イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ヒラメのムニエル

   

ヒラメのムニエル
イタリアン料理レシピ
ヒラメをバターでソテーします
外はかりっと中はジューシィに仕上げたいです
火加減が大切です
あまり強火にすると中まで火が通り過ぎてしまいます
じっくりと時間をかけましょう
ハーブはディルを使いそれを飾りにします
いくみさんが作られた まぐろとほうれん草のパスタ ペンネッテ
アジアンハーブごはん by Ikumiの
いくみさんが作られた

まぐろとほうれん草のパスタ ペンネッテ
お作り頂有り難うございます
すごくうれしいです
感謝です
美味しく作って頂き
有り難うございます
今後もよろしくお願いします
アスターアスター
アスター
イタリア料理に使用する食材2人分











ヒラメ200g×2枚
インゲン8本
パプリカ(赤)1/4個
オリーブオイル20cc
無塩バター40g
強力粉適量
ディル1枝
海塩(塩の花)適量
ホワイトペパー適量
レモン1/2個

イタリア料理に使用する食材

[産直大分県] 養殖活きじめ平目半身
大分県の県南地方で
養殖された、
よく身の引き締まった
高級魚の平目を活かし込み、
発送直前に当店で活き締めし、
1尾では量が多いお客様用に
半身の状態にしてお届けします。
調理もいたしますので選択して下さい。
関西地区以北は航空便でのお届けになります。

【九州産 新鮮野菜】直送!いんげん(インゲン)
タマタチャンファームで
取れたいんげん豆、新鮮でおいしいよ

パプリカ★長崎県/1個
火を通すととろりと
甘さが増す野菜。
赤パプリカは、
皮ごとこんがりとこげるまで焼いて、
皮を剥き、オリーブオイルと
塩、好みでビネガーをひとふりするだけで
抜群のおいしさに!

『ラウデミオ』有機栽培エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル
イタリア/トスカーナ産
:オーガニック認定:サンミケーレ社製

蒜山ジャージーバター 無塩・発酵 箱入り450グラム
原材料
ジャージー生乳100%(岡山県産)

サッコロッソ・ファリーナ・ティーポ00粉 ゼロゼロ粉(ピザ用強力粉) 1Kg
カプート社製 
本場ナポリでも高い
シェアを誇るピザ用強力粉の
サッコロッソは、
袋が赤いのでサッコロッソ(赤い袋)と
呼ばれており、
ナポリピザはもちろんのこと
フォカッチャなどのパン作りにも最適です

ディル 大分産 1パック
魚のハーブ!
サーモンマリネには欠かせない!
ポテトにも相性バッチリ!

「フィオール・ディ・サーレ (塩の花)」
風のない晴れた日にのみ
採れる非常に稀少な海塩の結晶です!
純粋な塩なので、色も白く、
マグネシウム、カリウムなどのミネラル分が豊富!
料理の仕上げに使えばぐっと
素材の味を引き出してくれます!

313エクストラ・ホワイトペパー(Extra White Pepper)
ガラスチューブパッケージ 27g入り
クストラホワイトは
特に良質なホワイトペパーのみ
を選別したもの。
多くの料理によく合い、
香味はブラックペパーより
マイルドで上品。
淡白な魚料理やスープにどうぞ。
その都度ミルで挽いて使うと
新鮮な風味や香味を楽しむことができます。
原産国:インド

PEUGEOT(プジョー) 電動ミル エリス センス
ペッパーミル・ソルトミルのどちらも、
ダイヤルを合わせることで6段階の
挽き具合に調節できます。
勿論、挽く時は片手でスイッチONが可能です。

スッキリさっぱり国産グリーンレモン 約2kg
レモンティーやレモネード、
レモンジャム、
揚げ物などなど様々な用途に
使用できるレモンですが
たけひこオレンジ農園育ちのレモンは香り、
酸味ともにバツグンです。
10月中旬頃からグリーンレモンとして
収穫が始まり、徐々に黄色(レモン色)
に変わっていきます。


イタリア料理レシピ手順
1.いんげんは
  へたの堅い部分はカットします
  下茹でします
  ソースパンにたっぷりお湯を沸騰させ
  お湯の量の2%の塩を加えて
  インゲンを入れ茹でます
  ほぼ2分間程度です
  ざるあけ冷水に入れ急激に
  温度を下げ色止めをします
  ペーパータオルで水気をしっかり拭き取ります
2.パプリカ(赤)は
  2cm角にカットし
  6個作ります
3.ディルは
  飾りに使います
4.レモンは
  六等分の櫛形にカットします
5.ヒラメは
  皮もむきます
  1枚を200gにカットし2枚用意します
  魚屋さんで裁いてもらうといいでしょう
6.塩・ホワイトペパーを
  振りかけ
  強力粉をまぶします
  余計な粉ははたいて落とします
7.フライパンに
  オリーブオイルを入れ中火で熱します
8.皮目の方を上にして入れ
  炒めます
  綺麗な焼き色がついたら
  裏返し火を止めます
  ペーパータオルで余分な油を拭き取ります
9.フライパンを弱火にかけ
  無塩バターを加えます
バターが溶けてきたら
  スプーンですくい魚の上に回しかけます
10.インゲンとパプリカを入れ
   一緒に炒めます
11.魚の中央まで軽く火が通ったら
   OKです
12.食器に盛りつけます
   魚を盛りつけ脇に野菜を飾ります
   上のワウにレモンを添え
   ディルを飾りにします
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)ベッキオホワイト  プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

ヒラメ  関連
*****天然ヒラメとリコッタチーズのパスタ 
リングイネ

ヒラメの淡泊な味がリコッタチーズと
よく合います
それに彩りとしてきれいな待つかなミニトマトを
そのかすかな酸味がアジに深みを与えてくれます
パスタはリングイネを使いました
*****天然ヒラメの縁側付き切り身のオレンジソースヒラメの縁側の脂が乗っているところが
付いていてすごくおいしいヒラメです
綺麗にさばられていて美味しいてす
オレンジの香りがコアントローの味付けで
際だった風味が楽しめます
*****淡路島の活ヒラメのムニエル 
ブッタネスカソース

冬場のヒラメは寒ヒラメといいとても美味しい時期です、
そのムニエルをブッタネスカソースで味わいます、
丁寧に作られたソースは良くムニエルに合います、
にんにくオイルをふりかけます、
にんにくの香りが素晴らしいです、
*****ヒラメとアサリの紙包み焼き
紙で包み込んで味と香りを
逃がさないようにします、
蒸し焼きになった魚に・あさりの出汁・
キノコの香りが
素晴らしい香りを敵強してくれます、

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. TWINS より:

    こんばんは~
    ディルって魚にすごく合いますよね!
    大好きです(*^_^*)

  2. ぴよ より:

    こんばんは。
    表面が、カリッ♪としていて、
    あっさりした身がほろっ♪と
    ほぐれるヒラメのムニエル!!
    元気なビタミンカラーのパプリカと、
    三度豆のグリーン色がソースとして
    添えられるのですね。
    とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援星ポチッ

  3. らるむ。 より:

    こんばんは。
    火を通した白身魚は苦手ですが、ヒラメのソテーは大好きです♪
    バターの風味がいっぱいでおいしいですよね♪
    付け合せもクリスマスカラーで、クリスマスにピッタリなメニューですね。
    応援☆

  4. 白身魚は娘の大好物、
    ひらめも美味しそうですね~(^O^)/
    強力粉なんですね~
    いつも普通の薄力粉で作ってました。
    美味しいレシピありがとぅございます。

  5. misya より:

    こんばんは~♪
    プチご無沙汰してしまって・・・すみません^^;
    おおおお、立派なひらめですね~♪
    シンプルなお料理だけに素材の力が美味しさの秘訣でもありますね^^
    じっくりと時間をかけて・・・なるほどです^^
    勉強になりました~有難うございます♪

  6. mayunbo94 より:

    ヒラメのムニエルおいしそうです!!
    焼き方のこつ、勉強になりました。
    盛り付けもキレイですね☆

  7. Manhattan Cafe より:

    こんにちは!
    ひらめのソテー、おいしそうですね。
    ディルも大好きなハーブなので、いっそうおいしそうに感じます。
    ムニエルは家族に喜ばれるメニューなので、久しぶりに作りたいと思います。どうしてもお肉中心になりがちでいけませんね。

  8. masakohime より:

    ヒラメのムニエル、美味しいヒラメを見つけたら是非作ってみたいです。
    丁寧なレシピをありがとうございます。
    ペコロスの食べ方も、ありがとうございました。少し考えれば、当然皮は食べないですね。お手数をおかけしましたが、お返事とても嬉しかったです。

  9. sarara より:

    ryujiさんへ
    今日もおいしそうです。
    まだ生ハーブは上手に使えないのですが、チャレンジしてみたいと思います。
    ありがとうございます。

  10. えつこ より:

    ヒラメをふっくら焼くのですね。
    ディルの香りとバターの香りが食欲をそそりますね☆

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

カボチャのスープ パンプキンシードオイル風味
no image
ティラミス イチゴ添え
マグロステーキ バルサミコ風味
ぼたん海老のアヒージョ
新ジャガイモのトリュフ風味
いんげん豆のごま風味
no image
ゴボウのスープトマトの浮身添え
イタリア産ドルチェポルコ豚の塩釜 ローズマリー風味
イチジクのパスタ
ラムロインのソテー ハーブソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。