イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,577、パスタのレシピ数は1585。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

そら豆のチーズフォンデュ仕立て パスタ キタッラ

   

年賀
そら豆のチーズフォンデュ仕立て パスタ キタッラ
イタリアン料理レシピ
デパートやスーパーでそらまめを見かけ始めました
春先にうれしいです
フォンティーナチーズとろけるチーズで
牛乳と卵黄をまぜ合わせ
スイスのフォンデュのイタリア版です
そらまめはペコリーノ・ロマーノによく合います
それらのうまみを合わせたパスタです
パスタは少し太めのキタッラを使います
濃厚なソースにも負けない力強さがあります
アリッサムアリッサム
アリッサム
イタリア料理に使用する食材2人分










パスタ キタッラ 140g
そらまめ20粒
フォンティーナ チーズ160g
ペコリーノ・ロマーノ40g
牛乳120cc
たまご2個
オリーブオイル40cc
岩塩適量
ホワイトペパー適量

>

グラニャネージ社 スパゲティ キタッラ 500g  太さ:約2mm 
切り口が円形ではなく
四角くなっており、
表面積が広いため
ソースの絡みが良く、
噛んだ時のモチモチ感は
手打ちパスタ以上です。
同じロング系の乾燥パスタを使うなら、
これを使えば”どんな人にも
感動を与えることができる”
そんなパスタです。
36度~46度という低い温度で
乾燥させておりますので、
生パスタに近い食感をお楽しみいただけます。

鹿児島県産新物そらまめ1kg
そら豆の好きな方はたまりません。
【産 地】鹿児島県

フォンティーナ 約300g
このチーズの
原産地のヴァレ・ダオスタ州では
“イタリア版フォンデュ”ともいえる
「フォンデュータ」というお料理が有名です。
これは『フォンティーナ』を牛乳で溶かして、
さらにバターと卵黄を加えた、
かなりこってりとしたチーズソースを作り、
それをパンや野菜につけて食べるというもの。
鍋の中のチーズソースにパンなどを
浸して食べる一般的な
チーズフォンデュとは逆の食べ方になります。
『フォンティーナ』を使っていることで、
いつものチーズフォンデュとは違った味わいも
楽しめますので、
ぜひスッキリとした白ワインと
ご一緒に召し上がってみてください。   

ペコリーノ・ロマーノ(約500gカット)
〔イタリア産〕
イタリア料理に欠かせない羊乳チーズ! 
Pecora(ペコラ)という
イタリア語からきた名前で、
羊乳でできたチーズは皆
「ペコリーノ」と呼びます。
「ペコリーノ」はヨーロッパで
最古のチーズとも言われ、
地方名をつけてペコリーノを名乗るものがたくさんあります
5月になると
イタリアではそら豆(Fave:ファーヴェ)が
市場に出回りはじめ、
大活躍するのがペコリーノ。
ペコリーノチーズと一緒に
食べる生のそら豆(fave e pecorino)、
食べ慣れてしまうと
病み付きになっちゃうから不思議です。
その皮をむき、
ペコリーノの小さなかたまりと
一緒にお口にポン!「そら豆を生で?!」
はじめは抵抗がありましたが、
これが慣れるとペコリーノの塩味と
そら豆のほのかな苦味が
絶妙なハーモニーを醸し出すから不思議です。
とっても簡単な(ワイルドな)アンティパスト、
是非お試しくださいね。

サクラちゃん さくら満開たまご 
新鮮朝採り卵【たまご】ビタミンEが豊富 双子卵 2黄卵高確率 

エクストラヴァージンオリーブオイル『タジャスカ』【750ml】
イタリア/リグーリア/
“タジャスカ”は
石臼搾りの特徴を保つために、
あえてフィルターによる
微粉除去はしておりません。
したがって浮遊している微粉は
オリーブオイルの要素として
全く自然のものでなんら問題はありませんが、
いったん底に沈殿したものは
再度ゆすって浮遊させたりせずに、
ご使用時も沈殿物を瓶底に残すようにして下さい。

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

313エクストラ・ホワイトペパー ガラスチューブパッケージ 27g入り
エクストラホワイトは
特に良質なホワイトペパーのみを
選別したもの。
多くの料理によく合い、
香味はブラックペパーよりマイルドで上品。
淡白な魚料理やスープにどうぞ。
その都度ミルで挽いて使うと
新鮮な風味や香味を楽しむことができます。
・原材料:白胡椒100%
・内容量:27g
・原産国:インド

プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.そらまめは
  厚い殻から身を取り出します
  豆の頭の黒いスジに包丁で
  切れ込みを入れておきます
  1000ccの水をソースパンにいれ
  沸騰させます
  1000ccの2%の塩20gを入れ
  そらまめを入れ2分間湯がきます
  ざるに空けうちわで仰ぎ冷まします
  薄皮をむきます
2.たまごは
  卵黄のみを使います
  小さなボウルに入れ
  撹拌します
3.ペコリーノ・ロマーノは
  すり下ろしておきます
4.フォンティーナチーズは
  細かくカットしておきます
5.ソースパンに
  牛乳を入れ弱火にかけ暖めます
  フォンティーナチーズを入れ
  混ぜ合わせ溶かし混みます
  パルミジャーノを入れ混ぜ合わせます
  混ぜ合わさったら火をいったん止め
  卵黄を撹拌し入れ混ぜます
  混ぜ合わせたら弱火にかけ暖めます
6.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
7.オリーブオイルを入れ
  そら豆を加えて炒めます
8.ソースパンの
  フォンティーナソースを
  フライパンに入れ
  ゆで上がったパスタの
  水気を切り入れソースを絡めます
9.食器に盛りつけ
  ホワイトペパーを軽く振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール フルサイズ 5pcs◆ざる・ボウルセット

ブラウン マルチクイック プロフェッショナル MR5550MFP(1台)

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

エピソード/28cmスープボール/黒
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

フォンティーナ  関連
*****かほちゃとバケットのスープ チーズ風味かぼちゃ
バケット
チーズをたっぷりのズッパです
食べるスープです濃度のある スープ 今からの時期
うれしいです
*****イタリア フォンティーナ 山のチーズのクリーマ
イタリアの熟成チーズ「ラ・カゼーラ熟成」
最高のフォンティーナチーズです
イタリア風チーズフォンデュを作るチーズです
熱を加えるとトロトロに溶けます
生クリームと合わせクリーマを作ります
スープ皿なクリーマを注ぎ入れ
その上に卵黄を落とし飾ります
白トリュフの塩を使い
ささやかな白トリュフの風味です
*****チーズ入りそばボウルのフリッター
そば粉を使った料理
イタリアでも北イタリアに多い食べ物です
グラッパの香りを付けるそんなところが
イタリアらしいです
*****パスタ タリアテッレ フォンデュータソース
●イタリア北部の“山のチーズ”
イタリア北西端のヴァレ・ダオスタ州は
山を越えるとフランス・スイスとも
近い山岳地帯です。
この一帯は「フォンティーナ」と
呼ばれていて、
この地で最も有名なチーズも
『フォンティーナ』と
名付けられています。
13世紀ごろから作られていたと
言われている歴史のあるチーズで、
セミハードタイプに分類されますが、
フランスやスイスの山岳地帯で、
冬の保存食として作られた
大型のハードチーズのような
外見を持つ、まさに“山のチーズ”です。
このチーズで
イタリア版フォンデュ
イタリア版の「フォンデュータ」
が作られます
これを
メインにしてパスタのソースを作ります

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. りかりん より:

    ryujiさん、あけましておめでとうございます(^0^)/
    昨年もたっくさんありがとうございました。
    今年もryujiさんの素敵なイタリアンを楽しみにしております!
    お身体には気をつけて楽しい1年をお過ごしくださいませ☆

  2. あべべ より:

    りゅうじさん、明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします、いろいろ勉強させてください。

  3. きー。 より:

    明けましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願いします。
    日本は空豆を見かけるようになったんですね。
    こちらは時期、終ってしまいました 笑。
    またマーケットで出始めたらこれ作ってみたいです。

  4. タヌ子 より:

    明けましておめでとうございます。
    最近は外国からの輸入そら豆を見かけるようになったので、そらまめのシーズン以外でも美味しいそらまめが楽しめるようになりました。
    卵黄とチーズのこってりしたソース、たっぷり作って、最後はパンでお皿をお掃除しながらいただきたいです。
    今年もryujiさんの美味しいレシピ、楽しみにしています。

  5. kazuyoo60 より:

    明けましておめでとうございます。
    アリッサムが見事ですね。
    新春らしい綺麗な色合い、美味しいでしょう。
    今年もよろしくお願い申し上げます。

  6. らるむ。 より:

    こんにちは。
    今年もよろしくお願いします(^_-)-☆
    卵とチーズ好きなので、チーズフォンデュ仕立てのパスタは最高ですね♪
    応援☆

  7. Sivaji より:

    昨年は、いろいろありがとうございました。
    本年もよろしくお願いします。
    チーズの風味、ソラマメの香り、おいしそうです。

  8. 枯れっぺ より:

    明けましておめでとうございます。
    今年も素敵なイタリア料理を楽しみにしております。
    よろしくお願いします!!

  9. Mog より:

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いいたします。
    空豆もうでてきましたか。春の訪れ嬉しいですね。
    濃厚なチーズと空豆、素敵な組合わせですね~

  10. maskaohime より:

    あけましておめでとうございます。
    フォンティーナチーズとソラマ豆パスタ。
    今年も素敵なレシピから、始まりですね。
    よろしくおねがいします。

  11. イヴォンヌ より:

    ryujiさん、明けましておめでとうございます。
    この一年が益々良い年となりますように♪
    ソラマメのチーズフォンデュ仕立ておいしそうですね~
    今年もよろしくお願いします。

  12. ぴよ より:

    あけまして、おめでとうございます。
    フォンティーナチーズで、
    チーズソース!!
    空豆の若草色に春を感じながら、
    2つのチーズをブレンドしたソースが、
    しっかり絡んで、とても、おいしそう♪♪♪fです。
    空豆の色が、新春のイメージに
    ピッタリ♪…と、感じました。
    今年も、よろしくお願い致します。

  13. あけましておめでとうございます。
    本日のパスタも素敵ですね!!
    とても美味しそうです。
    本年もよろしくお願いいたします。
    お互いに良い年にしましょう!!
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  14. bun より:

    あけましておめでとうございます。
    濃厚でほんと美味しそう キタッラがランチによく出てくるトラットリアが家の近くにあるのですが、自分では使ったことがないです。
    いつもいろいろ勉強させていただき、ありがとうございます。
    本年もよろしくお願いします
    初ポチポチして 失礼します

コメントを残す

  関連記事

まるごと ラムチョップロースト 香草風味
パスタ リングイネ キャベツとセミドライトマト
パスタ マニケMancini  牛テールのラグー
淡路島の活ヒラメのムニエル ブッタネスカソース
豚肩ロースのソテー 舞茸ソース
パスタ タリアッテレ(たまご麺) クリームソース マスカルポーネ風味
パスタ タリアッテレ なすとリコッタ スタジオナータ
キューリのミントソース和え
焼きリンゴ紅玉
パスタ リングイネ 水牛のモッツアレラ入りトマトソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。