イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,638、パスタのレシピ数は1613。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

豚肉とさやいんげんのパスタ スパゲッティ

   

豚肉とさやいんげんのパスタ スパゲッティ
イタリアン料理レシピ
豚もも肉といんげんの組み合わせです
国産レモンの皮をすり下ろし使います
柑橘の香りと風味があっさりとしていて食が進みます
暑い日に最適です
パスタはスパゲッティを使います
ふようふよう
ふよう
イタリア料理に使用する食材2人分









パスタ スパゲッティ140g
豚もも肉240g
さやインゲン10本
にんにく1片
ペペロンチーノ1本
レモン(国産)1/2個
岩塩適量
ブラックペパー適量

イタリア料理に使用する食材

イタリアの高級パスタ セタロ スパゲティーニ  500g
SETAROパスタは
ナポリの南東20Km
ベスビオス火山の麓に位置する小さな村
トッレニュンジアタで生産されています。
ベスビオス火山から吹き降りる風と
海から吹き込む風が冷暖絶妙に調和し、
パスタの乾燥には最適な自然環境に
恵まれたこの村は16世紀以来パスタ生産の
中心地として栄ました。

GP豚もも切身(120g×2枚)

いんげん(インゲン)
タマタチャンファームで
取れたいんげん豆、
新鮮でおいしい


イタリア料理レシピ手順
1.にんにくは
  縦に二等分し中の芽の部分を取ります
  微塵切りにします
2.ペペロンチーノは
  手で二つに折り中の種を取り除きます
3.豚もも肉は
  食べやすい大きさにカットします
4.いんげんは
  茹でる前に塩をまぶして
  板ずりをします。
  まな板の上にのせ手の平でこすりまわします
  表面の産毛が取れるだけでなく
  茹であがったときに色鮮やかに仕上がります。
  筋の有無を確かめて
  あれば取り除きます
  へたの部分はカットします
5.ソースパンに
  たっぷりのお湯を沸かし
  塩をお湯の量の2%加えます
  沸騰したらいんげんを入れ茹でます
  3分間ぐらいです
  横に3等分にカットします
6.レモンは
  国産品を使いましょう
  1/2個分の皮をすり下ろします
7.レモンを搾り
  絞り汁を作ります
8.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  1分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
9.フライパンに
  オリーブオイルを入れにんにく・
  ペペロンチーノを入れ弱火で丁寧に炒めます
  香りが立ってきたらペペロンチーノは
  取り出します
10.豚もも肉を
   入れ中火で炒めます
11.肉に
   きれいに焼き色を付けます
12.インゲンを
   入れ炒めます
13.パスタが
   茹で揚がったら水気をしっかり切り
   パスタをフライパンに入れ
   オリーブオイルを30cc振り入れ
   パスタの茹で汁60ccを加え混ぜ合わせます
14.食器に盛り付けます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

豚肉 関連
イタリアン料理レシピ
*****豚カシラの パスタ キタッラ
豚のカシラ
ほほ肉を使います
歯ごたえのある肉質ですが煮込むことにより
柔らかく味わいのある肉質になります
トマトソース・フォンドボーを加えコクつけます
パスタはキタッラを使います
*****豚バラ肉のラグーとキャベツのパスタ 
ペンネ・リガーテ

豚バラ肉は
たっぷりの塩・ブラックペパーを塗り混み
ローズマリーを6枝のせ
しっかりサランラップで包み密閉し
一晩冷蔵庫に入れ手おきます
マリネした豚肉の塩・ブラックペパーを
洗い流し1cm角にカットして炒め使います
豚肉の風味がすごいです
キャベツと合わせパスタはペンネ・リガーテを使います
ソースの絡みが素晴らしいです
*****手作りサルシッチャーのパスタ アッラ キタッラ
イベリコ豚肩ロースと豚の背脂のラルドを
ミックスしてミキシングします
それに卵白・フェンネルシードを
加え香り付けをします
少し時間がかかります
親指の先の大きさにして炒めます
それをソースにして
パスタを絡めます
パスタはキタッラ(断面が四角)を使います
******骨付き豚ロースのラグー パスタ バッパルデッレ
パスタ パッパルデッレ(Pappardelle)
平打ちパスタ
幅8mm
平打ちパスタの中でも幅の広いパスタです
濃厚なソースに良く合います
しかも麺は食べ応えがあります
骨付きの豚ロースを使います
骨と肉の間の旨みがソースに溶け込んで
素晴らしい味が期待できます
赤ワインとフォンドボー
イタリア語ではスーゴ・ディ・カルネといいます
これを合わせローズマリーの甘い香りが
たまりません
ぜひお楽しみください
*****スペアリブのオレンジ煮
スペアリブを
オレンジの香りで包み込みました
コニャックとグランマニエ
そしてオレンジの身・オレンジの皮・オレンジジュース
赤ワインビネガーで軽く酸味を付けました
素敵な香りを楽しめます

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    豚肉とさやいんげんのパスタ スパゲッティ、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、大変に嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、、深謝、深謝です。
    応援ポチ♪♪(全)

  2. kazuyoo60 より:

    芙蓉、良い雰囲気に咲きました。白は涼しげです。
    夏負けしないためにも豚肉は良いそうですね。
    残暑お見舞い申します。

  3. イヴォンヌ より:

    豚肉といんげんにレモンソースがさっぱりとして夏らしいパスタですね~♪

  4. puffpuff より:

    お久しぶりです!
    毎日暑いですぅ~。その後体調はいかがですか?
    暑さに負けないよう気をつけてくださいね。
    レモンの香りが素敵なパスタですね!
    暑い時は豚肉で元気にならなきゃ!ですね。

  5. マムチ より:

    こんばんわ~♪
    レモンのアクセントが爽やかな
    とっても美味しそうなパスタですね♪
    今度作って食べてみたいと思いました^^v
    ポチっ!!おうえーん*

  6. らるむ。 より:

    こんばんは。
    豚肉を使ったパスタは好物ですが、レモンを合わせると夏でもさっぱりといただけますね。
    涼しげで冷えた白ワインが合いそうです。
    応援☆☆

  7. ton より:

    こんばんは。
    さっぱり頂けそうで美味しそうです☆
    素敵なレシピ、ありがとうございます。

コメントを残す

  関連記事

ラディッキオ プレコーチェのグリル
豚肩ロースのゴルゴンゾーラ風味
絹さやと生ハムのソテー
no image
livedoor大学
にんじんのポタージュスープ
イチゴのスープ ブッラータ乗せ ミントソースかけ
赤いカリフラワー ゴルゴンゾーラ風味
白インゲン豆のパスタ フェットチーネ(たまご麺)
パスタ ペンネ 焼きなす 満願寺唐辛子 シシリアンルージュスープ
no image
カチョカバロの白ワインビネガー風味