manaさんがお作りなったアボカドのアンチョビ乗せ 
素晴らしい盛り付け有り難うございます
感謝です

タイムの花タイムの花
タイムの花
イタリア料理に使用する食材2人分
















真鯛150g
白ワインビネガー100cc
グラニュー糖5g
海塩(塩の花)適量
ホワイトペパー適量
オリーブオイル適量
ミニトマト8個
ヘリーリーフ60g
海塩(塩の)花適量
サルサ・ブェルデ材料
アンチョビーフイレ4フィレ
ケッパー(塩漬け)60粒
白ワインビネガー10cc
オリーブオイル60cc
パセリ1枝

イタリア料理に使用する食材

淡路島産天然マダイ 400g前後1尾
【さかなの王様マダイの本場より直送】
お届け日に合わせて活〆発送!
1尾400g前後  18cm~20cm 
皮付き三枚おろしいたします

シャルドネ 白ワインビネガー500ml
力強くフルーティな芳香
オリーブオイルと相性抜群!

微粒子グラニュー糖 3kg_ <砂糖>
通常のグラニュー糖の
3分の1の細かさで、
冷水にもよく溶け、
どんなものにも均等に混ざります。
お菓子やケーキ作りに最適の細かさです。

フラミンゴ シチリアトラパニ産 究極の一番塩 200g
日によって凝縮され、
塩が結晶化します。
この結晶を
フィオール・ディ・サーレ(塩の花)といいます。
自然の力だけで一番最初に
塩田に浮かぶこの塩の結晶を
手ですくっただけの無添加・無精製の塩が、
この《究極の一番塩》です。

ギャバン ホワイトペパー 袋 14g
おだやかな辛味づけに
役立つ胡椒(ペッパー)です。
シチュー、グラタン、白身魚のムニエルなどに
お役立て下さい。

エキストラヴァージンオリーブオイル Amabile{アマーヴィレ}500ml
伝統的な石臼による
コールドプレス製法
ヴィヴァーチェを熱や空気、
光に直接触れない
一定の温度に保たれた地下の
石タンクに寝かせ約1年以上熟成
Amabileは、
日本ではまだほとんど
紹介されていません。
また、石のタンクに1年以上
熟成したものは希少です。

【特別栽培】完熟ミニトマト アイコたっぷり2キロ
アイコトマトは
できるだけ水分を
減らして栽培すると、
あま~くなるそうです。
房の上の方から段々に赤く熟していきます

篠塚正男さんの!
ベビーリーフ 40g
JAS有機栽培で高名な
篠塚正男さんが丹精込めて育てた!
他とは違う!
ミネラルやビタミンた~っぷりの逸品!
毎朝ひとつかみ食べて、野菜不足を解消です

スペインからの美味しい食材アンチョビー 365g ロイヤルパール
カンタブリア地方の
アンチョビを原料にした
”ロイヤルパール”は
発酵熟成した魚醤のような
魚の旨みと絶妙な加減の塩が
さらに上質なオリーブオイルによって
まろやかな余韻を感じさせます

塩蔵ケッパー (500g)
ケッパーの大生産地、
シチリア島の北東部に浮かぶ
リーパリ島産のケッパーの塩漬け。
4~6mmの厳選された小粒の
ケッパーのつぼみを
シチリアのミネラルたっぷりの海塩で塩蔵しています

無農薬パセリ 
農薬を使用せずに、
クリーンな室内環境で
一般的なパセリより、
苦みが優しく育ちました。
パセリは美味しい、
付け合わせだけではもったいない。
安心安全なパセリをご賞味下さい。


イタリア料理レシピ手順
***最初にサルサ・ブェルデ ソースを作ります
1.パセリの
  茎を取りのぞき葉の部分を集め
  微塵切りにします
  ケッパー(塩漬け)は
  小さなボウルに入れ水を加えて
  15分間塩抜きをします
  ざるにあけ水気を切ります
  ペーパータオルで良く水気を拭き取ります
2.小さなボウルに
  ケッパー・白ワインビネガー加え
  良く撹拌し混ぜ合わせます
  オリーブオイルを入れしっかり混ぜ合わせます
3.3枚に下ろした皮付きの鯛は
  バットに氷水を用意し
  その中に鯛の皮目を下にして入れ
  表面を軽く洗います
  すぐに取りだしペパータオルで
  水気を拭き取ります
4.別のバットに
  移し入れます
  白ワインビネガーを
  鯛の皮目を下にしてがヒタヒタになるほど入れます
  その上にペパータオルを乗せ
  室温で20分間寝かせます
5.鯛を
  取りだしペーパータオルで
  水気をしっかり拭き取ります
6.別のバットに
  鯛の皮目を下にしてを入れオリーブオイルを
  全体に行き渡るようにかけます
  サランラップを身に密着させ
  冷蔵庫に入れ2時間ほどマリネ
  します
7.ミニトマトは
  へたを取りのぞき
  上部に軽く十文字の切り目を入れ
  沸騰したお湯に入れ皮がめくれてきたら
  冷水に入れ皮を剝きます
  ペーパータオルで水気を拭き取ります
  縦に二等分にします
8.ボウルに
  ミニトマト・ベビーリーフを入れ
  塩・ホワイトペパーを振り入れ
  白ワインビネガーとオリーブオイルを入れ
  手で丁寧に混ぜ合わせます
9.マリネしていた鯛の皮目を下にしたにして
  まな板の上に乗せ
  薄くそ切りにします
  そのとき下に皮がついている
  状態ですので
  そ切りしているときに包丁の刃が
  皮に触れたら横に刃を寝せ
  皮から身を切りはガス様にします
  それを繰り返し切り身を作ります
10.食器に
   ミニトマトとベビーリーフを盛り付け
   その上に鯛の切り身を広げ並べます
   鯛の上にサルサ・ブェルデ ソースを
   小さなスプーンで乗せていきます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー(16.19.23) 6pcs

CLO 18-8浅型角バット 18枚取

リチャードジノリ (Richard Ginori) グレース プレート 25cm
素敵なブログを紹介いたします
ブログ名 今日も元気に朝ごはん!
amabilisさんのブログです

食は楽しい&嬉しい!
以前、高名なシェフの講演会にて。
年に1度の豪華な記念日ディナーも良いけど
最も大事なのは日々の食事。
日常に一番密着した朝食を写真でご紹介してます。
一日のスタートは朝から♪フルタイムで働いていますが、
早寝早起きで毎日を元気に過ごしましょ♪
理想は季節の野菜や魚などで五味五色の食卓。
誰もが忙しい朝だから、
手早く支度して今日も元気に朝ごはん!
オシャレなブログです
ぜひご訪問下さい
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

カルパッチョ 関連
メークイーンのカルパッチョ タプナード
ホタテのカルパッチョ フレッシュサラダ
車エビのカルパッチョ イチゴのソルベ
かつおタタキのカルパッチョアンチョビー添え
夕張メロンのカルパッチョ 木の実添え

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. おはようございます。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日も素材の活かし方が素敵ですね!!
    とても美味しそうです。
    本日も勉強させて頂きました。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  2. kazuyoo60 より:

    タイムの花が綺麗です。強いはずのタイムに毛嫌いされています。
    鮮度の良い鯛でしたら、さぞ美味しいでしょう。
    サルサ・ブェルデ ソースが味の決め手ですね。

  3. えつこ より:

    ケッパーは刻まないのですね。
    サルサヴェルデソース、聞いたことがありますが、こういうレシピだったんですね~
    いつもありがとうございます。

  4. メロン より:

    こんにちは^^
    真鯛という淡泊なお魚で作るお料理は和食でもイタリアンでも人気がありますね♪
    今日のお料理も美味しそうです~
    ポチッ☆っと応援♪

  5. puffpuff より:

    爽やかなソースですね!!!
    覚えていろいろ使ってみたいです。

  6. tamakiti より:

    おお~
    真鯛って日本料理のイメージだけど、
    イタリア料理にも使うのね。
    これも美味しそうだな~。
    お皿もキレイ♪

  7. suzu より:

    真鯛のカルパッチョ大好きです。
    和でも洋でもエスニックなソースにもあいますね。
    サルサヴェルデソースで食べるカルパッチョとっても美味しそう!
    緑のソースで見た目も爽やか。
    このソース私も作ってみたいです。

  8. mana より:

    ryujiさん こんにちは♪
    うわ~ 今日もすてき~♪
    カルパッチョもこんなに華やかに演出。 さすがです~
    ベビーリーフは良い仕事してくれますね^^
    これまた参考にします~~
    ご紹介までありがとうございました (*^_^*)
    そして素敵なお料理ありがとうございました^^

  9. masakohime より:

    贅沢なカルパッチョ!
    最初に白ワインビネガーで20分、その後オリーブオイルで2時間マリネするのですね。
    ただ、オリーブオイルやビネガーをかけるるだけとは違うのですか。いつも勉強になります。ありがとうございます。
    パセリで作る緑の綺麗なサルサ・ブェルデ ソース、他のお料理にも使えそうです。

  10. いちご より:

    こんにちは♪
    真鯛のカルパッチョ、
    とっても美味しそうです♪
    そして素晴らしい食材の数々
    いつもうっとりです♪
    ありがとうございます☆

  11. mayunbo94 より:

    パセリいっぱいのサルサソース!
    香りがよくっておいしそうです♪
    サルサ・ベェルデというんですね!
    勉強になりました^^

  12. Sakulanbo より:

    こんにちは
    真鯛のカルパッチョ、サルサベルデ添え、いいですね。さわやかな感じで暑い夏にぴったりです。真鯛...日系スーパーにあるお魚のどれが真鯛なのか、実はわからないんですよね。今度、ラベルきちんと読んで見ます。

  13. らるむ。 より:

    こんにちは。
    サルサ・ブェルデ ソースは酸味と塩気があり、夏に合いそうなソースですね♪
    タンパクな白身だけどうま味の強いタイにとっても合いそうです(*^_^*)
    応援☆

  14. 桃とん より:

    ryuji_s1さん、こんにちは~^^
    わぁ~素敵!今日もお洒落ですね。
    グリーンのソースが爽やかで
    すごくおいしそうデス♪
    暑い夏でもあっさり、沢山頂けそうですね。
    いつも温かなメッセージ有難うございます。
    応援です。^^

  15. イヴォンヌ より:

    真鯛のカルパッチョにパセリの入ったソース、色もきれいでおいしそうでしょうね♪

  16. nicky より:

    夏はこういうメニューがうれしいですね!
    素材、どれもこだわりの品で・・・きっと素晴らしいお味なんでしょうね(^^)
    素敵です!

  17. taeco より:

    真鯛のカルパッチョ、おいしそう~☆☆☆ いつもシンプルなカルパッチョになっていましたが、トマトやアンチョビも使って、ゴージャスな感じですね☆ 今度機会があれば(日本に帰ってからかなぁ…)、ryujiさん方式で、カルパッチョをつくりたいです~。とてもおしゃれなカルパッチョですねぇ(*^^*)

  18. ぴよ より:

    こんばんは。
    ケッパーの高貴な香りがの
    サルサ・ブェルデ ソースを添えた鯛が、
    とても、エレガントで美味しそう…です。
    応援☆ポチッ

  19. naonao♪ より:

    こんにちは。
    いつも素敵にコメントを下さいまして本当にありがとうございます^^
    またまた、ryujiさんのブログ、出遅れてしまいました・・・。
    少し遡ってのコメントです♪
    このサルサ・ブェルデ★覚えておきたい!!
    いろいろ活用出来そうですね~~♪
    カルパッチョはもちろんのこと、パスタやサラダ・・・バケットと合わせても良さそう・・・。
    素敵なソース~~~♪
    これもまた、スペイン産のアンチョビ登場ですね♥

コメントを残す

  関連記事

赤パプリカのパッサート
オニオングラタンスープ
マグロとほうれん草のパスタ ストロッツァプレティ
パスタ リングイネ シラスとチャイブ
きのことオニオンスープのパスタ カッペリーニ
芽キャベツのからすみソース
鯛のカルパッチョ
鰤の照り焼き
サルシッチャとブロッコリー パスタ リガトーニ
ししとうのトマトソース和え