イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

マグロ赤身とマグロのボッタルガのパスタ リングイネ

   

マグロ赤身とマグロのボッタルガのパスタ リングイネ
イタリアン料理レシピ
本マグロの赤身とマグロのボッタルガ(からすみ)を合わせます
ミニトマトの軽い三三が味を引き締めてくれま
マグロのボッタルガの味はボラのボッタルガより
力強い味と風味があります
ここのレシピではボッタルガは
最後の食器に盛りつけた後に振り掛けています
この方がボッタルガの風味そのものを
強く味わうことができます
彩りと香りとしてイタリアンパセリをちりばめます
イタリア料理レシピです
エリカエリカ
エリカ
イタリア料理に使用する食材2人分









パスタ リングイネ140g
トンノパウダー(マグロのからすみ)60g
本マグロ赤身120g
ミニトマト16個
にんにく1片
ペペロンチーノ1本
オリーブオイル(シチリア産)60cc+20cc
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

【アンティカ・ロッカ パスタ】リングイネ 500g/Linguine
2004年に
世界遺産登録された
オルチャ渓谷地域で
自社生産された最高品質
デュラム小麦セモリナと、
近郊の山から直接工場へ運ばれる
天然水を使用しています。
伝統的製法で作るパスタは、
丁寧に低温長期乾燥させることで
弾力に富んでいてコシが強くもっちりとした食感が特徴です。

ナウディ・トンノパウダー100g
スペイン産マグロのからすみ。
重厚で独特な風味。
パスタやリゾットにふりかけて。

築地市場の天然本マグロ(クロマグロ)赤身200g
内容量 200gサク
(多少の形状が異なる場合がございます)
原産地 スペイン・モロッコ(地中海産)
原材料 天然本鮪

高糖度完熟ミニトマト2kg【トマト】【和歌山県産】
太陽の光をいっぱい浴びて
真っ赤に熟したトマトは
最低糖度8度以上、
通常は9.0~12度と
まさにフルーツのような甘ぁ~いミニトマトです

青森県産にんにく特選品2Lサイズ1kg(9~12玉)
青森県南部町で
古来から栽培されてきたにんにくの品種。
雪のように色が白く綺麗で、
1粒1粒が大きく密度があり、
甘みが強く香りが柔らかく、
貯蔵性に優れているのが特長で、
市場でも非常に評価の高いブランドにんにくとして
、青森の特産品となっています。

赤唐辛子(ペペロンチーノ)100g
ただ辛味を加えるだけでなく
素材の旨味とコクを引き出します!

DOPレ・モンティ・ブレイ・エクストラヴァージンオリーブオイル
サレーミ『RE』
オリーブオイルの
世界一を決めるコンテスト
ヴィニ イタリーのMEDIO(中間の味)部門で
金賞受賞をはじめ、数々のコンテストで
賞を取っている大変美味しい
EXバージン オリーブオイルです

イタリアンパセリ
日本の一般的なパセリよりも、
くせがなく食べやすいです。
濃い緑色のパセリの葉と
トマトソースとの相性は抜群です。

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。


プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.マグロは
  冷蔵庫に入れ自然解凍します
  1.5cm角にカットします
2.にんにくは
  包丁の腹でたたきつぶします
3.ペペロンチーノは
  手で二つに折り中の種を取り除きます
4.ミニトマトは
  へたを取り除き縦に二等分にします
5.イタリアンパセリは
  茎を取り除き
  葉の部分のみを使います
6.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
  このパスタはゆで時間が
  12分となっていますので10分間茹でます
7.フライパンに
  オリーブオイル・にんにく・
  ペペロンチーノを入れ弱火で丁寧に炒めます
  にんにくの全面がきつね色になったら
  にんにく・ペペロンチーノを取り出します
8.パスタの茹で上がる4分前に
  ミニトマトとパスタのゆで汁60ccを入れ
  中火で煮込みます
  4分間ぐらい煮込みます
9.パスタの茹で上がる2分前に
  マグロを加え煮込みます
10.茹で上がったパスタの
   水気をしっかり切り
   フライパンに入れ
   オリーブオイルを20cc振り入れ
   混ぜ合わせます
11.食器に盛りつけ
   マグロのボッタルガを振りかけます
   イタリアンパセリの葉を散らします
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)ベッキオホワイト  プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

ボッタルガ 関連
*****ボッタルガ風味 パスタ リングイネ
イタリアン料理レシピ
カラスミ(唐墨、鰡子、烏魚子、鱲子)は、
ボラなどの卵巣を塩漬けし、塩抜き後、
天日干しで乾燥させたもの。
名前の由来は形状が中国伝来の墨「唐墨」に似ていたため。
日本ではボラを用いた長崎県産のものが有名です
イタリアでは、
ボッタルガ(Bottarga)の呼称が与えられている
(英語ではボタルゴBotargo)。
ボッタルガには必ずしもボラの卵巣だけを
使用するのではなく、
タラやマグロなど他の海産魚の卵巣を
利用する製品もある。
ほぐして、パスタにあえて食べる例が多い。
イタリアさんのからすみ ボッタルガを一杯使います
ボッタルガの風味が素晴らしいです
パスタはリングイネをつかいます
*****キャベツとボッタルガのパスタ 
     フェデリーニ ガルム風味

イタリア料理レシピ
ガルムとは
イタリアの魚醬です
ナポリから40kmほど南のアマルフィ近くの
チェターラというところで作られています
製造方法はイワシの内臓と頭を取り
約半年間熟成させアンチョビに仕上げ
その後ろ過します
このろ過の工程を何度も繰り返すと
ようやく純度の高い旨み成分たっぷりの
琥珀色に輝くコラトゥーラの出来上がりです
一般の物のように魚臭くないのが
最大の特徴
塩分もまろやかで料理の味に
上品な旨みとコクを与えます
ソースに何かコクが足りないと
思った時にスプーン1杯程
使用するだけで驚くほどグンと味に深みが増します!
特にカラスミのパスタや
ペスカトーレビアンコ、ボンゴレなどの
魚介類のパスタに
又アクアパッツァなどのお料理の仕上げに最適です
パスタはフェデリーニ
細めのパスタを使いました
ボッタルガは
日本のからすみと同じです
ボラの卵を乾燥させた物です
イタリアにも日本と同じ食材があるのですね
*****ボッタルガのパスタ リングイネ
ボッタルガ(からすみ)
イタリアのからすみは完全乾燥の状態で
生臭さが全くありません
そのまま食べてもすごく美味しいです
イタリアのサルディニア島が産地として有名です
しっかりした形のボラの卵を
海水に浸し乾燥させ作ります
ライムの香りと酸味があっさりした味を
提供します
パスタはリングイネを使います
にんにくとペペロンチーノは
香りを付けたら取りでします
ボッタルガの繊細な味を壊さないためで
ボッタルガ(からすみ)
イタリアのからすみは完全乾燥の状態で
生臭さが全くありません
そのまま食べてもすごく美味しいです
イタリアのサルディニア島が産地として有名です
しっかりした形のボラの卵を
海水に浸し乾燥させ作ります
ライムの香りと酸味があっさりした味を
提供します
パスタはリングイネを使います
にんにくとペペロンチーノは
香りを付けたら取りでします
ボッタルガの繊細な味を壊さないためです
*****セロリと ボッタルガとペコリーノチーズのサラダ
イタリアン料理レシピ
ペコリーノチーズその中でも異色の
黒こしょう入りのペコリーノチーズを使いました
塩味が柔らかく優しい味がします
ボッタルガの塩気とセロリが良く合います
オリーブオイルとレモンを搾り
味を深めます
*****パスタ カムット小麦スパゲッティ 
ホタルイカ ボッタルガ

イタリア料理レシピ
ホタルイカのシーズンです
新鮮なホタルイカとボッタルガの塩気が
すごく良く合います
それにブラックオリーブ・ケッパーを加え
味に力強さを作りました

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    エリカお上手ですね。綺麗に咲き続けてくれますね。
    シチリアで作られてますか。かの地もマグロが減ってるそうですね。
    人だけが増え続けて良いわけはないです。生命材料も無限ではないはずですから。

  2. らん* より:

    エリカがきれいに咲いてますね♪
    小さいお花がたくさんあってかわいいですよねー(*´∀`)ノ
    毎日とてもおしゃれなお料理、すごいです!

  3. Kay より:

    こんばんは。お忙しいところ、コメントをいただきありがとうございました。
    まぐろのからすみ、などという食材があるのですね。さすが、イタリアとかスペインのグルメは、日本のグルメと相通じる所があるような気がします。イカスミとかタコを食する国の人たち、きっとおいしいものを追求する気持が、似ているのかしら。
    アメリカンのステーキやハンバーガーのウンチクにげんなりしている私としては、このブログのおしゃれなお料理に、垂涎の日々でございます。

  4. らるむ。 より:

    こんばんは。
    マグロのカラスミって珍しいですね!
    見たことも食べたこともないので、興味津々です♪
    応援☆

  5. masakohime より:

    マグロのカラスミなんてあるのですね!
    まるで魔法のふりかけのようです。
    トマトとマグロのパスタも信じられないほど、衝撃でした。このパスタにこのふりかけをかけたら、本当の魔法のパスタなのかもしれません。

  6. TWINS より:

    こんばんは~
    マグロのカラスミってゆーのもあるんですね!
    今なぜか冷凍庫にフツーのカラスミがあります(^^)
    やっぱりパスタに使いたいです。

  7. ぴよ より:

    こんばんは。
    本マグロ×甘酸っぱいプチトマトの
    パスタ料理の仕上げに、
    マグロのカラスミ!
    ボッタルガ!を添えるのですね。
    魔法の一降り♪のボッタルガで、
    よりエレガントでグレードUP♪…を感じました。
    とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

コメントを残す

  関連記事

カチョエペペ(cacio e pepe)パスタ スパゲッティ
スタッフドグリーンオリーブ のフライ
プチトマトマトのバルサミコソース和え
下仁田ネギのグリル パスタ リングイネ ブラックオリーブペースト
グリーンアスパラのロースト ヴィンコット風味
パスタ カムットリングイネ フレッシュトマトとバジル
車エビのソテー バジルとトマトソース和え
牛タンのマルサラ酒風味の煮込み
パスタ フジッリ ブロッコリーソース ガルム
パスタ リングイネ 子持ちワタリガニ コラトゥーラ風味