イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,577、パスタのレシピ数は1585。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

カンパチのカルパッチョ レモンドレッシング

   

カンパチのカルパッチョ レモンドレッシング
イタリアン料理レシピ
カンパチは身ごわく脂が乗った美味しいお魚です
夏が旬
年間を通してあまり味が落ちない
年中いただけます
その身ごわさと脂の風味を堪能するため
厚くぞぎりにします
塩はこだわりシチリアの海塩
フィオール・ディ・サーレ (塩の花)を使います
ケッパーは塩漬けを選びます
塩漬けはケッパーは香りと風味がしっかり残しており
しっかり奥行きのある風味が漂います
オリーブオイルはシチリア産を使います
マツバギクマツバギク
マツバギク
イタリア料理に使用する食材2人分









カンパチ200g
塩漬けケッパー30粒
ディル1枝
ベビーリーフたっぷり
白ワイン120cc
レモン1/2個
オリーブオイル100cc
シチリアの塩の花適量

イタリア料理に使用する食材

脂ののったカンパチ 短冊 片身 約0.8kg 
お刺身に最適!
切るだけで新鮮なお刺身がすぐにできちゃいます!

イナウディ ケッパー塩漬け 75g
粒ぞろいのケーパーを塩漬けにしました。
アクアパッツァやサラダ、
またはパスタに加えて彩りと
香り高い風味をお楽しみいただけます。

銘柄モスカート/ワインビネガー(白)【250mlボトル】
イタリア/チェーザレ・ジャッコーネ:
チェーザレは、
料理の素材またはワインとの相性において、
あまりにも日常的な調味料として
さほど気にされていなかった
ワインビネガーの特性を非常に重要視しています。
ワインの宝庫といわれるランゲ地方では、
その恵まれた環境のなかワインヴィネガー作りは
伝統的なものですが、彼はバローロ等
地元のそれぞれのワインの特質を生かし、
オーク樽で熟成させたワインビネガーを
いろいろの料理に使いわけます。

「フィオール・ディ・サーレ (塩の花)」
イタリア・シチリア産
フラミンゴ (Flamingo) ブランド
オーガニック・ソルト 海塩の結晶
最初の塩田に引き込まれた海水は、
太陽の光を浴びて徐々に塩分濃度が上がってきます。
20~30日を経ておよそ25%程度の濃度になると、
次の塩田に移し、更にじっくりと待ちます。
塩田から塩田へ移されながら、
その濃度は次第に高められ、
やがて数ヶ月後、
ほとんど塩の結晶だけが残ります。
こうして出来上がった塩は、
土成分がなるべく混じらないよう
丁寧に手作業で採取されます。
採取時期には、
山盛りに積まれた塩の小山が
塩田地帯のあちこちに出来上がります。
テラコッタの屋根で雨風をしのぎつつ、
しばらく熟成させます。

イタリア・シチリア産 EXVオリーブオイル「プリモ・ビオ」500ml
青りんご」や「フレッシュ・トマト」のような
濃厚フルーティーな香り、
そして、ほのかな苦みと爽やかで
スパイシーな後味が魅力!
※ 「プリモ D.O.P.」と比べて味の輪郭がはっきり!
※ フルーティーさもスパイシーさも
ストレートに伝わってきます。


イタリア料理レシピ手順
1.カンパチの柵は
  塩を振りかけラップして
  冷蔵庫に1時間入れます
  取り出しペーパータオルで
  出てきた水気を拭き取ります
2.少し厚めにそぎりにします
  せっかくの歯ごたえのある感触を
  大事にしたいです
3.塩漬けケッパーは
  叩いて塩を払い落とします
  ケッパーの強い風味と塩気が 
  カンパチの味を引き立ててくれます
4.レモンソースは
  レモンの絞り汁1/2個分15cc・
  オリーブオイル・白ワインビネガー・塩
  をボウルに入れ良くかき混ぜます
5.ボウルに
  ベビーリーフを入れ
  レモンドレッシングを振りかけ
  手でしたから持ち上げるようにして
  優しく混ぜ合わせます
6.ディルは
  太い茎を取り除きます
  小枝の部分を使います
7.食器に
  海塩をパラパラと薄くのばし敷き込みます
  上にカンパチをのせ盛りつけます
  ベビーリーフをたっぷりこんもりと乗せます
  器の余っているところにディルを飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

墨 プレート 33cm LL 黒
にほんブログ村 料理ブログ
イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

カルパッチョ 関連
イタリアン料理レシピ
*****真鯛のカルパッチョ 生ハム添え
日本の昆布締めの代わりに
生ハムを使います
生ハムの塩気が素晴らしいく
良くマッチして楽しめます
レモンの風味とチャイブの風味で
いただきます
*****秋刀魚のタルタル
秋刀魚の旬を迎えつつあります
脂ののった秋刀魚を個マスク刻んで
タルタル仕立てにします
直径6cmのセルクルを使います
アンチョビー・ブラックオリーブ・
ドライトマトを使います
最後に盛り付けた上にシブレットの
小口切りをのせ飾ります
*****車エビのカルパッチョ イチゴのソルベ
活車エビを使いカルパッチョ風にします
香草ソースを作り香りを付けます
イチゴのソルベット(リキュール入り)を飾ります
イチゴを飾りにします
見た目もきれいな料理です

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    おはようございます。
    カンパチ大好きです♪
    脂がのってるので、レモンドレッシングでさっぱりといただけますね。
    ケッパーもアクセントで、カンパチに合いますね。
    これで一杯飲みたいです^^
    応援☆☆

  2. Rune より:

    脂の乗ったカンパチをレモンでさっぱりケイパーで頂くとワインがすすみそうですね!
    美味しいカンパチで作ったみたいです!とっても美味しそう!!!

  3. kazuyoo60 より:

    マツバギクが元気で綺麗な色、可愛いです。
    カンパチですか。刺身の盛り合わせに入ってたら別ですが、意識して買った記憶がありません。海を泳いでる姿はテレビで見ています。そして釣り人に人気なのもです。
    ベビーリーフをたっぷりとですか。綺麗で美味しいでしょうね。

  4. masakohime より:

    カルッパチョは、真鯛など淡白な魚かサーモンやマグロを使っています。
    カンパチ!!レモンドレッシッグで。
    塩漬けのケイパーとレモンで。
    味はしっかり目に塩の花。ハーブはディルを添えているのですね。
    いつも勉強させていただいています。
    ありがとうございます。

  5. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    カンパチが大好きです!!
    カンパチのカルパッチョ、絶対作って食べます。
    レモンドレッシングが決めてですね!!
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  6. puffpuff より:

    カンパチは昔田舎では安く手に入ったので
    よくいただきました。薄味の煮物も当時はまたぁ~?。。。と食べ飽きて文句を言っていましたが今では懐かしい味です。
    レモンソース、いろいろ使えそうでいいですね!!

  7. amabilis より:

    ryuji_s1さん、いつもコメントと美味しいレシピをありがとうございます。
    連日の猛暑で生の魚料理から遠ざかっておりますが
    以前つくった白身魚の昆布締めタリアータを懐かしく思い出しました。
    カンパチのカルパッチョ 、とても美味しそうです。
    いいカンパチを探すのに手間はかかるかもしれませんが
    レモンドレッシングならすぐにできそうです。
    食欲も回復しそうです。

  8. イヴォンヌ より:

    旬のカンパチに高級な塩とレモンドレッシング美味しそうですね~♪

  9. 那須パパ より:

    今晩は。
    コメ嬉しいです。
    相変わらずの素敵なレシピ。
    涎が出そうです(≧∇≦)

  10. TWINS より:

    こんばんは~
    カルパッチョと言えば
    薄いものだと思ってました。
    厚切りもアリなんですね!
    そして魚料理には
    やっぱりディルが合いますね(^^)

コメントを残す

  関連記事

マグロトロとアボガドのパスタ フジッリ
豚バラ肉のラグー リゾット
パスタ スパゲッテーニ  ゴルゴンゾーラ・マスカルポーネソース
にんじんと干し柿のサラダ
パスタ スパゲッティ フレッシュトマト バジル風味
そら豆のペコリーノ・トスカーナ・フレスコソース
バケットのスープ パルミジャーノ
新たまねぎのripieno リピエーノ(詰め物)
ほうれんそうのスープ クリーム仕立て
グーリーンアスパラのパルミジャーノソース ラルド風味
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。