イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ほうれん草とベーコンのホットサラダ

   

ほうれん草とベーコンのホットサラダ
イタリアン料理レシピ
ほうれん草と厚切りのベーコンを
一緒にソテーします
ご紹介したほうれん草の根っこが
真っ赤でこれがすごく甘く美味しいのです
ベーコンの旨みがほうれん草にしみわたり
美味しくいただけます
温かいサラダです
プリムラ ジュリアンプリムラ ジュリアン
プリムラ ジュリアン
イタリア料理に使用する食材2人分






ほうれん草一束
ベーコン・ブロック80g
オリーブオイル(揚げ油)500cc
シェリービネガー20cc
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

山形県産赤根ほうれん草500g(250g×2袋)
え?根っこまで食べれるの?
糖度12~14度の根。
甘くて味の濃さは
他のほうれんそうにはありません!

極上★ベーコンブロック1kg
創業55年の味!
燻製(スモーク)が
ほんのり香る
「肉本来の旨味」と「美味しい脂」
すっごいベーコン♪

【オーガニック】エキストラバージンオリーブオイル 500ml(特瓶)
【超最高級品】デリエラ農園産
シチリアの歴史ある農園で作られた、
シチリアの太陽を一杯浴びて
育った最も高い品質の
オリーブの実2品質を手摘みで
収穫して作られている、
最高品質のオリーブオイルです。
生産農家であるイタリアのデリエラ農園は、
オーガニック農法を認証されています。
おおよそオリーブオイルとは思えない、
今まで食べた事のないようなフルーティな
味わいのオリーブオイルです。
生でそのまま食べれる感動の味わいをお届けします。

最高級シェリー ヴィネガー(ビネガー)”セパ・ヴィエッラ”
高級ビネガースペイン産 
一番古いものは25年にもなります。
長期間に渡る難しい作業を経て
オーク樽で熟成させた結果、
フレッシュで力強く、
なめらかでフルーティな、
まろやかな酸味のバランスのとれた
ヴィネガーが出来上がります。
料理だけでなくデザートにも使用できます!!!
まさに究極のシェリービネガー

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
シチリアの岩塩は、
200年前に発見されたばかりですが、
それ以来、“神様からの贈り物”と
称され極上の塩として使われてきました。
とにかく“うま味”が違います。
毎日使う塩、世界の一級品をご賞味ください。


イタリア料理レシピ手順
1.ベーコンは
  厚さ5mmにスライスし
  3等分にカットします
2.ほうれん草は
  流水で根っこの付け根を
  丹念に洗います
  砂が入っていることがあります
  根っこは甘みが強いところです
  三等分にカットします
3.フライパンに
  オリーブオイルを入れ中火で熱して
  ベーコンを入れ丁寧に炒めます
  ベーコンが綺麗なきつね色になるまで炒めます
4.ほうれん草の
  根っこの方を先に入れ火を通します
  根っこに油が回ったら
  葉の部分を入れ炒めます
5.全体に火が通ったら火を止めて
  シェリービネガーを振り入れます
  塩を振りかけ味を調えます
6.食器に盛りつけます
  ほうれん草を盛りつけ
  その上にベーコンを載せます
  フライパンに残ったソースを
  スプーンですくい
  皿の空いている部分に模様の様に
  おとし飾りにします
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)ベッキオホワイト  プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

ほうれん草  関連
*****まぐろとほうれん草のパスタ ペンネッテ
パスタ ペンネッテは
普通のペンネより細くできています
マグロの赤身はあまり火を通さずに
暖めた感覚で仕上げます
ほうれん草もさっと湯がいて
その後は軽く火を通すだけに押さえ
ほうれん草の甘みと綺麗な色を堪能します
*****カキ ちぢみほうれん草 
パンチェッタのパスタ スパゲッティ

新鮮な牡蛎 甘みの強いちぢみほうれん草
それにパンチェッタを加え
白ワインで風味をと深みを与え
ペペロンチーノの辛みをつけます、
パスタは スパゲッティを使います、
ここで紹介したパスタは
ラ・ファブリカ・デッラ・パスタ社は
パスタ発祥の地ナポリ近郊、
カンパーニャ州グラニャーノにて、
3世代に渡り家族経営で
パスタを造り続ける、高品質、
職人業を誇る小規模少量生産の
メーカーです。
イタリア産の最高のセモリナ粉を原料とし、
ラッタリ山の清水とマエストロによる伝統的製法と技術で
作られたパスタは、
定温で長時間ゆっくり乾燥され、商品化されます
*****白インゲンのペースト・ほうれん草の
パスタフェットチーネ 黒トリュフ風味

白インゲンをペースト状にしパスタの
ソースとします
ほうれん草の甘みが凄く引き立ちます
黒トリュフペーストの香りが素晴らしいです
パスタはフェットチーネを使います
*****ポレンタとほうれん草のスープ
ポレンタは トウモロコシの粉です
鶏のブロード・にんにく・パンチェッタ・タマネギで
味に深みを持たせたスープにほうれん草を加えました
ほうれん草の甘みが浮き出します
*****ほうれん草のズッパ カプチーノ風
ズッパとはイタリア語でスープの事を意味します
新鮮な肉厚のほうれん草
赤い根がしっかりついている物を選びます
葉の部分は茹でてミキサーにかけペースト状にします
赤い根の部分は同じくミキシングし精一杯泡立てます
別にほうれん草は湯がいてにんにくと
オリーブオイルで炒めます
それを合わせ
楽しいズッパのできあがりです

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. puffpuff より:

    ほうれん草とベーコンの組み合わせはよくしますが
    シェリービネガーとお塩でサラダに!!
    素敵な一皿になりますね!やってみます。ありがとうございました。

  2. kazuyoo60 より:

    とても元気で綺麗なジュリアンです。この色もかつては買ったことがあります。
    イタリア風の盛り付けですね。ホウレンソウも寒さに出会ったのを買えたらですが。

  3. Rune より:

    シェリービネガーである食材をこういう風にして作るのですね!
    一枚も2枚も上手です☆
    さすがです!!
    すごく頂いてみたいです!

  4. Sivaji より:

    炒めたベーコンと生のサラダを添えた、サラダ・オ・ラールというのは食べたことがありますが、ほうれん草を炒めて、シェリーヴィネガーを加えてサラダ仕立てにするというのは、寒い冬のサラダとしては、楽しめそうです。

  5. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    この組み合わせも魅力的ですね。
    とても美味しそうです。
    私も作ってみます。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  6. taeco より:

    こんにちは。ベーコンとほうれん草の炒め物は好きでたまにつくるのですが、ブロックベーコンを使うとさらにおいしくなりそうですねぇ~~~☆ シェリービネガーを使うのもほんとおいしさ倍増しそうです!!! レシピ、ありがとうございます!!!

  7. らるむ。 より:

    こんばんは。
    冬になるとたくさんほうれん草をいただくので、ホットサラダもいいですね♪
    応援☆

  8. イヴォンヌ より:

    赤根ホウレンソウに極上ベーコンとってもおいしそうですね~♪

  9. イヴォンヌ より:

    赤根ホウレンソウに極上ベーコンの組み合わせ最高においしそうですね~♪

  10. はるこ より:

    これによく似た物をドイツ人も作ります。
    炒める時にちょっとタマネギのみじん切りも加えていました、、
    ベーコンが決め手ですね!

コメントを残す

  関連記事

クロテッド・クリームとからすみのパスタ
鶏もも肉と押麦のリゾット
丹波大粒しめじ ベーコンのカルボナーラ パスタ ペンネ・リガーテ
白マイタケとマッシュルームのパスタ キタッラ
かに肉入りアボガドムース
みかんのグラタン グランマニエ カソナード
ブラウンマッシュルームのパスタ
カブと鶏挽肉のパスタ フジッリ
チーズ入りそばボウルのフリッター
いちじくのキャラメルゼとゴルゴンゾーラ・ピカンテのサラダ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。