イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,635、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

秋刀魚のタルタル

   

秋刀魚のタルタル
イタリアン料理レシピ
秋刀魚の旬を迎えつつあります
脂ののった秋刀魚を個マスク刻んで
タルタル仕立てにします
直径6cmのセルクルを使います
アンチョビー・ブラックオリーブ・
ドライトマトを使います
最後に盛り付けた上にシブレットの
小口切りをのせ飾ります
ラザニアラザニア
ガザニア
イタリア料理に使用する食材2人分










秋刀魚2尾
ベルギーエシャロット1かけ
レモン1/2個
アンチョビー4フィレ
ブラックオリーブ6個
ドライトマト2枚
シブレット4本
オリーブオイル20cc
海塩(塩の花)適量

イタリア料理に使用する食材

4k 20尾特大サイズ1尾平均200g前後
特大サイズ物は、
シーズンが終わるのが早いです。
その為、普通のさんまよりも
終わりが早いのでお見逃しなく。

エシャロット(ソースに、薬味に) 約250g
産地は
フランス・ベルギー・ニュージーランド等
フランスではみじん切りにして、
赤ワインビネガーと一緒に生ガキにかけたりします。

国産レモン 12個入り
フルーツの目利きが厳選!

ORTIZ★【オルティス社製】樽出し芳醇アンチョビ(瓶詰)★
原材料は
スペイン・カンタブリコ海で
水揚げされたカタクチイワシ。
新鮮なイワシから骨や皮を
取り除いてフィレにし、
樽の中で6ヶ月以上も寝かせて
発酵させています。
肉厚の身はやわらかく引き締まっていて、
お口の中で深い旨味がじーんとひろがります。
一般のアンチョビにありがち
な骨っぽさは全くありません。
まさに、アンチョビの概念をくつがえす一品。
おつまみに、 オードブルに、
存分にご堪能ください。
市販のピザにのせて焼けば
冷凍ピザも驚きのグレードアップ!

フラーテピエトロ ブラックオリーブ
【イタリアから直輸入】
120年以上家族代々守ってきた
オリーブ畑で作った極上のオリーブ。
フラーテピエトロ一家
オリーブ畑で作られた
最も大きな「GGG」サイズの極上のオリーブ。
太陽の恵みを受け、
ほんのりとした甘みがあります。
オリーブの中でも最大となる
「ベッラディチェリニョーラ」種。

シチリア産 ドライトマト 100g
【冷蔵便・冷凍可】【イタリア直輸入】
シチリアの太陽と大地の恵み!
濃厚な旨味と甘味が詰まった
生のトマトでは味わえない
凝縮した美味しさ!

シブレット※別称:チャイブ
1パック(重量目安:約30g前後)

エキストラヴァージンオリーブオイル Amabile{アマーヴィレ}500ml
伝統的な石臼による
コールドプレス製法
ヴィヴァーチェを熱や空気、
光に直接触れない
一定の温度に保たれた地下の
石タンクに寝かせ約1年以上熟成
Amabileは、
日本ではまだほとんど
紹介されていません。
また、石のタンクに1年以上
熟成したものは希少です。

フラミンゴ シチリアトラパニ産 究極の一番塩 200g
ミネラル豊富な海塩。
自然の力だけで
塩田の表面に一番最初に浮かぶ
塩の結晶
(フィオール・ディ・サーレ(塩の花))を
手ですくい取っただけの究極の一番塩。
すべてが手作業のため、採れる量もわずか。
無精製・無加熱手ですくい上げた後は
一切の処理(洗浄・乾燥)を行わない、
海水のままの状態なので、
マグネシウムやカリウムなど海の天然成分が豊富。
塩に湿り気があります。


イタリア料理レシピ手順
 ***ドライトマトを戻します
1.ボウルに
  たっぷりの熱湯に少量のお酢を加え
  ドライトマトを大きいものなら10分~15分
  小さいものなら2~5分浸けておきます
  ザルに開けてお湯を切って
  自然に乾いたら出来上がりです
  細かく刻みます
2.ブラックオリーブは
  種を抜き4等分にします
3.レモンは
  半分を使い絞り汁を作っておきます
  約15ccです
4.シブレットは
  細かい小口切りにします
5.エシャロット10gは
  微塵切りにします
6.さんまを三枚に下ろし皮もむきます

7.おろした秋刀魚は
  ほぼ1cm角にカットします
8.ボウルに
  入れます
7.海塩・エシャロット・オリーブオイル・
  ・レモン汁を加え混ぜ合わせます
8.食器に
  こんもりと盛り付けます
  ドライトマトを上に振りかける様にのせます
  シブレットを散らします
  オリーブオイルを一皿に10ccほど廻しかけます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー(16.19.23) 6pcs[ざる・ボウルセット]

ウェッジウッド ホワイトコノート3291 ディープパスタディッシュ28cm 【丸皿】
素敵なブログを紹介いたします
ブログ名 「TRUNK( トランク )chikageの ごはんブログ」
TRUNK * chikageさんのブログです

徳島県で 美容室
TRUNK atelier hair GIRL( トランク )をしている 、
2児の母 、chikageです 。
美容師のかたわら 料理が好きで 、
毎日( ほぼ )ばんごはん を ブログでご紹介 。
基本は節約料理 、でもおいしく 。
をテーマに 私流で日々 ひらめきでたのしく料理しています 。
楽しい料理ブログです
ぜひご訪問をお願いします
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

秋刀魚 関連
●秋刀魚の燻製 ハーブ風味
秋刀魚の軽い燻製仕立てです
桜のチップの風味は油強い
秋刀魚によく合います
ハーブの香りを加え
香りが漂うすばらしい料理です
●さんまのコンフィ
新鮮な刺身で食べられるサンマを使います、
内臓も取らないで丸ごとオリーブオイルで低温(100℃)の
オーブンに入れじっくり火を通します、
3時間ぐらいです、
オリーブオイルにつけ込んだまま
冷蔵庫に入れて置きます、
2週間は持ちます
オリーブオイルから取り出し魚焼き器で
皮目に綺麗な焼き色を付けます、
●サンマのマリネ ハーブ風味
取り立ての活きの良いサンマのマリネ
そして香り豊かなハーズをいっぱい
ちりばめ
楽しい味覚を味わえます
●サンマのカルパッチョ ハーブサラダ
新鮮な脂ののったさんまをカルパッチョにします、
ハーブをたっぷり使い香りを楽しいただけます
●秋刀魚の刺身オレンジ風味 ブェネグレット
シェリーヴィネガーは、地中海フードに
なくてはならない調味料です。
オリーブオイルと合わせると風味豊かな
ヴィネグレットソースができます。
そのままかまたは煮詰めて、野菜・肉・魚と
あらゆる料理に使えます。
スペインでは生の苺の香りを強くしたいとき、
アイスクリームに香りをつけるときにも
シェリーヴィネガーを使います。
このブラッドオレンジのブラッドとは「血」を
意味し≪血のオレンジ≫
という名の最近注目のオレンジです!
イタリアではオレンジジュースと言うと
トマトジュースのような色のオレンジジュースが
出てくるらしいのですが、
それがこのブラッドオレンジのジュース。
身が赤く血のように染まっているのですが、
味はとっても濃厚で甘いオレンジです。

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. おいしそうですね^^食べたいですj☆

  2. kazuyoo60 より:

    鮮やかなガザニアです。綺麗に咲きましたね。
    飛び切りの鮮度のに出会えたらです。サンマが嫌いではないのですが、どうも後回しになっています。

  3. 動画もしっかり拝見しました。
    おろしたての秋刀魚で作る ハーブ料理ですね~。美味しそうです。
    盛り方一つでまたオシャレな一品になりますね。

  4. masakohime より:

    秋刀魚の季節になりました。
    北海道の新鮮な秋刀魚を見かけるようになりました。
    エシャロットは、小玉ねぎに似ていますね。
    ドライトマトとブラックオリーブの旨みとともに秋刀魚をタルタルにしていただく。
    素敵な一皿です。
    他のお料理も、ハーブを沢山使っていたり、できればトライしてみたいお料理ばかりでした。

  5. hannoah より:

    こんにちは~♪
    秋刀魚のおろし方、じっくり拝見させていただきました。
    これを使ってのお料理、もう見ているだけでもわくわく
    します!
    アンチョビ、ドライトマトの融合で とっても美味しい
    イタリアン秋刀魚。ワインを用意して・・・是非作って
    みたいです♪

  6. RiRi* より:

    おはようございます♪
    先日は、コメントいただき、ありがとうございました。
    そろそろ秋刀魚が美味しくなる季節ですね。

  7. おはようございます♪
    秋刀魚のタルタル、とっても美味しそう~
    旬の秋刀魚、脂ノリノリで、美味しいので、こちらの美味しさも、とても伝わってきま~す!
    食べてみたいで~す☆
    いつもありがとうございます。

  8. らん* より:

    そろそろサンマがおいしい季節になってきますね。
    最近では一年中食べれたりもしますが、やっぱり秋の秋刀魚は楽しみです♪
    秋刀魚のタルタルですかー?
    とてもおいしそうです(*Ü*)*.¸¸♪

  9. puffpuff より:

    旬の新鮮な秋刀魚はキラキラで臭みもなく美味しいですね。
    タルタル、美味しそう~♪
    ヒカリもの、大好きです^^

  10. さくらん より:

    秋刀魚はまず焼き魚、味付けしても和風ばかりでしたが
    タルタルでいただくのも美味しそうですね!
    今年は秋刀魚が高いと聞きますが
    このタルタルレシピで食べたくなってきました!

  11. taeco より:

    サンマのタルタル、自分ではなぜか思いつきませんでしたが、とーってもおいしそうです~*^^* 今度、サンマを買ってきた時は、タルタルにします~*^^*

  12. きー。 より:

    秋刀魚、日本はこれから旬ですね。
    お魚の中でも秋刀魚って一番と言っていいくらい好きなんです。
    昨年、この時期に日本に帰った理由の1つがお寿司のネタで秋刀魚が食べたかったからです 笑。
    手羽、美味しかったです。
    ありがとうございました。
    しょうがなく乾燥ハーブで代用しましたが、
    やっぱり生のハーブ、庭に欲しいですねー。

  13. タヌ子 より:

    サンマとドライトマトの組み合わせが面白いですね。
    生のサンマはこちらでは買えないけれど、来月帰国するので、旬のサンマを使って作ってみたいです。
    私も帰国はいつも食べ物が美味しい秋狙い。
    きーさんのコメントを拝見して、皆考えることが同じだなぁと安心しました(笑)

  14. yuko より:

    秋刀魚大好きです
    しょうがと醤油が浮かびますが
    そこがイタリアン
    オリーブとかドライトマトが入るのですね
    美味しそうですね
    白ワインともあいそうです
    イタリアにはさんまがないので
    すごくいただきたいです

  15. らるむ。 より:

    こんばんは。
    サンマは焼くか刺身か煮るかが多いので、タルタルでいただいてみたいです♪
    今年はサンマまで高いようで、なかなか買えないかもしれませんね~(>_<) 応援☆

  16. イヴォンヌ より:

    今日はちょうどさんまを買ってきて食べました♪
    おいしかったですが、こうしてドライトマト・アンチョビ・オリーブなどと一緒に調理して食べてらもっとおいしそう~♪

  17. suzu より:

    これから秋刀魚の美味しい季節になりますね~
    いろいろな食べ方を楽しめますが、秋刀魚のタルタル、
    とっても美味しそうです。
    セルクルを使って見た目も美しく素敵な一品ですね!

  18. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    これからの時期にピッタリですね!!
    とても美味しそうです。
    センスがキラリと光っておりますね。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  19. ぴよ より:

    おはようございます。
    秋刀魚が、ドライトマトとブラックオリーブと
    一緒に伊太利亜料理に!!
    引き立て役のレモンの清涼感と、
    ブレットの香りが初秋の秋刀魚に…♪。
    とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

コメントを残す

  関連記事

ホワイトアスパラ フォンティーナチーズソース 生ハムのせ
フレッシュポルチーニ茸のリゾット
松島牡蛎のパスタ・キタッラ ゴルゴンゾーラ風味
牛ロース薄切りのトマトソース煮込み
フレッシュとうもろこしの泡スープ
パスタ スパゲッティ グアンチャーレとバジル
ラムチョップのカツレツ モッツアレラ
鶏のソテー オレンジソース
朝引きシャモむね肉ゴルゴンゾーラクリーム煮込み
パスタ キタッラ 鴨ロース マルサラ酒風味