イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,581、パスタのレシピ数は1587。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

グリーンアスパラとからすみのパスタ リングイネ

   

グリーンアスパラとからすみのパスタ リングイネ
イタリアン料理レシピ
旬のアスパラと
ボッタルガ(からすみ)の組み合わせです
からすみの塩気がよくマッチします
簡単なレシピですので
ぜひお楽しみください
パスタはリングイネを使いました
源平小菊源平小菊
源平小菊
イタリア料理に使用する食材2人分









パスタ リングイネ140g
ボッタルガ30gのパウダー状+スライス8枚
グリーンアスパラ8本
アンチョビーフィレ/TD>2枚
にんにく1片
ペペロンチーノ1本
オリーブオイル50cc
海塩適量

イタリア料理に使用する食材

アフェルトラ リングイナ500g
リングイナ=リングイネ、
ちょっと平べったい形のロングパスタ。
何でも使えるオールマイティタイプ!
生地は伝統のブロンズ製口金を
使用して形成しますので、
表面にざらつきがあり、
ソースの絡みが良いパスタです。
その後、ゆっくりと低温で一時乾燥し、
さらに42時間乾燥されるために
独特のモチモチ感があり、
茹で上がりは型崩れしにくく
パスタ自体に旨味があります。

アスパラ 超極太4Lサイズ
極太スーパープレミアム!
甘くて美味しい朝採り
新鮮アスパラ!産地直送です!
生でも食べられるんです!
新鮮な甘みが味わえます。

タリア・サルディニア島産
からすみ[ボッタルガ] 100g~160g
地中海に浮かぶイ
タリア領サルディニア島の
ボッタルガ(カラスミ)からすみ。
日本のカラスミは半乾ですが、
イタリアのは完乾に近いものです。
サルディニア島の人々は
とても繊細な味覚感覚を持っているようで、
ボラの卵を最初に漬け込むのに
サルディニアで採れた塩しか使わない。
よその塩で作ると味が違うと言います。

ORTIZ★【オルティス社製】樽出し芳醇アンチョビ(瓶詰)★
原材料は
スペイン・カンタブリコ海で
水揚げされたカタクチイワシ。
新鮮なイワシから
骨や皮を取り除いてフィレにし、
樽の中で6ヶ月以上も寝かせて
発酵させています。
肉厚の身はやわらかく引き締まっていて、
お口の中で深い旨味がじーんとひろがります。
一般のアンチョビにありがちな
骨っぽさは全くありません。
まさに、アンチョビの概念をくつがえす一品。

青森県田子産にんにく (10個)2Lサイズ
青森県田子産の立派なニンニクです。
青森県はニンニクの産地。
良い環境で育ったからこそ、
まろやか な味の立派なニンニクが
出来上がりました。
Lサイズ、1個約100g、直径約5,5cm

赤唐辛子(ペペロンチーノ)100g
ただ辛味を加えるだけでなく
素材の旨味とコクを引き出します!

バローネ・リカーゾリ エキストラヴァージン・オリーブオイル
 ”モノクルティヴァ” 250m
イタリア/トスカーナ
キャンティ・クラッシコ地区に
広がるブローリオの丘を拠点に
1000年に及ぶ歴史を持つ
リカーゾリ家。
現在のキャンティの基礎を
築きあげたのは
「鉄の男爵」と呼ばれ
イタリア共和国の首相も
務めた現オーナーの祖先でした。

地中海の塩の華 フィオール・ディ・サーレ
ミネラル分を
豊富に含んだ塩田の海水は、
天日によって凝縮され、
塩が結晶化します。
この結晶をフィオール・ディ・サーレ
(塩の花)といいます。
自然の力だけで一番最初に
塩田に浮かぶこの塩の結晶を
手ですくっただけの無添加・無精製の塩が、
この《究極の一番塩》です。

プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.ボッタルガは
  厚さ2mmのスライスを8枚
  すり下ろしたものを30g 用意します
2.にんにくは
  縦に二等分し中の種を取り除きます
  みじん切りにします
3.ペペロンチーノは
  みじん切りにします
4.グリーンアスパラは
  下部の堅い部分は切り落とします
  上部より1/3以下の皮をスライサーで剥きます
  4等分にします
5.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
6.フライパンに
  オリーブオイルを入れ
  にんにくを加えて弱火で丁寧に炒めます
  香りが立ってきたら
  アンチョビーフィレを加え
  木べらでつぶし混ぜ合わせます
7.ペペロンチーノを加えます
8.グリーンアスパラを入れ
  中火で炒めます
9.パスタの
 茹であがる3分前に
 パスタのゆで汁60ccをフライパンに入れ
  混ぜわせます
10.パスタが
   茹であがったらパスタの水気を切り
   フライパンに入れソースを絡めます
   火を止めます
11.食器に盛りつけ
   ボッタルガのパウダーを振りかけます
   お皿のリムの部分にも振りかけます
   スライスしたボッタルガを乗せ飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

6種類の刃で、
パウダーチーズ・シュレッダーチーズ・スライスチーズなど
様々な形にチーズを変化させます。

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

ボッタルガ 関連
*****ボッタルガ風味 パスタ リングイネ
カラスミ(唐墨、鰡子、烏魚子、鱲子)は、
ボラなどの卵巣を塩漬けし、塩抜き後、
天日干しで乾燥させたもの。
名前の由来は形状が中国伝来の墨「唐墨」に似ていたため。
日本ではボラを用いた長崎県産のものが有名です
イタリアでは、
ボッタルガ(Bottarga)の呼称が与えられている
英語ではボタルゴBotargo)。
ボッタルガには必ずしもボラの卵巣だけを
使用するのではなく、
タラやマグロなど他の海産魚の卵巣を
利用する製品もある。
ほぐして、パスタにあえて食べる例が多い。
イタリアさんのからすみ ボッタルガを一杯使います
ボッタルガの風味が素晴らしいです
パスタはリングイネをつかいます
*****マグロ赤身とマグロのボッタルガのパスタ リングイネ
本マグロの赤身とマグロのボッタルガ(からすみ)を合わせます
ミニトマトの軽い三三が味を引き締めてくれま
マグロのボッタルガの味はボラのボッタルガより
力強い味と風味があります
ここのレシピではボッタルガは
最後の食器に盛りつけた後に振り掛けています
この方がボッタルガの風味そのものを
強く味わうことができます
彩りと香りとしてイタリアンパセリをちりばめます
*****キャベツとボッタルガのパスタ
 フェデリーニ ガルム風味

ガルムとは
イタリアの魚醬です
ナポリから40kmほど南のアマルフィ近くの
チェターラというところで作られています
製造方法はイワシの内臓と頭を取り
約半年間熟成させアンチョビに仕上げ
その後ろ過します
このろ過の工程を何度も繰り返すと
ようやく純度の高い旨み成分たっぷりの
琥珀色に輝くコラトゥーラの出来上がりです
一般の物のように魚臭くないのが
最大の特徴
塩分もまろやかで料理の味に
品な旨みとコクを与えます
ソースに何かコクが足りないと
思った時にスプーン1杯程
使用するだけで驚くほどグンと味に深みが増します!
特にカラスミのパスタや
ペスカトーレビアンコ、ボンゴレなどの
魚介類のパスタに
又アクアパッツァなどのお料理の仕上げに最適です
パスタはフェデリーニ
細めのパスタを使いました
ボッタルガは
日本のからすみと同じです
ボラの卵を乾燥させた物です
イタリアにも日本と同じ食材があるのですね
******セロリと ボッタルガとペコリーノチーズのサラダ
ペコリーノチーズその中でも異色の
黒こしょう入りのペコリーノチーズを使いました
塩味が柔らかく優しい味がします
ボッタルガの塩気とセロリが良く合います
オリーブオイルとレモンを搾り
味を深めます

*****パスタ カムット小麦スパゲッティ 
ホタルイカ ボッタルガ

ホタルイカのシーズンです
新鮮なホタルイカとボッタルガの塩気が
すごく良く合います
それにブラックオリーブ・ケッパーを加え
味に力強さを作りました

 - イタリア料理, レシピ

Comment

  1. fleur de sel より:

    本当にシンプルで美味しそうなパスタですね。グリーンアスパラガスの季節が終わらないうちに作ってみたいです。
    ごゆっくりご養生くださいませ。

  2. タヌ子 より:

    アスパラもボッタルガも大好物なので、是非食べてみたい一品。
    いつも日本からスパ用に偽カラスミを買ってくるのですが、今回は見つからなかったので、こちらのお高いボッタルガを買うしかなさそうです。

  3. kazuyoo60 より:

    源平小菊我が家でも今年は賑やかに咲いてます。密に咲くと綺麗ですね。
    鯛子もタラコも好きです。お好きな方にはボッタルガはたまらない味なのでしょうね。アスパラも一番おいしい時期ですし。

  4. masakohime より:

    ボッタルガは手に入り難いのですが、台湾からすみは時々いただけます。絶対に作ってみたいパスタの一つです。
    緑のアスパラとボッタルガの組み合わせもとても素敵ですね。

  5. tamakiti より:

    アスパラが旬ですよね。
    パスタにしても絶対美味しいよね。
    ryuji_s1さんは病院で大人しくしてるかな?

  6. aki より:

    極太のアスパラガスがとっても美味しそうです。生でもいただけるなんて素晴らしい♪
    からすみ、私は1度も食べたことがないのです。
    いったいどんな味なのだろう~と想像しております^^;
    コメント欄を拝見すると入院中とのこと。
    詳しくは存じ上げないのですが、お大事になさってくださいね。

  7. イヴォンヌ より:

    からすみさすがに高級ですね~
    アスパラとボッタルガシンプルでおいしそうなパスタですね♪

コメントを残す

  関連記事

パスタ カサレッチャのカルボナーラ
えびとズッキーニのリゾット
no image
鴨ロースのオレンジソースとプロシュートのパスタ
三元豚ロースのフルーツ煮込み
ズッキーニ パスタ リングイネ
ブラウンマッシュルーム パスタ リングイネ
チヂミほうれん草とトリフリンチーズのパスタ リングイネ
赤ピーマンソースのパスタ
春菊のソテー 白トリュフ風味
パスタ タリアッテレたまご麺 ズッキーニ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。