イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,640、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

栗カボチャとイチジクのモスタルダ パスタ スパゲッティーニ

   

栗カボチャとイチジクのモスタルダ パスタ スパゲッティーニ
イタリアン料理レシピ
栗カボチャの甘みと
イチジクのモスタルダの甘酸っぱさと
マスタードの辛さがあります
それをパスタに絡めていただきます
キノコは乾燥ポルチーニ茸をつかいました
パスタはスパゲッテーニを使います
モスタルダ (Mostarda) は、
イタリアロンバルディア州クレモナ生まれの、
果物をマスタード風味のシロップにつけた食べ物である。
マントヴァをはじめとする北イタリアで
よく食べられる伝統的な保存食。
甘いフルーツのシロップ漬けながら、
ピリッと舌を刺激するマスタード風味が特徴で、
蒸しブタ料理(ボッリートミスト)や
チーズと合わせて食べるのが一般的。

名前知らずポーチュラカ
ポーチュラカ
gardeningのkazuyooさんに教えていただきましたありがとうございますイタリアン料理レシピ イタリア料理に使用する食材2人分

パスタ スパゲッティーニ140g
カボチャ300g
イチジクのモスタルダ40g
適量
ブラックペパー適量
キノコソース食材
無塩バター1枚
乾燥ポルチーニ30g
エシャロット1個
鶏のブロード60cc
フォンドヴォー60cc
タイム1枝
岩塩適量
オリーブオイル30cc
ブラックペパー適量
パルミジャーノ40g
イタリア料理に使用する食材
スパゲットーニ 500g ベネデット カヴァリエリ 練り込みはグルテンの熱による変化を避けるために 熟練された職人の手作業で行われます。 パスタの成型にブロンズ製鋳型を使用し、24~48時間の 長時間低温乾燥を行っております。 これらのこだわりの製法によって、タンパク質や炭水化 物など栄養分が豊富に含まれた、ナチュラルな風味と しっかりとしたコシのパスタが生まれます。標準ゆで時間16~17分いちじくのモスタルダ 220g【ロンバルディア】ミシュラン三ッ星ダルペスカトーレが愛用する原材料:いちじく、砂糖、レモン、マスタードエッセンス内容量:220g原産国:イタリア【ポルチーニ・セッキ(20g)】乾燥ポルチーニ “の王様”ポルチーニ茸。イタリアンでは欠かすことのできない食材です。特徴はなんといっても「ヨーロッパのマツタケ」と言われるほどに豊かな香り。最近は日本でもファンが急増中なのです。扱い方は日本の乾物の椎茸と同じく、水かぬるま湯に1~2時間つけて戻します。戻し汁は捨てないでぜひリゾットや炊き込み御飯に使って、良い香りを楽しんで下さい。エシャロット 500g 細かく刻んでじっくり炒めると、コクとよい香りが出る。これを使ってソースを作ると絶品。すりおろしてドレッシングに加えると風味が増します。イタリア・シチリア産 EXVオリーブオイル「プリモ・ビオ」500ml青りんご」や「フレッシュ・トマト」のような濃厚フルーティーな香り、そして、ほのかな苦みと爽やかでスパイシーな後味が魅力!※ 「プリモ D.O.P.」と比べて味の輪郭がはっきり!※ フルーティーさもスパイシーさもストレートに伝わってきます。業務用 ホテル用冷凍ブイヨン ロイヤルシェフ(キスコ)鶏ガラと野菜のみで丁寧に取った濃縮タイプのブイヨンです。●調理方法、他:約3倍にのばすとスープになります。◆主要原材料(原産国):鶏ガラ【日本】、 玉葱【日本】、人参【日本】◆最終加工地:日本《キスコ》フォンドヴォー【500g】商 品 特 徴  厳選した仔牛骨と牛肉をこんがりと焼き、  野菜はしっかりと炒め、  丹念にアクを取り除きながらじっくり煮込むという、  フォンドヴォーづくりの基本を忠実に守り、  くせのないタイプに仕上げました。原 材 料 名
 仔牛骨、牛肉、野菜(玉葱、人参、セロリ、
太葱、パセリ、にんにく)、ホールトマト、
鶏肉、トマトピューレ、豚脂、植物油脂、香辛料

カルピスバター 無塩 無塩バター 450g
カルピスの製造工程でできる、
本場の味に近い本格派バター。
かつては業務用のみで
流通していたため入手が非常に難しく、
「幻のバター」と言われていたこともあります。


イタリア料理レシピ手順
***最初にキノコソースを作ります***
1.ポルチーニ茸は
  ボウルに入れひたひたに水を加えて
  1時間半漬け込み戻します
  しっり水気を絞ります
  絞り汁は後で使います
  とっておきます
2.エシャロットは
  2片を縦に薄くスライスします
3.カボチャは
  3cm角にカットします
4.パルミジャーノは
  すり下ろしておきます
5.鶏のブロードは
  ソースパン入れ
  暖めておきます
6.フォドボーは
  ソースパンにいれ
  暖めておきます
7.フライパンに
  オリーブオイルを入れ
  エシャロットを加え弱火で丁寧に炒め
  香りを引き出します
8.ポルチーニ茸を
  加えます
9.鶏のブロード・フォンドボーを加え
  1時間ぐらい弱火で煮詰め
  コクを出します
10.無塩バターを加え
   味に深みを与えます
11.カボチャを入れます
12.パスタを茹でます
   パスタパンに水をたっぷり入れ沸騰させ
   お湯の料理1%の塩を加えます
   パスタを入れ
   パスタの袋に表示されている
   茹で時間より2分間短めに茹でます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみいただけます
13.パスタが茹で上がったら
   水気を切りフライパンに入れ
   ソースを絡めます
14.食器に盛りつけ
   上にイチジクのモスタルダを乗せ
   上にパルミジャーノを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー (Fissler) プロコレクション ソースパン深型 16cm 

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー(16.19.23) 6pcs

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ
イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

カボチャ 関連
イタリアン料理レシピ
https://ryujis.jp/archives/51760478.html
*****かぼちゃとゴルゴンゾーラのスープ
かぼちゃのスープに
ゴルゴンゾーラソースを上にのせます
スプーンで混ぜていただきます
コクと風味のあるかぼちゃのスープです
https://ryujis.jp/archives/51744400.html
*****かぼちゃのプディング
美味しいかぼちゃでプディング
かぼちゃはオーブンでローストします
それを裏ごしにかけ
しっかりなめらかな状態にします
面倒ですが
裏ごしを3回繰り返し口触りよい
ペーストに仕上げます
それを卵黄・生クリームを合わせ
仕上げます
カラメルソースとマスカルポーネでいただきます
https://ryujis.jp/archives/51739492.html
*****カボチャのリゾット 赤ワイン風味
かぼちゃの甘み・旨みを精一杯入れた
リゾット料理です
かぼちゃは赤ワインを入れたスープで煮込みます
かぼちゃの風味がまします
お米はイタリア米を使います
最後にパンプキンシードオイルを
小さじ一杯入れます

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    おはようございます。
    イチヂク大好きです!
    イチヂクもかぼちゃもパスタに合いますが、合体させてしまうとは驚きです。
    しかもポルチーニまでw(*゚o゚*)w
    絶対おいしいですね♪
    応援☆☆

  2. ソフィー より:

    こんにちは。
    「モスタルダ」って初めて聞きました。イチジクは大好きなので、食べたいけど手に入るかな?それにカルピスのバターもおいしそうですね。トーストにつけて食べてみたいけど、アメリカでは入手は無理ですね。いつも勉強することが多くて、ありがとうございます。

  3. おはようございます。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    かぼちゃとイチジクを合わせるというのが素敵ですね!!
    とても美味しそうです。
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  4. masakohime より:

    イチジクのモスタルダ、はじめての食材です。マスタード風味のシロップで漬け込んだジャムとは違う調味料。
    肉に添えても美味しそうですね!
    いつもとても勉強になります。ありがとうございます。

  5. kazuyoo60 より:

    ポーチュラカかもしれません。検索してみてください。
    カボチャとイチジクとですか。
    砂糖で水分を出して煮たのですが、別の水分で煮たら、料理にも使えると今気が付きました。

  6. hannoah より:

    こんにちは~♪
    かぼちゃの甘味と、いちじくが とても新鮮なパスタ!!
    フルーツを使うパスタ、是非いただいてみたいと
    思っていたので、ほんとに食べたいです☆
    キノコソースの旨みが、秋らしくてとても美味しそう
    です♪

  7. ぴよこ より:

    こんにちは
    無花果大好きです。
    でもモスタルダ は食べたことないです。
    どんな味なんでしょう。
    おいしそう。

  8. こんにちわ。
    栗カボチャといちち゛くのモスタルダ、マスタードの辛さとあって美味しそうです
    最近はフルーツソースやドレッシング、パスタにフルーツ入れるのもありですね。

  9. al17 より:

    きゃぁーーーーーっ!!とってもお洒落で斬新なパスタですね^^ボルチーニ茸の旨みも絡んで 美味しさもぴか一ですね^^いつも素敵レシピのご紹介 有難うございます♪

  10. TWINS より:

    こんばんは~
    フルーツの甘みと酸味は
    パスタによく合うのはわかってるんですが、
    想像を超えたおいしい味のような気がします(^^)

コメントを残す

  関連記事

ラムチョップのソテー レモン風味
パスタ スパゲッティ 野菜のラグー 香味野菜風味
枝豆の冷製 スープ
真鯛のカルパッチョ 生ハム添え
パスタ ペンネ ゴルゴンゾーラ・ピカンテ風味
イカのソテー
イチジクと鴨のパスタ カッペリーニ
パスタ キタッラ 新たまねぎ・ツナ風味
かぼちゃのロースト ローズマリー風味
ポロねぎのグラタン ゴルゴンゾーラ風味