イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

キングサーモンのオリーブオイルソースディル風味

   

キングサーモンのオリーブオイルソースディル風味
イタリアン料理レシピ
素晴らしく脂のしっかり載ったキングサーモンを
半生の状態で提供します
トマトの中の種のついている柔らかな部分
ディルの微塵切り・オリーブオイルを混ぜ合わせ
ソースを作ります
キングサーモンはテレビで良く放映されている50℃で
加熱します
シュウメイギクシュウメイギク
シュウメイギク
イタリア料理に使用する食材2人分












キングサーモン500g
ディル1枝
海塩(塩の花)適量
ブラックペパー適量
オリーブオイル40cc
トマト1個
無塩バター5g
粉ゼラチン1g
無塩バター5g
グラニュー糖5g
魚のブロード500cc

イタリア料理に使用する食材

刺身用トロサーモン【まるごと半身 約1キロ】
脂の乗った
色つやのよいお刺身に
最適なチリ産のトラウトサーモンを
厳選しました。
アンデス山脈からのミネラル豊富な
雪解け水が注ぐチリの美しい海で
育ったチリ産のトラウトサーモンは
季節的な品質のばらつきもほとんどなく、
味もどこの産地よりも美味しい上に
色も良いことで有名です

キスコ:HCQフュメドポワソン【1kg】
各地の港で
水揚げされた良質な舌
平目と鯛を使用し、
みずみずしい野菜を加えて
さっと煮出したフュメ ド ポアソンは、
魚特有の臭みがなくクリアで
すっきりとした味わい。

ディル 大分産 1パック
魚のハーブ!
サーモンマリネには欠かせない!
ポテトにも相性バッチリ!

エキストラヴァージンオリーブオイル Amabile{アマーヴィレ}500ml
伝統的な石臼による
コールドプレス製法
ヴィヴァーチェを熱や空気、
光に直接触れない
一定の温度に保たれた地下の
石タンクに寝かせ約1年以上熟成
Amabileは、
日本ではまだほとんど
紹介されていません。
また、石のタンクに1年以上
熟成したものは希少です。

土佐高知のフルーツトマト
新鮮不ぞろいトマト君たっぷり約2kg!

微粒子グラニュー糖 3kg
通常のグラニュー糖の
3分の1の細かさで、
冷水にもよく溶け、
どんなものにも均等に混ざります。
お菓子やケーキ作りに最適の細かさです。
卵白や生クリームの泡立てに
使用すると、きめ細かくきれいに泡立ちます。

ゼラチン粉末 200g
【原材料】牛骨(インド産)・豚皮(日本産)
【メーカー】ゼライス株式会社
【ご使用の目安】液量に対して2.5%

フラミンゴ シチリアトラパニ産 究極の一番塩 200g
ミネラル豊富な海塩。
自然の力だけで
塩田の表面に一番最初に浮かぶ
塩の結晶
(フィオール・ディ・サーレ(塩の花))を
手ですくい取っただけの究極の一番塩。
すべてが手作業のため、採れる量もわずか。
無精製・無加熱手ですくい上げた後は
一切の処理(洗浄・乾燥)を行わない、
海水のままの状態なので、
マグネシウムやカリウムなど海の天然成分が豊富。
塩に湿り気があります。

333カンポット・ブラックペパー(Black Pepper,Kampot) Lサイズ 100g
カンボジアで無農薬、
有機栽培で生産された胡椒。
粒の色、ツヤ、香りがどれも一級品。
肉料理の下ごしらえの他、
是非、最後の振り胡椒にお使いください。
最後に一降りするだけで最高の香りを楽しめます。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:100g
・原産国:カンボジア

Peugeot(プジョー)■電動ミル エリス・センス ペッパーミル
フランス、
プジョーブランドの電動ミルです。
センサー内蔵でミル上部と
側部に手を触れると稼動する
2011年の新作電動ミルです。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。ダイヤルを合わせ、
6段階の荒さ調節が可能。
サイズ 約 本体径5.4×高さ20cm
重さ 約500g


イタリア料理レシピ手順
***オリーブオイルソースディル風味を作ります
1.トマトの
  へたを取りのぞき上部に十文字の切り目を入れ
  沸騰したお湯に入れ皮がめくれてきたら
  冷水に入れ皮を剝きますペーパータオルで
  水気を拭き取ります
  横に二等分し中の種の部分を
  スプーンの柄などでほじくり取り出します
  取りだした物はまな板の上に置きます
2.トマトの種と柔らかなところを
  包丁で叩いて細かく砕きます
3.ボウルに入れます
  粉ゼラチンと無塩バターを入れます
  ボウルを湯煎して熱しながら
  泡たて器で撹拌しながら溶かし混ぜ合わせます
4.湯煎からボウルをはずし
  オリーブオイルを少しずつ
  撹拌しながら入れて混ぜ合わせます
  塩・ブラックペパーを振り入れ味を調えます
  ディルの葉の部分を微塵切りにして
  ボウル煮入れ混ぜ合わせます
5.キングサーモンは
  キングサーモンの尾の細い部分は
  15cmぐらいカットします
  皮付きのままで結構です
  また 上の方の幅が一番広い部分の形が
  崩れててる部分も3cmの幅でカットし
  形を整えます
  200gを2きれを用意します
  皮がついていますので皮をはぎます
  まな板の上にサーモンの皮目を下にして乗せ
  背の部分の皮と身の間に刃を入れ
  皮に刃を押しつけながら腹の部分へと切り進ませます
  皮を引っ張るようにして切り進めます
  皮は使います捨てないで下さい
  また 上の方の幅が一番広い部分の形が
  崩れててる部分も3cmの幅でカットし
  形を整えます
6.塩・ブラックペパーを
  軽く振りかけて10分間ぐらいおきます
  水気がじんわりと出てきますので
  ペーパータオルで拭き取ります
7.バットに
  取っておいた皮と形の悪い部分の
  切り身を入れます
  魚のブロード・フュメドポワソン~500ccc加え
  一度沸騰させ弱火に戻して20分間
  コトコトと煮込みます
  一度火を止温度計を用意して
  温度が50℃に冷めるのを待ちます
8.バットを弱火にかけ温度計を用意して
  50℃に熱してそのままの温度のまま火を
  調整しながら維持します
  10分ぐらいがんばって下さい
  キングサーモンの中心部が
  38℃になったら最高の状態です
9.キングサーモンはを取りだし
  網の上に置きます
  水気を切ります
10.種を取りのぞいたトマトは
   1cm角にカットします
   ソースパンにオリーブオイル20ccを加え
   トマトを入れ中火で炒めます
   塩を振り入れ味を調えます
11.食器に
   サーモンを盛り付けます
   ソテーしたトマトを添えます
   サーモンの脇にソースをすプーで流し込みます
   ディルをサーモンの上に飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー(16.19.23) 6pcs[ざる・ボウルセット]

アルミフッ素タイプ餃子&生鮮バット 

食品用引掛け付温度計

1.5寸高台弥生鉢/ステンレス半月網

フィスラー プロコレクション ソースパン20cm

IVV アリア 1873/52 チャージャープレート 31cm ブラック
素敵なブログを紹介いたします
ブログ名 ホントはクマシーが好き。
NumaYuさんのブログです

今年の目標“東京マラソン完走”をクリア。
その直後に新しい命を授かり、
現在 妊娠ライフ(8ヶ月目)を満喫中。
お料理のこととか、カフェレポとか、
同い年の旦那さんのこととかを毎日アップしております。
良かったら気軽に覗いてみてください。
よろしくお願いします。楽しいブログです
是非お立ち寄りを
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

サーモン 関連
★キングサーモンとメークイーンのサラダ
   脂ののった大トロのキングサーモンを
   40℃の温度に保ち
   オリーブオイルの中に入れ
   じっくりと火を通します
   しっとりとした風味が何ともいえません
   メークインも沸騰する手前のお湯で
皮ごと煮込みます
   沸騰させない程度で煮るとじゃがいもの
甘みがまします
   ケッパーのマリネドレッシングを振りかけます
★アスパラガスとサーモンのパスタ フジッリ
   緑のアスパラ・ピンクのサーモン 
   オレンジ色のパプリカの
    彩りが華やかなパスタです、
   生クリームを使用し無塩バターを少し加えコクを
    出してみました。
   サーモンの臭みは白ワインで弱め芳醇な
  香りを楽しめます、
★チヂミほうれん草とサーモンのタリアッテレ
    チヂミほうれん草の旨みが最高です
   サーモンの香りのソースがパスタに絡み
   とても美味しくいただけます、
   パスタはソースの絡みが強いタリアッテレを
    使用します、
★サーモンのグリル イクラ ほうれん草添え
   新鮮なキングサーモンを低温でローストし
   中が半生の状態で表面だけをバーナーで
   焼きを入れます
   ほうれん草の素揚げを乗せイクラを飾ります、

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. タヌ子 より:

    フランスでは切り身で買えるお魚の種類が少ないので、サーモンを使う頻度はかなり高いです。
    低温でじっくり火を通したお肉は美味しいけれど、お魚も然りなんですね。
    捨てられてしまうことが多いトマトの種の部分も、今回はしっかりソースとして利用できるのが嬉しい。

  2. おはようございます。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    ディルの風味が素敵ですね。
    とても美味しそうです。
    本日もまた勉強させて頂きました。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  3. kazuyoo60 より:

    このころのシュウメイギクの期待感、良いですよね。先日走りで咲いたのが終わって、我が家でも同じ程度の蕾です。
    鮭も鱒も美味しいですね。冷凍もしています。生も好きなので、ちょうど良いのに出会ったら買いますが。キングサーモン、もどきの洋風で食べています。

  4. おはようございます♪
    キングサーモンのオリーブオイルソースディル風味、とっても美味しそう~
    ディルの風味がかなり大好きなので、とても興味持ちました~
    素敵な香りが届きそうで~す☆
    いつもありがとうございます。

  5. きー。 より:

    サーモンとディルの組み合わせ、いいですね。
    温度計ってやっぱり必要ですよね。
    未だに持っていないんです。
    やっぱり、買って来なくちゃ。

  6. メロン より:

    こんにちは^^
    脂ののったサーモン、美味しいですね♪
    イタリアンのお料理にピッタリのお魚です♪
    いつもありがとうございます^^
    ポチッ☆っと応援♪

  7. suzu より:

    キングサーモン、存在感がありますね~
    ディルの風味でとっても美味しそう!
    脂ののったサーモン、半生状態で美味しく食べられますね。
    ディルとトマトを添えて色合いもキレイで素敵です。

  8. Sakulanbo より:

    こんにちは
    半生のキングサーモンですか。
    とってもおいしそうですね。
    食べてみたいです。
    でも50℃で10分調理はちょっと
    大変そうで…

  9. さくらん より:

    最近話題の50度調理ですか
    温度計が無い我が家はいまだ試したことがないのですが(^^;)
    具体的なレシピを教えていただくと
    チャンレンジしてみたくなりました。
    ご紹介の土佐のトマト、プン!と張って美味しそうですね!

  10. misya より:

    こんにちは♪
    お料理の奥の深さがわかるレシピですね^^
    温度でいかようにもなる。
    裏を返せば、温度が一番大切なのかもしれません^^
    家庭では温度を測りながらというイオ料理^^
    中々手が出せないのですが
    こうして詳しく説明されていると
    作りやすくチャレンジしやすいですね^^
    有難うございます^^
    とっても美味しそうです♪

  11. らるむ。 より:

    こんばんは。
    ひと手間もふた手間もかかってるけど、その分食べた時の感動が大きい料理ですねー。
    半生のキングサーモン、とってもおいしそうです♪
    応援☆

  12. イヴォンヌ より:

    脂ののったキングサーモンをハン生状態でいただくっておいしいでしょうね~♪

  13. yuko より:

    脂ののったキングサーモンおいしそうですね
    彩りのきれいな一皿・・・
    火の入れ方も繊細でおいしさを引き立てますね
    いただいてみたいです
    素敵なレシピありがとうございます

  14. taeco より:

    キングサーモンのおいしそうな調理方法、ありがとうございます!!! いつもワンパターンになりがちでしたが、ディルを探して、おしゃれメニューを提供できるようになりたいです~!!!

  15. ゆゆ より:

    こんばんは
    いつもコメントを頂きありがとうございます!
    50℃調理を始めて知りました!
    仕事柄75℃以上で1分以上に慣れてしまい、こういう調理法もあるんだと勉強になりました(*^_^*)
    ディルの香りが好きなので食べてみたいです!美味しそう♪

  16. naonao♪ より:

    おはようございます。
    いつもコメントありがとうございます♪
    訪問が遅くなって本当にごめんなさい・・・
    サーモンにはディルがつきものですね。
    相性がいいのかな??
    でも、サーモンをこんなに絶妙な状態にするなんて・・・難しそうだな~~~。
    でも硬くなったらソテーのようになってしまうし・・・。
    全体の柔らかい感じのバランスが絶妙なんですね。美味しそうです★

コメントを残す

  関連記事

ズッキーニのクリームフェットチーネ
no image
マッシュルーム ローズマリー風味
サルディーニャ島オリスターノ産のからすみパスタ
明太子のリングイネ カプチーの仕立て
パスタ スパゲッティ 水牛のモッツアレラ ポモドーロソース
葉たまねぎの 鶏のブロード煮込み
牡蛎とゴルゴンゾーラ
牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
仔牛のソテー レモンの香り
鶏手羽先 狩人風  マッシュポテト添え
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。