イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

北イタリアの肉じゃが

   

北イタリアの肉じゃが
イタリア料理レシピ
北イタリア アルプスの麓の料理です
じゃがいもと牛もも肉をたっぷり使います
それにたまねぎ・セロリ・にんにく・レモンの皮
を加えます
それに牛肉のブロード(フォンドボー)を加えコクと
味に奥深さを持たせます
ふようムクゲ
ムクゲ
イタリア料理レシピ
イタリア料理に使用する食材2人分
1














牛もも肉300g
じゃがいも(メークイン)2個
たまねぎ小1個+1個
にんじん小1本
セロリ1本
にんにく2片+1片
無塩バター30g
オリーブオイル30cc+
ローリエ1枚
牛肉のブロード60cc
レモンの皮1/4個分
岩塩適量
パセリ1枝

イタリア料理に使用する食材

牛刺用(タタキ用)黒毛和牛モモ約350g
肉の臭みが少なく
まったりとした濃い味が
高級黒毛和牛の特徴です。

北海道産新じゃがいも メークイン(M)10kg
デンプン質いっぱいの
ジャガイモですが、
今回ご紹介するメークインは、
デンプン質が少ないため、
煮込み料理にピッタリなのです。
じ~っくりと味が染み込むまで煮込んでも、
煮崩れして煮汁が溶けた
ジャガイモだらけ・・・ということが少ないのです。

2012年度産 淡路島『たまねぎ』 5kg入り!
5kg(15個~25個)
Lサイズ中心でお届けしますが、
収穫の都合上、M、2Lが
混ざる場合がございます。

青森産 ニンジン 5kg
にんじん ハーフサイズ

セロリ(1本)
長野県産

田子町産にんにくB品2Lサイズ
内容量 1kg(11~12球)
賞味期限 約2週間
保存方法 10℃以下で保存(要冷蔵)
原材料 青森県田子町産にんにく
商品説明 なかなか見ることのできないサイズです。

エキストラヴァージンオリーブオイル Amabile{アマーヴィレ}500ml
伝統的な石臼による
コールドプレス製法
ヴィヴァーチェを熱や空気、
光に直接触れない
一定の温度に保たれた地下の
石タンクに寝かせ約1年以上熟成
Amabileは、
日本ではまだほとんど
紹介されていません。
また、石のタンクに1年以上
熟成したものは希少です。

■冷凍■ カルピス バター 無塩 450g
上品な香り、芳醇な味わい。
製造元より出荷制限がかかっているため、
お一人様1注文につき、
2個までのご注文でお願いいたします

月桂樹(ローリエ) 10g
肉の味と香りを引き出し、
臭みを消してくれます。
ブイヨンを取るときやカレーライスを作るとき
マリネやピクルスを作る時などにお使いください

キスコ:HCQフォンドボー【1kg】
選び抜かれた
最上級の仔牛の骨と
新鮮な野菜を使用し、
じっくりと時間をかけて
コトコト煮込みました。
完成度が高く、
コクと旨味が十分にあるので、
あまり煮詰めずにご使用いただけます。

国産レモン 12個入り
国産レモンなら安心です。
収穫前の一定期間は
農薬の使用が禁止されているので、
もちろん、収穫後の農薬使用も厳禁となってます
安心して皮ごと使えます。

ドロゲリア フィーノBOX【輸入食品】内容量 600g
シチリア島の
ペレッリーノ鉱山の
地下1000mのところから
採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。


イタリア料理レシピ手順
1.香味野菜
  たまねぎ・にんじん・セロリは
  微塵切りにします
2.ソースパンに
  たっぷりの水を入れ
  香味野菜を加えて塩をひとつかみほど入れます
  沸騰したら牛もも肉のブロックを入れます
  中火にして30分間ぐらい煮込みます
  そのまま室温に置き冷めたら
  5mmの厚さにカットします
3.じゃがいもは
  皮付きのまま
  水洗いします
4.ソースパンに
  水を入れ85℃の温度を一定に保ち
  ローリエとお塩を入れて茹でます
  決して沸騰させないで下さい
  スーっと串が入るまでしっかりに茹でます。
  じゃがいもは低温で火を入れと甘みがまします
  火が通ったらザルにあげます
180℃に設定したオーブンに
  5分程入れて余分な水分を飛ばします
  あら熱が取れたら皮を剝きます
  5mmの厚さに輪切りにします
5.フライパンに
  たまねぎの微塵切りにします
6.にんにくは
  包丁の腹などでタタキつぶします
7.レモンは
  1/4個分の皮をすり下ろしておきます
8.フライパンに
  オリーブオイルと無塩バターを入れ
  弱火にかけにんにく・たまねぎを加え炒めます
9.バターが泡だってきたら
  じゃがいもを加え中火で炒めます
  じゃがいもが綺麗なきつね色になったら
  牛もも肉とローリエを入れ強火で炒めます
  塩を軽く振り入れます
  牛のブロードを入れます
  全体にブロードを絡めます
10.食器に盛り付けます
   レモンのすり下ろしを振りかけます
   パセリ葉の微塵切りを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

リチャード・ジノリ ベッキオホワイト  プレート 26cm
素敵なブログを紹介いたします
ブログ名 「いものブログ」 
いもさんのブログです

韓国人が、
日本の食材で作る、
「おいしいオリジナル韓国料理」です。
野菜ソムリエとOyster Meister、
日本語1級を持っています。
韓国人として、本当の韓国料理を
「身土不二・地産地消」をモットーに
日々研究したものを紹介しています。
楽しいブログです
是非お立ち寄りを
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

じゃがいも 関連
●じゃがいもとツナのパスタ リングイネ    ツナはイタリアのツナを使いました
   素晴らしいツナ 凄く美味しいです
   じゃがいもは1cm角にカットして炒めます
   ホクホク感の残るじゃがいもとツナが
   良く合います
   アンチョビーをたっぷり使い
   味に奥行きをもたせました
   ケッパーはそのものの香りが残る
   塩漬けを使います
   パスタはソースの辛みが強い
   リングイネをつかいました
●じゃがいものパッサート ペコリーノロマーノ添え
    パッサートとは
   裏漉ししたものという意味
   茹でたじゃがいもを裏漉し器で
   ドロドロに潰して作るミネストラの一種です
●じゃがいもとリコッタチーズ・マスカルポーネのピュレー
    チーズとじゃがいもは相性が良いです
   リコッタチーズとマスカルポーネを生クリーム・
   牛乳で撹拌しピューレー状にします、
   それにほうれん草を少し混ぜ色づけをします
●ジェノバァ・ペストとじゃがいものパスタ リングイネ
    バジルの季節です
    新鮮なバジルと生の無添加松の実・にんにく
    ペコリーノ・チーズを使用したジェノバァ・ペスト
    いかがでしょうか
パスタはリングイネを使いました
●じゃがいも とうやの パスタ コンキリエ
    北海道産の新しい品種のじゃがいもと
    パスタ コンキリエの組み合わせです
    コンキリエは貝殻の様な形のパスタです
    2cm角にカットしたじゃがいもはちょうど
    貝の中に入るはずです
    盛りつけが楽しいパスタ料理です
●じゃがいもとパンチェッタのミッキーと仲間たち ショートパスタ
    楽しいクリスマスのパスタ料理
    お野菜もたっぷり入っています
    デイズニーのキャラクターのパスタです
    ミッキーマウスルいるよ

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. taeco より:

    わ~。イタリアンの肉じゃがなんですね~!! 味わいたいです~*^^* つくり方教えてくださってありがとうございます~!! 甘くないので、日本の肉じゃがとまた違う味わいでしょうねぇ。いつか、挑戦したいと思います!!!

  2. Cho-coco より:

    イタリアも肉じゃがあるんですね^^
    レモンがポイントですか?
    美味しそうです♪

  3. とな。 より:

    イタリアーンな肉じゃが、
    とってもおいしそうですね^^~♪
    作ってみたいです~

  4. メロン より:

    おはようございます^^
    北イタリアの肉じゃが、お初です♪
    レモンを入れるのですね!
    爽やかなお味になりそうです♪

  5. nicky より:

    ほんと、イタリアンにも肉じゃがのようなものがあるって新鮮です!
    あ、カルピスバター、私も使ってます(^^)
    美味しいですよね!
    セロリが入るところがイタリアンらしいです.
    美味しそうです~

  6. タヌ子 より:

    ジャガイモは、早く熱を通そうと思って、沸騰させてしまいがちですが、じっくり茹でると甘味が違うのですね。
    日本の肉じゃがはどちらかというと、冬の料理のイメージが強いけれど、レモンの皮入りさっぱり肉じゃがは夏でも美味しく食べられそうです。

  7. kazuyoo60 より:

    芙蓉ではなくてムクゲに見えます。フヨウの葉をごらんください。
    http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-fuyoh_large.html
    牛肉をたっぷりです。それにオリーブオイルも必須、セロリも合うのでしょうね。

  8. えつこ より:

    この肉じゃが、すっごく豪華ですね。
    ブロードが入って、レモンで仕上げ・・・
    家庭料理っぽいですが、ryujiさんのは下処理がすごいから、一流レストランの味わいのはずです。

  9. toruneko65 より:

    綺麗なイラストですね。
    ミラノを旅した時、似たようなもの、食べたような
    気がします 個性的な味で有った記憶があります
    牛モモはちょっとお高いですが、作ってみたいですねぇ。 ちょっと難しそう。でもメモさせて頂きました。♫

  10. masakohime より:

    じゃが芋の美味しいゆで方、85度の一定の温度でゆっくり茹でる!
    最近は茹でずにレンジでチンしてしまうことが多いです。忙しい時はこれも便利ですが、じっくり時間を掛けて食材の旨みを出すことも、大切なことを教えていただきました。
    美味しい牛肉と牛のブロードを絡めて。レモンの皮のすりおろしがきっと爽やかな香りと酸味が楽しみです。
    本当に素敵なお料理です。

  11. Sivaji より:

    日本版より、ずっと、美味しそう。
    塊の肉を使うので、味がしっかりしみこみそうです。
    > じゃがいもは低温で火を入れと甘みがまします
    いいことを教えていただきました。
    参考にさせていただきます。

  12. Rune より:

    イタリアの北のほうは
    お肉の料理が多いと聞きますが
    これは家庭的なお料理で素敵ですね!
    一度、頂いてみたいです!
    韓国の家庭料理は食べたことが
    少ししか有りませんが、
    大好きです。
    いろいろと教えてくださり
    有難う御座いました。

  13. イヴォンヌ より:

    フォンドボーを使った北イタリア風にくじゃがとってもおいしおうですね~♪

  14. らん* より:

    イタリアの肉じゃが☜(・∀・)☞
    日本だけではないんですね~♪
    こちらの肉じゃがはとてもサッパリと食べれそう。やっぱりおしゃれです(❛ ◡ ❛)❤

  15. ゆりりん より:

    イタリアンの肉じゃがなんですね~。
    にんにくやセロリまで入っていますね~。
    パンと一緒に食べたいです。
    レモンまで入っている所がポイントでしょうか!?
    美味しそうです(゚▽゚*)♪

  16. らるむ。 より:

    こんにちは。
    イタリアにも肉じゃが的な料理があるんですねー。
    さすがポテトをよく食べる地域ですね。
    ジャガイモも丁寧に処理してあって、とってもおいしそうです♪
    レモンの風味がさわやかですね。
    応援☆

  17. misya より:

    こんにちは♪
    おお、イタリアの麓のお料理^^
    ほくほくジャガイモに厚切りお肉♪
    そしてバターで栄養補給♪
    考えられたお料理ですよね^^
    とってもとっても美味しそうです♪
    ポトフのスープなしみたいな感じでしょうか^^
    あったまりますし、体に優しいですね^^
    いつも有難うございます・・・感謝です♪

  18. al17 より:

    うわぁ~イタリアンな肉じゃがが
    凄い美味しそうですね~食べたいです^^
    ムクゲも涼し気で素敵ですね(*^_^*)

  19. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のお料理は思いっきり私の好みです。
    何回もレシピを読んでしまいました。
    とても美味しそうです。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

コメントを残す

  関連記事

空豆のペコリーノ トスカーノ スタジオナートチーズソース
菜の花のパスタ オレッキエッテ
にんじんのポタージュ
パスタ フェットチーネ ほうれん草のペスト
パスタ キタッラ ほうれん草とリコッタチーズソース
鶏砂肝のオイル煮込み 野菜添え
リコッタチーズのペンネ
焼きナスとミニトマト  ジェノベーゼソース
和牛テールの煮込み料理
鹿児島・阿久根の天然小鯛と佐久島産あさりのアクア・パッツァ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。