イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

tonnetto(かつお)のオイル漬け

   

tonnetto(かつお)のオイル漬け
イタリアン料理レシピ
英語ではSkipjack tuna イタリア語ではtonnettoといいます
かつおのツナ瓶詰め風です
新鮮なかつお オイル漬けにします
意外と簡単にできます
少し時間がかかりますが
調理に携わっている時間は短くてすみます
ぜひお試しください
イタリア料理レシピです
ボケボケ
ボケ
イタリア料理に使用する食材2人分






かつお1Kg
海塩120g
ローリエ4枚
オリーブオイル500cc
シナモン2g

イタリア料理に使用する食材

一本釣りかつお刺身1kg
鰹一本釣り船により
漁獲されたかつおを
活きたまま船上にて
マイナス50度まで一気に
凍結したかつおです。
この鰹さしみは食卓にお届けするまで
一度も解凍されておりませんので
高鮮度な状態でお届けしております。

地中海の塩の華 フィオール・ディ・サーレ
ミネラル分を豊富に含んだ
塩田の海水は、
天日によって凝縮され、
塩が結晶化します。
この結晶を
フィオール・ディ・サーレ(塩の花)といいます。
自然の力だけで一番最初に
塩田に浮かぶこの塩の結晶を手で
すくっただけの無添加・無精製の塩が、
この《究極の一番塩》です。

プラネタ エキストラ・ヴァージン オリーブオイル 500m
温暖な気候と
太陽の恵みを受けた
シチリアの大地はオリーブの
栽培にも適した土地柄です。
プラネタではワインと共に
オリーブオイルの生産にも力を注いでおり、
その製品には土地を愛する心と、
ワイン・オリーブオイル造りへの
情熱が込められています。

月桂樹(ローリエ) 10g
肉の味と香りを引き出し、
臭みを消してくれます。
ブイヨンを取るときやカレーライスを作るとき、
マリネやピクルスを作る時などにお使いください。


イタリア料理レシピ手順
1.かつおは
  冷凍ですので流水に入れ
  10分間流しながら解凍します
2.バットに
  水を800cc入れ海塩を40gを入れ
  混ぜ溶かします
  冷蔵庫に丸1日入れておきます
3.バットに入れておいたかつおを
  取り出しペーパータオルで水気を拭き取ります
4.平鍋に
  水1200ccを入れ海塩を40ccを加えて
  混ぜ合わせます
5.かつおとローリエを
  入れ強火で煮込みます
  沸騰したらアクがたくさん出てきますので
  きれいに取り除きます
6.鍋に蓋をし
  弱火にして1時間煮込みます
7.火を止めあら熱が取れたら
  ペーパータオルで
  丁寧に水気を拭き取ります
  大切なのはしっかり水気を
  拭き取ることです
8.バットに網を敷き
  上にかつをのせ冷蔵庫に入れて
  一晩置き乾燥させます
9.かつおの
  茶や黒い血合いの部分は
  きれいに取り除きます
10.容器はガラス製で
   沸騰消毒に耐えて密閉性の高い容器が理想です
   パイレックス 密閉パックがおすすめです
11.鍋に
   お湯を沸騰させその中に容器を入れ
   完全消毒をします
11.かつおの形・大きさを
   調整し密閉できる容器に入れ
   上にオリーブオイルを
   タプタプになるくらい入れます
12.冷蔵庫に入れ
   味を熟成させます
   1週間置くと食べ頃になります
   2ヶ月は保存できます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー 18-10シャローパン 84-373[蓋付] 24cm

iwaki(イワキ) パイレックス 密閉パック 7001MP-R 【容量:550ml】
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

かつお 関連
*****かつおタタキのカルパッチョアンチョビー添え
高知の名物かつおのタタキのカルパッチョです、
スペイン産の素晴らしいアンチョビーに
ハーブの香りをつけてを添えています、
びっくりするほど相性が良いです
にんにくの香りとケッパーの塩気が効いています、
イタリア料理レシピです
*****鰹ガーリックオイルカルパッチョ
先日食べた鰹、
脂がのっていて凄く美味しかったです、
旬ですね、
鰹とにんにくの相性は抜群ですよ。
今日はガーリックオイルを作って
ジュワーっとガーリックオイルをかけ
表面を焼きしてみました。
仕上げはバルサミコをたっぷりかけて頂きます。
イタリア料理レシピです

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. fleur de sel より:

    お元気に退院なされたでしょうか?オイル漬けどのような感じでしょうかと想像しています。鮪のオイル漬けのような感じでしょうか。ガーリックオイルのカルパチョは好みで季節には作るのですが。
    此方もボケ咲いていますよ。もうじき春ですね。でも今日も寒くてちらほら雪まで落ちてきました。お体大切になさりますように。

  2. あべべ より:

    りゅうじさん、こんにちは。
    鮪がTonnoはよく聞きますが、鰹はtonnettoというんですね~ 初めて聞きました。
    イタリアンではあまり馴染みのない食材だからでしょうか?
    でも鰹は安くて美味しく大好きな食材なので、イタリア料理にアレンジしたいですね~いつも勉強になります。

  3. kazuyoo60 より:

    綺麗に咲いてます。我が家のはもう少しかかります。
    イタリアの漁師の方がテレビに映っていました。夫が漁をして妻が市場でその魚を売るとか。マグロも日本に劣らないほど人気なのに、捕れなくなってるとか、他の漁獲も減ってると言ってました。
    1匹かな、もっとなのかな?。友人に教わってカツオでんぶを作った記憶はあります。
    ツナ缶は常備してますが、さほど使って無かったです。食べようかな。
    豪華版がこちらなのですね。

  4. sarara より:

    ryujiさんへ
    おいしそうです。
    カツオのオイル漬け。
    自分で作ってみたくなりました

  5. al17 より:

    ★ryuji_s1 さん こんにちは~^^
    ご無事に退院されて 大事に至らなくて
    本当に良かったです~おめでとうございます♪
    これからは 余りご無理をされません様に
    どうぞご自愛下さいませ^^!
    いつも素敵にお褒め下さり 応援も有難うございます♪

  6. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    無事に退院できて何よりです。
    ご無理をされないように御自愛くださいませ。
    本日のお料理も素敵ですね!!
    私も作ってみます。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  7. masakohime より:

    鰹をオイル漬けに。形は使いやすくカットしても良いのでしょうか。
    自分で作れたら、嬉しいです。
    この鰹のオイル漬けを使った、レシピもよろしくお願いします。

  8. yuko より:

    カツオおいしそうです
    こちらではなかなか新鮮なカツオが手に入らないものでいつもマグロで似たようなオイルマリネを作っています
    あぁ~カツオが食べたくなってきました
    素敵なレシピありがとうございます

  9. misya より:

    こんばんは♪
    おおお、かつおもオイル漬けが出来るのですね~♪
    目からうろこです~とっても美味しそう♪
    いろんなお料理に活躍してくれそうですね^^
    保存しておくと便利ですね♪

  10. hannoah より:

    ryuji_s1さん、無事に退院されたのですね。
    安心しました!しばらくは、無理されないように
    養生して下さいね。
    かつおのオイル漬け、イタリアで食べられる
    んですね。以前テレビで、ツナのオイル漬けを
    作っているシーンを見た事があります。かつおも
    是非 いただきたいです!これがあれば色んな
    イタリア料理にも挑戦出来ますね☆
    素敵なレシピを有難うございます。
    これからも楽しみにしていますね♪

コメントを残す

  関連記事

サンマのカルパッチョ フェンネルソース
鶏ささみの冷製パスタ スパゲッテーニ
ルッコラとアーモンドのパスタ フェッチーネ
ブロッコリーのからすみソース
サルシッチャのリゾット
no image
あさりとズッキーニのリゾット
烏賊の塩辛
サーモンのバジルソース サラダ
蜂蜜 リコッタのデザート
ナポリのお祝い料理サルトウ・ディ・リーゾ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。