イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,577、パスタのレシピ数は1585。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

トレビスとグアンチャーレのパスタ キタッラ

   

トレビスとグアンチャーレのパスタ キタッラ
イタリアン料理レシピ
今日2月19日より26日まで大腸ポリープの手術で
入院します
手術の方法はESDという方法でポリープの摘出を
行う予定です
レシピのアップは毎日自動投稿になります
留守の間も応援お願いいたします
コメント欄もそのまま
投稿できます
よろしくご配慮お願いいたします
イタリア アブルッツォ地方のパスタ
ここで有名なパスタがキタッラです
トレビス(ラディキオ)は苦みがある野菜です
キャベツの様な形で紫色がきれいな野菜です
グアンチャーレは豚のほほ肉を使った生ハムで
脂がすごく多いのが特徴です
この脂身が甘くてすごくおいしいものです
トレビスの苦みと甘い脂が相まって
素適な味を作り出してくれます
この地の赤ワインはこの料理に良く合っています
その赤ワインをたっぷり使い
オリーブオイルもこの地方の有名な
オイルを選んで見ました
大人のパスができあがります
イタリア料理 レシピです
ジュリアンジュリアン
ジュリアン
イタリア料理に使用する食材2人分










パスタ キタッラ140g
トレビス4枚
グアンチャーレ120g
赤ワイン100cc
にんにく1片
オリーブオイル30cc+30cc
パルミジャーノ40g
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

ディヴェッラNo.13
キタッラ(スクアドレッティ) 500g
キタッラ (伊:Chitarra) は
イタリア語でギターのこと。
このパスタはある道具を
使ってつくるのですが、
その道具とは長方形の箱に
ギターの弦のように針金が張ってあり、
この道具を使ってつくることからキタッラの名がつきました。
アブルッツォ地方の郷土パスタです。
断面が四角いことから、
別名スクアドレッティ (伊:squadretti) ともいいます。
表面にザラつきがあるためソースが
しっかりのります。
アブルッツォ地方のパスタです

トレビス(とれびす)【アメリカ産】約300g1玉
キャベツに似ていますが、
イタリヤやフランスで料理に使われる
キク科のトレビスはチコリーの仲間です
ちょっと苦味があり歯切れよくておいしい野菜です。
日本では生でサラダの彩りとして入れるのが一般的ですが、
欧米では火を通して調理することも多く、
加熱するとトレビスのほのかな苦みに、
より豊かな風味が加わります。

プレシーラ社グアンチャーレ【約700g】
グアンチャーレは
イタリアのパンチェッタと
同じように脂の層と
お肉の層に分割されております
。最大の特徴と致しましては、
豚のトントロを塩付けにして生ハムにしたようなイメージです。
その脂身は・・・もう、もう甘くてたまりません。
このグアンチャーレの料理としてはアマトリチャーナなどに
利用される事が代表的で、もちろんそのままワインの
おつまみとしめ召上っても美味しいのですが、
お料理への汎用性が非常に高い食材です。

コッレフリージオ ディ・コッレフリージオ 赤ワイン イタリア
製造元 COLLEFRSIO(コッレフリージオ)
原材料 モンテプルチャーノ 100%
母なる大地、健全なブドウ、
手入れの行き届いたブドウ畑をモットーに、
3代目に当たる2人の若者が先代の意思を継ぎ、
ワインへの情熱を持った地元行政の幹部と共に
フリーザ丘陵地で6年前に着手した
地元に根ざしたワイン造りは、
マイエッラ山脈とアドレア海に挟まれた、
ブドウ栽培に最適な環境の下、最新技術を導入し、
素晴らしい成果を見せています。

オーリオ・エクストラヴェルジーネ・ディ・オリーヴァ [2011] 750ml
ヴァレンティーニが造る究極のオリーブ・オイル!
イタリア・アブルッツォ
そのヴァレンティーニが作る
オリーブオイルがこれ。
まさに究極のオリーブオイルとも言える。
パンにつけたり、魚や肉にあとから
少しかけて風味を出したりして使うのがベスト。
サラダに使うには風味が強すぎる。
他にはカプレーゼやチーズと一緒にいただいても良い。
パスタの仕上げに回しかけても一層美味しくなるだろう

〔イタリア産〕パルミジャーノ・レジャーノ24ヶ月(500g)
切りたての状態のよい
パルミジャーノ・レッジャーノは
うまみ成分であるアミノ酸のつぶつぶが
シャリシャリとし、
甘く、しっとりとしています。
こちらのチーズもその美味しさの粒を
堪能していただける逸品です。 

青森県産にんにく特選品2Lサイズ1kg(9~12玉)
青森田子産の希少価値の高いプレミアにんにく!

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類

309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak) Mサイズ 50g
日本に
最も多く入ってきている黒胡椒が、
このインドネシア・サワラク産の黒胡椒。
香りと辛さのバランスが良く、
どんな料理にもオールマイティに使えます。
普段使いの黒胡椒として、お気軽にお試しください。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:50g
・原産国:インドネシア


イタリア料理レシピ手順
1.トレビスは
  葉の堅い真の部分はカットし
  千切りにします
2.グアンチャーレは
  粗みじんにカットします
3.にんにくは
  縦に2等分し中の目の部分をきれいに取り
  いやな苦みの素をたちます
  みじん切りにします
4.パルミジャーノは
  すり下ろしておきます
5.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
6.フライパンに
  オリーブオイルを入れににくを加えて
  弱火で丁寧に炒めます
  にんにくの香りが立てきたら
  グアンチャーレを入れ中火で炒めます
7.グアンチャーレの脂が
  十分に出てきたらトレビスを加え
  脂を全体に回るように木べらで混ぜ合わせ
  炒めますます
8.赤ワインを
  注ぎ入れ強火にしてアルコール分を飛ばします
  弱火に戻します
  塩・ブラックペパーを振り入れ味を調えます
9.フライパンの火を止め
  ゆであがったパスタの
  水気を切りフライパンに入れソースを絡めます
10.食器に盛りつけ
   オリーブオイルを廻しかけ
   パルミジャーノをたっぷり振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

チーズおろし(四面グレーター)

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャード・ジノリ ベッキオホワイト  プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

トレビス 関連
*****パスタ フジッリ トレビスと
          たまごたっぷりのクリームソース

軽い苦みのあるトレビスに
卵黄を絡める事により
味がまろやかになります、
パスタは
【アンティカ・ロッカ パスタ】フジッリを
使いました、
イタリア料理 レシピです
*****ラディッキオ トレビーソのパスタ スパゲッティ
ラディッキオ 抗酸化パワーでも大注目の西洋野菜
「ラディッキオ」!
ラディッキオとはトレビスとも
言われています
ワインレッドと白のコントラストが
美しいラディッキオ。
もともとイタリア移民とともにアメリカに上陸し、
移民たちの手でこつこつと育ててこられた
イタリアの伝統的な野菜です。
いろいろな呼び名がありますが、
フランス語では「トレビス」、
原産地のイタリアでは
「ラディッキオ・ロッソ」と呼ばれています。
イタリア料理 レシピです
*****ラデッキオ・ロッソとルッコラのサラダ 
         レッドキャベツの芽を添えて

一見紫キャベツにみえますが
別のお野菜です
チコリの一種で紫色の品種です
フランスではトレビス(treviso)
イタリアではラデッキオ・ロッソ(radicchio rosso)
アメリカではレッドレタス(red lettuce)です
チコリ同様、キク科の植物で原産地はヨーロッパです
冬が旬で、イタリアのトレビスと言う町の名産です
イタリア料理 レシピです

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. arz2bee より:

    お大事に、休まないとは凄い。胃腸に優しいレシペを考案してください。

  2. kazuyoo60 より:

    事前に大量の薬を飲んで、腸を洗うのが大変と思いますが頑張って下さいね。
    ESD手術法を初めて知りました。大腸ファイバーを10余年前、当時の主治医に勧められて受けた時に17×9mmだったかな、切除してすぐに帰宅しました。数年前に受けた時に3mmのがあったようですが、そのままです。
    ご無理なさらずに、ご養生くださいね。

  3. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    素材の組み合わせ方が素敵です。
    とても美味しそうです。
    お大事にされてください。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  4. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは
    大腸のオペ、大変ですががんばってください。
    ポリープでまだ良かったですね。
    退院されてお元気になられて自動投稿ではなくレシピを掲載できる日が早く来ますように。
    お大事になさってください。
    パスタは本当に多彩です。
    キタッラ、どこかで聞いたけど、と思いましたがギターでしたね。
    トレビスもこの頃はスーパーにもあって、お野菜の種類が豊富になるのは嬉しいです。

  5. puffpuff より:

    トレビスの苦みが苦手でしたが
    最近美味しいと思うように…
    大人の味ですね^^;
    ポリープの手術ですって!!!?
    頑張ってください!
    早く良くなってまた美味しいレシピや素敵な食材を教えてください。
    お大事に!!
    お元気に退院される日をお待ちしております。

  6. masakohime より:

    トレビスは、キャベツではなく、チコリの仲間だったのですね。ほんの少し使うために買うのはと思って、使ったことがありませんでした。サラダでなく、パスタで頂いてみたいです。
    手術、大変だと思います。ゆっくりされてください。その間は自動更新!
    応援、了解です。
    お元気になって、戻られる日を楽しみにしています。

  7. tamakiti より:

    あらら~手術って、
    大変じゃないですか~。
    お大事にしてくださいね。
    おおっ!
    それなのに休まないなんて
    すごい。
    留守は任せてください。
    ↑なにを?

  8. fleur de sel より:

    ご無沙汰しております。やっとプログをぽちぽちと再開できるようになりご挨拶に伺ったらご入院。どうぞゆっくりご養生なさりますように。
    私が引き籠もってていた間何度も暖かいお言葉掛けていただき本当に有難うございました。心から嬉しく持っておりました。
    トレビスに赤ワインは入りとても綺麗な華やかなパスタと察します。ジュリアンも春一番に心を温めてくれる素朴な花。本格的な春もうそこまでやってきているよう。
    これからも仲良くお付き合いお願い致します。お元気になってのご退院お待ちしております。

  9. hannoah より:

    ryuji_s1さん、入院中と聞き とても驚いています。
    入院中も、どうかご養生なさって下さいね。
    トレビスの苦味と甘い脂の美味しさのハーモニーが
    とってもいいですね。
    お元気になって、また美味しいレシピの発信も
    楽しみにしています。

コメントを残す

  関連記事

マッシュルームのパスタ
アンチョビー パスタ ジェラルド ディ ノーラ スパゲッティーニ ガルム風味
豚ヒレ肉のツナソース添え
芽キャベツとゴルゴンゾーラ
パスタ リングイネ シラスとチャイブ
水牛モッツアレラチーズ ポッコンチーニのカプレーゼ
古代米イタリア産 黒米 riso nero venere タケノコ のリゾット
no image
ブロッコリー ヨーグルト風味
山陰のシロイカのグリル バジル レモン風味
長なすのポルペッタ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。