イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,575、パスタのレシピ数は1584。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ロブスターソースの パスタ タリアン

   

ロブスターソースの パスタ タリアン
イタリアン料理レシピ
本当は甲殻類をぶつ切りにして炒め
ブランデーを振りかけて作るのですが
今日は簡単に溺愛のアメリケンヌソースを使います
キスコの製品ですがこれは絶品です
オマールエビの風味が十分に濃縮されています
それに香味野菜でソフリットを作り
こくと深みを持たせています
フォンドボーも加えてあります
ナデシコナデシコ
ナデシコ
masakohimeさんが作られたタコのカルパッチョ、オレンジ風味
ぐーたら主婦、内食を楽しむ方法の
masakohimeさんが作られたタコのカルパッチョ、オレンジ風味

素晴らしい飾り付け見事です
有り難うございます
イタリア料理に使用する食材2人分
















パスタ タリアン140g
アメリケーヌソース120cc
たまねぎ1/4
にんじん1/4本
セロリ1/4本
グラッパ20cc
赤ワイン500cc
フォンドボー200cc
エストラゴン1枝+2枝
ホールトマト1缶
バジルの葉6枚
オリーブオイル20cc+30cc
無塩バター20g
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

【のど越しのよい、コシのあるパスタ】 ブルニア タヤリン(卵)250g
美味しい!
小麦の味となめらかな
のどごしが満足感大!
もっちりとして、
アルデンテが長続きする、
グルメなパスタです。
ピエモンテで
よく食べられている麺が「タヤリン」です
基本は卵入りのコシのある麺

キスコ:アメリケーヌソース【1kg】
【特徴】
オーストラリア産の
新鮮なロブスターを
つぶして丹念にソテーし、
野菜と煮込んだロブスターソース。
海老料理はもちろんのこと
魚料理のソースにも活用できます。
【原材料】
ロブスターブイヨン・野菜
(玉葱・人参・セロリ・にんにく)・
トマトペースト・バター・米・白ワイン・
ブランデー・食塩・香辛料・増粘剤(タマリンドガム)

淡路たまねぎ9kg+10%の保証付き!
淡路たまねぎは
通常5ヶ月のところを、
7ヶ月かけてじっくり育てた、
やわらかくて、
みずみずしい淡路島産たまねぎを
お楽しみ下さい。

にんじん(500g)
濃厚なのに
クセの少ない旨みと、
まるで柿を食べているかのような
自然で爽やかな甘みが特徴の、
常連様に大人気の千葉県産にんじんです。
土作りをしっかりと行った畑で
無農薬栽培されておりますので、
ジュースにしたり、スティックサラダにしたりと、
にんじん本来のおいしさをじっくりお味見いただけます。

セロリ(1本)
静岡県産

グラッパ・ディ・バローロ・リゼルヴァ
「イタリアワインの王様」と
称えられる銘酒バローロの
ネッビオーロ種の搾り滓から
造られた究極グラッパ!
オークのバリック熟成からくる、
美しく濃い琥珀色!濃密な香りが広がり、
風格のある味わい!の究極グラッパ・ディ・バローロ!

ベーラ ダルバ ヴィッララターナ イタリア 高級赤 ワイン
【香】ラズベリー、カシス、チェリーなど
複雑な香りがひろがる。酸味もある。
【色】非常に濃い赤色、グラスをふる、
思った以上にグラスに色はあまりつかなかった。
【味】さくらんぼ、イチゴ、
いろいろな赤い果実を連想させる。
ボディがある。あとに酸味が残る.

キスコ:HCQフォンドボー【1kg】
選び抜かれた
最上級の仔牛の骨と
新鮮な野菜を使用し、
じっくりと時間をかけてコトコト煮込みました。
完成度が高く、コクと旨味が十分にあるので、
あまり煮詰めずにご使用いただけます。
【原材料】
仔牛骨・野菜(玉葱・人参・セロリ・にんにく)・
ホールトマト・トマトペースト・植物油脂・食塩・香辛料

エストラゴン
1パック(重量目安:約10g~20g前後)
【プロ厳選】【築地発送】
鮮度抜群、

バジル(20g)
さわやかで
甘みのある独特の芳香があり、
サラダやパスタ、
トマト料理など、
イタリア料理に欠かせないハーブです

有機栽培 ホールトマト 400g
ラ・テラ・エ・イル・チェロ・ジャパン ケンコーコム

高級オリーブオイル「キジサラチーニ」
イタリアのシエナにある、
二人のローマ法王を
輩出している名家キジ・サラチーニ家。
その荘園に600本しか植えていない
オリーブの木から一つ一つ手摘みされる、
オリーブの実を使った
エクストラヴァージンオリーブオイルです。
昔ながらの製法で作られた製品です。
そのままフランスパンにつけて食べるのがオススメです。

蒜山ジャージーバター
無塩・発酵 箱入り450グラム
原材料
ジャージー生乳100%(岡山県産)
内容量 450g

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak) Mサイズ 50g
日本に
最も多く入ってきている黒胡椒が、
このインドネシア・サワラク産の黒胡椒。
香りと辛さのバランスが良く、
どんな料理にもオールマイティに使えます。
普段使いの黒胡椒として、お気軽にお試しください。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:50g
・原産国:インドネシア

PEUGEOT(プジョー) エリス センス 電動ミル ペッパーミルorソルトミル
センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで稼動する
電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。また、
付属のスパイススケールには目盛りがついていて、
1回分の詰め替えにぴったりな量を測ることができます。


イタリア料理レシピ手順
1.香味野菜
  たまねぎ・にんじん・セロリは
  微塵切りにします
  フライパンにオリーブオイル20ccを入れ
  香味野菜を加えて弱火で丁寧に炒めます
  きつね色になるまで炒めます
  30分以上かかると思います
  これはソフリットと言って
  イタリア料理に欠かせない調味料です
2.ソースパンに
  アメリケーヌソースを入れ暖めます
3.ソースパンに
  フライパンで作ったソフリットを加えます
  弱火で煮込みます
4.別のソースパンに
  赤ワイン500ccを入れ中火で沸騰させ
  1/5まで濃縮します
5.ホールトマト缶400gのうち
  100g分を使います
  ボウルに移しておきます
  身は手でつぶしておきます
6.フォンドボー・バジル・エストラゴン・
  ボウルに移したホールトマト加えます
  塩・ブラックペパーを加え弱火で煮込みます
  1時間弱煮込みます
7.裏ごしをします
8.フライパンに
  ソースを120cc加えグラッパを入れ
  中火にかけアルコール分を飛ばします
  火を止めておきます
8.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
9.ソースパンは
  パスタの茹で上がる2分前に
  中火にかけ暖めます
  無塩バター20gを入れ溶かし込みます
10.パスタが
   茹で上がったらパスタの水気を切り
   フライパンに入れソースを絡めます
11.食器に盛りつけます
   上にエストラゴンを一重だ飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

うらごし[30メッシュ] 小

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャード・ジノリ ベッキオホワイト  プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

素敵なブログの紹介です
ブログ名 「c’est si bon ***souffle’s happy table***」
souffleさんのブログです

お料理・お菓子作りが大好きです。
もちろん食べることも♪
季節を感じるテーブル。
そして家族やお友達と囲む和やかなテーブル。
美味しい時間と共に、
毎日を大切にしていきたいと思っています。
笑顔の広がるテーブル。
アメリケンヌ 関連
*****アメリケーヌソースのファルファッレ
しまえびと生クリームエビアメリケーヌソースで
パスタを絡みます
*****アメリケンソースのリゾット
アメリケンソースを使用したリゾットです

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. タヌ子 より:

    市販のアメリケーヌソースを使っても、これだけ手間がかかっているのだから、アメリケーヌソースを作ったら、2日ぐらいかかりそうですね。
    これだけ手間をかけたものを1回で食べ終わってしまうのは勿体ないから、沢山作って小分けにして冷凍しておくのが良さそうですね。

  2. おはようございます。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    とても素敵なパスタですね。
    私も作ってみたくなりました。
    美味しさ満点ですね!!
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  3. tamakiti より:

    おおっ
    ロブスターソースなんてのがあるんですね。
    料理って作るの見てても楽しいですよね。
    昔流行った料理番組が、また始まりましたよね?
    料理好きの人は見てるかな?

  4. Rune より:

    タヤリンのパスタで。。
    頂いてみたいです!
    高級パスタの醍醐味をぜひ味わってみたいです!
    ひめさまのつくれぽ
    とっても美味しそうです!
    私もRyujiさんのレシピで
    ある素材でしかできませんが
    チャレンジしてみたいです!
    毎回楽しく読ませていただいております^^

  5. kazuyoo60 より:

    生のオマールエビに逢える機会もないです。ロブスターの冷凍は買ったことがありましたが、日本の蟹やエビに比べて、生の美味しさはありませんでした。
    我が家のナデシコもこちらに似ています。背丈が低くて、春からずっと咲き続けています。
    今朝のテレビ、山形の小芋でした。伝統野菜がたくさん残っているそうです。特別の美味しさがあるから受け継がれた野菜たち、もっともっと流通すればと思います。

  6. masakohime より:

    アメリケンヌソース、これも始めて聞いた名前のソースです。(これが楽しみです)
    家庭で海老をぶつ切りにして炒め ブランデーを振りかけて作ることは出来ません。こんなソースがあるのですね。とても贅沢なソースです!このソースを使うだけで、もう美味しいパスタになることを間違いないです!
    名前のリンクと写真の掲載、ありがとございます。

  7. えつこ より:

    アメリケーヌソースって売ってるんですね(当たり前か)
    丁寧に作られたソフリットが香り高くて美味しそうです。30分も炒めますかー

  8. Sandie より:

    今日、日系スーパーで生きたロブスター箱に入って売ってましたよ!30ドルでした。心動かされたけど、でも一匹じゃあ出汁どころか一人分食べるところも取れないよね~と諦めました。アメリケーヌ探してみます~
    湯でタコ買ってきたけど、こんな洋風カルパッチョもありでしたね。(酢の物にしてしまった)

  9. Sivaji より:

    アメリケーヌは大好きなソースです。
    オマールはなかなか手に入らないので、
    車海老とか、カワツエビとかで、ジュ・ド・クリュスタセを作って、代用することがありますが、オマールのそれに比較すると、深みが足りないですね~。
    赤ワインにフォン・ド・ヴォーも入っているので、コクのあるパスタに仕上がっていて、おいしそうです。

  10. イヴォンヌ より:

    ロブスターソースっていいだしがでておいしそう~♪

  11. こんばんは~
    ロブスターソースのパスタ、とっても美味しそう~~
    なかなかロブスターを食べれませんが、かなり興味あるレシピです…
    今日も、素敵なレシピ、教えてくださり、どうもありがとうございました~☆

  12. こんばんは~
    ロブスターソースのパスタ、とっても美味しそう~~
    なかなかロブスターを食べる事ができませんが、一度は食べてみたいで~す!
    今日も素敵なレシピ、どうもありがとうございました~☆

  13. りかりん より:

    わぁ~!アメリケーヌソース、たまらないですね!!!
    私、オマール大好きなの☆
    こないだね、アメ横で1匹1000円!ってお兄さんに言われたんだけど・・・
    自分で調理する勇気がなくて~~
    パスタにしたら、お味が出て最高ですよね!!!

  14. flansucre より:

    ryuji_s1さん
    こんばんは★
    いつも温かいコメントをありがとうございます(^^♪
    そしていつも ryuji_s1さんの美味しそうなレシピを拝見し、参考になっています。
    今日は豚肩ロースを牛乳で煮込んで…♪
    柔らかそうで食べてみたいです。

  15. Manhattan Cafe より:

    ロブスターソース、おいしそうです~~。
    もうアメリケーヌ大好きです。この市販のソース、便利なのに本格的な味が楽しめていいですね~。でもしっかり香味野菜の香りも移って、おいしいソースなのが想像できます!

コメントを残す

  関連記事

牛ヒレ肉のペパーソース和え
豚バラ肉の煮込み
イチジクの赤ワインコンポート
なすの揚げづけ
タコとジャガイモのサラダ
パスタ コンキリオーニ カポナータCaponata
no image
ひよこ豆 パスタのスープ パンチェッタ入り
イチジクのコンポート
スペアリブの赤ワイン煮
パスタ ペンネ リガーテ グリーンアスパラ ポーチェドエッグ添え
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。