イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,689、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

マグロとラーファノ(西洋わさび)のパスタ スパゲッテーニ

   

マグロとラーファノ(西洋わさび)のパスタ スパゲッテーニ
イタリアン料理レシピ
rafanoラーファノとは
イタリア語で西洋わさびのことです
フレッシュホースラディッシュとして
一般に知られています
自然の山でとれた西洋わさびは
風味が強く美味しいものです
その辛さを卵黄で優しくします
マグロと合わせて頂きます
ディルで香り付けをします
パスタは細めのスパゲッテーニを使います
プリムラ ジュリアンプリムラ ジュリアン
プリムラ ジュリアン
イタリア料理に使用する食材

イタリアの高級パスタ セタロ スパゲティーニ  500g
SETAROパスタは、
芸術であり文化であり
又儀式でもあり、
トッレアニュンジアタ
(かつてパスタ料理で栄えた都市の
物語でもあります。

グルメ厳選なま本まぐろ
≪特選赤身≫生!
ご堪能くださいませ!
100g単位
グルメ厳選なま本まぐろ!
中トロです。
三崎・北海道・大間・佐渡・
ボストン・チリ・地中海等の人気の産地から厳選!
冷凍品とは一味違う新鮮なまの味わいです。

北海道の山わさび 80g【冷蔵便】
山わさびは、
「ホースラディッシュ」
「西洋わさび」とも呼ばれます。
その名の通り、原産地は西洋です。
一般的なわさび(本わさび)と
区別するために、
北海道では「山わさび」と呼んでいます。

ディル 大分産 1パック
魚のハーブ!
サーモンマリネには欠かせない!
ポテトにも相性バッチリ!

エクストラヴァージンオリーブオイル『タジャスカ』【750ml】
イタリア/リグーリア
“タジャスカ”は
マイルドで軽やかな香り、
甘く優雅な中にも生命力あふれる
アーモンドにも似た豊かな風味が特徴で、
色は“黄金の麦藁色”と呼ばれ、
特に魚介類を中心とした地中海料理に最適です。

銘柄モスカート/ワインビネガー(白)【250mlボトル】
チェーザレ・ジャッコーネ:
チェーザレは、
料理の素材またはワインとの
相性において、
あまりにも日常的な調味料として
さほど気にされていなかった
ワインビネガーの特性を非常に重要視しています。

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

PEUGEOT(プジョー) エリス センス 電動ミル ペッパーミルorソルトミル
センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで稼動する
電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。また、
付属のスパイススケールには目盛りがついていて、
1回分の詰め替えにぴったりな量を測ることができます。


イタリア料理レシピ手順
1.まぐろは
  200gを1.5cm角にカットします
2.山わさびラーファノは
  皮をむき
  すり下ろします
3.ディルは
  中心の太い茎を取り除きます
4.ボウルに
  オリーブオイル・白ワインビネガー・
  まぐろ・ディル・を入れ攪拌しておきます
  塩を軽く振り入れておきます
5.たまごは
  卵黄のみを使います
  小さな器2個に卵黄1個ずつ入れておきます
6.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
7.茹で上がったパスタは
  冷い氷水にいれ
  急激に冷やします
  ざるにあけ水気を切り
  更にペーパータオルで水気を
  拭き取ります
8.ボウルに入れ作っておいたソースに
  絡めます
9.パスタを
  食器に盛りつけます
10.すり下ろした山わさびラーファノを
   上に振りかけ
   卵黄を載せつぶします
イタリア料理に使用する調理器具

チーズおろし(四面グレーター)

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー(16.19.23) 6pcs

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー/Fissler ニュープロコレクションマルチスター20cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー/Fissler ニュープロコレクションマルチスター20cm

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)ベッキオホワイト  プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

まぐろ  関連
*****まぐろとほうれん草のパスタ ペンネッテ
パスタ ペンネッテは
普通のペンネより細くできています
マグロの赤身はあまり火を通さずに
暖めた感覚で仕上げます
ほうれん草もさっと湯がいて
その後は軽く火を通すだけに押さえ
ほうれん草の甘みと綺麗な色を堪能します
*****フレッシュトマトとマグロ赤身のパスタ カペッリーニ
パスタ カペッリーニは
ローマ法王庁御用達のパスタです
なトマトとレモンの蜂蜜
オリーブオイルを入れ撹拌しソースの素を
作ります
その中にマグロを入れまぜ合わせます
*****マグロのとろとアボガドのパスタ コンキリオーニ
コンキリエ(イタリア語: conchiglie )とは
「貝殻」を意味し、
パスタの形状の中で貝殻の形をしたものを指す。
コンキリエは複数形で、
単数形はコンキリア (conchiglia)。
大型の物はコンキリオーニ (conchiglioni) 、
小さなものはコンキリエッテ (conchigliette) と呼ばれる。
その形状を生かして、
コンキリエの中に小さな具が入るような
料理法を取ることが多い。
コンキリオーニには具を詰めることもある。
*****メバチまぐろのソテー 赤パプリカと ミントのソース
メバチマグロ150gをソテーします
赤パプリカのペースト
ミントのペーストを浸けて頂きます
魚の臭みが全然感じられず
美味しくいただけます
*****まぐろとツナのじゃがいもの重ね焼き
スペインのORTIZ★
オルティス社の最高のツナを使用し
マグロのトロと香草パン粉を使用した
イタリア料理です、
香草パン粉の香りが素晴らしいです、

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    こんばんは。
    ホースラディッシュ大好きなんです(≧∇≦)
    ローストビーフとしか食べたことないので、マグロと一緒にパスタにするなんて斬新です!
    食べてみたーいっ!!
    応援☆

  2. mayunbo94 より:

    マグロと西洋わさびの組み合わせ!
    おいしそうですね!!
    ディルと卵黄も使った冷たいパスタ
    食べてみたいです☆

  3. sarara より:

    ryujiさんへ
    いつもありがとうございます。
    マグロと西洋わさびのパスタ、おいしそうです。
    ありがとうございます。

  4. 今までパスタではマグロのイメージがあまりありませんでしたが こうしてみると「アリ」だな~って思います。
    西洋わさびとの相性も抜群!
    ディルも加わって香りもよさそうですね。

  5. Sivaji より:

    あ~~、なるほど。マグロのタルタル仕立てのようなものに冷たいパスタ。
    あわないわけはないですね~。
    でも、今まで、思いつきもし無かったです。
    マスタードではなく、ワサビを使っているところが、酸味の利いたマグロにさらにあいそうですね。

  6. イヴォンヌ より:

    まぐろと西洋わさびのコンビネーションおいしそうですね~♪

  7. こんにちは~
    マグロとラーファノ(西洋わさび)のパスタ、とっても美味しそう~~
    まだマグロをパスタに使用した事がないので、かなり興味持ちました~
    ホースラディッシュとのコラボ、素晴らしいですね♪
    本日も、素敵なレシピ、どうもありがとうございました~☆

  8. masakohime より:

    30年も前「北海道の山葵」を頂き、そのときは食べ方も分からずに終わってしまいました記憶があります。本マグロのソース?と卵とホースラディッシュ。ビーフのような味わいかしら。想像できない美味しさのような気がします!

  9. kazuyoo60 より:

    黄色も良いですね。同じ色のを前に買ったことがあります。
    ホースラディッシュは白っぽいのですね。粉わさびは常備してますが、原材料の印刷があるはずですね。
    本マグロですもの、さぞ美味しいでしょう。

  10. misya より:

    おはようございます♪
    西洋わさびのことをラーファノと言うんですね^^
    まぐろとわさびとの相性は抜群♪
    日本の山葵は最高と思っている私^^
    西洋の山葵もきっと最高なんでしょうね♪
    香豊かで、うんうん、とっても美味しそうです♪

  11. タヌ子 より:

    今まで試してみたことがありませんでしたが、考えてみたら、ちょっとお肉っぽいマグロには、お刺身でも山葵よりもホースラディッシュの方が合うかもしれませんね。
    サラダ感覚で楽しめそうなパスタですね。

  12. yuko より:

    これはお味を想像するとたまりません
    とろ~り黄身をからめてマグロと西洋わさびのピリッとしたパスタ
    美味しそう~
    ぜひ作ってみたいと思います
    素敵なレシピありがとうございます

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

エゾ鹿もも肉のロースト スチューベン(葡萄)のソース
鹿肉ロースのラグー パスタ パルデッレ
だんしゃくいもの濃厚ュピーレー
鴨胸肉のカシスソース煮
イタリアンスタイル牛肉の薄切りのフライ
no image
トマト・ズッキーニ・ミントのロースト
パスタ キタッラ ルッコラのペースト ヘーゼルナッツ添え
フェットチーネのクリームソース
パルミジャーノ リゾット
いわしの白ワインビネガー風味
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。