イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,641、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ビシソワーズ チーズ風味

   

ビシソワーズ チーズ風味
イタリアン料理レシピ
ビシソワーズ じゃがいものスープです
新じゃがを使いました
たまねぎ・ねぎ・
マルサラ酒をつい香りを出してみました
鶏のブロード・マスカルポーネチーズ・
を使いまろやかさをだしています
冷製スープ仕立てです
シャンパングラスを
ちっつとオシャレに
大人のムードで
ふようふよう
ふよう
イタリア料理に使用する食材2人分












じゃがいも2個
たまねぎ1/4個
ネギ1本
にんにく1片
無塩バター20g
生クリーム60cc
マスカルポーネ40cc
鶏のブロード400cc
マルサラ酒40cc
オリーブオイル20cc
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

えひめ県産 新じゃがいも♪男爵
採れたてホクホク♪
イモ類の中で
ビタミンCが一番多いとされている
ジャガイモのことをヨーロッパでは
「大地のリンゴ」と呼んでいます。
それ程多いビタミンCは、
コラーゲン生成に不可欠と言われ、
私達の血管や骨などの増強に
大切な役目を果たしてくれているそうです。
カロチン・ビタミンCも多く、食味も優れています♪

高級クリーム マスカルポーネ(約250g)
イタリア、
ロンバルディア地方
原産のフレッシュタイプの
クリームチーズ。
乳脂肪分が高く濃厚で
天然な甘みもあり、
ティラミスやお菓子の材料に使われます。

2012年度産 淡路島『たまねぎ』 5kg入り!
5kg(15個~25個)
Lサイズ中心でお届けしますが、
収穫の都合上、M、2Lが
混ざる場合がございます。

白ねぎ(シロネギ・白葱) 2~3本
大分産・九州産

田子町産にんにくB品2Lサイズ
内容量 1kg(11~12球)
賞味期限 約2週間
保存方法 10℃以下で保存(要冷蔵)
原材料 青森県田子町産にんにく
商品説明 なかなか見ることのできないサイズです。

■冷凍■ カルピス バター 無塩 450g
製造元より
出荷制限がかかっているため、
お一人様1注文につき、
2個までのご注文でお願いいたします。

「特選北海道純生クリーム47」 200ml
●お料理にもお菓子にも。
オールラウンドな濃厚タイプ
北海道クリームならではの香り、
旨み、コクが最も濃厚な47%クリーム。
料理にも製菓にも使うことができ、
併せる素材を選びません。
お魚のムースやキッシュ、
生キャラメル作りにもおすすめです。

キスコ:冷凍ブイヨン【1kg】
丁寧にアクや脂を取り除き、
くせのない味に仕上げた
濃縮タイプ。
新鮮な野菜と鶏の旨味のバランスが絶妙で、
評価の高いブイヨンです。

フレスコバルディのラウデミオ エキストラヴァージン・オリーブオイル 500cc 
フレスコバルディ・ラウデミオは、
味、香り、品質ともに
極上のエキストラヴァージン・オリーブオイル。
イタリアの名門貴族、
フレスコバルディ侯爵家の
伝統と誇りが育んだおいしさは、
パンにつけて、パスタにふりかけて、
豆腐にたらして、と和洋の食材と多彩に楽しめます

【マルサラ】ミネオ マルサラ スペリオーレ ドルチェ 18度 750ml
甘口タイプ。
イタリア・シチリア島で
造られる酒精強化ワインです。
食後酒や調理用にもおすすめです。

ドロゲリア フィーノBOX【輸入食品】内容量 600g
シチリア島の
ペレッリーノ鉱山の
地下1000mのところから
採掘された岩塩です。
それを細粒状にしたものです。
お肉料理との相性は抜群です。
また、パスタの茹で塩から仕上げまで、
オールマイティーにお使い頂けます。


イタリア料理レシピ手順
1.ジャガイモは
  皮をむいて
  1cm角くらいの大きさにカットします
2.タマネギ、ネギは
  薄切りにします
3.にんにくは
  縦に二等分にし中の芽の部分をきれいに取り
  いやな苦みをなくします
  微塵切りにします
4.ソースパンはに
  バターとオリーブオイルを入れ
  ニンニクを弱火で炒め
  香りが立ってきたら
  タマネギ・ネギをしんなりするまで炒めます
5.ソースパンに
  ブイヨン入れて、ジャガイモを加え
  ジャガイモに火が通るまで煮こみます
  アクが出ますので綺麗に取って下さい
6.じゃがいもに
  火が通ったら、火から下ろしあら熱を取り
  ミキサーに入れ撹拌します
7.裏ごし器で
  裏ごしします
 
8.裏ごししたスープを鍋に入れ
  マルサラ酒を入れ沸騰させ
  アルコール分を飛ばします
9.生クリームを
  加えて、塩・で味を調えます
10.火を止め
   マスカルポーネを入れ撹拌し溶かし込みます
11.冷蔵庫でしっかり冷やしてます
12.冷やした器に
   盛りつけます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー・NEWプロコレクション・ソースパン20cm

ブラウン マルチクイックプロフェッショナル

裏漉セット 30cm 本馬毛 細目 ゴム付ST枠 EBM

カクテルグラス
高級手作りカクテルグラ
ピーボの名前にふさわしい
細く長い洗練されたステム(脚)が
まさに回転するバレリーナを彷彿させます
この商品は1897年より本格的に
業務用グラスを生産している
スロバキア・RONA社の手造りのグラスです。
大人のスイーツタイムに
ストレスから開放されたい自分だけの空間に
貴方だけのこだわりの一品として末永くご愛用下さい。
ワイングラスとしても勿論お使いになれます。
口径84mm×高さ212mm:容量 350cc
素晴らしいブログの紹介です
ブログ名 野菜のおかげで Happy☆Life
ローリエ♪さんのブログです

料理大好き主婦です♪
野菜の魅力にとりつかれ、
ジュニア野菜ソムリエの資格をとりました★
更に料理が楽しくなり毎日がるんるんです♪
我が家の美味しいもの☆たくさん紹介していきたいと思います♪
野菜を沢山とるように気を付けてます♪
楽しい料理ブログです
ぜひご訪問をお願いします
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

じゃがいも 関連
●じゃがいものパッサート ペコリーノロマーノ添え
パッサートとは
裏漉ししたものという意味
茹でたじゃがいもを裏漉し器で
ドロドロに潰して作るミネストラの一種です
●じゃがいもとツナのパスタ リングイネツナはイタリアのツナを使いました
素晴らしいツナ 凄く美味しいです
じゃがいもは1cm角にカットして炒めます
ホクホク感の残るじゃがいもとツナが
良く合います
アンチョビーをたっぷり使い
味に奥行きをもたせました
ケッパーはそのものの香りが残る
塩漬けを使います
パスタはソースの辛みが強い
リングイネをつかいました
●じゃがいもとリコッタチーズ・
マスカルポーネのピュレー

チーズとじゃがいもは相性が良いです
リコッタチーズとマスカルポーネを生クリーム・
牛乳で撹拌しピューレー状にします、
それにほうれん草を少し混ぜ色づけをします
●ジェノバァ・ペストとじゃがいものパスタ リングイネ
バジルの季節です
新鮮なバジルと生の無添加松の実・にんにく
ペコリーノ・チーズを使用したジェノバァ・ペスト
いかがでしょうか
パスタはリングイネを使いました
●パプリカとじゃがいもの炒めもの
じゃがいものホクホク感
パプリカの甘さ
一株分のにんにくの素晴らしい香り
ペペロンチーノピリ辛
それらが相まって
素晴らしいハーモニーを味わえます

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. flansucre より:

    こんばんは。
    いつも温かいコメントをありがとうございます。
    私も何度も訪問させていただいていますが、なぜかいつもコメントを残すことができなかったのですが、今日は大丈夫そうで良かったです。
    いつも美味しそうなイタリアンのレシピ、参考になってます。
    これからも宜しくお願い致します。

  2. メロン より:

    おはようございます^^
    ビシソワーズ大好きです♪
    マスカルポーネを入れるのですね!
    これは美味しそう!!
    良いな~^^
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆

  3. タヌ子 より:

    イタリア=パルミジャーノという固定観念がどうしても消えない私。
    タイトルを見て、熱を加えてとかしても、冷やしたら固まるんじゃないかと思って色々想像していたら、マスカルポーネだったんですね。
    大好きなヴィシソワーズ+大ファンのマスカルポーネだったら嫌いなはずがない。
    近所からいただいたジャガイモがどっさりあるので、作ってみます。
    ポロネギじゃなくて、玉葱だから、日本の方にも作りやすいですね。
    食材の欄にマスカルポーネが抜けているので、分量の追加お願いします!

  4. Sandie より:

    暑いとスープとか味噌汁作る気がしないんですよね。
    こちらは今週ちょっと気温が下がってきているので、作ってみようかな~(^-^)/

  5. kazuyoo60 より:

    素敵な芙蓉要です。蕊の先端が分かれて、これも可愛いですよね。
    ジャガイモ美味しいです。壊れにくいビタミンと聞いています。ついつい煮込んでしまいますが、さっと熱を加えただけの方が良いのかな?。
    なめらかで美味しいでしょうね。

  6. えつこ より:

    冷やして、マスカルポーネは固まらないんですか?私無知だぁ~!
    香りはどうなんだろ・・・食べてみないとわかりませんね☆

  7. ぴよ より:

    おはようございます。
    じゃが芋を使ったビシソワーズに、
    マスカルポーネチーズ!!
    フレッシュチーズの登場に、
    よりコクアリを感じました。
    マルサラ酒で大人仕上げのスープ、
    とっても、クリーミーで美味しそう♪♪♪…です。
    応援☆ポチッ

  8. こんにちは~(^O^)/
    夏になると、冷たいスープが美味しいですよね(*^_^*)
    先日レストランでいただきましたが、こういう風に作るのですね。マルサラ酒というのも初めて聞きました。う~ん、美味しそう。流石です(#^.^#)

  9. taeco より:

    ryujiさんのビシソワーズでは、マスカルポーネも使われるんですねぇ~。おいしそう~!!! レシピ紹介してくださってありがとうございます*^^*

  10. masakohime より:

    じゃが芋を使ったビシソワーズ。
    玉ねぎと長ネギを使うのですね。お酒はマルサラ酒で、マスカルポーネを最後に溶かし入れると、コクのある素敵な冷製スープが完成。頂いてみたいです。

  11. らん* より:

    ビシソワーズはこの季節にピッタリですね╰(✿´⌣`✿)╯♡
    そこにマスカルくんを入れるんですねー。
    クリーミーな感じかなぁー

  12. こんにちは~
    ビシソワーズ、とっても美味しそう~
    チーズ風味、チーズ好きなのもあり、とても惹かれました~
    冷たいので、喉ごし良く頂けるスープ、夏にぴったりですね♪
    頂いてみたいで~す☆
    いつもありがとうございます。

  13. らるむ。 より:

    こんにちは。
    今日も猛暑になったので、冷えたビシソワーズをいただきたいです。
    マスカルポーネ入りなんて食べたことないです!
    マルサラ酒で香りづけするところがさすがryuji_s1さんですね♪
    応援☆

  14. イヴォンヌ より:

    ビシソワーズにほのかなお酒の香りとチーズの濃厚さいいですね~
    おいしそう♪

  15. tamakiti より:

    おお~
    これ美味しいんでしょうね~。
    D級グルメの我が家が
    自宅でマネして作ったら
    なんか得体のしれないものが
    できそうで怖いけど。

  16. オリーブオイル より:

    こんにちは。
    マスカルポーネやマルサラ酒、フクザツでどんな味わいなんでしょう?
    私のいただいたことのない味なんでしょうね・・・。
    冷え冷えでいただきたいです!

  17. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは
    ビシソワーズにどんなチーズかしら~って思ったら、マスカルポーネでしたね!
    マルサラ酒も入って、ふふふ、美味しそう♪

  18. きー。 より:

    チーズなんて考えた事なかったです。
    いいですねー。
    ビシソワーズもチーズも大好き。
    今年の夏はこれ作ってみなきゃ。

  19. ゆゆ より:

    お久しぶりです!
    いつもコメントを頂き本当にありがとうございます(*^^*)
    玉葱と葱を使うんですね!奥深い味になりそう!!ビシソワ―ズにチーズのコクがあって大満足のスープですね♪作ってみたい~

  20. naonao♪ より:

    いつも温かいコメントを頂きましてありがとうございます♪
    心から感謝していますよ~~^^
    ヴィシソワーズにマスカルポーネだなんて・・・思いつかないな~~。
    やっぱりryujiさんのレシピには何か秘密が隠されていますね。
    マルサラ酒もポイントになっているのかな。
    単純になりがちなヴィソワーズが一味違う仕上がりになりますね。

コメントを残す

  関連記事

にんじんと干し柿のサラダ
パスタ キタッラ さやえんどう ペコリーノロマーノチーズ風味
とうもろこしの冷製スープ コンソメジュレ
チーズと焼き野菜
そらまめとグアンチャーレ ラルド風味
豚バラ肉の甜麺醤煮
パスタ フェッチーネ イワシとシシトウ
no image
クワトロ フロマージュのフリーコ
パスタ スパゲッティ ペコリーノ・トスカーナ・スタジオナート風味
パスタ ほうれん草の フェットゥチーネ 天使のエビとゴルゴンゾーラ