イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,576、パスタのレシピ数は1584。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

水牛モッツアレラチーズ ポッコンチーニのカプレーゼ

   

水牛モッツアレラチーズ ポッコンチーニ
イタリアン料理レシピ
世界中の人からナポリで
一番美味しいと言われている
デッラ ローゼのブッファラです!
一口サイズに丸められていてそのまま使えます
素晴らしく風味のあるモッツアレラです
それに甘さのあるミニトマト
香りの高いバジルの葉
そして何よりも生のままのオリーブオイルが
一番美味しいとされる
フレスコバルディ ラウデミオ /
エキストラバージン オリーブオイルを
ぜひ味わって頂きたいカプレーゼです
サザンカサザンカ
サザンカ
イタリア料理に使用する食材2人分







水牛モッツアレラ ポッコンチーニ250g
ミニトマト16個
バジルの葉 20枚
オリーブオイル60cc
岩塩適量
ブラックペパー(粗挽き)適量

イタリア料理に使用する食材

モッツァレラチーズ】【約25g×10入=250g】チ-ズ
世界中の人からナポリで
一番美味しいと言われている
デッラ ローゼのブッファラです!
水牛のチーズは牛乳に比較してより
ミルキーで軽く味もグーンと美味しく
且つ甘みコクが大変に豊かなチーズです。
そうナポリで一番美味しい
モッツァレラディブッファラと呼ばれている

高糖度完熟ミニトマト2kg【トマト】
とってもあまぁ~い
フルーツのようなミニトマト
【和歌山県産】

バジル
1パック 福岡産

フレスコバルディ ラウデミオ / エキストラバージン オリーブオイル (500ml)
イタリアの
名門フレスコバルディ侯爵家が、
伝統的に製法で作り続けてきた
エキストラヴァージン・オリーブオイル。
数あるオリーブオイルの中でも、
イタリア国内はもちろん、
世界各国で高い評価を得ている逸品です。
6キロの実から採取できるオイルは
わずか1リットル。
エキストラヴァージン・オリーブオイルで
あるための規定値、酸度0.8%よりさらにずっと低い、
わずか0.2%の酸度という高品質を誇ります。
酸度が低い上、一切の化学的精製を加えていない
オイルなので、安心してお召し上がりください。
また、オリーブオイルに含まれるオイレン酸は、
動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを低下させるので、
健康維持にもオススメです。

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak) Mサイズ 50g
日本に
最も多く入ってきている黒胡椒が、
このインドネシア・サワラク産の黒胡椒。
香りと辛さのバランスが良く、
どんな料理にもオールマイティに使えます。
普段使いの黒胡椒として、お気軽にお試しください。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:50g
・原産国:インドネシア

PEUGEOT(プジョー) エリス センス 電動ミル ペッパーミルorソルトミル
センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで稼動する
電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。また、
付属のスパイススケールには目盛りがついていて、
1回分の詰め替えにぴったりな量を測ることができます。


イタリア料理レシピ手順
1.ミニトマトは
  へたを取り除き縦に二等分にします
2.バジルは
  葉の部分のみを使います
3.水牛のモッツアレラ ポッコンチーニは
  水気をペパータオルで拭き取ります
4.食器に盛りつけます
  モッツアレラ・ミニトマト・バジルの葉を
  形良く飾ります
  塩・ブラックペパーの粗挽きを振りかけ
  オリーブオイルをたっぷり振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

リチャード・ジノリ ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

モッツアレラ 関連
*****トマト・水牛モッツアレラのパスタ リングイネ
水牛のモッツアレラの最高の物が手に入ります
ぜひ味わってみて見て下さい
トマトと塩漬けケッパー・ブラックオリーブ
フレッシュオレガノの風味が良く合います
パスタはリングイネを使います
*****揚げなすとモッツアレラのパスタ スパゲッティ
なすはへたと皮を取りのぞいて
縦に4等分にして横に二等分にします
それを素揚げにします
フレッシュトマトとホールトマトの
ソースを作ります
モッツアレラチーズをたっぷりと溶かし込みます
パスタは太い麺2.2mmのスパゲッティを使います
*****蕪のソテー 水牛のモッツアレラ添え
蕪と水牛のモッツアレラの料理です
蕪はミキシングして
ピューレー状にしたソースを敷き
その上に蕪と蕪の葉を乗せます
水牛のモッツアレラを飾ります
*****卵のグラタン 水牛モッツアレラ風味
たまごのグラタン仕立て
水牛のモッツアレラとトマトと
生ハムがのハーモニーが
最高です
オーブンでローストされたチーズが溶けて
何ともいえない味わいがあります
*****フレッシュトマトと生ハムのカプレーゼ バジル風味
15種類の彩り豊かなミニトマトを飾ります
水牛のこくのあるモッツアレラと
バジルソースを使い
オシャレなカプレーゼに変身です

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. yuko より:

    今日はそれぞれの素材にこだわった一品ですね
    カプレーゼ大好きです
    日本でも美味しいモッツァレッラが手に入るのはすごくうれしいですね
    シンプルにいただきたいです
    素敵なレシピありがとうございます

  2. kazuyoo60 より:

    可愛くサザンカが咲いてますね。
    体に良いオリーブオイルと聞いてますが、たっぷりとなのですね。
    昨日、スモーク他、5種類のチーズを買ってきました。

  3. taeco より:

    食材にこだわったカプレーゼですね~!! 水牛のモッツァレラチーズとミニトマトを使われるのですね。盛り付けもミニトマトだとまた違ってくるのでしょうね。ちょこんと並んでいてかわいい姿を想像しました!! 目で見て楽しいし、とってもおいしそうです☆

  4. hannoah より:

    こんばんわ♪
    濃厚な美味しさのモッツアレラを堪能出来る
    お料理、そしてクリスマスらしく 赤と緑がとても
    素敵です☆ ボッコンチーニを使った、素晴らしい
    レシピを有難うございます!クリスマスも もうすぐ
    ですね♪

  5. masakohime より:

    モッツァレラでも、やはり味が随分違うのですね。いつものように、厳選された食材は、シンプルなお料理に一番大切なことなのですね。いつも素敵なレシピをありがとうございます。

  6. こんにちは~
    ポッコンチーニのカプレーゼ、とっても美味しそう~~
    モッツアレラチーズ、かなり大好きなので、とても興味持ちました~~
    トマトもフルーツみたいに甘味たっぷりのトマト使用で、美味しさ伝わってきま~す!
    本日も、素敵なレシピ、どうもありがとうございました~☆

  7. らるむ。 より:

    こんにちは。
    あまりサラダでモッツアレラチーズを食べたことがないので、もっといろいろ試してみたいです♪
    ポッコンチーニは濃厚でおいしそうですね。
    応援☆

  8. mayunbo94 より:

    パッケージからしておいしそうなモッツアレラチーズですね!
    カプレーゼ、シンプルだけどおいしい♪
    大好きです☆

  9. えつこ より:

    素材の良さだけで勝負する一皿ですね。
    カプレーゼほど素材に左右されるメニューも少ないですもんね。
    あの組み合わせがなぜにあんなにも絶品なんでしょうね!

  10. イヴォンヌ より:

    高級なモッツァレラにトマトとバジル素材が生きるカプレーゼ最高でしょうね~♪

  11. はるこ より:

    これはみんなの好物。
    よく食べます、、、
    美味しいし、見た目もいいですよね!

コメントを残す

  関連記事

メカジキマグロのトマトソース
三陸の新鮮な生牡蠣とガルムの 卵パスタ タリアテッレ
蒸し牡蠣
赤パプリカのパスタ フェットチーネ
フレッシュイチジクのパスタ フェットチーネ マスカルポーネ
鶏骨付きもも肉の煮込み
グリーンアスパラのカルボナーラ パスタ フェトチーネ
エビ・タコ・ムール貝・ホタテのサラダ
フレッシュ仔牛のレバーのソテー たまねぎ風味
パスタ リングイネ ブロッコリーのクリームソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。