イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

小イワシとパプリカのマリネ 赤ワインビネガー風味

   

小イワシとパプリカのマリネ 赤ワインビネガー風味
イタリアン料理レシピ
瀬戸内でとれた新鮮な小イワシを
裁いてフィレ状態で冷凍されています
さばく必要がないのでしごく便利です
赤ワインビネガーのマリネ液で
マリネします
パプリカで彩りがきれいな
イタリア料理です
デイジーデイジー
デイジー
イタリア料理に使用する食材2人分









小イワシ3パック/TD>
パプリカ(赤・黄)1個づつ
赤ワインビネガー50cc
たまねぎ1/2個
イタリアン1枝
オリーブオイル50cc
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

瀬戸内名産の小いわし刺身!!
広島の宮島沖で採れた
新鮮な小いわしを食べきりサイズで
真空してお届け!!
刺身用30g×3パック約(3人~4人前)
冷凍でお届けいたします。

熊本県植木町・吉岡重信さんの パプリカ♪【赤・黄色】各1玉
料理の彩りにお馴染み。
赤と黄色です☆

クラウディオ・ロッソ 赤ワインビネガー ランガローロ【輸入食品】
色合いは熟成された
ワインのような深いルビー色。
ワインビネガーとしては
まだまだ若いこともあり、
味わいもワインのような酸味、
甘み、渋みが残っています。
特筆すべきはビネガーとしては
極めて低い酸度です。
ランガローロを振ったサラダや
グリル野菜のマリネならば赤ワインにも
ぴったりと合います。
内容量 500ml
原産国名 イタリア(ピエモンテ州)

無農薬「葉つきサラダたまねぎ・サラダ玉ねぎ」8本セット
春先だけの美味しさ、
シャキシャキ感、無農薬・無k額肥料
安心で刺激が少なく、
甘さ抜群♪
肉じゃがに最高♪

イタリア・シチリア産 EXVオリーブオイル「プリモ D.O.P.」500ml
★ 「青りんご」や
「フレッシュ・トマト」の
ようなフルーティーな香りと
デリケートなスパイシーさが自慢です!
※ フルーティさは最高ランク!
ところが、同種のオイルと比べると、
苦みも少なく、ほんのりとしたスパイシーさが
喉に伝わるのが特徴。
目から鱗のオイルです!

イタリアンパセリ
日本の一般的なパセリよりも、
くせがなく食べやすいです。
濃い緑色のパセリの葉と
トマトソースとの相性は抜群です。

「フィオール・ディ・サーレ (塩の花)」
フラミンゴ (Flamingo) ブランド
オーガニック・ソルト 海塩の結晶
最初の塩田に引き込まれた海水は、
太陽の光を浴びて徐々に塩分濃度が
上がってきます。
20~30日を経ておよそ
25%程度の濃度になると、
次の塩田に移し、更にじっくりと待ちます。
塩田から塩田へ移されながら、
その濃度は次第に高められ、
やがて数ヶ月後、ほとんど塩の結晶だけが残ります。

309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak) Mサイズ 50g
日本に
最も多く入ってきている黒胡椒が、
このインドネシア・サワラク産の黒胡椒。
香りと辛さのバランスが良く、
どんな料理にもオールマイティに使えます。
普段使いの黒胡椒として、お気軽にお試しください。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:50g
・原産国:インドネシア


プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.小イワシは
  冷凍されていますので冷蔵庫に入れ
  自然解凍してください
2.解凍できたらバットに
  重ならないように並べ
  塩を振りかけます
3.マリネ液を作ります
  赤ワインビネガー50ccと
  オリーブオイル50ccの同量を
  ボウルに入れ拡販し混ぜ合わせます
4.新タマネギは
  繊維に沿ってできるだけ
  薄くスライスします
5.パプリカは
  縦に二等分しへたを取り除き
  中の種と白い柔らかい部分をカットします
  ボウルに入れマリネ液を振りかけ
  混ぜ合わせ味をなじませます
6.小イワシを入れたバットに
  マリネ液をまわし入れます
  冷蔵庫に入れ3時間おきます
7.イタリアンパセリは
  茎を取り除き
  葉を荒く刻みます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー(16.19.23) 6pcs

18-8浅型角バット 6枚取

リチャード・ジノリ ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
イワシ 関連
*****いわしのサフラン・フェンネル パスタ リングイネ
瀬戸内海でとれる小イワシを
3枚に下ろし冷凍されています
使い勝手がいいです
解凍してそのまま刺身でもいただけます
これをパスタにします
フェンネルの風味とサフランの香り
そしてトマトソースを合わせソースにします
パスタはリングイネを使います
イタリア パスタ料理です
*****大羽いわしのパスタ スパゲッティ
ガルムとはイタリアの魚醤です
日本ではしょっつるが有名です、
東南アジアでは、
タイのナンプラー (น้ำปลา、nam pla)
ベトナムのヌックマム (nước mắm ニョクマムとも) が
世界的に有名である。
ナポリから南へ約40キロ。
アマルフィ近郊のチェターラにある小さな会社が作る
コラトゥーラ(ガルム)です。
いまでも完全手作りで製造しています。
魚(カタクチイワシ)の内臓と頭を取り除き、
約6ヶ月間熟成させ塩蔵アンチョビに仕上げ、
袋に詰めてろ過します。
その工程を10回繰り返して出来た
純度の高いガルムコラトゥーラです。
いわし・アンチョビー・ガルムと
いわしをメインした食材を三種類使います、
こくと風味のあるソースは抜群です
イタリアのシチリア・ベネチア・サルデーニャなどで
よく食されています、
素晴らしいイタリア パスタ料理です、
*****いわしのマリネ ガルム風味
今年はいわしが豊漁の様です、
ブェネツイアの郷土料理です、
イタリア手背はいわしが結構食されています、
いわしの風味がおいしいです、
アンチョビーとガルムで味に深みを持たせます、
素敵なイタリア料理です、
ガルムとは魚醤 – Wikipedia
ナポリから南へ約40キロ。
アマルフィ近郊のチェターラにある
小さな会社から作るコラトゥーラ(ガルム)です。
いまでも完全手作りで製造しています。
魚(カタクチイワシ)の内臓と頭を取り除き、
約6ヶ月間熟成させ塩蔵アンチョビに仕上げ、
袋に詰めてろ過します。
その工程を10回繰り返して出来た
純度の高いコラトゥーラです。
コラトゥーラ・ディ・アリーチ (ガルム)
アンチョビーとは
アンチョビーは、本来は地中海の小イワシを
塩蔵して発酵させたものです。
製品になったものは、それをオリーブ油で漬けたものです。
カンタブリア地方のアンチョビを原料にした
”ロイヤルパール”は、
発酵熟成した魚醤のような魚の旨みと
絶妙な加減の塩が
さらに上質なオリーブオイルによって
まろやかな余韻を感じさせます。
イタリア料理です

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. タヌ子 より:

    ワインのおつまみにぴったりの一品ですね。
    こちらのイワシはかなり小さめなので、こういうマリネにぴったりです。
    ただ、本当に新鮮なものを見つけるのはなかなか難しい。
    明日パリで人気のお魚屋さんに探しに行ってみます。

  2. sarara より:

    ryujiさんへ
    カラフルでおいしそうですね。
    お魚は食べるのは得意ですが、
    料理はまだまだ未知です。
    素敵なレシピありがとうございます

  3. らん* より:

    小イワシがとてもおいしそう♪
    マリネにしたらおいしいんですねーw( ̄o ̄)w オオー!
    パプリカの色が鮮やかできっときれいな一品ですね♪

  4. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    とても魅力的なマリネですね。
    お魚とお野菜の組み合わせに惹かれます。
    美味しそうです。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  5. puffpuff より:

    小イワシ、美味しいですね!!
    食べたくなりました。
    赤ワインでマリネするとイタリアンに変身しちゃうんですね!
    まんまるなデイジーってかわいいです。

  6. らるむ。 より:

    こんばんは。
    ワインのおつまみに良さそうですね♪
    酸味とイワシは合うので、とってもおいしそうです。

  7. えつこ より:

    イワシを生で!
    滅多にお目にかかれません・・・
    こうして売っているんですね。
    カルシウムもミネラルもたっぷり摂れて最高ですね~!

  8. misya より:

    こんばんは♪
    そろそろマリネも良いですね^^
    鰯は生なんですね♪
    うんうん、生の方が、うん、美味しそうです♪
    日本人にとても合ってますよね^^

  9. masakohime より:

    小イワシとパプリカを赤ワインビネガーマリネするのですね。
    白より確かに美味しそうです。
    新鮮な小イワシがあったらぜひ作ってみたいです。

コメントを残す

  関連記事

スティンコ・ディ・プロシュットのロースト
パスタ タリアテッレ 新タマネギのソース
イタリアのお野菜・ふだん草のアンチョビー風味
パスタ リングイネ ふきのとう のソース
パロマ産の生ハムのサラダ 
アンティチョークの蒸し煮
ペコロスのキャロットマスタード添え
パスタ タリアテッレミニトマト ミントソース
スペアリブのオレンジママレード煮
フレンチラムラックのロースト