イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鶏むね肉の白インゲンクリームソース

   

鶏むね肉の白インゲンクリームソース
イタリアン料理レシピ
鶏むね肉を薄力粉をつけて
ソテーします
白いんげん豆を生クリームで煮込んで
ソースを作ります
鶏むね肉と和えて
クリーミーな白いんげんとよく合います
バラ カクテールバラ カクテール
バラ カクテール
イタリア料理に使用する食材2人分










鶏むね肉1枚
白いんげん豆100g
薄力粉適量
にんにく1片
白ワイン120cc
生クリーム300cc
オリーブオイル50cc
イタリアンパセリ1枝
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

大和肉鶏むね肉
鶏肉のなかでも
脂肪が少なく淡白な部位です。
ヘルシーでダイエット中でも最適。
産地直送なので新鮮だから・・・
ちょっとおしゃれに
地鶏のカルパッチョ等いかがですか・・・?
京都のかしわ料理で用いられた鶏肉が
奈良県の「大和かしわ」で
大正末期~昭和初期にかけて
おいしい地鶏として名声を博していました。
その大和かしわに改良を加え、
昭和57年に誕生したのが大和肉鶏です。

乾燥 ドライ白いんげん豆 ファジョーリ イタリア産 500g
イタリア産の白いんげん豆500g
ヨーロッパではメジャーな食材で、
スープに入れたり煮込んで
お肉や魚の付け合わせにしたり・・・・
ベーコンとの相性も良く、ソーセージやハムともピッタリ
一晩水に漬けておくと使いやすいです。

ファリーナ TIPO”00”コンフェツィオーネ(イタリアの薄力粉タイプ)
ファリーナとは
イタリアで小麦粉のこと。
その中で00番(ゼロゼロ番)は
一番精製度が高い小麦粉です。
主に生パスタ、ピッツァ、パン、
お菓子に使われています。
小麦の香りが強く最高の風味!
特にこちらCAPUTO社ファリーナは
イタリアのピッツェリアでも一番多く愛用されています。

青森県田子産にんにく (10個)2Lサイズ
青森県田子産の立派なニンニクです。
青森県はニンニクの産地。
良い環境で育ったからこそ
まろやか な味の立派なニンニクが
出来上がり ました。
Lサイズ、1個約100g、直径約5,5cm

フォンテベッキア 2010白ワイン 辛口 750m
FONTEVECCHIA 2010
 ・ 味わい 辛口
 ・ 色 白
 ・ ヴィンテージ 2010
 ・ 産地 イタリア マルケ
D.O.C. VERDICCHIO DEI CASTELLI DI JESI CLASSICO SUPERIOLE
 ・ 品種 ヴェルディッキオ 100%
 ・ 醸造 18℃でステンレスタンクにて醗酵
ステンレスタンク5ヶ月熟成。
6日間-4℃で酒石の安定化を行い瓶詰め後、瓶熟2ヶ月。

タカナシ生クリーム「特選北海道純生クリーム42」 200ml
●手作りの素材として味と
使いやすさを重視した
42%の生クリーム
北海道クリームの特徴である濃厚な風味と
扱いやすさのバランスを追求しました。
お料理にもお菓子作りにも適した便利なタイプです。

愛知産 ”特選ハーブ” イタリアンパセリ
別名「パスレー」とも呼ばれています。
パセリの仲間だお思ってください。
だから、パセリの香りがします。
見た目はパセリよりも、
上品でスマートです

キャンティ・クラシコ EXVオリーブオイル D.O.P 【750ml】
その名が示す通り
“オーリオ・トスカーノ”は
トスカーナ特有のオリーブオイルの
特徴をすべてかねそなえています。
さわやかな緑がかった香りと
ヒリッとした喉ごし、
そして切れのよい後味は
肉および野菜料理に最適です。
特にトスカーナ地方の代表的な料理
ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナや
リボリータなどには欠かせません。

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak) Mサイズ 50g
日本に
最も多く入ってきている黒胡椒が、
このインドネシア・サワラク産の黒胡椒。
香りと辛さのバランスが良く、
どんな料理にもオールマイティに使えます。
普段使いの黒胡椒として、お気軽にお試しください。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:50g
・原産国:インドネシア

309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak) Mサイズ 50g
日本に
最も多く入ってきている黒胡椒が、
このインドネシア・サワラク産の黒胡椒。
香りと辛さのバランスが良く、
どんな料理にもオールマイティに使えます。
普段使いの黒胡椒として、お気軽にお試しください。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:50g
・原産国:インドネシア

プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.しろいんげんは100gを
  水で数回よく洗って、
  ソースパンに入れ
  300ccの水に一晩つけておきます
2.次の日に
  一晩つけ手おいた豆と水を
  中火にかけます
3.沸騰させ中火で3分くらい
  ゆでた後に
  ざるにあけ
  お湯を切り汁抜きをします
4.ソースパンに
  新しい水600ccを入れ
  中火にかけ、
  沸騰したらざるに空けた豆と
  重曹2gと
  塩小さじ3gを加えます
5.再び沸騰させ中火より少し弱めにして
  コトコトと、
  豆が柔らかくなるまで40分程度茹でます
  このとき途中で豆が水面より出てきたら
  水を足し水をし
  常に水面下にある状態を保ってください
  火を止めて
  自然にあら熱を取ります
  ざるにあけみずけほ切ります
6.にんにくは
  縦に二等分し中の種を取ります
  みじん切りにします
7.イタリアンパセリは
  葉の部分を粗く刻みます
8.鶏むね肉に
  塩・ブラックペパーをすり込み
  薄力粉を全体にまんべんなくまぶします
  余分な薄力粉はたたいて落としてください
9.フライパンに
  オリーブオイルを入れ
  にんにくを加えて弱火で丁寧に炒めます
  にんにくの香りが立ってきたら
  中火より弱火にしてにて
  鶏むね肉の皮目を下にして炒めます
  皮目の炒めに8割の時間をかけ
  しっかりと炒めます
  裏返して2割時間です
  横に二等分にカットします
10.白ワインを
   注ぎ入れ強火にして
   アルコール分を飛ばします
11.生クリーム・白いんげんのを加え
   とろみが出るまで煮詰めます
   ふたを閉めて強火より弱火にして
   煮込みます
   ソースが鶏むね肉と
   なじんだらできあがりです
12.食器に盛りつけ
   イタリアンパセリの
   粗みじんを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール フルサイズ 5pcs

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ミュージオホワイト スーププレート 24cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

白いんげん 関連
*****白インゲンのペースト・ほうれん草のパスタ
フェットチーネ 黒トリュフ風味

白インゲンをペースト状にしパスタの
ソースとします
ほうれん草の甘みが凄く引き立ちます
黒トリュフペーストの香りが素晴らしいです
パスタはフェットチーネを使います
*****白インゲンとボッタルガ
ものすごい簡単料理です
白インゲン豆を茹で
ボッタルガの粉末をまぶし
混ぜ合わせるだけです
*****白いんげん豆のズッパ
イタリア産:ファジョリーニ(白インゲン豆)
Lombardia(イタリア ロンバルディア州)のZuppa(ズッパ)
白インゲンとオリーブオイル
そしてバケット・にんにくだけでつくる料理です
白インゲンのおいしさをたっぷり味わえます
*****むきえびと白インゲンのサラダ
エビの風味とハーブの香りが折り重なり
楽しい味を楽しめます
*****アクアコッタ 野菜と白インゲン豆の煮込み 卵添え
イタリア、トスカーナ地方のお料理です、
バケットが入っていて水気が無いのが特徴です、
沢山のお野菜を一杯頂けて体に優しいお料理です、

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. 鶏肉、インゲン、ホワイトソースの組み合わせが、すごくいいですね!
    とても美味しそうです~
    食べてみたいです(*゚▽゚*)

  2. イヴォンヌ より:

    上品な白いんげん豆と生クリームでソースつくってむね肉と一緒ヘルシーでおいしそうですね♪

  3. らるむ。 より:

    こんにちは。
    鳥胸肉を使った料理をあまりしないので、レシピが嬉しいです。
    白インゲン豆のソースがまたオシャレですね♪
    応援☆

  4. Sivaji より:

    白インゲンを使った煮込みというと、カス-レを思い出します。
    鶏胸肉とも美味しそうですね~。

  5. kazuyoo60 より:

    可愛いバラが咲きました。次々と咲いてくれるでしょう。
    イタリア産の白いんげんですか。欧米の人は日本以上に豆類が好物のようですね。
    甘党で、甘く煮た豆を買うことが多いです。たまには自分でも煮ますが。
    生クリームですね。使いこなせてません。

  6. fleur de sel より:

    白隠元は好きでよく煮るのですがいつもトマトとで生クリームとあわせたことありませんでした。私の住む地方ではバターを入れますが。眼から鱗です。本当にこくがあって美味しそうです。重曹を入れるとお豆が柔らかになりますよね。

  7. siawasekun より:

    鶏むね肉の白インゲンクリームソース
    、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
    応援ポチ♪♪

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

タコのパスタ ラグーソース
豚ロースの牛乳煮込み
仔牛肉骨付きロースのカツレツ ボローニャ風
ポークソテー プラム添え
ジャガイモのフリッタータ シナモン風味
グリーンアスパラとからすみのパスタ リングイネ
ホワイトアスパラ 水牛モッツアレラチーズ 白トリュフ風味
パスタ キタッラ ルッコラのペースト ヘーゼルナッツ添え
かぼちゃとゴルゴンゾーラのスープ
シマアジのマリネ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。