イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,577、パスタのレシピ数は1585。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

カルボナーラ パスタ ファルファッレ

   

カルボナーラ パスタ ファルファッレ
イタリアン料理レシピ
可愛い蝶の形のパスタファルファッレを使って見ました
チーズはペコリーノ・ロマーノを
生ハムはグアンチャーレを使用しました
たっぷりの極粗挽きのブラックペパーの強烈な
香りが食をそそります
グアンチャーレとは
豚のほほ肉の生ハムで甘い脂身が特徴です
イタリア パスタ料理です
エリカエリカ
エリカ
イタリア料理に使用する食材

スガンバロ ファルファッレ 220g
「スガンバロ ファルファッレ 220g」は
契約農家によって栽培された、
高品質のデュラム小麦を使用した
ファルファッレです。
生地の表面がざらつきソースの絡みが良く、
コシがあります。

〔イタリア産〕ペコリーノ・ロマーノ(500g)
Pecora(ペコラ)という
イタリア語からきた名前で、
羊乳でできたチーズは
皆「ペコリーノ」と呼びます。
「ペコリーノ」はヨーロッパで
最古のチーズとも言われ、
地方名をつけてペコリーノを
名乗るものがたくさんあります。
(ロマーノの他にはペコリーノ・トスカーノ、
ペコリーノ・シチリアーノなど)

レシーラ社グアンチャーレ 約700g
このグアンチャーレは
イタリアの大陸で申し上げます
と最南端、北はバジリカータ州、
西はティレニア海、東はイオニア海に
面すカラブリア州からお届けとなります!
グアンチャーレは
イタリアのパンチェッタと
同じように脂の層とお肉の層に
分割されております。
最大の特徴と致しましては、
豚のトントロを塩付けにして生ハムにした
ようなイメージです。その脂身は・・・
もう、もう甘くてたまりません。
このグアンチャーレの料理としては
アマトリチャーナなどに利用される事が代表的で
もちろんそのままワインのおつまみとし
め召上っても美味しいのですが、
お料理への汎用性が非常に高い食材です。
この例えばこのグアンチャーレを使った
トマトベースのソースはとても甘くなり、
またパンチェッタで作るカルボナーラを
グアンチャーレに置き換えて作り上げても
大変美味しく召し上れます。

青森県産にんにく特選品2Lサイズ1kg(9~12玉)
青森田子産の希少価値の高いプレミアにんにく!
1玉あたり約7cm以上

名古屋コーチンたまご
この「こく」たまりません!
天然水で育った 産地直産 

奇跡のオリーブオイル”★『EXオリーブオイル プレジャート』2本セット
まろやかさな
プレジャートの味わいの中に、
決して嫌味がなく
突出しない程度に
ローズマリーが感じられるのですが、
これが優しく、そしてしっかりと
存在感を示すのですから不思議です。

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak) Mサイズ 50g
日本に
最も多く入ってきている黒胡椒が、
このインドネシア・サワラク産の黒胡椒。
香りと辛さのバランスが良く、
どんな料理にもオールマイティに使えます。
普段使いの黒胡椒として、お気軽にお試しください。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:50g
・原産国:インドネシア


プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.グアンチャーレは
  5mm×5mm 長さ25mmの格子型にカットします
2.ペコリーノ・ロマーノは
  すり下ろしておきます
3.ボウルに
  たまご全卵を2個・卵黄のみを2個入れ
  撹拌し溶きます
  ペコリーノ・ロマーノチーズを入れ混ぜ合わせます
4.にんにくは
  縦に2等分し中の目の部分をきれいに取り
  いやな苦みの素をたちます
  みじん切りにします
5.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
6.フライパンに
  オリーブオイルを入れ
  グアンチャーレ加えて
  中火より少し弱めで丁寧に炒めます
  グアンチャーレの脂が透明になるように炒めます
7.グアンチャーレが
  炒め終えたら弱火にして
  にんにくを加え炒め香りを引き出します
8.溶き卵を入れてあるボウルに
  フライパンの中身すべてを入れ
  撹拌し混ぜ合わせておきます
9.ゆであがったパスタの
  水気をしっかり切り
  ボウルに入れパスタを絡めます
  塩で味を調え卵がとろりとなるまで混ぜ合わせます
  パスタの熱で軽くとろみがつきます
10.食器に盛りつけ
   最高に粗挽きのブラックペパーを
   たっぷり振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

チーズおろし(四面グレーター)

柳宗理 ステンレスボール フルサイズ 5pcs◆ざる・ボウルセット

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

アラビア ココ koko 011860 プレート 28cm ブルーベリーブルー
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

カルボナーラ  関連
*****丹波大粒しめじ ベーコンのカルボナーラ
          パスタ ペンネ・リガーテ

丹波の大きな味に深みのある大粒丹波しめじと
美味しい厚切りのベーコンの
パスタ ペンネ料理です
カルボナーラ仕立てに仕上げます
あえて生クリームを使いました
たまごは3個使います
パルミジャーノをたっぷりと
粗挽きのブラックペパーをふりかけます
イタリア パスタ料理です
*****極上のカルボナーラ パスタ スパゲッティ
カルボナーラによく合うパスタ
プルネーティ兄弟で作ったパスタ
1.2mmの太さです
ゆで時間が12分です
それだけもちもち感がありソースの絡みも
素晴らしい物があります
生ハムはグアンチャーレを使います
脂身がすごく
多い生ハムです
脂身の生ハムと知ってもいいくらいです
脂にすごく甘みがありそれだけでも楽しめます
チーズはペコリーノロマーノとパルミジャーノを同量使い
ペコリーノチーズの癖を押さえまろやかにしています
卵はやはりいい物を使いましょう
卵が命です
イタリア パスタ料理です
*****卵黄のパスタ フェットチーネのカルボナーラ
カルボナーラレシピは数多く載せていますが
生クリームを使わず
ブロード・ディ・カルネ(フォンドボー)を加えた
レシピは初めてです、
卵黄をたっぷり練り込んで造られた
パスタ フェットチーネを使用します、
最高の鶏卵を3個使いこくが出ます、
グアンチャーレ (guanciale) とは豚の頬肉、
いわゆる豚トロを塩漬けにして2,3週間
寝かせたものです、
カルボナーラの王道です、
ブロード・ディ・カルネ(フォンドボー)を入れることで
味に深みが出ます、
ここでは生クリームを使わないパスタ料理です、
その代わりたっぷりのチーズを使いました、
ブラックペパーは粒を肉たたきなどでたたき粗い
かけらにします、
鋭角に破壊されたこしょうの香りは素晴らしいです
イタリア パスタ料理です
*****ホワイトアスパラのカルボナーラ風ホワイトアスパラが出てきましたね
卵黄とよく合います
たっぷりの卵黄と生クリームが
絡んですごくおいしくいただけます
ホワイトアスパラの皮で丁寧にブロードを
作りそれを使います
イタリア料理です
*****カルボナーラ風 牡蛎とパンチェッタ 
パスタ リングイネ

イタリア マシャレッリ パスタ
リングイネ 500g 箱入り
イタリアの食通達に支持される幻の高級パスタ。
イタリア産小麦100%にこだわり、国立公園の
天然水のみを使用。ブロンズ鋳型で型どり、
低温で48時間じっくり乾燥させているので、
表面が ザラザラし、ソースによく絡み、小麦の風味あふれる
コシのあるモチモチ感が味わえるのです。
この牡蛎は殻にダグが付いていて引っ張ると殻が開きます、
素人でも簡単に殻を剝けます、
優れものです、
牡蛎の貝殻の中のジュースも捨てないで使います、
新鮮な牡蛎の海の香りが素晴らしいです
イタリア パスタ料理です

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. ぴよ より:

    おはようございます。
    グアンチャーレの脂の旨みを、
    じっくりと大蒜と共に引き出して、
    鶏卵を黄金比率で溶き合わせたものに、
    茹でたてパスタを絡めるのですね。
    卵黄の黄金色に、
    究極のカルボナーラを感じました。
    とっても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

  2. らん* より:

    とてもきれいなパスタになるでしょうねー♪
    カルボナーラ大好き~ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

  3. こんにちは~
    生ハムのグアンチャーレ使用されたこちらのカルボナーラ、旨味とコクがソースに出て、美味しいでしょうね~♪
    クリーミーな感じも、かなり大好きなので、とても嬉しいレシピで~す☆
    応援~

  4. kazuyoo60 より:

    エリカ、上手にお育てです。赤い花が可愛いです。雪が降ったのですね。
    チーズを入れた卵焼きでも美味しいはず、
    グアンチャーレの脂身が甘いのですね。美味しさは脂とは聞いてますから。

  5. sarara より:

    ryujiさんへ
    ありがとうございます
    卵だけの、カルボナーラ大好きです。
    イタリア風の卵かけパスタって感じで、
    毎日でも食べられそうです。
    大好きなレシピ、ありがとうございます

  6. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも魅力的ですね。
    とても美味しそうです。
    ファルファッレがお洒落ですね!!
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  7. masakohime より:

    ファルファッレのカルボナーラですか。
    生クリームは使わずに、卵とグアンチャーレとペコリーノで。
    とてもシンプルで可愛らしいカルボナーラ、素敵なレシピですね。

  8. yuko より:

    カルボナーラ 使う食材によってお味が変わりますよね
    グアンチャーレなど凝った食材を使われていて
    攪拌するというところがポイントですね
    すごくおいしそうです
    素敵なレシピありがとうございます

  9. 岩塩の匠 より:

    毎日楽しく読ませていただいております\(^▽^)/
    これからもちょくちょく見にきます♪

  10. TWINS より:

    こんばんは~
    最も好きでいちばんよく作るパスタです。
    グアンチャーレの脂のうまさが
    タマランでしょうね~(*^_^*)

  11. hannoah より:

    ryujiさん、おはようございます♪
    ファルファッレ、いつもサラダやスープに入れる
    くらいしか使ったことがないのですが、カルボナーラ!
    これは、特に子供達には食べ易いし とても
    美味しそうです♪ 是非、作ってみたいと思います。
    グアンチャーレの脂身の美味しさにかなり惹かれ
    ます^^これは、一度味わってみたいです♪

コメントを残す

  関連記事

no image
彩り野菜のビネガー風味
たまねぎのスープ チポッラータ
パスタ カカオのラビィオローネ
カキのフリッター ゴルゴンゾーラの衣で
パスタ タリアッテレ パンチェッタのクリームソース
鶏肉の赤ワインビネガー煮込み
イチゴのリゾット
釜揚げしらすのスパゲッティ
スナップエンドウとグリーンアスパラガスのサラダ
軽いソースのカルボナーラ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。