イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,577、パスタのレシピ数は1585。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鮎のフリット

   

鮎のフリット
イタリアン料理レシピ
鮎をフリット
日本での天ぷらです
鮎の腹の中にクリームチーズを入れます
小麦粉の中にパルミジャーノを加えます
それを180℃のオリーブオイルでからっと揚げます
レモンをぎゅっと絞っていただきます
ランタナランタナ
ランタナ
イタリア料理に使用する食材2人分










4本
小麦粉50g
たまご1個
クリームチーズ1個
パルミジャーノ20g
レモン1個
オリーブオイル30cc
海塩適量
オリーブオイル(揚げ油用)500cc

イタリア料理に使用する食材

天然仕立ての特別な鮎を市場より厳選!! 旬の香りのアユ 
春~夏、旬を代表する川魚です。
スイカや、キュウリのような
涼しげな香りがするため
「香魚(こうぎょ)」とも呼ばれています。
これは、岩についた藻を食べるため
独特の香りがするのです。
近年、天然物の鮎は開発や汚染などで
見られなくなりました。
この鮎は養殖ですが、
「天然に近い環境」で育てました。
極上の鮎を入荷しますので是非ご賞味下さい。

ムリーノ マリーノ 石臼挽き 小麦粉
【MULINO MARINO/ピエモンテ産】
《food》(00)<1kg>
イタリアの名シェフ達の愛用品。
美味しさに徹底的にこだわり、
原料は全て無農薬で無添加です。

クリーム ベルパエーゼ
そのペルパエーゼを、
さらになめらかに、
まるでデザートのように食べられるように
改良されたのがこの『クリーム ベルパエーゼ』で、
ペースト状にやわらかく、
なめらかな食感が魅力で、
バターのようなコクがあります。
元となったチーズが持つ爽やかさを損なうことなく、
より食べやすく仕上げられたチーズなのです。

48ヶ月熟成 パルミジャーノ・レッジャーノ 約300g
48ヵ月(約4年)と
熟成度の高いパルミジャーノは、
ふわっと芳醇な香りが漂う24ヵ月熟成に比べ、
熟成度がすすむとその香りは少し落ち着きますが、
よりコクを増し少量でも満足の濃厚で
しっかりとした味わいが感じられます。

イルテンピオ エキストラバージンオリーブオイル 1L
イタリア産のバージンオリーブオイル。地中海内陸の山と緑にはぐくまれたオリーブの、フルーティーな味と芳香を残すため、加熱しないで絞るコールドプレス製法で作っています。


イタリア料理レシピ手順
1.鮎は
  表面の皮にぬめりがついています
  そのぬめりを包丁の刃で軽く
  尾の方から頭へとこすげる様にして取ります
  流水で洗い流します
2.腹を割きます
  腹の穴が開いている部分から
  刃を入れ上部のえらに向かって包丁を移動し
  腹を開きます
  内臓とえらを取り除きます
  流水できれいに洗い流します
  ペーパータオルできれいに水気を拭き取ります
  海塩を軽く振りかけます
3.クリームチーズを
  鮎の腹の中に入れます
  冷蔵庫に10分間入れチーズを固めます
4.パルミジャーノは
  すり下ろします
5.小麦粉に
  パルミジャーノチーズのを入れ混ぜ合わせます
6.卵は
  溶いて溶き卵を作ります
7.鮎にチーズの混ぜ合わせた
  小麦粉をまぶします
  溶き卵にくぐらせ
  さらにおなじ小麦粉を全体にまぶします
8.天ぷら鍋に
  オリーブオイル500ccを入れ160℃に熱して
  その中に鮎を入れあげて行きます
  少しずつ油の温度を180度まで引き上げます
9.からっと揚げます
10.ペーパータオルの
   上にのせ油をきります
11.食器に盛りつれます
   レモンを櫛形にカットし乗せ飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 フルセットボウル5点セット 

味楽亭2 フタ付き天ぷら鍋24cm(温度計付き)

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. はーい♪にゃん太のママ より:

    おはようございます^_^
    鮎のフリット
    すごく美味しそうです~
    クリームチーズも入るんですね!
    わあ~
    いいなあ~

  2. あべべ より:

    こんにちは、あべべです。
    先週の日曜日に秋川というところにBBQに行ってきましたが、アユ釣りをしている人達が大勢いました。
    アユ美味しいですよね~
    この調理法なら香魚と呼ばれる鮎の香りを消さずに楽しむことができそうです。

  3. kazuyoo60 より:

    ランタナがとても元気ですね。輝いてます。
    アユ、美味しいでしょうね。大昔、捕れたてのウグイの天麩羅、最高でした。
    美味しいものは洋の東西を問わずにです。チーズが頃加減に溶けて仕上がるのですね。

  4. Rune より:

    こんにちは。鮎の腹の中にチーズを入れるフリトーは初めてです!
    素敵なアイディアに日本に居たら、ぜひ作ってみたいです!
    素晴らしいレシピを有難うございました。

  5. misya より:

    おはようございます♪
    おおお、鮎のフリットですか^^
    贅沢ですね~♪
    鮎は塩焼きや甘露煮など、日本料理としてしか食べたことがありませんで^^
    とっても新鮮で斬新♪
    美味しそうです♪
    こんな食べ方もあるんだなと新発見です♪

  6. aki より:

    おはようございます^^
    鮎の中にクリームチーズ!
    初めて聞きました。
    いったいどんな味がするのでしょう~~
    塩焼きでしか食べたことがない私には想像がつきません(汗)
    でも質の良いすばらしい食材で作り上げたお料理はとっても美味しいでしょうね^^

  7. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    フリット、大好きです!!
    この組み合わせは素敵すぎますね!!
    とても美味しそうです。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  8. masakohime より:

    鮎のフリット。お腹にクリームチーズ、小麦粉の中には、パルミジャーノ。香ばしい皮と
    柔らかい鮎の身。お腹から出てくるクリームチーズの味を想像するだけで、美味しさが伝わってきます。
    丁度よい大きさの鮎があったら、是非食べてみたいです。

  9. ぱお より:

    きゃ~~~斬新~~ヽ(^o^)丿
    ryujiさんさすがですね。
    鮎にクリームチーズを詰めるとは・・・
    コクがあっておいしそうですね。
    鮎は塩焼きばかりだったので
    バリエーション嬉しいです。
    食べてみたいです~!!
    ryujiさん素敵なレシピありがとうございます~

  10. tamakiti より:

    おおっ!
    鮎の天ぷら!
    つか、鮎ってイタリアでも
    とれるんだ?
    知らんかった~。

  11. yuko より:

    今なにが食べたいかというと鮎です・・・
    中にチーズを・・・素敵なアイディアですね
    鮎がイタリアンに変身です
    いただいてみたいです
    素敵なレシピありがとうございます

  12. イヴォンヌ より:

    鮎の中にクリームチーズ入れてお粉にもチーズ入れておしゃれな鮎のフライですね。おいしそう~♪

コメントを残す

  関連記事

パスタ リングイネ 紅鮭 パルミジャーノクリームソース
水牛のモッツアレラとトマトソースのパスタ フジッリ
じゃがいものフリーコ フォンティーナチーズ風味
うすてえんどうとサルシッチャの炒め
鯛のカルパッチョ 冷製カポナータ
パスタ リングイネ 芽キャベツ サルシッチャ
パスタ キタッラ 鶏モモ肉のラグー
ズッキーニのカルパッチョ
鮭 白子のソテー ボッタルガ添え
パスタ リングイネ シシリアンルージュ チーズ パンチェッタ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。