イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,579、パスタのレシピ数は1586。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

赤パプリカのリゾット

   

赤パプリカのリゾット
イタリア料理レシピ
赤パプリカを真っ黒に焼き皮をむいて
ミキシングしピュレーを作ります
これで米を煮込みます
綺麗な赤のリゾットになります
甘みがあり美味しいです
チーズはスカルモルツァを使います
ペチュニアペチュニア
ペチュニア
イタリア料理レシピ
イタリア料理に使用する食材2人分











イタリア米120g
赤パプリカ厚さ7mを4枚
にんにく1/2個
たまねぎ1/4個+1/4個
バジルの葉2枚
オリーブオイル30cc+30cc
鶏のブロード200cc
スカモルツァ40g
パルミジャーノ40g
無塩バター30g

イタリア料理に使用する食材

有機栽培リーゾ・カルナローリ『リゾット米』1年熟成【1kg缶】
ヴェルチェーリ産:アクエレッロ社製

パプリカ♪【赤・黄色】各1玉
熊本県植木町・
吉岡重信さん作

スカモルツァ・アフミカータ250g
スモークしていますので
日持ちがする扱いやすいチーズです。
モッツァレラより水分が少なめで、
もっちりとした歯ざわり。
かまぼこの様な食感で弾力があります。

パルミジャーノ レッジャーノ ザネッティブランド
ザネッティ社製
36ヶ月 パルミジャーノ レッジャーノ
D.O.P グランリゼルヴァ(Extra Aged)36ヶ月熟成

2012年度産 淡路島『たまねぎ』 5kg入り!
5kg(15個~25個)
Lサイズ中心でお届けしますが、
収穫の都合上、M、2Lが混ざる場合がございます。

田子町産にんにくB品2Lサイズ
内容量 1kg(11~12球)
賞味期限 約2週間
保存方法 10℃以下で保存(要冷蔵)
原材料 青森県田子町産にんにく
商品説明 なかなか見ることのできないサイズです。

カルピスバター 無塩 450g
“幻のバター”と呼ばれる
“カルピスバター無塩”です。
水分含有量の少なさと
仕 上るクリームの白さは
カルピスバターならでは。
バターはご存知のように、
牛乳の脂肪だけを凝縮してつ くります。
「カルピス」は、
牛乳から脂肪を除いた脱脂乳を
乳酸菌で発酵させて作りますが、
この時、取り除かれた脂肪からできたのが、
「特撰バター」です。
カルピス40本分の乳脂肪から
「特撰バター」たった1ポ ンドしか
作ることのできない極上品をぜひお試し下さい。

エキストラヴァージンオリーブオイル Amabile{アマーヴィレ}500ml
伝統的な石臼による
コールドプレス製法
ヴィヴァーチェを熱や空気、
光に直接触れない
一定の温度に保たれた地下の
石タンクに寝かせ約1年以上熟成
Amabileは、
日本ではまだほとんど
紹介されていません。
また、石のタンクに1年以上
熟成したものは希少です。

ホテル用ブイヨン 1kg 冷凍チキンブイヨン 業務用 【KISCO】
1979年の設立時から続く
ブランドが「キスコ」。
素材を厳しい目で選び、
自然の旨味を活かして
じっくりと時間をかけて
作り上げるというポリシーを守り続け、
手作り感ある味にこだわっています。
フォンから調理済み品まで
幅広いラインナップをもち、
洋食を中心とした厨房の裏方として
シェフのお手伝いができるよう努めています。


イタリア料理レシピ手順
1.赤パプリカは
  ガス直火で表面を真っ黒に焼きます
  熱いまま紙袋に入れ閉め蒸します
  あら熱が取れたら皮を綺麗に剝きます
  へたの部分と中の種・柔らかな部分き掃除とます
  適当な大きさにざく切りにします
2.にんにくは
  縦に二等分にし中の芽の部分をきれいに取り
  いやな苦みをなくします
  微塵切りにします
3.たまねぎは
  繊維に沿って薄くスライスします
4.バジルの葉は
  粗く刻みます
5.フライパンに
  オリーブオイル30ccを入れ
  にんにく・たまねぎを加えて弱火で
  丁寧に炒めます
  たまねぎが透明になりしんなりしてきたら
  赤パプリカ・バジルを加え炒めます
  フードプロセッサーに入れ
  ミキシングしてピューレー状にします
6.たまねぎ1/4個
  を微塵切りにします
7.スカモルツァ・アフミカータは
  細かく刻んでおきます
8.パルミジャーノは
  擦り下ろしておきます
9.鶏のブロードは
  ソースパンに入れ温めて置きます
10.フライパンに
   オリーブオイルを入れ
   たまねぎの微塵切りを入れ中火で炒めます
11.たまねぎか
   透明になってきたら米を加え炒めます
   米一粒づつにオイルをまぶすように炒めます
12.米が
   軽く透き通ってきたら
   鶏のブロードをヒタヒタに加えます
   弱火で煮込むようにします
   水分が少なくなってきたらブロードを
   その都度足し入れます
13.米が
   アルデンテに近づいたら
   パプリカのピューレーを加え混ぜ合わせます
14.スカモルツァ・アフミカータを
   加え混ぜます
   無塩バターを加え混ぜます
   パルミジャーノを加え混ぜます
15.食器に盛り付けます
イタリア料理に使用する調理器具

ブラウン スティックミキサー MULTI QUICK MR5550MFP

チーズおろし(四面グレーター)

フィスラー 18-10キャセロール (蓋付) 24cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

リチャード・ジノリ ベッキオホワイト  スーププレート20cm
素敵なブログを紹介いたします
ブログ名 「我が家の晩飯」 
みみどんさんののブログです

猫とiPhone好きな主婦です。
朝は晩ご飯を考え、夜は朝ご飯を考える毎日。
ちなみに昼は3時のおやつを考えてます。
お料理大好き♪
外で美味しいものを食べると家で
作らずにはいられません。
作って自分のものにするべし!
楽しいブログです
是非お立ち寄りを
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

リゾット 関連
枝豆のリゾット 桜海老乗せ スプマンテ風味
 ●あさりのブロードをスプマンテで
作り濃厚なあさりの風味を
お米に吸い込ませます
このブロードでリゾットを作ります
素敵なリゾットです
リゾット パルミジャーノ
 ●カリフラワーの処理にかなり時間がかかります
それだけカリフラワーの持つ風味が凝縮され
味に深みがでます
お米はイタリア米
アクエレッロ社製・有機栽培リーゾ・カルナローリ
を使います
素敵なリゾットです
カリフラワーのリゾット
 ●カリフラワーの処理にかなり時間がかかります
それだけカリフラワーの持つ風味が凝縮され
味に深みがでます
お米はイタリア米
アクエレッロ社製・有機栽培リーゾ・カルナローリ
を使います
あさりのリゾット スプマンテ風味
 ●あさりのブロードをスプマンテで
作り濃厚なあさりの風味を
お米に吸い込ませます
このブロードでリゾットを作ります
素敵なリゾットです
鴨背肉のロースト イチゴリゾット添え 
 ●鴨肉は甘めのソースがよく合います
  バルサミコ・蜂蜜を使いソースにこくと
  甘みを与えています
   それをたっぷりかけた鴨のロースト
  美味しいです
   それにイチゴのリゾットを
  添えて
   彩りも楽しめます
  リゾットに使用したワインは
  かなり甘口のワインです
  イチゴの酸味とよく合います

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    元気で綺麗なペチュニアです。それなりに買ったのに、油断しているうちに全部だめになりました。
    赤い色のリゾットですか。パルリカの甘みで美味しいでしょうね。スモークチーズも好きです。何チーズをスモークしてるのかは?ですが。

  2. nonfatlowfat より:

    二種類のチーズを使うのですね。パプリカの甘みが活かされ、豊かな風味が広がりそうな一品ですね。見た目にもきれいで美味しそうです。

  3. toruneko65 より:

    おはようございます
    こう言うリゾット作りたかったのです。♫
    早速、メモしました。食欲が湧きそうな感じが嬉しいです。スカモルツァ・アフミカ―タって始めて
    お聞きしましたが、デパ地下へ行ったら購入できるでしょうか。
    ネットで調べてみたいと思っています
    有り難うございます

  4. おはようございます♪
    赤パプリカのリゾット、とっても美味しそう~
    赤パプリカの栄養もたっぷりで、とても興味持ちました~
    今日も暑くなりそうですが、ryujiさんも、お気を付けて、お過ごしくださ~い!
    いつもありがとうございます。

  5. ぴよ より:

    おはようございます。
    素焼きで甘味を引き出したパプリカが、
    ペースト状になって、リゾットに!!
    赤いリゾットの登場に、驚きました。
    スモーク加工のチーズ、スカモルツァ・アフミカータを
    初めて知りました。
    ほんのり薫るバジルハーブ♪と、
    スカモルツァ・アフミカータの風味に、食いしん坊の私は、興味津々です。
    とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

  6. nicky より:

    色合いが可愛くて素敵ですね❤
    パプリカは大好きなので、とっても魅力的です.
    ryujiさんのイラストも素敵.
    背景色との組み合わせにも感心しています.
    額に入れて飾りたいです.

  7. 今生 より:

    この夏休みは9日間は ryuji_s1さんのブログに影響されイタリヤ料理に挑戦しました
    基本中の基本であるトマトソースからはじめましたが、奥が深い料理ですね
    料理を作るのが大好きでみみどんさんのブログも面白いですね

  8. hannoah より:

    こんにちは~♪
    赤パプリカのペーストをペーストを使った、スープや
    ディップは好きで、食べたりすることがあるのです
    が、おコメと一緒に炊くのは初めてです!!
    甘味たっぷりのパプリカペースト、焼いているので
    絶対に美味しいと思います。
    美味しい鶏のブロードと炊くんですね。私も是非
    いただいてみたい1品です☆
    たっぷりと入れるパルミジャーのにとてもそそられ
    ます!!

  9. masakohime より:

    焼いたパプリカは、甘みも旨みも凝縮されて、美味しいです。
    そのパプリカとホテル用のブイヨンを一緒に炊き込んで、パルミジャーノだけでなく、スモークチーズも加えているのですね。
    最高のリゾットです。

  10. オリーブオイル より:

    こんにちは。
    赤パプリカをピューレにするなんて考えたこともありませんでした!
    すごい勉強になりました♪

  11. らるむ。 より:

    こんばんは。
    赤いリゾット!
    夏にピッタリメニューですね♪
    バジルがアクセントで合いますね~。
    スモークされたチーズもすっごいすっごい興味があります(≧∇≦)
    応援☆

  12. yuko より:

    赤ピーマンの甘みと
    スカモルツァのスモークの香りが
    いいリゾットですね
    彩りもきれい
    素敵なレシピありがとうございます

  13. イヴォンヌ より:

    赤パプリカのピューレで炊いたリゾット色もきれいでおいしそうですね~♪

  14. misya より:

    こんにちちは♪
    真っ赤なパプリカの甘さに
    スモークされたチーズのチョイス♪
    さすがです^^
    うならせてもらえますね・・彩もさることながらお味も♪
    チーズのことを知らないとこうはいきませんね^^
    いつも有難うございます^^
    お身体ご自愛くださいませ。

  15. naonao♪ より:

    リゾットは一見簡単そうでいて、おもてなしでは絶対に作ろうとは思はない一品なんです・・・あはは。
    なんだかタイミングが難しい気がしてしまって・・・。
    お粥ではなくてリゾットなんだ~~と、言えるまで修行しなくては!と自分に言い聞かせていたところです・・・(笑)
    これはパプリカや玉ねぎの甘みが凝縮した美味しいリゾットですね♪
    鶏の旨味も合わさって旨味たっぷりですね。
    美味しそう♪そして彩りがきれいだろうな~。
    私、バーミックスを使っていましたが、胡椒中で・・・ブラウンに買い替えようか考え中でした。
    ryujiさんもお使いなのかな・・・

コメントを残す

  関連記事

野菜のラグー パスタ パンド二 カボチャのパスタ
小アジの南蛮漬け
にんじんのローズマリー添え
かきのパスタ パッパルデッレカサレッチェ ゴルゴンゾーラ
no image
ガスパチョ
no image
トマトのグリル 赤たまねぎ(トロペア)のソース
サーモンのグリル イクラ ほうれん草添え
パスタ キタッラ ズッキーニ パルミジャーノチーズ風味
パスタ タリアッテレ グリーンアスパラのペーストソース
真鯛となすのクリームソース パスタ スパゲッテーニ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。