イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

骨付き豚ロースのラグー パスタ バッパルデッレ

   

骨付き豚ロースのラグー パスタ バッパルデッレ
イタリアン料理レシピ
パスタ パッパルデッレ(Pappardelle)
平打ちパスタ
幅8mm
平打ちパスタの中でも幅の広いパスタです
濃厚なソースに良く合います
しかも麺は食べ応えがあります
骨付きの豚ロースを使います
骨と肉の間の旨みがソースに溶け込んで
素晴らしい味が期待できます
赤ワインとフォンドボー
イタリア語ではスーゴ・ディ・カルネといいます
これを合わせローズマリーの甘い香りが
たまりません
ぜひお楽しみください
ハナニラハナニラ
ハナニラ
イタリア料理に使用する食材2人分












パスタ バッパルデッレ140g
骨付き豚ロース280g×2枚(豆のみ)
にんじん40g
たまねぎ40g
セロリ40g
ローズマリー(ドライ)2g
赤ワイン200cc
フォンドボー100cc
ペコリーノロマーノ30cc
オリーブオイル20cc
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

グラニャーノ産グラニャネージ社:パッパルデッレ/pappardelle【500g】
イタリア カンパーニャ州/グラニャーノ
セモリナ粉

【旭山ポーク】ボーンステーキ(骨付きロース)約280g×2枚
お肉が柔らかい!!
骨のまわりが特にジューシーで甘い!
肉汁タップリ!!
厚さが約3cmもあるから,
食べ応えあり!!
焼いて食べても美味しい!
煮込み料理にしても美味しい!
新鮮な 旭山ポーク をどうぞ!

フォン・ド・ヴォー(ボー)・クレア(子牛の出汁)1kg
最高の料理人が作る(冷凍)
このフォンは
防腐剤や調味料を使わず
伝統的な方法で調理されております。
良質な基礎のフォンを作るために
加熱調理に長い時間をかけています。
このフォンは濃縮できる特性をもっており、
肉の煮込み料理の水分補給に適しています。

にんじん(500g)
濃厚なのにクセの少ない旨みと、
まるで柿を食べているかのような
自然で爽やかな甘みが特徴の、
常連様に大人気の千葉県産にんじんです。
土作りをしっかりと行った畑で
無農薬栽培されておりますので、
ジュースにしたり、スティックサラダにしたりと、
にんじん本来のおいしさをじっくりお味見いただけます。

淡路島産 たまねぎ(5kg)
藤本青果さんのこだわりが
詰まった兵庫県淡路島産のたまねぎ。
淡路島の中でも優秀な玉ねぎが
栽培される阿万地域のブランド玉ねぎです。
農薬・除草剤を極力減らして
人の手間を惜しまず栽培しています。

セロリ(1本)
静岡県産

AUCHON ローズマリー フランス産 7g
■甘い芳香と爽やかなほろ苦さを持つ
フランス産のローズマリーです。
■ラム料理、香草焼き、
ミネストローネなどの料理にどうぞ

セッコベルターニ ヴァルポリチェラ・ヴァルパンティーナ
イタリア・ヴェネット 赤ワイン イタリア産ワイン
深いガーネット色。熟れた果実やスパイスの香り、
華やかなブーケを醸し出している。
凝縮感があり、広がりのある味わい。

イタリア産/ペコリーノロマーノD.O.P(チーズ)【約500g】
羊をゆったり放牧できる
丘陵地帯に恵まれたサルデーニャ島を
拠点に生産されています。
飲み物は日本酒や焼酎とあいますが、
濃厚でかなり塩辛いので、
削ってお料理の味付けに
ご利用いただくのが良いでしょう。

フレスコバルディのラウデミオ エキストラヴァージン・オリーブオイル 500cc
エキストラヴァージンオリーブオイルは、
酸度(遊離オレイン酸の%)が
1%以下の物ですが、
このラウデミオは、
その酸度が約0.2%という最高品質の
エキストラヴァージンオリーブオイルです。
これは、フレッシュなオリーブの果汁を
思わせるさわやかでクセのない味と香を持ち、
コンテストでも
「ベストエキストラヴァージンオリーブオイル」と
して表賞も受けた高品質のオリーブオイルです。

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.たまねぎ・にんじん・セロリは
  みじん切りにします
2.ペコリーノロマーノチーズは
  すり下ろしておきます
3.ソースパンに
  オリーブオイルを入れ
  たまねぎ・にんじん・セロリを入れ
  弱火で丁寧に炒めます
  しっかり野菜の水分を飛ばします
  20分間は炒めてください
4.骨付き豚ロースを
  入れます
  塩を軽く振り入れ中火にして
  軽く焼き色を付けます
5.ドライローズマリーを
  加えます
6.赤ワイン・スーゴ・ディ・カルネを
  加え中火にかけます
7.一度沸騰したら蓋を閉めて
  230℃に熱したオーブンに入れます
  1時間30分ぐらいです
  45分ぐらいたったら一度開け
  肉を裏返してください
  そしてソースをお玉ですくい上からかけてください
8.肉が骨からは
  がれ落ちるまで煮込みます
9.骨と肉は
  取り出し
  肉は1cm角にカットします
  肉はカットし戻し入れます
  木べらで混ぜ合わせ
  再び230℃のオーブンに入れ20分間煮込みます
10.パスタパンに
   お湯を
   沸騰させ塩を水量の1%を加えます
   パスタを入れ茹でます
   パスタのゆで時間は
   袋に表示されてある時間より
   2分間短めに茹で上げます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみ頂けます
11.フライパンに
   ソースパンのソースを移し
   中火にかけ暖めます
12.茹で上がったパスタの
   水気を切りフライパンに入れ
   ソースを絡めます
13.食器に盛り付け
   上にペコリーノロマーノチーズを振りかれます
br>
イタリア料理に使用する調理器具

ステンレス4面チーズおろし

フィスラー (Fissler) プロコレクション ソースパン浅型 20cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

豚肉 関連
*****Arista (イタリア フィレンツェの豚のロースト)
既にフィレンツェ名物として
一般的に食べられていた、
豚肉の料理です
この料理を食べながら、ギリシャの司教が
当時のギリシャ語で
Aristos(絶品だ)と呟きます
イタリア人たちは、
この料理がギリシャ語でAristosと呼ぶのかと勘違いして
それ以来、
アリスタと呼ぶようになったそうです。
フィレンツェの名物料理、arista(アリスタ)
セージとローズマリーをの香りを付けます
豚肉はスペインのイベリコ豚の最高品を
使いました
肉にまんべんなくさしが入っていて
まろやかな味と風味が楽しめます
余計な脂身はカットしてあります
*****豚バラ肉のラグーとキャベツの
パスタ ペンネ・リガーテ

豚バラ肉は
たっぷりの塩・ブラックペパーを塗り混み
ローズマリーを6枝のせ
しっかりサランラップで包み密閉し
一晩冷蔵庫に入れ手おきます
マリネした豚肉の塩・ブラックペパーを
洗い流し1cm角にカットして炒め使います
豚肉の風味がすごいです
キャベツと合わせパスタはペンネ・リガーテを使います
ソースの絡みが素晴らしいです
*****キャベツと豚バラ肉のラグー 
パスタ・ジリ・リガーティ

パスタは百合の花の形をした珍しいパスタ
ジリ・リガーティを使いました
ソースの辛みがよく
こくのある肉類のソースによく合います
豚バラ肉の脂をしっかり取り出し
脂臭さをなくし使います
300gのブロック肉を使いましたが
実際に使用できる量は200g以下になります
たっぷりのフルーツトマトを使い軽い酸味が
さっぱりとした味に仕立ててくれます
*****皮付き豚バラのロースト ほうれんそう添え
皮付きの豚バラ肉ブロック1Kgを使います
スーゴ・ディ・カルネ
ミント(ドライ)
赤ワインビネガー
を使い深みのフルトロトロのバラ肉が仕上がります
鍋にたまった出汁もたまりません
*****食べられる国宝マンガリッツァ豚肩ロースの
オーブンロースト

食べられる国宝マンガリッツァ豚肩ロース
極上の豚肩ロースを
にんにく・ローズマリーの
風味をしっかり付け
180℃のオーブンでローストします
白ワインで豚肉のうまみを引き出します
簡単ですが凄く美味しくいただけます

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    骨付き豚ロースのラグー パスタ バッパルデッレ、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、大変に嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、、深謝、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  2. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のお料理も魅力的ですね!!
    とても美味しそうです。
    ラグーは、私も大好きです。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  3. らん* より:

    骨付き豚ロースのラグーおいしいでしょうね♪
    肉の画像・・ヤバい( ̄m ̄〃)

  4. kazuyoo60 より:

    なんとこんなに沢山のハナニラですか。見事に咲きましたね。
    昨夜のためしてガッテンは牛肉でしたが、豚肉だって、80~90度で火が通ればそれが一番美味しいと、それは昔の番組で見ました。
    同じなら美味しい方法をと思いますが、出来てません。

  5. tamakiti より:

    おお、旭山ポークって・・
    ぐぐってみると旭川のブランドなのね。
    動物園の近くなのかな?

  6. らるむ。 より:

    こんばんは。
    お肉を使ったパスタが大好きです!
    豚ロースのラグー・・・たまりませんね~。
    空腹を刺激されたのでご飯食べます(笑)
    応援☆

  7. イヴォンヌ より:

    骨つき豚ロース肉のパスタボリュームがあってすっごくおいしそう♪

コメントを残す

  関連記事

パスタ フェットチーネ・リガーテ ボッタルガ 生クリームソース
菜の花とアグーの粗挽きソーセージのパスタ
パスタ キタッラ 黒マイタケのブロード
鶏レバーのソテー バルサミコ風味
ワタリガニの内子とミソのスパゲッティ
牛モモ肉のポトフ
栗のコクのあるリゾット
パスタ フェットチーネ ホワイトアスパラ 温度たまごのせ
栗とキノコのロースト
ラムロインのソテー ハーブソース