イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,637、パスタのレシピ数は1614。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鶏手羽元の揚げ物 バーニャカウダー風味

   

鶏手羽元の揚げ物 バーニャカウダー風味
イタリアン料理レシピ
イタリアスタイルのフライドチキンです
鶏手羽元に塩をまぶし
炒めたたまねぎ
ショウガ汁をまぶし
冷蔵庫に一日おきます
衣に
バーニャカウダー
ローズマリー
セージ
イタリアンパセリ
そして甘みの強い強精酒マルサラ酒
鶏のブロード・かたくり粉を混ぜ合わせ作ります
それをまぶして
オリーブオイルであげます
マツバボタンマツバボタン
マツバボタン
イタリア料理に使用する食材2人分



















鶏手羽元500g
たまねぎ1個
岩塩適量
バーニャカウダーソース20cc
マルサラ酒20cc
バーニャカウダーソース20cc
鶏のブロード60cc
ローズマリー葉の部分20枚
セージ葉の部分10枚
イタリアンパセリ1枝
たまご1個
片栗粉120g
バーニャカウダーソース食材
にんにく1株
アンチョビーフィレ15枚
塩漬けケッパー1個
オリーブオイル60cc
オリーブオイル(揚げ油用)500cc

イタリア料理に使用する食材

大和肉鶏手羽元(500g入 )

【マルサラ】ミネオ マルサラ スペリオーレ ドルチェ 18度 750ml 
甘口タイプ。
イタリア・シチリア島で
造られる酒精強化ワインです
業務用 ホテル用冷凍ブイヨン ロイヤルシェフ(キスコ)【冷凍食品】
鶏ガラと野菜のみで
丁寧に取った濃縮タイプのブイヨンです
【冷凍】
■内容量:1kg
■賞味期間:12ヶ月
■カロリー表示:29kdl/100g
●調理方法、他:約3倍にのばすとスープになります。
◆主要原材料(原産国):鶏ガラ【日本】、玉葱【日本】、人参【日本】
◆最終加工地:日本

ORTIZ★【オルティス社製】樽出し芳醇アンチョビ(瓶詰)★
原材料は
スペイン・カンタブリコ海で
水揚げされたカタクチイワシ。
新鮮なイワシから骨や皮を取り除いてフィレにし、
樽の中で6ヶ月以上も寝かせて発酵させています。
肉厚の身はやわらかく引き締まっていて、
お口の中で深い旨味がじーんとひろがります。
一般のアンチョビにありがちな骨っぽさは全くありません。
まさに、アンチョビの概念をくつがえす一品。

シチリア産塩漬けケッパー/250g
塩漬けの塩ごと使用したり、
塩抜きして使用することも出来ます。
サラダ、ツナソース、スパゲッティ
トマト煮など 料理が、
これを使うことでイタリア風に変わります

イタリア南部ジョバンナ家のオリーブオイル500ml
わずか46本限定
2013年3月下旬
果肉まじり・荒初しぼり
味・風味が濃く
パンチの効いた
有機JAS(無農薬・無添加)

《モンテベッロ》エキストラヴァージンオリーブオイル【1000ml】
コストパフォーマンスの高い商品として
日本専用に開発された
エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル。
モンテベッロはモンテ物産のオリジナルブランド商品です。


イタリア料理レシピ手順
1.鶏手羽肉は
  流水で洗いペパータオルで
  きれいに水気を拭き取ります
2.タマネギは
  縦に二等分し繊維に沿って
  薄くスライスします
  フライパンにオリーブオイル40ccを加え
  たまねぎを入れ弱火で丁寧に炒めます
  焦げ付かないように木べらで
  鍋そこをこすげながら炒めます
  水分が飛び飴色になるまで炒めてください
  40分はかかります
3.ショウガ汁10ccを
  作ります
4.鶏手羽元に
  塩を振りかけます
  ビニール袋に入れ
  炒めたたまねぎ・ショウガ汁を加え
  良く揉み込みます
  冷蔵庫に入れ丸一日マリネしておきます
***バーニャカウダソースを作ります***
5.にんにく一株を
剥き薄皮もむきます
6.塩漬けケッパーは
  ついている塩をたたき落とします
7.ソースパンに
  にんにく・塩漬けケッパー
  アンチョビーフィレを加え
  オリーブオイルをヒタヒタに
  なるくらいの分量を入れ
  弱火で煮込みます
  にんにくが柔らかくなるくらい
  小1時間ぐらい煮込みます
8.あら熱を取り
  フードプロセッサーでミキシングして
  なめらかにします
9.冷蔵庫からマリネしていた
  鶏手羽元を取り出します
10.ボウルに
   鶏のブロードを
   薄めずに60cc・
   マルサラ酒
   ローズマリーは細かく刻みます
   セージは細かく刻みます
   イタリアンパセリは葉を細かく刻みます
   全卵・ 片栗粉 のすべてを入れ
   混ぜ合わせます
11.ビニール袋に入っているマリネ液も
   鶏手羽元と一緒にボウルに移し入れます
12.全体をしっかり混ぜ
   鶏手羽元に衣をしっかりまぶします
13.天ぷら鍋に
   オリーブオイル500ccを入れ
   180℃に熱して鶏手羽元を入れ揚げます
   約10分間ぐらいです
14.オーブンを
   200℃に熱しその中に
   揚げたての鶏手羽元を入れ
   30秒間ローストし浮いた油を
   飛ばしカラットさせます
15.食器に盛りつけます
   レモンの櫛形を添えます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー(16.19.23) 6pcs

MR5550MFP(1台)【ブラウン(Braun)】[ミキサー フードプロフェッサー]

燕三条発いいもの小路 IH対応鉄製蓋付天ぷら鍋24cm(温度計付き)

リチャードジノリ (Richard Ginori) エデン プレート 27cm
にほんブログ村 料理ブログ
イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

鶏手羽元 関連
イタリアン料理レシピ
https://ryujis.jp/archives/51747893.html
*****鶏手羽元のトマトソース煮込み
香味野菜をしっかり炒め甘みと未来を取り出します
ソースの基盤として使います
トマトペーストでトマトの風味加えます
フォンドヴォーと鶏のブロードを
同分量を使います
それに炒めた鶏手羽元を加え
オーブンに入れ煮込みます
https://ryujis.jp/archives/51745116.html
*****鶏の手羽先のスパイスロースト
鶏の手羽先をスパイスをたっぷりすり込み
蜂蜜と一緒にローストします
香ばしい皮が何ともいえずおいしいです
https://ryujis.jp/archives/51743042.html
*****鶏手羽元と乾燥ポルチーニのラグー
鶏手羽元はコラーゲンがいっぱい
お肌にもうれしい食材です
ポルチーニの香りをいっぱい取り込んで
秋の香り豊かに味わえます

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    おはようございます。
    野菜をつけて食べるバーニャカウダーを鶏肉の揚げ物に合わせてしまうとは!
    お店にあったら絶対に人気の出るメニュー間違いなしですね(≧∇≦)
    応援☆☆

  2. おはようございます。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    バーニャカウダー風味というのが素敵ですね!!
    とても美味しそうです。
    私も作ってみます。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  3. タヌ子 より:

    ニンニク、ハーブたっぷりで、風味のある唐揚げになりそうですね。
    結構水分がありそうな衣なのに、カラッと揚がるのかしら?と思ったら、最後にオーブンで仕上げるのですね。

  4. tamakiti より:

    最近オリーブオイルが注目されてますよね。
    あちらでは何にでも使うみたいですね。
    バーニャカウダーっ風味て
    どんなのか知らんけど
    美味しそう。

  5. kazuyoo60 より:

    松葉ボタン可愛いです。綺麗な色です。夏には良いですね。
    手羽元はとても体に良い食材だと分かっていても、自分から買うことはないです。
    どうしても苦手意識が先立ちます。鶏も食べてますが。

  6. マムチ より:

    こんにちわ~♪
    ワインが飲みたくなる一品ですね~♪
    とっても美味しそうです^^v
    ポチっ!!おうえーん*

  7. masakohime より:

    贅沢な鶏のから揚げです。さすがryujiさんのレシピだと、感心しながら作り方を読みました。家庭の味ではなく、プロの味の鶏のからげ、お店にあったら是非オーダーしたいです。

  8. Rune より:

    素晴らしいレシピに感動です!
    たまねぎを黄金色に炒めるのは確かに40分はかかります。
    私自身、このレシピを見て反省してしまいました。
    じっくり煮込んだソースにチキンに吸い込ませ、さらにオーブンで!
    素晴らしいです!有難うございました!

  9. puffpuff より:

    バーニャカウダソースを衣に!!
    そう言う使い方もあったんですね。
    コクがあってカラッと美味しそう!
    きょうはバジルが安かったので
    バジルソースに挑戦です!!

  10. イヴォンヌ より:

    イタリア風とりのから揚げにバーにゃカウダソースおいしそうですね~♪

  11. こんばんわ♪。
    とり手羽のフライドチキンのバーカニャダ風、美味しそうです。
    しょうが、レモン、玉ねぎに漬け込んで味を出すのがグッドです(*TーT)b。
    手羽揚げは、私も作って食べてみたいです♪。

  12. ぱお より:

    わ~~ryujiさんバーニャカウダ風味のから揚げとってもおいしそうですね。
    バーニャカウダ大好きで時々作りますが、
    から揚げにとは斬新で素敵ですね。
    絶対おいしそうですね(^^♪
    本格的でレシピ嬉しいです。
    お味が興味深々。
    作ってみたいです~

  13. plumeria より:

    オリーブオイルで揚げるなんて 凄い贅沢な気がします! でもヘルシー

コメントを残す

  関連記事

アンチョビーとオリーブの前菜
パスタ リングイネ アーティチョーク ペコリーノロマーノ風味
ラムチョップのソテー レモン風味
皮付きベビーコーンのフリット
パスタ トロフィエ ジェノベーゼ
タケノコのソテー バルサミコソース
新タマネギのスープ 生クリーム入り
ズッキーニの花のフリッター
ズッキーニのfrittella フリットゥーラ
タコの アフォーガード