イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

tonnetto(かつお)のオイル漬けのパスタ リングイネ

   

tonnetto(かつお)のオイル漬けのパスタ リングイネ
イタリアン料理レシピ
一昨日アップしたtonnetto(かつお)のオイル漬けを
パスタにします
アンチョビー塩漬けのケッパー・
塩漬けのブラックオリーブを踏んだに使い
味に深みを持たせます
ミニトマトを使い味に柔らかさを加えます
パスタはリングイネを使います
イタリア料理レシピです
ローズマリーローズマリー
ローズマリー
イタリア料理に使用する食材2人分












パスタ リングイネ140g
tonnetto(かつお)のオイル漬け120g
アンチョビー2フィレ
塩漬けケッパー40粒
塩漬けブラックオリーブ8個
ミニトマト16個
イタリアンパセリ1枝
にんにく1片
ペペロンチーノ1本
オリーブオイル(シチリア産)60cc+20cc
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

【アンティカ・ロッカ パスタ】リングイネ 500g/Linguine
2004年に
世界遺産登録された
オルチャ渓谷地域で
自社生産された最高品質
デュラム小麦セモリナと、
近郊の山から直接工場へ運ばれる
天然水を使用しています。
伝統的製法で作るパスタは、
丁寧に低温長期乾燥させることで
弾力に富んでいてコシが強くもっちりとした食感が特徴です。

アンチョビー 365g ロイヤルパール
カンタブリア地方の
アンチョビを原料にした
”ロイヤルパール”は、
発酵熟成した魚醤のような魚の旨み
と絶妙な加減の塩がさらに上質な
オリーブオイルによってまろやかな余韻を感じさせます

塩蔵ケッパー (500g)
ケッパーの大生産地、
シチリア島の北東部に浮かぶ
リーパリ島産のケッパーの塩漬け。
4~6mmの厳選された
小粒のケッパーのつぼみを
シチリアのミネラルたっぷりの海塩で塩蔵しています。
イタリア料理や南仏料理には
かかせないこのケッパー、
洗って塩を落とし、サラダやパスタなどの
お料理にお使い下さい。

マリアコスタンツァ ブラックオリーブオイル漬 200g
手摘みした
ペランツァーナ種の実を収穫し
6ヶ月間塩水に漬け渋抜き後、
オリーブオイルで漬けました。
イタリアプーリア州ダウノの丘で
取れたオリーブの実を収穫し、
塩水に漬け渋抜きした後、
最上級のエキストラ・バージンオリーブオイルで漬けました。

高糖度完熟ミニトマト2kg【トマト】【和歌山県産】
太陽の光をいっぱい浴びて
真っ赤に熟したトマトは
最低糖度8度以上、
通常は9.0~12度と
まさにフルーツのような甘ぁ~いミニトマトです

青森県産にんにく特選品2Lサイズ1kg(9~12玉)
青森県南部町で
古来から栽培されてきたにんにくの品種。
雪のように色が白く綺麗で、
1粒1粒が大きく密度があり、
甘みが強く香りが柔らかく、
貯蔵性に優れているのが特長で、
市場でも非常に評価の高いブランドにんにくとして
、青森の特産品となっています。

赤唐辛子(ペペロンチーノ)100g
ただ辛味を加えるだけでなく
素材の旨味とコクを引き出します!

DOPレ・モンティ・ブレイ・エクストラヴァージンオリーブオイル
サレーミ『RE』
オリーブオイルの
世界一を決めるコンテスト
ヴィニ イタリーのMEDIO(中間の味)部門で
金賞受賞をはじめ、数々のコンテストで
賞を取っている大変美味しい
EXバージン オリーブオイルです

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。


プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.にんにくは
  縦に2等分し中の目の部分をきれいに取り
  いやな苦みの素をたちます
  みじん切りにします
2.ペペロンチーノは
  手で二つに折り中の種をきれいに
  取り除きます
3.ブラックオリーブは
  中の種を種抜き気で取ります

4.かつおのオリーブ煮を
  瓶から使う分取り出しオイルを
  切っておきます
  手でほぐしボウルに入れておきます
5.イタリアンパセリは
  葉の部分を粗めに刻みます
6.塩漬けケッパーは
  流水で塩を洗い流し
  ペーパータオルで水気を拭き取ります
7.ミニトマトは
  へたを取り除き
  ソースパンにお湯を沸騰させ
  トマトを入れ皮がめくれてきたら
  冷水に入れ皮をむきます
  ペーパータオルで水気を拭き取ります
  縦に二等分にします
8.フライパンに
  オリーブオイル・にんにく・ペペロンチーノを
  加え弱火で丁寧に炒め香りをしっかり抽出します
9.香りが立ってきたら
  ミニトマトを加え10分間ぐらい中火で炒め
  水分をしっかり飛ばします
10.パスタパンに
   お湯を
   沸騰させ塩を水量の1%を加えます
   パスタを入れ茹でます
   パスタのゆで時間は
   袋に表示されてある時間より
   2分間短めに茹で上げます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみ頂けます
11.フライパンに
   ケッパー・アンチョビーを加え
   弱火で炒めます
12.かつおのオリーブ漬けを
   加え混ぜ合わせます
   ブラックオリーブを加えます
13.イタリアンパセリを
   振り入れ混ぜます
14.パスタが
   ゆであがったら水気をしっかり切り
   フライパンに入れソースを絡めます
   パスタのゆで汁50ccを加え混ぜます
15.オリーブオイル20ccを
   振り入れ混ぜます
16.食器に盛りつけます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー(16.19.23) 6pcs

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)ベッキオホワイト  プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

ツナ 関連
*****ミニトマトとツナのパスタ 
フェデリーニ 香草パン粉風味

ミニトマトとイタリアの
キハダマグロのツナを使いました
個のツナはびっくりするほどおいしいです
一度ぜひおすすめです
最後に香草パン粉を振りかけます
パスタは少し細めのフェデリーニをつかいました
イタリア料理レシピです
*****ツナ・アンチョビー・
     ブラックオリーブ・ケッパーのパスタ

スペイン産の
素晴らしいビンナガマグロのツナを
一缶使います
甘みとしっかりした身の風味が味わえます
それにスペイン産のアンチョビーも加え
すてきな味覚を感じます
パスタは麦胚芽のオーガニック・リングイーネを
使いました
イタリア料理レシピです
*****木こり風パスタ スパゲッティ 
         ツナと大黒本しめじ

大黒本しめじは
しめじ本来の風味を持ち合わせ
深みのある味が楽しめます
立派なしめじです
ツナはイタリア産でりっぱな瓶詰めです
ホース極美味しいツナです
これらをトマトソースと和えパスタに絡めます
パスタは古代小麦を使用して
作られたパスタを使います
小麦の風味がふっと口の中で広がります
イタリア料理レシピです
*****じゃがいもとツナのパスタ リングイネ
ツナはイタリアのツナを使いました
素晴らしいツナ 凄く美味しいです
じゃがいもは1cm角にカットして炒めます
ホクホク感の残るじゃがいもとツナが
良く合います
アンチョビーをたっぷり使い
味に奥行きをもたせました
ケッパーはそのものの香りが残る
塩漬けを使います
パスタはソースの辛みが強い
リングイネをつかいました
イタリア料理レシピです
*****ツナとアボガドのパスタ フェットチーネ
ORTIZ★スペインの高級メーカー【オルティス社】
ビンナガマグロ・トロのオリーブ油漬けを紹介します、
ビンナガマグロの最も美味しい貴重な部分「トロ」だけを
贅沢に使用しています。
程よく脂がのった、繊細な味わいは、まさに絶品!
水揚げ後に素早く調理し、
厳選された良質なオリーブオイルに
漬けてあります。
きっとこの商品に出会えたことを誇りに思えます、
最高にツナです、
イタリア料理 パスタに最高に合う
ツナソースが出来上がります、
イタリア料理レシピです

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. Sandie より:

    いつもコメントありがとうございます。
    ローズマリー、伸びすぎてわが庭を埋め尽くしていますが、(笑)今新芽が出て柔らかく使い勝手がいいです。

  2. あべべ より:

    りゅうじさん、こんにちは。
    鰹の二段階活用、とても勉強になります。

  3. タヌ子 より:

    イタリアにはかつおのオイル漬けなんて便利なものがあるのですね。
    こちらでは見かけたことがないので、オリーブオイル入りのツナ缶で代用するしかなさそうです。

  4. tamakiti より:

    おお~
    これも文句なしに美味しそうだ~
    しかし、これだけ高級素材を使ってると
    お値段はるわよねぇ~

  5. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    かつおのオイル漬けがポイントですね。
    これは堪らなく美味しいでしょうね。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  6. masakohime より:

    いつも質問に、しっかりご回答を頂、感謝しています。また昨日、リンクのお礼も言い忘れてしまいました。改めて、ありがとうございました。
    イタリアのツナ瓶詰めが美味しいと、ryujiさんから、教えていただきましたが、今回の鰹のオイル漬けは、それにも負けない美味しさが伝わってきます。
    塩漬けのケイパーとオリーブとトマト。
    素敵なレシピをありがとうございました。

  7. らん* より:

    いつもコメントありがとうございます。
    カツオのオイル漬けがあることさえ知りませんでした・・・
    高級な食材がズラリ(* ̄ii ̄)

  8. kazuyoo60 より:

    ローズマリー、毎年沢山の花を咲かせておられます。可愛いですね。
    オリーブオイルは体に良いのですよね。もっと使おうと思います。

  9. yuko より:

    カツオはなかなか手に入らないのでマグロで時々作りますが
    カツオだとまた風味が違っておいしいのでしょうね
    いつかカツオが手に入ったら作ってみたいです
    素敵なレシピありがとうございます

  10. fleur de sel より:

    鰹にアンチョビー、ケーパー、オリーブ。男性的な大胆な御料理ですね。
    生の鰹のオイル漬けさぞかし美味しいと思います。やはり味の決め手になるのでしょうね。材料が手に入ったら作ってみたいです。ローズマリーはとっても丈夫で冬でも花が咲いています。強いから健康にもとても良いハーブなのでしょうね。

  11. らるむ。 より:

    こんばんは。
    うちのツナ缶はかつおのオイル漬けの場合が多いです。
    ツナとケッパーって合いますよね。
    昔作って食べたパスタを思い出しました。
    応援☆

  12. misya より:

    こんばんは♪
    ほどよくオイル付けされた鰹でパスタ♪
    美味しさ格別でしょう♪
    今日は私もパスタ食べました(笑)
    しかもオイル漬け(笑)
    缶詰めでしたが(笑)
    いっつも美味しそうなお料理、勉強になります♪

コメントを残す

  関連記事

豚バラ肉とちりめんキャベツの煮込み
スプマンテ風味のチーズリゾット
新タマネギとゴルゴンゾーラ・ピカンテのリゾット
菜の花とアンチョビのペンネ
仔牛のコトレッタ
イカスミのタリアテッレ カサゴのラグー
パスタ キタッラ だだちゃ豆のクリームソース
にんじんのサラダ ミント風味
パスタ スパゲッティ プチトマトとシシトウ
野菜 ソーセージ エビなどのフリット・ミスト