イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

角食パンのトマトと水牛モッツアレラのはさみ揚げ

   

角食パンのトマトと水牛モッツアレラのはさみ揚げ
イタリアン料理レシピ
角食パンに
水牛のモッツアレラチーズと新鮮なトマト
アンチョビーを入れサンドして
オリーブオイルで上げます
中からとろけ出る
モッツアレラチーズの風味がたまりません
トマトと良く合います
ドウダンドウダン
ドウダン
イタリア料理に使用する食材2人分












角食パン(12枚切り)4枚
モッツアレラチーズ250cc
フレッシュトマト2個
アンチョビー4枚
牛乳100cc
たまご4個
薄力粉適量
イタリアンパセリ1枝
オリーブオイル(揚げ油として)500cc
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

【クリのパン】 ブレッド(角食パン) プレーン
パンに使う素材や具材は、
できるかぎり無農薬。
地域で手に入る安全で
安心の食材を使用しています。
パン生地には、
九州産小麦粉・ホシノ天然酵母・沖縄県産きび砂糖・
スキムミルク・オーストラリア産天然天日ミネラル塩・
大分県日田市大肥の地下水が使われています。
バターやマーガリンなどの油脂類、
卵や牛乳などの乳製品、
イーストフードや保存料など、
添加物を一切使っていません。
クリの100%天然酵母パンは
焼き上がり後も熟成をつづけていますので、
適切な保存で豊かな風味をご賞味ください。

スケーター 食パンカットガイド(SCG1)
【定格】
サイズ: 190×奥行 145×高さ 177mm
厚さ目盛り: 5枚切り25mm、6枚切り20mm、8枚切り15mm、12枚切り10mm

ボッコンチーニ・ディ・ブッファラ【約25g×10入=250g】
【モッツァレラチーズ】
イタリア/カンパーニャ州ナポリ産:
ナポリで最も美味しいと言われる
デッレ・ローゼ:サルバトーレ・コルソ

『高糖度フルーツトマト アメーラ 900g 2S~3Sサイズ』
築地・野菜の目利きが厳選!
アメーラには、
カリウムやビタミンA、ビタミンC
ベータカロテン、グルタミン酸、
ガンマアミノ酪酸(ギャバ)などの
機能性成分が高い濃度で濃縮含有されています。
糖や有機酸などの成分も濃縮含有されていて
これがアメーラのあまいだけではない
バランスの良いおいしさとなっています。

ORTIZ★【オルティス社製】樽出し芳醇アンチョビ(瓶詰)★
スペイン産アンチョビ・フィレ
柔らかく深い味わい。
アンチョビの概念がくつがえる極上品です。
原材料はスペイン・カンタブリコ海で
水揚げされたカタクチイワシ。
新鮮なイワシから骨や皮を取り除いてフィレにし、
樽の中で6ヶ月以上も寝かせて発酵させています。
肉厚の身はやわらかく引き締まっていて、
お口の中で深い旨味がじーんとひろがります。
一般のアンチョビにありがちな骨っぽさは全くありません。
まさに、アンチョビの概念をくつがえす一品。
おつまみに、 オードブルに、存分にご堪能ください。

飛騨の気候が生んだ本物の牛乳!
ノンホモ飛騨900ml
スイスに似た気候である飛騨高山
 酪農家一人一人の顔が見え
「飛騨産100%」自信を持っておすすめする牛乳です。
より自然な形でホモゲナイズをせず、
低温殺菌(65℃ 30分間)していますので
生乳の風味がそのまま味わえます。

名古屋コーチンたまご(18ヶ入 2ヶ保障)
この「こく」たまりません!
天然水で育った(卵)

ファリーナ TIPO”00”コンフェツィオーネ
イタリアの薄力粉タイプ
ファリーナとはイタリアで小麦粉のこと。
その中で00番(ゼロゼロ番)は
一番精製度が高い小麦粉です。
主に生パスタ、ピッツァ、パン、
お菓子に使われています。
小麦の香りが強く最高の風味!
特にこちらCAPUTO社ファリーナは
イタリアのピッツェリアでも一番多く愛用されています。

愛知産 ”特選ハーブ” イタリアンパセリ
別名「パスレー」とも呼ばれています。
パセリの仲間だお思ってください。
だから、パセリの香りがします。
見た目はパセリよりも、
上品でスマートです。

オリーブオイル!ルグリオ【1L】
揚げ油用として
イタリア産エキストラバージン

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak) Mサイズ 50g
日本に
最も多く入ってきている黒胡椒が、
このインドネシア・サワラク産の黒胡椒。
香りと辛さのバランスが良く、
どんな料理にもオールマイティに使えます。
普段使いの黒胡椒として、お気軽にお試しください。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:50g
・原産国:インドネシア

プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.角食パン4枚は
  1cmの厚さにカットします
  耳の部分はカットします
  斜めに二等分にします
2.水牛のモッツアレラは
  1組のパンに1個25gを5個使います
  1個のモッツアレラを三等分にしておきます
3.トマトは
  へたを取り除き上部に十文字の切り目を入れ
  沸騰したお湯に入れ皮がめくれてきたら
  皮をむきペーパータオルで水気を拭き取ります
  横に二等分にして中の種を取ります
  粗く刻みます
4.アンチョビーは
  粗く刻んでおきます
5.二等分した食パンの内側に
  塩・ブラックペパーを軽く振りかけます
  モッツアレラチーズ・トマト・アンチョビーを乗せ
  パンを重ねます
6.重ねたパンの表面に
  塩・ブラックペパーを軽く振ります
7.パンの表面に薄力粉を
  まぶします
8.卵は
  ボウルに入れ溶いて溶き卵を作ります
  その中に入れ卵を付けます
9.天ぷら鍋に
  オリーブオイル500ccわ入れ
  190℃に熱してその中に入れ
  揚げます
10.両面に
   綺麗な焼き色が付いたら網の上にのせ
   油を切ります
11.食器に盛り付け
   イタリアンパセリを飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール フルサイズ 5pcs

本製 天ぷら鍋 温度計付き 味楽亭 IH対応フタ付天ぷら鍋24cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    角食パンのトマトと水牛モッツアレラのはさみ揚げ、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    いつもながら、嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  2. kazuyoo60 より:

    真っ白な花が無数に咲いて、とても綺麗なドウダンツツジです。近くの歩道のもほぼ満開です。
    トマトとの相性は抜群のチーズですから美味しいでしょうね。食パンの耳を揚げたことはありました。

  3. らん* より:

    角食パンに 水牛のモッツアレラチーズと新鮮なトマトの組み合わせですか!!
    とろけるチーズが最高だねー(`・∀・)ィ!!!

  4. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    はさみ揚げは、私も大好きです!!
    とても美味しそうです。
    素材の組み合わせ方がいいですね。
    全部ポチっと応援させて頂きます。

  5. ぴよ より:

    おはようございます。
    サクッと揚がったパンから、
    水牛モッツアレラチーズがトロッ♪。
    甘酸っぱいトマトと
    アンチョビの風味が広がるのですね。
    食パンが、こんなにお洒落に
    大変身してしまうことに、プチ感動しました。
    とても、おいしそう♪♪♪です。
    応援☆ポチッ

  6. puffpuff より:

    ものすごく魅力的なレシピですっ!
    オリーブオイルで揚げるんですね♪
    美味しそっ!!

  7. TWINS より:

    こんばんは~
    パンに衣を付けて揚げるんですね!
    コレはサックサクの中はトロトロ、
    おいしいに決まってます(^^)

  8. kei より:

    パンをひと口食べたら、
    モッツァレラチーズがとろ~りととけるところを
    想像したら、たまりません。
    ワインにも合いそう。
    アンチョビの塩気もアクセントになりそうですね。

  9. taeco より:

    モッツァレアチーズ揚げられるんですねぇ~*^^* とってもおいしそうですねぇ~~~♪♪♪ 

コメントを残す

  関連記事

豚もも肉と野菜の煮込み
イワシの白バルサミコ酢ビネガーマリネ ブラックオリーブ添え
うにとピスタチオのパスタ リングイネ
真鯛となすのクリームソース パスタ スパゲッテーニ
ドライ栗とドライポルチーニのパスタ フェットチーネ
リコッタとそらまめのパスタ リングイネ
パスタ タリアッテレ 枝豆のクリーム
グリーンアスパラのポタージュスープ
プラムの赤ワイン煮
冬野菜 根菜のカポナータ