イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,641、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

鴨胸肉の栗蜂蜜のソテー 栗のピーレー添え

   

鴨胸肉の栗蜂蜜のソテー 栗のピーレー添え
イタリアン料理レシピ  
鶏むね肉をしっとりとソテーし
ビネガーソースで煮込みます
さっぱりとしたビネガーのカルテ酸味が
鶏肉の風味を引き立ててくれます
IMG_276501IMG_276601
オギザリス
イタリア料理に使用する食材2人分










鴨むね肉1枚
栗の蜂蜜30g
300g
ローズマリー2枝
セージの葉2枚
無塩バター60g
牛乳60cc
オリーブオイル適量
岩塩適量

イタリア料理に使用する食材

鴨ロースフレッシュ1枚(200g~250g)【冷蔵】 
フランス修行中に、
フォアグラ、
鴨肉の美味しさに魅了され、
日本で飼育を始めちゃいました。 
1981年(株)ジャパンフォアグラを設立。
フォアグラは勿論、
鴨肉、ドレッシング、テリーヌなど
数々の商品を一流ホテル、
名門レストランなどに提供している。
フランスより門外不出の
フランス鴨を日本で初めて輸入!
青森で飼育に成功!
現代の名工 「シェフ桑原」こと 桑原 孝好

熊本県産 最高級生栗 利平栗[2Lサイズ2kg入り箱
利平栗の魅力は
他の栗には無い、
栗独特の甘味を持っていることです。
茹でて召し上がっていただく事が
この栗の甘みを最大限に引き出せる料理方法で、
独特の甘味とホクホクとした食感が絶品です。
(栗ご飯などでも最適です。)

ミエリツィア 栗のハチミツ 400g
濃い褐色でつややかな質感の
栗の花のハチミツです。
コクのあるビターな風味で、
熟成したチーズやパンナコッタ、
パンケーキと合わせるのがおすすめです。
お料理の隠し味にも。
採集地は、イタリア中部のトスカーナ州

カルピス 特選バター 無塩 450g
「カルピス」をつくる工程で
牛乳から乳脂肪を分離するときにできる
良質な乳脂肪(クリーム分)から生まれた
「カルピス特選バター」は牛乳に近い色をしています。
香り、風味、伸び、つや、など全てで高品質。
料理や菓子づくりに最適なバターとして
高い評価を得ています。

オリーブオイル フレスコバルディ ラウデミオ 500m
手摘みしたオリーブの実の果汁を
48時間以内にそのまま搾って、
その中で「ラウデミオ」の
厳しい基準を満たすものだけが製品となる。
(ものすごく手間がかかるのに、
製品になるのは特別に良質な部分だけ。
6キロのオリーブの実からたった
1リットルしかと製品にならないそうです)


イタリア料理レシピ手順
1.栗は皮ごと茹でます
 栗はよく洗ってから
  ひたひたの水に半日~1日浸けておく
  鍋に栗が浸るぐらいの水と塩を
  (水の量の2%の塩を)入れて
  沸騰させたら栗が踊らないように
  弱火で40分~50分ぐらい煮る
  (途中で2・3回混ぜる)
2.お湯がしっかり冷めてから取り出す

栗の皮むきハサミ『栗くり坊主2』
4.栗は
  細かく刻み裏漉しします
5.ボウルに入れ
 無塩バター・牛乳・を加えて
 良く混ぜ合わせます
  フードプロセッサーの
  ブレンダー機能を使うと便利です
6.ローズマリーの葉・セージの葉は
  葉の部分を微塵切りにします
7.鴨肉は
  脂身の部分に包丁で深めに
  亀甲型に切り目を入れます
8.フライパンに
  オリーブオイルを入れ
  ローズマリー・セージを加え
  鴨肉の脂身を下にして入れ
  中火で炒めます
9.脂身に綺麗な焼き色がついたら
  裏返し軽く火を通します
10.一度室温に置きあら熱を取ります
11.鴨肉に
   塩・ブラックペパーを振りかけ
   栗の蜂蜜をしっかり塗布します
12.オーブンを
   200℃に設定して
   余熱しておきます
13.鴨肉を
   オーブンに入れ8分間ローストします
14.フライパンに
   残っているソースは1/2まで煮詰めます
15.鴨肉は
   斜めの素切りにします
16.食器に盛り付けます
   鴨肉を綺麗に少し重ねて並べます
   上の方に栗のペーレーをこんもり飾ります
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー(16.19.23) 6pcs

BRAUN(ブラウン) [MR730CC]マルチクイック7コードレス

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm
リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

鶏肉 関連
イタリアン料理レシピ
*****イチジクと鴨のパスタ カッペリーニ
新鮮な鴨ロース肉を
丁寧に炒めます
それをいちじくソースで
軽く煮込みます
そのソースをパスタに絡めます
生のいちじくを飾ります
パスタは一番細いカッペリーニを
使いました
*****鴨むね肉のロースト パスタ フジッリ
鴨胸肉を低温で2時間かけローストします、
野菜の旨みとフォンドボーの旨みが加わり
ハーブの香りが素敵な一品です、
ハーブたっぷりのイタリア料理です、
*****鴨むね肉とねぎ
鴨・ねぎ
昔から日本では言われてきました
洲本ネギは凄く相性がいいですね
その二つの食材を大事に使います
鴨とねぎを一緒に炒め
鴨の脂と風味をネギに吸い取らせます
トロトロになったねぎのうまみがたまりません
さらに加えて
長ネギをしっかり煮込みくたくたになったねぎを
ミキサーにかけピュレー状にします
その二つのねぎの風味が鴨肉を引き立ててくれます
*****鴨背肉のロースト イチゴリゾット添え
鴨肉は甘めのソースがよく合います
バルサミコ・蜂蜜を使いソースにこくと
甘みを与えています
それをたっぷりかけた鴨のロースト
美味しいです
それにイチゴのリゾットを
添えて
彩りも楽しめます
リゾットに使用したワインは
かなり甘口のワインです
イチゴの酸味とよく合います

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    鴨胸肉の栗蜂蜜のソテー 栗のピーレー添え、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
    応援ポチ♪♪(全)

  2. らるむ。 より:

    おはようございます。
    鴨肉・ハチミツ・栗・・・と全部大好物です!
    どうもありがとうございます(笑)
    お店のメニューにあったら、絶対にこれは頼みますね♪
    応援☆☆

  3. tamakiti より:

    栗が旬なんですね。
    いろんな料理に使えるのね。
    美味しそう♪

  4. ぴよこ より:

    おはようございます。
    鴨、おいしそうです。
    栗もいいですねぇ。

  5. misya より:

    おはようございます♪
    栗と鴨・・・お洒落なチョイスですね^^
    秋のとっておきの日に食べたい1皿♪
    ゆっくり味わいたいですね、とっても美味しそうです♪
    栗のはちみつというものがあるのですね~。
    知りませんでした、これまた美味しそう♪
    食べてみたいです。

  6. イヴォンヌ より:

    鴨肉に栗とはちみつをソースにするなんてこっくりとしておいしそうですね~♪

  7. yuko より:

    鴨肉大好きです
    栗と栗のはちみつのソースで旨みが増しますね
    秋の香りの一皿
    すごくおいしそうです
    素敵なレシピありがとうございます

  8. こんばんわ♪。
    鴨の栗蜂蜜ソテー、栗ソース、美味しそうですね♪。
    鴨肉と栗を手に入れれたら作ってみたいです。
    カルピスバター、私も欲しいです。
    ポチ応援します。

コメントを残す

  関連記事

ホワイトアスパラのリゾット 温度卵のせ
パスタ パッケリ トンナ風味
牛バラ肉の赤ワイン煮 パスタ コンキリエ マスカルポーネソース
グリーンアスパラ 卵黄ソース パルミジャーノチーズ添え
スナップエンドウ パンチェッタのクリームソース
パスタ スパゲッティアンチョビーソース
パスタ スパゲッティーニ イチゴ ゴルゴンゾーラ・ドルチェ風味
たこの赤ワイン煮込み
水郷鶏もも肉のソテー ジャガイモ添え
パスタ ペンネ ゴルゴンゾーラ・ピカンテ風味