イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,640、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

牛テールの赤ワインシチュー

   

牛テールの赤ワインシチュー
イタリアン料理レシピ
牛テールのシチュー料理です
昨日の赤ワインソースを使います
赤ワインソースにフォンドボーを加え
味に深みを持たせます
アジサイアジサイ
アジサイ
イタリア料理に使用する食材2人分



















牛テール約1000g
赤ワイン750cc×2本
フォンドヴォー200cc
小たまねぎ2個
じゃがいも1個
たまねぎ1/4個
にんじん1/4本+1/4本
セロリ1/4本
にんにく2片
エシャロット2片
ローリエ2枚
ローズマリー1枝
タイム1枝
トマトペースト20g
無塩バター20g
オリーブオイル20cc
岩塩適量
イタリアンパセリ1枝

イタリア料理に使用する食材

極上!松阪牛テール肉1本
コラーゲンたっぷり!! 
厳選された松阪牛A4を産地直送!
骨付きのものを3~5cmくらいに
カットしてお届けします。
大きさは牛によって前後いたしますが、
約1kgくらいです。
写真のテールがちょうど1本分です。

ロッソ・オルヴィエターノ/テヌータ・レ・ヴェレッテ 750ml (赤ワイン)
チョコレートのような
ニュアンスを感じる肉厚赤ワイン♪
鮮やかな赤色から、
チェリーやストロベリーの
可愛らしい香りに、
コーヒーなどのアクセント
。果実味豊かで、
黒コショウのようなスパイス感が
少し感じられる、
軽やかでミネラル豊かなワインです

キスコ:HCQフォンドボー!
仔牛骨をコトコト煮込み
一切化学調味料、添加物を使用せず
作り上げたHOTEL CLASS QUALIT の製品です!【1kg】

エシャロット(ソースに、薬味に) 約250g
産地はフランス・ベルギー・ニュージーランド等
フランスではみじん切りにして、
赤ワインビネガーと一緒に
生ガキにかけたりします。
フランス料理の
赤ワインソース、
ポルト酒ソース、
トリュフソースの元も
エシャロットで作ります。

京都産 ローズマリー
肉類全般の匂い消しや、
風味付けによく使われます。
鶏肉の皮の間に挟んで香り付けしたり、
ポテトと一緒に 炒めたりと、
フレッシュハーブですので
かなり香りがつきやすいです
香りが強く、主にフランス料理に
よく使うものです。
とてもよい香りです。

大分県、愛知県産 タイム
肉、魚料理の生くささを
消してくれる。
煮こみ料理に欠かせないハーブです。
スープやシチューなどの
だしを取る時の香辛料として
使って頂いてもよいのでは?

サンドライドトマトペースト 90g
イタリアの代表的な
サンマルツァーノ種のトマトを使用し、
バルサミコ酢で味付けした
トマトペーストです。
トマトの優しい風味と爽やかな酸味が特徴です

カルピス 特選バター 無塩 450g
本場フランスの
バターの味に一番近く、
フランス料理の微妙なおいしさを出す隠し味として、
一流フランス料理店のシェフから絶賛されています

マンチャンティ エクストラ ヴァージン オリーブ オイル オラート 500ml 
色:黄金に輝きのあるグリーン
香り:強いオリーブの香り、
非常に繊細で生野菜、
アーモンド、花、フレッシュなフルーツの微妙な香り

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

310マダガスカル・ブラックペパー(Black Pepper,Madagascar) Sサイズ 20g
ヨーロッパで高級黒胡椒として
好まれているのが、マダガスカル黒胡椒。
特に香りが高く、肉料理系の胡椒として
フランスのレストランではよく愛用されています。
香りも辛みも強いため、下味にはもちろん、
テーブル胡椒としてもおすすめ。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:20g
・原産国:マダガスカル

プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
1.最初に
  ソースパンに
  牛テールをすべて入れ水をヒタヒタより少し
  多めにして2時間煮込みます
  最初は強火で沸騰させ
  沸騰したら中火にして煮込みます
  蓋は閉めない状態で煮込みます
  2時間たったら火を止め
  あら熱を取り冷凍庫に入れます
  次の日に冷凍庫より取り出します
  ソースパンの上の部分5cmから8cmの厚さに
  脂が固まっています
  それを取り除きます
  テールは別の器に移しておきます
2.ソースパンを
  中火にかけスープを半量まで煮詰めます
3.テールに
  塩・ブラックペパーを振りかけます
4.フライパンに
  オリーブオイルを入れテールを加えて
  中火で全体に焼き色を付けます
  焼き色がついたら別の器に移しておきます
5.たまねぎ・にんじん・セロリは
  微塵切りにします
6.にんにくは
  縦に二等分し中の芽の部分は
  取り除きます
7.別のソースパンに
  無塩バター・オリーブオイルを入れ
  にんにく・たまねぎ・にんじん・セロリの
  微塵切りを加え弱火で丁寧に炒めます
  最低20分は炒めます
8.煮詰めたスープ
  赤ワイン2本分・ローズマリー・タイム・ローレル・
  ブラックペパー(粒)20粒を加えます
  中火で沸騰させないように調整して
  アルコール分を飛ばします
  トマトペーストを加えます
9.牛テールを
  加えて2時間煮込みます
  蓋は閉めないで下さい
  余分な水分を蒸発させます
10.火を止めテールは取り出し
   別の器に移しておきます
   ソースパンを火にかけ煮詰めます
   漉し器で漉します
11.昨日残したスープ・残りのテールを
   使います
12.ソースパンに
   ソースを入れフォンドヴォーを
   加えテールを入れ
   混ぜ合わせ煮込みコクを出します
   30分煮込みます
13.じゃがいもを櫛形にカットし面取りをします
   にんじんも櫛形にカットし面取りをします
   できあがる20分前にソースに入れ煮込みます
14.食器に盛りつけ
   イタリアンパセリを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

片手コランダー モナカハンドル 25cm 漉し器・シノア 

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャード・ジノリ(Richard Ginori)ボンジョルノプルーン スーププレート24cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
イタリアン料理レシピ ・パスタ
 

こちらにもクリックよろしくお願いします

イタリアン料理レシピ ・パスタ
牛テール 関連
イタリアン料理レシピ
*****牛テールと冬瓜のパスタ フェットチーネ
冬瓜が美味しい時期ですね
牛のテールは脂がすごく付いている部位です、
それを綺麗に取り除きコラーゲンが
たっぷりの出汁を使用います、
牛のブロードが味に奥行きを出してくれます、
パスタはフェットチーネを使いました、
レシピブログでの人気イタリア料理レシピ
こちらもぜひご覧下さい

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    牛テールの赤ワインシチュー、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、大変に嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、、深謝、深謝です。
    応援ポチ♪♪

  2. らるむ。 より:

    おはようございます。
    フォンドボーのコクとうま味が加わって、さらにパワーアップしたシチューですね。
    手作りのビーフシチューはとても手間暇かかるので、お店で高価なのも納得です。
    応援☆☆

  3. kazuyoo60 より:

    アジサイ類、今年も綺麗ですね。ガクアジサイも大好きです。剪定も半分すませました。
    大昔に1度だけ買いました。凄い脂に仰天しながらでした。

  4. puffpuff より:

    きょうは蒸し暑いです。
    あじさいが気分を爽やかにしてくれますね。
    さらに美味しいシチューになるんですね!

  5. masakohime より:

    1キロのテールに2本の赤ワイン。ハーブとトマトペースト。丁寧に丁寧に煮込んで、完成されるのですね。
    これはプロの味です。煮込み料理、手順のお勉強にさせていただきます。

コメントを残す

  関連記事

ズッキーニのオーブンロースト
ラム Tボーンステーキ
パスタ キタッラ ズッキーニのカルボナーラ ペコリーノ・トスカーノチーズ
だだちゃ豆の炒め煮
カチョカバロチーズのロースト リンゴソテー添え
なすの素揚げ パルミジャーノチーズ風味
安納芋のロースト ラルド風味
パスタ リングイネ かきのゴルゴンゾーラソース ピスタチオ添え
サンマのカルパッチョ フェンネルソース
ホワイトアスパラの焦がしバターがけ