イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

グアンチャーレのラグー パスタ キッタラ

   

グアンチャーレのラグー パスタ キッタラ
イタリアン料理レシピ
グアンチャーレとは(ウィキペディア参照)豚の頬肉、
いわゆる豚トロを塩漬けにして
2、3週間寝かせたもの。
表面に胡椒などのスパイスやハーブを
刷り込んであるものが多い。
le guanciale はイタリア語で枕の意味もある
豚のばら肉を使う
パンチェッタよりも脂身が多く、
ローマ料理として有名な
カルボナーラ(spaghetti alla carbonara)や
アマトリチャーナ(pasta all’amatriciana)は
日本でよく用いられている
燻煙されたベーコンではなく、
本来このグアンチャーレを用いて作られる
脂身がほとんどの生ハムですが
その脂のおいしさはたとえようもありません
ぜひご紹介したい食材です。
キンモクセイキンモクセイ
キンモクセイ
イタリア料理に使用する食材2人分












パスタ キッタラ140g
グアンチャーレ120g
たまねぎ1/4個
にんじん1/4本
セロリ1/4本
フレッシュトマト2個
オリーブオイル2本
ペコリーノ・ロマーノ10g
にんにく4株
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

グラニャネージ社 スパゲティ キタッラ 500g
太さ:約2mm
切り口が円形ではなく
四角くなっており、
表面積が広いためソースの絡みが良く、
噛んだ時のモチモチ感は
手打ちパスタ以上です。
同じロング系の乾燥パスタを使うなら、
これを使えば”どんな人にも
感動を与えることができる”そんなパスタです。
36度~46度という低い温度で
乾燥させておりますので、
生パスタに近い食感をお楽しみいただけます。
グアンチャーレはイタリアのパンチェッタと同じように脂の層とお肉の層に分割されております。最大の特徴と致しましては、豚のトントロを塩付けにして生ハムにしたようなイメージです。その脂身は・・・もう、もう甘くてたまりません。このグアンチャーレの料理としてはアマトリチャーナなどに利用される事が代表的で、もちろんそのままワインのおつまみとしめ召上っても美味しいのですが、お料理への汎用性が非常に高い食材です。この例えばこのグアンチャーレを使ったトマトベースのソースはとても甘くなり、またパンチェッタで作るカルボナーラをグアンチャーレに置き換えて作り上げても大変美味しく召し上れます。

イタリア/カラブリア産:プレシーラ社グアンチャーレ
グアンチャーレは
イタリアのパンチェッタと
同じように脂の層とお肉の層に
分割されております。
最大の特徴と致しましては、
豚のトントロを塩付けにして
生ハムにしたようなイメージです。
その脂身は・・・もう、もう甘くてたまりません。
このグアンチャーレの料理としては
アマトリチャーナなどに利用される事が代表的で、
もちろんそのままワインの
おつまみとしめ召上っても美味しいのですが、
お料理への汎用性が非常に高い食材です。
この例えばこのグアンチャーレを使った
トマトベースのソースはとても甘くなり、
またパンチェッタで作るカルボナーラを
グアンチャーレに置き換えて作り上げても
大変美味しく召し上れます。

極上フルーツたまねぎ9kg
加熱すればするほど
甘さとコクが出てきます♪
蒸したり、フライや串カツ、
炒め物にして
玉ねぎだけを
最初じっくり味わってください!

にんじん(500g)
濃厚なのに
クセの少ない旨みと、
まるで柿を食べているかのような
自然で爽やかな甘みが特徴の、
常連様に大人気の千葉県産にんじんです。
土作りをしっかりと行った畑で
無農薬栽培されておりますので、
ジュースにしたり、スティックサラダにしたりと、
にんじん本来のおいしさをじっくりお味見いただけます。

セロリ(1本)
長野県産

【フルーツトマト】アメーラトマト
1ケース
(重量・数量目安:約1Kg前後、約9~13個前後)
築地場内に入荷された商品をご発送します。

田子ホワイトにんにく 
A 2L (1kg)(11~12球)

イタリア・シチリア産 EXVオリーブオイル「プリモ・ビオ」500ml
★EUオーガニック認証取得
★2010年度Oriciolo d’Oro優勝!★ 
フラントイ・クトゥレーラ社
(Frantoi Cutrera) のオリーブオイルは
すべて有機栽培。
中でもこの 「プリモ・ビオ (Primo BIO)」 は、
EU認定有機栽培畑で収穫され、
オーガニック認証 を受けたオリーブを使用。
非常にしっかりしとしたわかりやすい味と香り。
フルーティな味を生かした魚介類や野菜、
豚肉料理などに特に相性のよいオリーブオイルです

イタリア産/ペコリーノロマーノD.O.P(チーズ)【約500g】
もともとはローマ近郊で
作られていましたが、
生産が拡大した現在では、
羊をゆったり放牧できる丘陵地帯に
恵まれたサルデーニャ島を
拠点に生産されています。
飲み物は日本酒や焼酎とあいますが、
濃厚でかなり塩辛いので、
削ってお料理の味付けに
ご利用いただくのが良いでしょう

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak) Mサイズ 50g
日本に
最も多く入ってきている黒胡椒が、
このインドネシア・サワラク産の黒胡椒。
香りと辛さのバランスが良く、
どんな料理にもオールマイティに使えます。
普段使いの黒胡椒として、お気軽にお試しください。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:50g
・原産国:インドネシア

PEUGEOT(プジョー) エリス センス 電動ミル ペッパーミルorソルトミル
センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで稼動する
電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。また、
付属のスパイススケールには目盛りがついていて、
1回分の詰め替えにぴったりな量を測ることができます。


イタリア料理レシピ手順
1.にんにくは
   縦に二等分し中の芽の部分を取り除き
    いやな苦みの素ををたちます
    みじん切りにします
2.グアンチャーレは
  15mm角にカットします
3.たまねぎ・にんじん・セロリは
  みじん切りにします
4.フレッシュトマトは
  上部に十文字に切り目を入れ
  へたを取り除き
  沸騰したお湯に入れ皮がめくれてきたら
  冷水に入れ皮をむきます
  ペーパータオルで水気をきれいに拭き取ります
5.横に二等分し
  中の種と柔らかな部分を取り除き
  1cm角にカットします
6.ペコリーノ・ロマーノは
  スライサーで薄くスライスしておきます
  4枚分
7.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
8.フライパンに
  オリーブオイルを入れ
  にんにくを加えて弱火で丁寧に炒めます
9.ニンニクに
  軽く焼き色がついてきたら
  たまねぎ・にんじん・セロリを入れ
  中火より弱めで丁寧に炒めます
  野菜の水分が半分ぐらい蒸発させたら
  OKです
10.グアンチャーレ・トマトを加え
   30分間煮込みます
   しっかりトマトの形がなくなり
   ペースト状に溶け込んで
   グアンチャーレと混ぜ合わせます
11.茹で上がったパスタの
   水気を切りフライパンに入れソースを絡めます
12.食器に盛りつけ
   ペコリーノ・ロマーノのスライスを上に飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー/Fissler ニュープロコレクションマルチスター20cm

リベラ 30cmチョップ(Black)
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

素敵なブログの紹介です
ブログ名 マメごはん。
マメ。さんのブログです

共働き夫婦のあわただしい食卓。
平日はシンプル簡単に、
土日はちょっと手をかけて。
簡単シンプルなのが好き。
ただ、手がかかってもおいしかったらOK!
すてきな料理ブログです
ぜひおたずねください
グアンチャーレ  関連
*****パスタ ヴェルミチェローニ グアンチャーレ
パスタ ヴェルミチェローニは
スパゲッティより太く
よりもちもち感を楽しめます。
小麦の味を楽しめ、
麺がとても美味しいので、
シンプルなソースでお楽しみください。
茹で時間は15分間ぐらいですが
パスタを茹で揚げるときは
2分間短めに茹であげます
アルデンテを楽しめます
グアンチャーレは
豚のほほ肉の塩漬けです
すごく脂身が甘く美味しいです
生産量が゛少なく
価格も高いですが
それだけの価値があります
*****アマトリチャーナ パスタ ブカティーニ
パスタ ブカティーニとは
穴の開いているロングパスタです
穴の中にもソースが染みこんで
ソースのからみが良く
トマトソースが良く合います
チーズはペコリーノロマーノ(羊の乳)を使います
生ハムはグアンチャーレ(豚のほほ肉)を使い
コクを出します
トマトソースは少しコクのあるソースに仕立てました
*****蕪のビネガー風味 グアンチャーレ添え
かぶを柔らかく煮込み
グランチャーレという
豚のほほの脂身の多い部分を
使った生ハムを用います
それににラルドという
豚の背脂を大理石の中で塩漬けしてハーブと共に
長期間寝かせて
真っ白になった綺麗な脂を使います
すごく奥深い味をお楽しみいただけます
*****うすいえんどう豆とグアンチャーレの煮込み
甘みのある新鮮なうすいえんど豆と
甘い脂身が身上のグアンチャーレが
良くマッチします
野菜ののブロードで煮込みます
*****グアンチャーレとブロッコリーの
パスタ オレッキエッテORECCHIETTE

このグアンチャーレはイタリアの大陸で申し上げますと最南端、
北はバジリカータ州、西はティレニア海、東はイオニア海に
面すカラブリア州からお届けとなります!
その生産者はプレシーラ社といい1977年、カラブリア州中央に
位置するシーラ山脈に程近いコセンツァ県で創業致しました。
伝統的な豚加工のレシピを受け継ぎ、厳選した原料豚、
カラブリア産にこだわった香辛料を使い、
シーラ地区が熟成に適した理想的な環境である事から、
こだわりの高品質な製品を生み出しました!
グアンチャーレはイタリアのパンチェッタと同じように脂
の層とお肉の層に分割されております。
最大の特徴と致しましては、
豚のトントロを塩付けにして生ハムにしたようなイメージです。
その脂身は・・・もう、もう甘くてたまりません。
このグアンチャーレの料理としてはアマトリチャーナ
などに利用される事が代表的で、もちろんそのままワインの
おつまみとしめ召上っても美味しいのですが、
お料理への汎用性が非常に高い食材です。
ORECCHIETTE
レヴァンテ リージョナルパスタ オレッキエッテ
小さな耳たぶ(オレッキエッテ、オレッキエテ、オレキエッティ)と
呼ばれているショートパスタです。
プーリア地方のパスタです。
直径が2cm前後で、片側はソースがからまりやすいように
表面が凸凹しています。
ナスのソース、食材では豆や豚肉に合います。

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. のんた より:

    Ryujiさん、いつもコメントありがとうございます。
    今日もすごい食材ですね、グァンチャーレ! なかなかリッチなベーコンですね。これで作ったパスタはさぞかしおいしいでしょうね。
    いつか食べてみたいです。イタリアに行きたくなりました。
    今日もありがとうございました。

  2. taeco より:

    美しいパスタだわぁ~。にんじんをみじん切りにされたり、お味だけでなく、見た目もとーっても嬉しいパスタだわ~~~♪ 私もこんな風にパスタをつくりたい、つくらねば~と改めて思いました(*^^*) 素敵なお料理を教えてくださり、いつもありがとうございます!!

  3. misya より:

    こんばんは~~♪
    グアンチャーレ♪
    まだまだ知らない食材がいっぱい^^
    こちらにお邪魔すると
    ワクワクドキドキ~刺激がいっぱいです♪
    お野菜もいっぱい入るのですね^^
    美味しいんだろうな^^
    うっとりします~~♪

  4. yuko より:

    グアンチャーレ ほほ肉はよく動かすので
    脂身でも独特の甘みと旨味がありますよね
    それにフレッシュな野菜を加えたラグー
    とっても美味しそうです
    素敵なレシピありがとうございます
    金木犀大好きです
    香りがこちらまで届きそうです

  5. イヴォンヌ より:

    グアンチャーレすっごくおいしそうですね。おいしい脂身ってこたえられませんよね~♪

  6. タヌ子 より:

    グアンチャーレを30分煮込んだら、凄く良いブイヨンが出そうですよね。
    フルーツ玉ねぎ、フランスで見かける真っ白な玉ねぎと同じなのかしら?
    普通の玉ねぎとの使い分けに悩んでいたのですが、こちらの方が甘味が強いんですね。

  7. Rune より:

    Ryujiさん
    こんにちは!
    豚の頬肉のことをグアンチャーレというのですね!
    やわらかくて美味しそうです!
    ペコリーノロッマーノに
    たまねぎの甘みと濃厚なトマトの味も加わりとっても美味しそうです!
    極上の食材で頂きたいです!!!
    スイートオニオンはこちらでも売ってますが、、多分こちらのは違うのでしょう。。今度ブログUPさせてみます。
    ご心配をおかけしました。
    今日、動物病院へ行ってきました。。
    愛犬は内臓はいたって元気
    目も大丈夫
    だけど、背骨が老人の骨に。。。
    すごくショックです><
    心の中で号泣です・・

  8. こんにちは~
    グアンチャーレのラグー、とっても美味しそう~~
    グアンチャーレ、初めて知りましたが、想像しただけで、美味しさが伝わってきま~す!
    一度食べてみたいで~す☆
    素敵なレシピ、どうもありがとうございます。

  9. mayunbo94 より:

    グアンチャーレ、写真見ただけでおいしそうです!
    これをラグーにして、切り口四角いキッタラと合わせる。。。
    食べた~い!!
    黒のお皿に映えますね☆

  10. たんこ☆こぶた  (とんとっこ) より:

    豚のトロトロ柔らかい頬肉と
    新鮮なお野菜たっぷり♪パスタ
    ヘルシーで美味しそう(0^-^0)
    スィート玉ねぎ
    初めて見ました!
    玉ねぎの甘みも
    美味しい風味を引き出して
    ミニトマトやベーコンと絡めて
    頬張りたいです(*^-^*)
    P.S.こちらこそ、いつも嬉しいコメント
    本当にありがとうございます(0^-^0)

  11. こんにちは(^O^)/
    グアンチャーレ、なるほど~
    とっても美味しそうですね。
    詳しいレシピとグアンチャーレ関連
    読みふけってしまいました。

  12. puffpuff より:

    脂が美味しそうです!!!
    おいしいラグー最高ですね。
    キンモクセイの季節になりましたね。

  13. masakohime より:

    グアンチャーレ、これもはじめて知った食材です。脂身が真っ白で綺麗です。新鮮な証拠ですね。脂身が甘くて美味しい!キッタラと絡んで、どんな美味しいパスタになっているのか、想像するだけで嬉しくなってしまいます。今度知り合いのシェフに聞いてみます。食べられると嬉しいのですが…
    いつも食材のことを詳しく書いてくださるので、とても勉強になります。

  14. きー。 より:

    おいしそうー。
    生唾がでました 笑。
    マットがいない時に作って食べたいです。
    グアンチャーレ、下見しておこう 笑。

  15. ぴよ より:

    おはようございます。
    伊太利亜の豚トロ!グアンチャーレ!に、
    セロリーや人参の香味野菜の旨みが溶け込んだソースが
    パスタに絡むのですね。
    表面積の大きなキッタラパスタに絡んで、
    とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

  16. kazuyoo60 より:

    我が家でも1か所の金木犀が香り始めました。
    豚の頬肉とは、精肉になったのしか、それも大量の部位のばかりですので。
    美味しさは油にとは聞いてます。グアンチャーレ、すごい脂肪の厚みですね。

  17. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    ラグーは大好きです!!
    グアンチャーレというのが素敵です。
    キッタラとの相性が抜群ですね。
    全部ポチっと応援させていただきます。

  18. tamakiti より:

    おお~グアンチャーレ
    これも高級食材なんでしょうね~。
    美味しそうだわん。
    太りそうだけど~。

  19. らるむ。 より:

    おはようございます。
    グアンチャーレは高いけどおいしさが違いますよね~♪
    グアンチャーレたっぷりのラグーがキッタラに絡んでとってもおいしそうです(≧∇≦)
    応援☆

  20. Riecco より:

    グアンチャーレのラグー大好きです!
    キッタラと最高に美味しそうですね^^
    イラストが光ってるようで、こちらも素敵です☆
    金木犀の香る季節になってきてますね。

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

菜の花とパンチェッタ
ひよこ豆のスープ アンチョビー風味
パスタ スパゲッティ 白トリュフ風味のカルボナーラ
フランス産 ジロール茸のローストにんにく風味
パスタ リングイーネ  赤パプリカソース
ニシンの昆布巻き
トリッパの煮込み
海老のスープ
アンチョビーとパン粉のパスタ ペペロンチーノ
長いもとクワトロ(4種)のチーズによるグラタン
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。