イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

うすいえんどうのパスタ タリアッテレ

   

うすいえんどうのパスタ タリアッテレ
イタリアン料理レシピ
昨日のうすいえんどうのラグーを使います
うすいえんどうの旨みと甘みを
そしてグチァンチャーレの脂の甘みが加わり
堪能するパスタです
豆の持つ風味をしっかり引き出します
パスタはタリアッテレ幅6mmの平麺を使います
素晴らしい卵麺で豆の風味と良く合います
キリシマツツジキリシマツツジ
キリシマツツジ
イタリア料理に使用する食材2人分







パスタ タリアテッレ140g
うすいえんどう120g(豆のみ)
グァンチャーレ80g(豆のみ)
野菜のブロード150cc
オリーブオイル60cc
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

カポーニの卵パスタ/タリアテッレ(6mm)×2袋セット
伝統製法を守って作られた
卵入りパスタの最高峰
材料は現在求められる
セモリナ粉の中でも最も優れていると
いわれるカナダ産のセモリナ粉と、
注意深く自然な状態で飼育された有精卵のみです。
卵は一つずつ吟味しながら手で割り、
練りと製麺の工程は一部機械を使いますが、
家庭用のものが
そのまま大きくなった程度のものです。
それ以外はハサミを使って長さをそろえたり、
鳥の巣のように成型したりするのは
全て手作業で昔ながらの職人技で
カポーニの卵麺は作られています。

和歌山産 紀州うすいえんどう(実えんどう) 約1kg入 Lサイズ
毎朝採れたての実入りの良い、
大粒の『うすいえんどう』のみ
お届けしておりますので、
新鮮で美味しい豆を味わえます。

プレシーラ社グアンチャーレ【約700g】
グアンチャーレは
イタリアのパンチェッタと
同じように脂の層と
お肉の層に分割されております。
最大の特徴と致しましては、
豚のトントロを塩付けにして
生ハムにしたようなイメージです。
その脂身は・・・もう、もう甘くてたまりません。
このグアンチャーレの料理としては
アマトリチャーナなどに利用される事が代表的で、
もちろんそのままワインの
おつまみとしめ召上っても美味しいのですが
お料理への汎用性が非常に高い食材です。
この例えばこのグアンチャーレを使った
トマトベースのソースはとても甘くなり、
またパンチェッタで作るカルボナーラを
グアンチャーレに置き換えて作り上げても大変美味しく召し上れます

北海道のたまねぎ10kg(L~2Lサイズ)
プロの八百屋が
選んだから自宅保存でも長持ちします!
調理しやすいL~2Lサイズ!

ウェル ビオロジコ 野菜ブロード(野菜コンソメ) 350g
化学調味料・着色料を一切加えていません!
野菜のコクと旨味の効いた、
身体思いのコンソメです。
乾燥野菜粉末がはいって、
お野菜の香りとコクが深いタイプ。
煮込み料理の隠し味に使うと、ぐっと味が深まります。

エクストラヴァージンオリーブオイル『タジャスカ』【750ml】
“タジャスカ”は
石臼搾りの特徴を保つために、
あえてフィルターによる
微粉除去はしておりません。
したがって浮遊している微粉は
オリーブオイルの要素として
全く自然のものでなんら問題はありませんが、
いったん底に沈殿したものは
再度ゆすって浮遊させたりせずに、
ご使用時も沈殿物を瓶底に残すようにして下さい

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.うすいえんどうは
  鞘から豆を取り出し
  豆の重量が120gになるように調整します
2.たまねぎは
  繊維に沿って薄くスライスします
3.グアンチャーレは
  3mm×3mm×長さ2cm拍子切りにします
4.ソースパンに
  オリーブオイル・グアンチャーレを入れ
  中火にかけグアンチャーレの脂を
  溶かすように炒めます
5.脂に
  透明感が出てきたら
  たまねぎを加え炒めます
6.たまねぎが
  しんなりしてきたら
  うすいえんどうを加え
  脂をまんべんなくまとわり付くように
  木べらで混ぜ合わせます
7.野菜のブロードを
  加え静かに混ぜ合わせ煮込みます
8.ソースパンに
  ふたをして
  230℃に熱したオーブンに入れ
  20分間煮込みます
9.オーブンから
  出してボールに入れ
  静かに混ぜながらあら熱を取ります
10.パスタパンに
   お湯を
   沸騰させ塩を水量の1%を加えます
   パスタを入れ茹でます
   パスタのゆで時間は
   袋に表示されてある時間より
   2分間短めに茹で上げます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみ頂けます
11.パスタの
   茹で上がる2分前に
   フライパンにオリーブオイル50ccを入れ
   ボウルに入っているうすいえんどう加え
   パスタのゆで汁60ccを加えて混ぜ合わせます
12.茹で上がったパスタの
   水気をしっかり切りしっかり切り
   フライパンに入れソースを絡めます
食器に盛り付けます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール フルサイズ 5pcs

フィスラー (Fissler) プロコレクション ソースパン浅型 20cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

グラシアブラック 30cmチョップ
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

うすいえんどう 関連
*****ウスイエンドウのパスタ 
スパゲッティ リコッタチーズ

ウスイエンドウ豆をペーストにして
リコッタチースと混ぜ合わせます
ウスイエンドウ豆の甘さが引き立ちます
最後にブラックペパーを振り掛け彩りにします
*****春野菜のグァゼット(煮込み) 半熟卵添え春野菜
グリーンアスパラ
そらまめ
うすいエンドウの組み合わせ
ビネガーソースで
頂きます
軽い酸味と甘みがたまりません
このソースが命の料理です
*****春の豆のパスタオレキエッテ ボッタルガ風味
春の緑色の豆のパスタです
ウスイエンドウ・そらまめ・スナップエンドウを使います
アンチョビーの風味と
ボッタルガ(ぼらのたまご・日本ではからすみ)の
粉末をたっぷり振り掛けます
パスタは耳たぶを酢形をしたオレキエッテを使います

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. dove-2 より:

    春らしい爽やかなパスタ料理ですね。
    とても美味しそうだし、グアンチャーレの量から考えると思ったよりヘルシーかも…。
    グアンチャーレが手に入らない場合、パンチェッタや厚切りのベーコンなんかで代用できますか?

  2. らるむ。 より:

    こんばんは。
    タリアテッレにソースがよく絡んで、これはおいしいですねーw(*゚o゚*)w
    ソースをたっぷり絡めていただきたいです♪
    応援☆

  3. misya より:

    こんばんは♪
    ご無沙汰していてすみません^^;
    とっても嬉しいコメント有難うございます♪
    うすいえんどうまめに新玉ねぎに♪
    春は美味しいものいっぱいですね^^
    彩りも綺麗でとっても美味しそうです♪

  4. らん* より:

    昨日はわざわざうすいエンドウの事を親切に教えてくれてありがとう!
    お豆大好きだから、機会があったら食べてみたいです( ̄∀ ̄)~♫

  5. Sivaji より:

    季節を感じさせる一皿ですね~。
    グアンチャーレが、美味しそうです。

  6. ボーノ より:

    ryujiさん
    春野菜のうすいエンドウや上質素材をふんだんに使ったパスタで舌がとろけます! たべてみたいです。
    コメントありがとうございました。☆彡

  7. masakohime より:

    うすいえんどうのラグーにあわせたのは、タリアテッレ。少し太めの卵麺が、ソースをしっかり絡めて、素敵なパスタですね。
    ブラッドオレンジが1個余ったので、サラダも作ってみました。
    オリーブとオレンジのコラボも、新しい味の発見でした。ありがとうございました。

  8. kazuyoo60 より:

    こちらの霧島ツツジ、淡い色で、赤っぽいのも入って、大好きな色、素晴らしいツツジです。
    エンドウ大好きです。冷凍庫から出して食べます。まだ花が咲いてませんが、自分で冷凍したのは美味しいのですよ。

  9. siawasekun より:

    うすいえんどうのパスタ タリアッテレ、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、とても嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、恐縮、深謝、深謝、深謝です。
    応援ポチ♪♪

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

むきえびの海老みそのパスタ フェットチーネ ミント風味
ミニトマトアイコとブラックオリーブのオリーブオイル煮
フィノッキオのグラタン
ビーツのスープ
バジルとクルミソースのフェットチーネ
鶏のレバーのスパゲッティ
山陰のシロイカのグリル バジル レモン風味
なすのマリネ(Melanzene)
パスタ カソンチェッリCasoncelli チーズ詰め
三陸の新鮮な生牡蠣とガルムの 卵パスタ タリアテッレ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。