イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

乾燥そら豆(ファーヴェ)のピューレーとチーマ・ディ・ラパ

   

乾燥そら豆(ファーヴェ)のピューレーとチーマ・ディ・ラパ
イタリアン料理レシピ
そらまめの乾燥を使います
イタリア ブーリア地方の料理です
野菜は色んな物が使われています
このレシピではピューレーとチーマ・ディ・ラパを
使いましたが日本の菜の花でもOKです
そらまめの風味がしっかりでておいしくいただけます
良いオリーブオイルを使うことをおすすめします
エリカエリカ
エリカ
イタリア料理に使用する食材2人分






そら豆(ファーヴェ)乾燥120g
たまねぎ1/4個
チーマ・ディ・ラパ100g
オリーブオイル25cc+20cc
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

そら豆 (ファーヴェ) 乾燥
珍しい乾燥のそら豆です。
イタリアでは春を呼ぶ食材として
大変親しまれています。
戻してスープやサラダにどうぞ。

イタリア産 チーマ・ディ・ラパ 約500g
産地は南イタリアのプーリア州
日本のカブや菜の花、からし菜等と
同じ仲間です。
湯がくと、菜の花と同じ甘ります
独特の苦みと芳香を感じます
炒めてよし、茹でてよし。
パスタや温野菜、リゾットまで・・・

淡路島プレミアム新タマネギ!
2013年淡路島のプレミアム
新玉ねぎ9kgです!
水分量が多いスペシャルな
玉ねぎのお味ぜひお楽しみ下さい!
柔らかくてシャキシャキした
淡路玉ねぎをいろんなお料理で
ご堪能下さい♪
サイズは大小混合です。

エクストラヴァージンオリーブオイル『タジャスカ』【750ml】
タジャスカという小粒な
西リグーリア特有のオリーブが
栽培されてきましたが、
今では新しい品種に転換され
非常にわずかな量 となっています。
2月から4月にかけて収穫し、
特に今では珍しくなった石臼によって
昔ながらに搾られた
エクストラ・バージン・オリーブオイルが
“タジャスカ”です。

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。


プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.乾燥そらまめは
  一晩水につけ込んでおきます
  水分をたっぷり吸い込んで
  ふっくらとしてきます
  皮をむきます
2.たまねぎは
  1/4個を粗く刻みます
3.ソースパンに
  たまねぎとそらまめを入れ
  水をヒタヒタより少し多めに加えて
  中火にかけ熱します
  沸騰したら弱火にしてコトコトと
  1時間ほど煮込みます
  水分が
  少なく菜ったら水を少し加えてください
4.そらまめが
  柔らかくなったら
  あら熱を取り
  フードプロセッサーでミキシングします
  ピューレー状にします
  オリーブオイル25cc・塩を軽く振り入れ
  ミキシングします
5.ソースパンに
  戻し入れ弱火で暖めます
6.チーマ・ディ・ラパは
  流水で洗い下部の堅い部分は
  カットします
7.別のソースパンに
  お湯をたっぷり沸かし塩を
  お湯の量の1%を加え
  チーマ・ディ・ラパを入れ2分間茹でます
  茹で上がったら冷水にとり
  ざるにあけ水気を切ります
  ペーパータオルで包み込むようにして
  絞り水気を取ります
  三等分にカットします
8.スープ皿に
  ピューレーを入れ
  チーマ・ディ・ラパを脇に添えます
  オリーブオイルを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

マルチクイック プロフェッショナル MR5555MCA

フィスラー (Fissler) プロコレクション ソースパン浅型 20cm

リチャード・ジノリ ボンジョルノプルーン スーププレート24cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

そらまめ 関連
*****そらまめと海老のパスタ リングイネ
そらまめの風味と海老は良く合います
素材を大切にし余計な物は省きました
そのものの風味を味わいましょう
パスタはソースの絡みのいい
リングイネを使います
*****そらまめの蒸し煮 にんにく風味
そらまめの風味と海老は良く合います
素材を大切にし余計な物は省きました
そのものの風味を味わいましょう
パスタはソースの辛みのいい
リングイネを使います
*****そらまめとじゃがいものピュレー ペコリーノチーズ添え
そらまめはペコリーノ・ロマーノがよく合います
それとジャガイモのピューレーを合わせます
上にラルドをのせハンドバーナーで熱し溶かします
ラルドの甘みが加わりすばらしい味に変化します
*****そらまめの冷たいスープ
そらまめの冷たいスープです、
カルポーネチーズにオレンジのジュースを混ぜ
生クリームでなめらかにしています、
それをスープにかけ
オレンジの実と空豆を飾りにします

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. fleur de sel より:

    乾燥空豆は北アフリカのモロッコやチュニジア又はポルトガルから沢山入っています。このように緑色ではなく少し茶がっています。このように綺麗な緑色に仕上がるかしら? 空豆は澱粉質が高いから青野菜と合わせてベジタリアンのバランスのとれたお食事になりますね。

  2. あべべ より:

    りゅうじさん、こんにちは。
    チーマディラーパって日本でも流通しているんですね~きっとお値段もなかなかなんでしょうね。

  3. タヌ子 より:

    チーマディラーパ、知りませんでした。
    イタリアにはフランスにない野菜が沢山あって羨ましいです。
    苦みがあると言うことは、春野菜独特のデトックス効果があるのですね。

  4. kazuyoo60 より:

    鮮やかでとても綺麗、沢山の花を付けるエリカ、良いですね~。
    からし菜の仲間、それなら作りやすそうですね。
    日本の豆も美味しいと思いますが、イタリア料理でソラマメの乾燥品とは思いませんでした。

  5. tamakiti より:

    おおっ
    これはなんだか面白い
    料理ですね。
    日本ならお団子にでもなりそう。

  6. らん* より:

    乾燥した空豆、初めて見ました♪
    どんな味になるのかなぁ~。
    今日もおしゃれ~

  7. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のお料理も素敵ですね!!
    とても美味しそうです。
    私も作ってみます。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  8. masakohime より:

    チーマ・ディ・ラパは、はじめての野菜ですが、菜の花やからし菜と同じ種類だと聞くと、何となく味が分かります。
    ソラマメのピューレをと一緒に、優しい味の素敵なお料理ですね。

  9. はーい♪にゃん太のママ より:

    こんにちは^_^
    そら豆の素敵なお料理が続きますね~
    とっても美味しそうです(^◇^)
    乾燥そら豆があったら一年中食べれますね。

  10. らるむ。 より:

    こんばんは。
    乾燥空豆は味がとても濃そうなイメージがあります。
    乾燥なら一年中楽しめていいですね♪
    応援☆

  11. イヴォンヌ より:

    乾燥そらまめってあるんですね~
    たまねぎと一緒でスープにしておいしそうですね~♪

コメントを残す

  関連記事

no image
なすの野菜ブロード煮込み
フィノッキオのグラタン
no image
ティラミス イチゴ添え
豚ロース肉のインブォルティーニ
ロールキャベツ
鶏モモ肉のハーブフェスティバル
ほうれんそうのソテー
なすのペンネ
夏野菜のマチェドニア 生ハム添え
タコのマリネ 香草添え