イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鰺のスカペーチェ

   

鰺のスカペーチェ
イタリアン料理レシピ
スカペーチェとは魚を素揚げし
酢漬けにする料理です
ここでは小鰺を使用しました
鰺の内臓・あらを取り除き
ゼイゴも綺麗にカットします
小麦粉をまぶし素揚げします
小麦粉は強力粉を使用しました
ソースに一手間かけ
たっぷりの松の実を和えます
頭も骨も食べられます
アスターアスター
アスター
イタリア料理に使用する食材2人分











小鯵20 尾
小麦粉(強力粉)適量
オリーブオイル(揚げ油用)500cc
オリーブオイル30cc
たまねぎ1個
松の実/TD>60g
レーズン/TD>30g
鰺のスカペーチェ200cc
ラム酒10cc
海塩(塩の花)適量

イタリア料理に使用する食材

瀬戸内産 天然豆あじ 500g入
標準和名: マルアジ、またはマアジ
産地: 瀬戸内海 播磨灘 (兵庫県姫路市)
体長10cm前後のアジです。
ほとんど丸アジですが、真アジも混ざっています。

カプート社製 サッコロッソ・ファリーナ・ティーポ00粉 1Kg
本場ナポリでも
高いシェアを誇る
ピザ用強力粉のサッコロッソは、
袋が赤いのでサッコロッソ(赤い袋)と
呼ばれており、
ナポリピザはもちろんのこと
フォカッチャなどの
パン作りにも最適です。
精製度の高い順(外皮の含有量が低い)に
番号がつけられており、
00番は一番精製度が高い小麦粉で香りが強く風味があります。

《ルグリオ(イタリア)》エキストラヴァージンオリーブオイル 1000ml
南イタリア 
ナポリの近郊の小さな町で
生まれたオリーブオイルの専業メーカーで
作られたオリーブオイルです。
原 材 料 名 食用オリーブオイル
内  容  量 1000ml
原  産  国 イタリア

エクストラヴァージンオリーブオイル『タジャスカ』【750ml】
イタリア/リグーリア/
タジャスカという
小粒な西リグーリア特有の
オリーブが栽培されてきましたが、
今では新しい品種に転換され
非常にわずかな量 となっています。

淡路たまねぎ9kg+10%の保証付き!
温暖な淡路島で
生産者を限定し、
有機肥料を使用した、
有名飲食店・ホテルが指名買いする
ワンランク上の淡路玉ねぎです!

有機JAS 松の実 60g
JAS認定有機栽培品
大粒で油分が多い
天日乾燥
炒っておやつとして食べる
ケーキ、パン、クッキーの材料として使う
お粥や、まぜご飯など
○原材料:有機松の実(トルコ)


大粒レーズン(干しぶどう)《380g》
こちらはチリ産のフレーム種、
「フレームレーズン」でございます。
フレームレーズンは酸味が
少なくて糖度が高く、
フルーティーな味が特徴です。


MAILLE ラズベリー果汁入りワインビネガー 500ml
赤ワインビネガーを
ベースに、
ラズベリーのジュースを加えたビネガーです

バルバンクール 15年 ラム酒
西インド諸島
ハイチ産のプレミアムラム、
バルバンクール
バルバンクール15年
容量:750ml
アルコール度:43度

「フィオール・ディ・サーレ (塩の花)」
最初の塩田に
引き込まれた海水は、
太陽の光を浴びて徐々に
塩分濃度が上がってきます。
20~30日を経て
およそ25%程度の濃度になると、
次の塩田に移し、
更にじっくりと待ちます。
塩田から塩田へ移されながら、
その濃度は次第に高められ、
やがて数ヶ月後、ほとんど塩の結晶だけが残ります。


イタリア料理レシピ手順
1.マリネ液を作ります
  a)レーズンは小さな容器に入れ
   ラム酒に付けおきます
2.たまねぎは繊維に沿って薄く
   スライスします
a)ソースパンにオリーブオイル25ccを入れ
   たまねぎを加えて中火で炒めます
   タマネギがしんなりしてきたら
松の実を加えます
b)レーズンを加え炒めます
c)ラズベリー果汁入りワインビネガー100ccを
加え煮込みます
  d)塩を軽く振り入れます
3.小鯵をさばきます
  小鯵の腹を開き
  中の内臓を綺麗に取ります
  えらを手でえぐるようにして取ります
  流水で綺麗に洗います
4.小鯵全体に
  海塩をふりかけます
3.強力粉を
  まぶし余分な粉はたたき落とします
4.天ぷら鍋に500ccのオリーブオイルを入れ
  160℃に熱して小鯵を入れしっかり揚げます
  10分間揚げたら一度ペーパータオルの上に移します
  小鯵のあら熱が取れたら
  天ぷらの油の温度を180℃に
  揚げふたたび入れ揚げます
  骨まで柔らかくなり頭から
  食べることができます
5.バットに小鯵を重ならないように並べ
  その上にマリネ液の具のみを
  取り出し上のせます
  小さな網で取り出すといいと思います
  マリネ液を上から回しかけます
6.冷蔵庫に入れ丸二日間おき味をなじませます
7.食器に盛りつけますそのときも
  小鯵を器にのせ
  その上に具を盛りつけ
  マリネ液を廻しかけます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

ホーロー角バット L ホワイト サイズ(mm)254×330×55

リチャード・ジノリ  ベッキオホワイト  プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

アジ 関連
*****パスタ パッケリーニリガーテ アジ ケッパー風味
アジの風味を活かします
白ワインで魚臭さを消します
ブラックオリーブとケッパーが
アジに深みを持たせてくれます
鯵のスカペーチェ
スカペーチェとはイタリア版南蛮漬けです
ここでは鯵を使いました
あっさりしていてワインのお供に最適です
ビネガーはフランボワーズビネガーを
使いました
*****アジのマリネ ハーブ風味アジはとてもおいしいお魚です
イタリア料理に良く合います、
ハーブでマリネして臭みを抑え美味しく頂けます

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. hannoah より:

    おはようございます♪
    松の実やレーズンも味のアクセントに入っている
    んですね。
    ラム酒に漬けたレーズンも、風味豊かで
    松の実の香ばしさも楽しめますね。とても美味し
    そうで、2日か寝かせるのも我慢が出来なくて
    食べてしまいそうです。是非、作っていただいて
    みたいと思います♪

  2. yuko より:

    スカベーチェ 美味しそうです
    松の実の食感 ラムレーズンの香りと甘みが
    奥深いお味になりますね
    これからの季節まとめて作っておくと便利ですね
    素敵なレシピありがとうございました

  3. ぴよ より:

    おはようございます。
    伊太利亜料理にも、南蛮漬けに良く似た
    スカペーチェという料理があるのですね。
    2種類のオリーブオイルを使い分けて、
    サクッと揚げた味を、上質オリーブオイル&玉葱や
    松の実などとスカペーチェ♪、
    とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

  4. kazuyoo60 より:

    綺麗に咲いたアスターですね。
    南蛮漬けの本来の料理なのかなと拝見しています。
    スカペーチェの名前は知らなくても、酢を振りかけたりはしていますから。

  5. tamakiti より:

    イタリア料理は海鮮素材も
    たくさん使いますよね。
    これも美味しそう♪

  6. suzu より:

    素揚げした魚の酢漬け大好きです。
    魚を丸ごと楽しめますね!
    松の実やレーズンも加わっていいアクセントになって
    とっても美味しそうです♪

  7. おはようございます♪
    鰺のスカペーチェ、とっても美味しそう~~
    酢漬け、かなり大好きなので、とても食べたくなりました~
    松の実、レーズン入りで、栄養化もupで、良いですね♪
    素敵なレシピ、どうもありがとうございました~☆

  8. sarara より:

    ryujiさんへ
    いつもありがとうございます。
    お魚、料理するのは得意ではありませんが、食べるのは大好きです。
    素揚げして、マリネおいしそうです。

  9. mayunbo94 より:

    小鯵の揚げたの大好きです!!
    それだけでもおいしいのに
    レーズンや松の実が入ったマリネ液に漬けるなんて
    もっとおいしそうです!!
    食べたいです☆

  10. イヴォンヌ より:

    鯵をから揚げにして酢漬けにするっておいしいですよね~
    松の実やレーズンいれたマリネはいいな♪

  11. TWINS より:

    こんにちは~
    イタリアンにもアジの南蛮漬けみたいなのが
    あったんですね~
    うまそうです(*^_^*)

  12. らるむ。 より:

    こんばんは。
    イタリア版鯵の南蛮漬けといったところですね。
    松の実やレーズンが入るところがイタリア料理らしくオシャレですね♪
    南蛮漬けを作ろうと思いつつずっと作ってないので、食べたくなっちゃいました。
    応援☆

  13. ゆゆ より:

    こんばんは!
    いつもコメントを頂きありがとうございます。
    レーズンを入れるんですね!!
    これはやってみます~
    松の実で香ばしさUPでよいですね♪
    とっても美味しそうです(^^♪

コメントを残す

  関連記事

パスタ リングイネ シラスとチャイブ
ブラウンマッシュルームのパスタ ポルチーニ風味
アボカドとえびのサラダ
天然ヒラメの縁側付き切り身のオレンジソース
ラディッキオ トレビーソのパスタ スパゲッティ
カタクチイワシのフリット アンチョビーソース添え
乾燥そら豆(ファーヴェ)のピューレーとチーマ・ディ・ラパ
骨付き鶏もも肉 白ワイン蒸し オリーブ風味
トレビスとグアンチャーレのパスタ キタッラ
ミントミルクティ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。