イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,635、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鴨むね肉のロースト イチゴのソース添え

   

鴨むね肉のロースト イチゴのソース添え
イタリアン料理レシピ
鴨むね肉とフルーツはよく合います
ここではイチゴをたっぷり使います
イチゴ・バルサミコ・赤ワインを1/3になるまで煮詰め
酸味を飛ばします
イチゴの風味とワイン・バルサミコが
混じり合って素晴らしいソースができあがります
ここではこのほかに珍しいイチゴのパウダーを使います
イチゴをフリーズドライ製法で粉末したものです
イチゴの香り風味がたっぷりと 味わえます
この粉末を最後に振りかけます
オギザリスオギザリス
オギザリス
イタリア料理に使用する食材2人分









鴨むね肉2枚
イチゴ6個
イチゴソース材料
イチゴ20個
バルサミコ200cc
赤ワイン600cc
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

鴨ロース(むね肉)フレッシュ【冷蔵品】
「シェフ桑原」で
扱っているフランス鴨はの鴨です。
・この「フランス産バルバリ-種の鴨」は
南米産マスコビ種をフランスで
改良した高級食肉鴨です。
・合鴨に比べると皮下脂肪が
少なく大きさは合鴨より大きいです。
 通常、日本で“合鴨”として流通している鴨は
“イギリス産チェリバリー種”をさしています。
・また鴨肉はビタミンA、B1、B2、
 不飽和脂肪酸のリノール酸や、レノン酸なども多く含み
・さらに鉄分、銅が豊富だとTVなどでも
 紹介され鴨肉は注目されています。
 雪深い北国で育てられた国産のフランス鴨
(フランス産バルバりー種)をお試し下さい

あまおう】大盛りセット 1.2kg(冷蔵便)
ギュっと締まった
密度ある果肉は口にすると
口内いっぱいに濃厚な
甘みがあふれ出すジューシーさ!
完熟で収穫してその日のうちに
発送いたしますので、
断然食味が違います!
市場で出回っているものとは比べ物にならない
安全性と食味の違いをご堪能していただけます。
お子様にも安心してお召し上がり頂けます。

ジュゼッペ ジュスティ アチェート バルサミコ 銀 6年熟成 250ml
イタリア最古の
バルサミコ生産者による
6年熟成のバルサミコ(酸度6%)
【内容量】250ml
【原材料名】ぶどう(トレッビアーノ種)

トスカーナ イタリア(750ml・赤ワイン)
[2010]キャンティ DOCG マレンキーニ
若々しい明るいルビー色で、
赤いベリー系の果実の香りが若々しく、
味わいにも好印象のかわいらしい果実味を感じます。
それでいてボリューム感も程よくあり
今飲んでおいしいコスパ高のイタリアワイン。

イチゴのフリーズドライフレーズ(パウダー) 20g
原産国:ポーランド。
ヨーロッパ産センガセンガナ種の
イチゴをフリーズドライにしたイチゴなので、
色、香、味が濃厚でおいしい。
フリーズドライフレーズのパウダー
色鮮やかなイチゴのパウダーは、
そのまま 生クリームに混ぜると、
イチゴ風味の生クリームに、
ホワイトチョコのガナッシュに 入れると、
イチゴの生チョコができます。
シフォンケーキやイチゴ大福の
皮などに入れてお楽しみ下さい。
【フリーズドライとは】
食品を凍結乾燥法(Freeze Drying)したもの。
凍結乾燥法とは、食品をマイナス30℃以下に凍結し
高真空下で昇華脱水する技術
食品に含まれれる氷の結晶を溶かすことなく
乾燥するので食品の組織が破壊されず、
栄養の損失が極めて少なく乾燥できます。

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

309サラワク・ブラックペパー(Black Pepper,Sarawak) Mサイズ 50g
日本に
最も多く入ってきている黒胡椒が、
このインドネシア・サワラク産の黒胡椒。
香りと辛さのバランスが良く、
どんな料理にもオールマイティに使えます。
普段使いの黒胡椒として、お気軽にお試しください。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:50g
・原産国:インドネシア

プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.鴨むね肉は
  脂身の部分に
  格子状に赤肉に達するぐらい
  深くナイフで切り目を入れます
2.塩・ブラックペパーをふりかけます
*****イチゴソースを作ります
3.ソースパンに
  バルサミコ200cc・イチゴ20個を入れ
  赤ワイン600ccを加え弱火で煮込みます
  1/3の分量にまで煮詰めます
  あら熱が取れたらフードプロセッサーで
  ミキシングします
4.飾り用のイチゴ6個は
  へたを取り除き
  縦に3等分にします
5.フライパンに
  オリーブオイル20ccを入れ
  鴨の脂身を下にして
  中火より少し弱火で炒めます
  鴨の脂を搾り出すようにじっくりと炒め
  きれいなきつね色にします
  鴨の脂身がカリカリとなるまで炒めます
  裏返して中火で表面がかりっとなるように炒めます
  鴨むね肉1枚を4等分にします
6.食器にイチゴのソースを注ぎ入れ
  その上に鴨肉を乗せ
  イチゴのスライスを飾り
  イチゴのパウダーをふりかけます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール フルサイズ 5pcs

MR5550MFP ブラウン マルチクイック プロフェッショナル

アルテ ブラック12″プレート 305×H37mm 洋食器 洋風
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

鴨 関連
*****鴨むね肉のパスタ・パッパルデッレ
パスタはパッパルデッレを使いました
幅の広いパスタです
鴨むね肉のパスタ料理です
トマトソースはフリットを使いコクと味に
深みを持たせるためにソフリットを使用します
裏ごししなめらかなトマトソースを作ります
鴨肉も同じソフリットとトマトソース
赤ワインでじっくり煮込み仕上げます
パルミジャーノを加え味に深みを持たせます
*****鴨胸肉のブラッドオレンジ風味
鴨の胸肉をソテーし軽くローストし
甘みのある赤ワインのソースとブラッドオレンジとともに
*****鴨胸肉のブラッドオレンジ風味お召し上がりいただけます、
ブラッドオレンジの皮とグランマニエ・キルシュ・
赤ワインを混ぜ合わせ煮詰めてソースにします、
深みと甘みと香りのあるソースが鴨肉を引き立てます
*****宮崎マンゴーと鴨肉の冷製 パスタ カッペリーニ
宮崎の完熟マンゴーを
マンゴーのリキュールでマリネします
それと鴨肉のソテーをたっぷり使います
鴨肉の出汁・マンゴーからあふれたジュース
蜂蜜とバルサミコを1/3まで煮詰めたものを
一緒にしてソースにします
最高に美味しいです
鴨肉はフルーツと良く合います
*****鴨とネギのソース ネギのロースト添え
鴨とねぎ 日本では昔から鴨ねぎと行って
相性の良い食材とされてきました
その食材 ネギをバターで炒め
クタクタになるまで煮込んで
ミキシングしねぎのピューレーを作ります
鴨はソテーします
そのでてきた鴨の脂でネギをソテーし
焼き色を付けます
それを全て盛りつけます
風味が口いっぱいに広がり
秋の食欲を満たしてくれます
*****鴨背肉のロースト イチゴリゾット添え 
鴨肉は甘めのソースがよく合います
バルサミコ・蜂蜜を使いソースにこくと
甘みを与えています
それをたっぷりかけた鴨のロースト
美味しいです
それにイチゴのリゾットを
添えて
彩りも楽しめます
リゾットに使用したワインは
かなり甘口のワインです
イチゴの酸味とよく合います

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. kazuyoo60 より:

    賑やかにオキザリスが咲きましたね。
    こん鴨肉の美味しそうなこと。合鴨でさえ目にすることはありません。
    苺ソース試してみたいです。豚肉にだって合いそうです。

  2. masakohime より:

    肉と果物は、相性がとても良いですね。
    鴨肉とイチゴ、決して思いつかないコラボ。
    バルサミコ酢と赤ワインで煮詰めたソースは他の肉でもとても美味しそうです。
    綺麗なイチゴと鴨の一皿、とても素敵なレシピですね。

  3. nanako より:

    ryujiさん、こんにちは!
    お肉と苺、とっても爽やかな組お合わせですね!
    フルーツのソースは甘酸っぱくて
    美味しいソースになりますね!

  4. はーい♪にゃん太のママ より:

    こんにちは^_^
    フルーティーで贅沢なお料理ですね!
    とっても美味しそうですね!
    食べてみたいです~

  5. 枯れっぺ より:

    鴨とイチゴの組み合わせにビックリしましたが、
    一度は食べてみたいと思います。
    イチゴでは無くオレンジだったら普通なんですけどね。

コメントを残す

  関連記事

鴨むね肉とねぎ
ポレンタとカヴァテッリのスープ
鴨ロースとオレンジジュースのパスタ キタッラ
活シャコエビのオーブンロースト
マッシュルーム ハーブ風味ドレッシングのサラダ
パンチェッタ(生ハム)と空豆のソテー
豚肩ロースの牛乳煮込み
かぼちゃのパルメジャーノチーズロースト ベーコン添え
新たまねぎとバケットのスープ
ラムチョップのグリル ミント風味