イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

イカスミパスタ リンググイネ カサゴのラグー 魚のブロードソース

   

イカスミパスタ リンググイネ カサゴのラグー 魚のブロードソース
イタリアン料理レシピ
カサゴはフランス産のものです
フィレになっていますので
調理が楽できます
新しい冷凍技術CASにより
取り立ての新鮮さが失われず解凍してもドロップがなく
食べられた瞬間その新鮮さに驚かれると思います
日本で会は開発技術です
「限りなく生に近く」状態で組織を生かして
みずみずしい細胞を再生。食品・医療分野を
一変する革新技術です。
イカスミの練り込んだパスタ・リングイネを
使います
ソースは魚のブロード・ドライハーブを加え
香り豊かに仕上げています
最後にガルム(イタリアの魚醤)を振り入れます
インパチエンスインパチエンス
インパチエンス
gardeningの
kazuyooさんに
教えていただきました
ありがとうございます
イタリアン料理レシピ
イタリア料理に使用する食材2人分

















パスタ イカスミリングイネ140g
CAS冷凍カサゴ フィレ200g
にんにく1片
エシャロット2片
アンチョビーフィレ1枚c
フレッシュトマト1個
ガルム6cc
グリーンオリーブ1粒
塩漬けケッパー20粒
ドライミント2g/TD>
ドライタイム2gc
ドライディル2g
フィオール・ディ・サーレ (塩の花)適量
オリーブオイル30cc+30cc
ブラックペパー適量
イタリアンパセリ適量

イタリア料理に使用する食材

ラ・ファブリカ・デラ・パスタ イカスミ リングイネ <500g>
ラ・ファブリカ・デラ・パスタ社は
パスタ発祥の地ナポリ近郊、
カンパーニャ州グラニャーノにて、
3世代に渡り家族経営でパスタを造り続ける、
高品質、職人業を誇る小規模少量生産のメーカー。
イタリア産の最高のセモリナ粉を原料とし、
ラッタリ山の清水とマエストロによる
伝統的製法と技術で作られ手います。
イカ墨を使用したリングイネです。
【仕様】
原材料:デュラム小麦のセモリナ・イカ墨
内容量:500g
調理方法:標準ゆで時間 11分
原産国:イタリア

フランスの高級魚CAS冷凍カサゴ フィレ フランス産
1パック1~2枚入り 約200g~500g
天然フランス産カサゴ
(ラスカス)フィレは量り売りです。
(表示価格は1kgの価格です)
CAS =キャスCelles Alive System(細胞を生かしたまま冷凍する最高技術)
サイズは1枚200~500gです。

ウェル社 ペッシェブロード海の幸コンソメ75g
北イタリア・ヴェネト州の
ヴェローナにて豊富な野菜と魚介類
(鯛、エビ、イカ、タコ)を使用して、
レストラン向けに開発された
ブロード(コンソメ)です。
魚介のスープは、美味しいけれど、
新鮮な魚が手に入らなければ、
なかなか作れません。
でも、《海の幸コンソメ》があれば、
手軽に作れます。
ウェル社の作るブロードは、
形状が顆粒状なので、
スープ、パスタ、炒め物にもさっと溶けて、
魚介の旨みが詰まった隠し味として、
幅広くご利用になれます。

エシャロット500g
みじん切りにして炒めると非常によい香りがします。
フランス、イタリアン料理における
ソースづくりには必須とされてます。
肉、野菜等の炒め物の匂い消しや香りつけなどになります。
また生では刻んだりすりおろしたりして
ドレッシングとしてもよいです。
カロチン、ビタミンC、鉄分を多く含んでます。

高級アンチョビ!95g瓶入り オルティス社
手造り味が違います!スペイン産
スペイン・カンタブリコ海で水揚げされた
カタクチイワシを、
昔ながらの手作りで加工した
オルティス社のアンチョビフィレ。
フィレ(骨や皮を取り除いた肩身)の
部分を樽の中で6ヶ月以上寝かせながら
発酵させているのでイワシの風味が引き出され
身も柔らかいながらしっかりしています。

チェターラ産 コラトゥーラ・ディ・アリーチ (ガルム)
アンチョビから作られた天然の調味料。
いわゆるイタリア産の魚醤です。
こちらはナポリから40kmほど
南のアマルフィ近くのチェターラと
いうところで作られています。
製造方法はイワシの内臓と頭を取り、
約半年間熟成させアンチョビに仕上げ、
その後ろ過します。
このろ過の工程を何度も繰り返すと
ようやく純度の高い旨み成分たっぷりの
琥珀色に輝くコラトゥーラの出来上がりです。
一般の物のように魚臭くないのが
こちらの最大の特徴。
塩分もまろやかで料理の味に
上品な旨みとコクを与えます。
ソースに何かコクが足りないと思った時
にスプーン1杯程使用するだけで
驚くほどグンと味に深みが増します!
特にカラスミのパスタや、
ペスカトーレビアンコ、ボンゴレなどの
魚介類のパスタに、又アクアパッツァなどの
お料理の仕上げに最適です。

ーガニック ディル ウィード 200g
アメリカ産 袋入り  
有機栽培・無農薬・フェアトレード
ディルの葉には特徴のある芳香があります。
魚料理と相性がよく、オリーブオイルやビネガー、
ピクルスの香り付けにも使われます。
生のサーモン、焼き魚などに良くあいます。
グラヴラクス(酢漬けの鮭)、
ボルシチなどのスープにも添えられます。

「フィオール・ディ・サーレ (塩の花)」
イタリア・シチリア産
フラミンゴ (Flamingo) ブランド
オーガニック・ソルト 海塩の結晶
最初の塩田に引き込まれた海水は、
太陽の光を浴びて徐々に塩分濃度が上がってきます。
20~30日を経ておよそ25%程度の濃度になると、
次の塩田に移し、更にじっくりと待ちます。
塩田から塩田へ移されながら、
その濃度は次第に高められ、
やがて数ヶ月後、
ほとんど塩の結晶だけが残ります。
こうして出来上がった塩は、
土成分がなるべく混じらないよう
丁寧に手作業で採取されます。
採取時期には、
山盛りに積まれた塩の小山が
塩田地帯のあちこちに出来上がります。
テラコッタの屋根で雨風をしのぎつつ、
しばらく熟成させます。

イタリア・シチリア産 EXVオリーブオイル「プリモ・ビオ」500ml
青りんご」や「フレッシュ・トマト」のような
濃厚フルーティーな香り、
そして、ほのかな苦みと爽やかで
スパイシーな後味が魅力!
※ 「プリモ D.O.P.」と比べて味の輪郭がはっきり!
※ フルーティーさもスパイシーさも
ストレートに伝わってきます。


イタリア料理レシピ手順
***魚のラグーソースをくります***
1.カサゴフィレは
冷蔵庫に移し自然解凍します
  解凍したカサゴに塩を振りかけ
  ラップして1時間冷蔵庫に入れ
  出てきた水気をペーパータオルで
  拭き取ります
  2cm角にカットします
  フライパンにオリーブオイルを入れ
  カサゴを加え全体に焼き色をつけます
2.トマトは
  へたを取り除き上部に
  十文字に切り目を入れ沸騰したお湯にいれ
  皮がめくれてきたら冷水にいれ皮を剥きます
  横に二等分し中の柔らかな部分・種を
  取り除きます
  粗く刻みます
3.エシャロットは 
細かく刻みます
4.にんにくは
  縦に二等分し中の芽を綺麗に取り除き
  みじん切りにします
5.ソースパンに
  オリーブオイル30ccを入れ
  エシャロットを加え弱火で丁寧に炒めます
6.グリーンオリーブは
  種を取り除き
  粗く刻みます
7.塩漬けケッパーは
 塩をふりおとしておきます
8.ソースパンに
  オリーブオイルを入れ
  弱火で丁寧に炒めます
  にんにく・エシャロットの香りが
  立ってきたら
  水を加え魚のブロードの顆粒を
  適量加え中火にかけます
  溶け込ませます
  ディル乾燥・ドライタイム・ドライミントを
  加えます
アンチョビーフィレ・グリーンオリーブ・トマト
  塩漬けケッパーを加えます
  カサゴを入れ軽く煮込みます
  塩・ブラックペパーで味を調えます
9.パスタを茹でます
   パスタパンに水をたっぷり入れ沸騰させ
   お湯の料理1%の塩を加えます
   パスタを入れ
   パスタの袋に表示されている
   茹で時間より2分間短めに茹でます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみいただけます
10.パスタが
   茹で上がったら水気を切り
   ソースパンの中に入れソースを絡めます
   ガルムを振り入れます
11.食器に盛りつけ
   イタリアンパセリの粗みじんを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー(16.19.23) 6pcs

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ
イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    ryuji_s1さん
    おはようございます♪♪
    いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
    応援ポチ♪♪(全)

  2. イヴォンヌ より:

    イカスミパスタにカサゴのラグーソースすっごくおいしそうですね~♪

  3. tamakiti より:

    うほほ
    イカスミパスタ美味しそう~♪
    でもこれ食べる時は
    よそ行きの白い服は着れないね。

  4. Rune より:

    イカ墨のパスタは大好きです!
    もんごう烏賊の墨を使ってパイエリアも作ってました。今はこちらにはない食材なので美味しかったイカ墨を想い出します。とっても美味しそうです!

  5. puffpuff より:

    ご馳走パスタですね!
    イカスミ大好きです。
    イカスミのパスタとカサゴのラグー
    素敵なお料理です♪

  6. マムチ より:

    こんにちわ~♪
    今日のイカスミパスタ リンググイネ カサゴのラグー魚のブロードソースも、とても美味しそうです♪
    ワインと一緒にいただきたいです^^
    ポチっ!!おうえーん*

  7. ぴよこ より:

    こんにちは。
    イカスミ大好きです。
    最近全然食べてないかも。
    食べたいです~。
    応援☆

  8. kazuyoo60 より:

    もしかしたらインパチエンスでは?。葉の姿です。花に尻尾があるのでは?。
    地中海のカサゴ、テレビでも出てきます。あちらでは有名な食材のようですね。
    メモ帳で作って貼り付けてます。前半部貼り付けミスです。

  9. kazuyoo60 より:

    イカスミのパスタですか。まだ出会ってないのです。イタリアンパセリはかなり茂ってます。食べなくてはと思いながらです。

  10. おはようございます。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    カサゴは、美味しいですよね!!
    私も大好きです。
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    とても美味しそうです。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  11. らるむ。 より:

    おはようございます。
    イカ墨入りのパスタを使うんですねw(*゚o゚*)w
    かさご入りのソースがとっても合いそうです。
    トマト入りなのが魅力的♪
    想像してたらお腹空いちゃいました^^
    応援☆☆

  12. siawasekun より:

    イカスミパスタ リンググイネ カサゴのラグー 魚のブロードソース、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、恐縮です。
    応援ポチ♪♪(全)

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

パスタ タリアッテレ スナップえんどうのペースト ペコリーノ・トスカーノ・スフレコ風味
あさりと天使のエビのカルトッチョ
皮付きヤングコーンのグリル
秋なすのfricassea フリカッセーア
鶏ささ身とカーボロフィオーリ ヴェルディのパスタ
パスタ タリアッテレ カステルマーニョチーズ
パスタ カッペリーニ 桃と生ハム マスカルポーネソース
パスタ リングイネ マイタケ ペペロンチーノ風
そらまめのムース トマトクーリー
パスタ オレキエッテ そら豆のペコリーノ・サルド
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。