イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

ズッキーニ なす パプリカの菜園風 パスタ ツイストのマッケローニ

   

ズッキーニ なす パプリカの菜園風 パスタ ツイスト
イタリアン料理レシピ
菜園風のパスタ
ズッキーニ・なす・赤パプリカと彩りも豊かに
取り合わせた野菜のパスタです
トマトソースも裏漉しして
なめらかです
バジルの香りが
夏を感じます
メドーセージメドーセージ
メドーセージ
イタリア料理に使用する食材2人分


















パスタ ツイストのマッケローニ140g
ズッキーニ1本
茄子2本
赤パプリカ1個
にんにく40g
バジルの葉6枚
白ワイン60cc
オリーブオイル/TD>30cc
岩塩適量
ブラックペパー適量
トマトソース120cc
トマトソース食材
ホールトマト400cc1缶
たまねぎ1/4個
にんにく1片
バジルの葉4枚
オリーブオイル60cc

イタリア料理に使用する食材

低温乾燥パスタ パスタ ツイストのマッケローニ 500g
100%デュラム小麦セモリナ使用
たんぱく質を多く含み、
弾力性が優れているため形成しやすく、
ゆでても形がくずれません。
又、素材そのままを生かした
無添加・無着色。
ブロンズダイスを使用してるため
表面がざらざらとした仕上がりになリ
低温50℃で50時間かけて
ゆっくり乾燥させた腰のあるパスタは
もっちりとした歯ごたえで、ソースによく絡みます。
茹で時間目安:6分

有機栽培 ホールトマト 400g
980年よりイタリア・マルケ州の
90以上の農家が加盟し、
小麦をはじめとする農作物の
栽培から加工まで、
一貫してオーガニック製法を行っている
農業協同組合「ラ・テラ・エ・イル・チェロ」の、
有機JAS認定ホールトマトの缶詰です。

バローネ・リカーゾリ エキストラヴァージン・オリーブオイル
 ”モノクルティヴァ” 250m
イタリア/トスカーナ/
キャンティ・クラッシコ地区に
広がるブローリオの丘を拠点に
1000年に及ぶ歴史を持つ
リカーゾリ家。
現在のキャンティの基礎を
築きあげたのは「鉄の男爵」と呼ばれ
イタリア共和国の首相も務めた現オーナーの祖先でした

フォンテベッキア 2010 白ワイン 辛口 750ml
淡い緑がかった濃い麦わら色、
ニワトコや桃、柑橘類、ハーブ、
ミネラルのニュアンスがある魅力的な香り。
舌が優しく抱かれているように柔らかく、
果実味と綺麗な酸味があり、
塩味も長く持続しクリーンな味わい。

「神様からの贈り物」イタリア シシリー島の岩塩 荒粒タイプ
こ のシチリア産の
岩塩は地球の地殻変動によって
閉じ込められた海水が地深く数億年間に渡り
ゆっくりゆっくり水分が蒸発して
自然に塩になったものです。
(シチリアは島といっても日本の
四国くらいある大きな島ですが、
シチリアは岩塩で出来ていると言われるほど
地中には岩塩が埋蔵されています。)
海水にはミネラルなど多くの栄養分が含まれていますが、
一般の海水を煮詰めて塩にする方法だと
その重要な栄養分も蒸発して無くなってしまいます。

310マダガスカル・ブラックペパー(Black Pepper,Madagascar) Sサイズ 20g
ヨーロッパで高級黒胡椒として
好まれているのが、マダガスカル黒胡椒。
特に香りが高く、肉料理系の胡椒として
フランスのレストランではよく愛用されています。
香りも辛みも強いため、下味にはもちろん、
テーブル胡椒としてもおすすめ。
・原材料:黒胡椒100%
・内容量:20g
・原産国:マダガスカル

プジョー 電動ペパーミル・ソルトミル エリスセンス 2本セット 
高級感溢れるデザイン
★センサー内蔵で、
ミル上部と側部に
手を触れるだけで
稼動する電動ミル・エリスセンス。
モーターがさらにパワフルになりました。
稼動時にはLEDライトが点灯し、
明るく手元を照らします。
また、付属のスパイススケールには
目盛りがついていて、
1 回分の詰め替えにぴったりな
量を測ることができます。
蓋部分はロートになっていて、詰め替えに便利です。
■ 簡単6段階荒さ調節のU-select機能が搭載!!
■ ペパーミルとソルトミルの2種類


イタリア料理レシピ手順
*****最初にトマトソースを作ります*****
1.にんにくは
  縦に二等分し中の芽の部分を取り出します
  包丁の腹などで叩きつぶします
2.たまねぎは
  繊維に沿って薄くスライスします
3.バジルの葉は
  手で三つにちぎります
4.ソースパンに
  オリーブオイルを入れにんにくを加えて
  弱火で丁寧に炒めます
  にんにく全体に焼き色を付けます
  にんにくは取り出します
5.たまねぎを加え
  弱火で炒めます
  たまねぎに透明感が出てしんなりしてきたら
  ホールトマトを手でつぶしながら加えます
  トマトの汁も加えます
6.バジルの葉を
  入れます
  中火で一度沸騰させ弱火に戻して
  40分間煮込みます
  塩を振り入れ味を整えます
7.あら熱が取れたら
  裏漉しします
  トマトソースのできあがりです
8.ズッキーニは
  へたを取り除き縦に四等分にカットし
  3mmの厚さにスライスします
9.茄子は
  へたを取り除き縦に四等分にし
  5mmの厚さにスライスします
10.赤パプリカは
   縦に二等分にし下手と中の種・
   柔らかな部分を掃除して
  2mmの幅に斜め繰りにします
11.パスタパンに
   お湯を
   沸騰させ塩を水量の1%を加えます
   パスタを入れ茹でます
   パスタのゆで時間は
   袋に表示されてある時間より
   1分間短めに茹で上げます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみ頂けます
12.フライパンに
   オリーブオイルを入れ
   叩きつぶしたにんにくを加えて
   弱火で炒めます
   全体に焼き色がついたら取り出します
13.ズッキーニ・なす・赤パプリカを
   加え中火にして炒めます
14.野菜に火が通ったら
   白ワインを注ぎ入れ
   アルコール分は飛ばします
15.バジルの葉は
   手で4等分にちぎり加えます
16.トマトソースを加え
   軽く煮詰めます
17.パスタが
   茹で揚がったら水気をしっかり切り
   フライパンに入れソースを絡めます
18.食器に盛り付け
   上にバジルの葉を飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

18-8ホームうらごし[30メッシュ] 小 [18型]

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

ズッキーニ 関連
イタリアン料理レシピ
*****大麦と野菜グリルサラダ
大麦のプチプチ感がたまりません
ズッキーニ・茄子・さやインゲンのグリルが
美味しいオリーブオイルのおかげで
素晴らしい味に変身です
パルミジャーノチーズの塩気が生きてきます
バジルの葉の香りも素適です
夏野菜 ズッキーニ・パプリカ・トマトをソテーして
*****ホタテと夏野菜のマリネ バルサミコソースそれをミルフィーユ仕立てにします
その真上にホタテを飾ります
ソースはバルサミコのソースを使います
*****ズッキーニのフレッシュトマト パスタ リングイネ
フレッシュトマトが美味しくなってきました
トマト丸ごとを使い尽くした
フレッシュトマトのソース
味に風味があり美味しくいただけます
フレッシュトマトをたっぷり使ったソース
最高です
種・皮の持つ 風味もしっかり取り入れています
それにコクのある水牛のモッツアレラ
バジルの香りを加えます
パスタはリングイネを使いました
*****ズッキーニとトマトソースのチーズロースト
チーズはモッツァレラ・ディ・ブッファラ
水牛のモッツアレラと
ペコリーノ・ロマーノを使用します
コクが有りとてもジューシィです
トマトソースも濃厚なソースに
仕上がっています最高の生ハムを添えて
とても楽しめます

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. こんばんは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    彩りがキレイですね!!
    とても素敵なパスタです。
    夏野菜がたっぷりで美味しそうですね!!
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  2. らるむ。 より:

    こんにちは。
    カラフルな一皿で美しいですね♪
    野菜を小さ目に切るのがコツなんですね。
    最近メドーセージを思えましたが、花の形が好きです。
    応援☆☆

  3. tamakiti より:

    うほほ、
    夏野菜たっぷりのパスタ
    美味そうです~。
    彩りもきれい~♪

  4. kazuyoo60 より:

    メドーセージが咲いてますね。我が家では今年も賑やかにです。
    菜園風が良いですね。バジルが大きくなってきました。
    今朝6時過ぎからブログ人が繋がらないので、今日の分がアップできません。昨日分は昼にアップしましたので、ご覧いただけます。

  5. masakohime より:

    野菜の大きさとパスタの関係。毎回難しいと思っていました。
    茄子は5ミリ、ズッキーニは3ミリ、パプリカは2ミリと細かく考えられていて、やはりryujiさんのお料理は素晴らしいです。
    さっと火が通りやすい大きさが良いのですね。野菜とバジルのコラボを楽しむショートパスタ、とても素敵なレシピです。

  6. siawasekun より:

    ズッキーニ なす パプリカの菜園風 パスタ ツイストのマッケローニ、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、あたたかいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、深謝、深謝です。
    応援ポチ♪♪

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

パスタ スパゲッティ ゴルゴンゾーラソース パンチェッタ添え
メカジキの大トロとバルサコビネガー風味
パスタ リングイネ 鶏もも肉 トマトソース
ビスタチオのスープ
パスタ スパゲッティ ピスタチオとゴルゴンゾーラのソース
桑名のハマグリと春野菜のスープ
子持ち甘エビのマスクメロンスープ
ホワイトアスパラのカルボナーラ仕立て
パスタ タリアッテレ グリーンアスパラのペーストソース
バッカラのパスタ リングイネ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。