イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,575、パスタのレシピ数は1584。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

カボチャのパスタ たまご麺フェトチーネ ゴルゴンゾーラソース

   

カボチャのパスタ たまご麺フェトチーネ ゴルゴンゾーラソース
イタリアン料理レシピ
カボチャとたまご麺フェットチーネのパスタ料理です
出来るだけ濃厚なソースを作り上げ
それを絡ませます
カボチャの甘みとゴルゴンゾーラの塩気が
良くマッチします
IMG_2813IMG_2816
キンモクセイ
イタリア料理に使用する食材2人分









パスタ たまご麺フェットチーネ140g
カボチャ120g
フレッシュトマト1個
ゴルゴンゾーラピカンテ60g
無塩バター30g
生クリーム100cc
無塩バター30g
パルミジャーノ50g

イタリア料理に使用する食材

ジュゼッぺコッコ フェットチーネ No.14 250g
パスタ職人・ジュゼッペ コッコが
創り出す高級フェットチーネ(エッグパスタ)です。
品質の良い小麦粉と天然の湧き水で
練り上げた生地をブロンズ製の口金で絞り出し、
低温で長時間乾燥させました。
お召し上がり方
調理方法:標準ゆで時間:8-9分

ゴルゴンゾーラピカンテ【300g】【冷蔵/冷凍可】
他のブルーチーズよりも
ねっとりとなめらかな生地で、
クリーミーな口当たりが
青カビの刺激をやさしくします。
ブルーチーズとしては比較的やわらかい風味で、
青カビ独特のクセが少ないチーズです。
青カビタイプのチーズは
塩分の強いものが多くありますが、
ゴルゴンゾーラは塩が控えめです

タカナシ生クリーム 「特選北海道純生クリーム47」 200ml
タカナシの誇り、
北海道クリームの色は純白ではありません。
少し黄色がかった「クリーム色」をしています。
これは牛たちが牧草をたっぷりと食べて育っているから。
北海道クリームの旨みのもとであり、クオリティの高さの
表われでもあるのです。

カルピス 特選バター(食塩不使用)
発売当初より
本場フランスのバターの味に一番近く、
フランス料理の微妙なおいしさを出す隠し味として、
一流フランス料理店のシェフから絶賛されています。

パルミジャーノ レジャーノ36か月以上熟成 約300g
「熟成なんて、1年を超えちゃったら、
もうそんなに変わらないんじゃないの???
きっとそう思わている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、オーダーチーズでは
決して“若い”パルミジャーノを販売していませんよね?
それにはちゃ~んと理由があるのです
それは、、、、“おいしさの違いが歴然だから!”な・の・で・す!
残念ながら当店では扱っておりませんが、
まだ熟成の若いパルミジャーノを手に入れた方は、
ぜひ当店のパルミジャーノと食べ比べてみてください。
「コク」「旨味」「香り」など、本当に段違いですから!


イタリア料理レシピ手順
1.ボチャは
  堅い皮の部分はそぎ落とします
  5mmのダイス状にカットします
2.パルミジャーノは
  すり下ろします
3.フレッシュトマトは
  へたを取り除き
  上部に十文字に切り目を入れ
  沸騰したお湯にいれ皮がめくれてきたら
  冷水に入れ皮を剥きます
  ペーパータオルで水気を拭き取ります
  5mm角にカットします
4.パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
5.フライパンに
  無塩バターを入れ
  生クリーム・ゴルゴンゾーラチーズを加え
  カボチャを入れ中火で煮込みます
  ソースが煮詰まりこくが出てきて
  カボチャが柔らかいなったらOKです
  フレッシュトマトを加えます
6.茹で上がったパスタの
  水気を切りフライパンに入れ
  ソースを絡めます
7.食器に盛り付け
  パルミジャーノを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

チーズおろし(四面グレーター)

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

カボチャ 関連
イタリアン料理レシピ
*****栗カボチャとイチジクのモスタルダ  パスタ スパゲッティーニ
栗カボチャの甘みと
イチジクのモスタルダの甘酸っぱさと
マスタードの辛さがあります
それをパスタに絡めていただきます
キノコは乾燥ポルチーニ茸をつかいました
パスタはスパゲッテーニを使います
モスタルダ (Mostarda) は、
イタリアロンバルディア州クレモナ生まれの、
果物をマスタード風味のシロップにつけた食べ物である。
マントヴァをはじめとする北イタリアで
よく食べられる伝統的な保存食。
甘いフルーツのシロップ漬けながら、
ピリッと舌を刺激するマスタード風味が特徴で、
蒸しブタ料理(ボッリートミスト)や
チーズと合わせて食べるのが一般的。
http://blog.m.livedoor.jp/ryuji_s1/article/51427677
*****かぼちゃのクリームソースパスタ
カボチャをアルミホイルでくるんでローストし甘みに深みを付けます、
フライパンで焼き色を付け香りを出します、
カボチャとセージが良く合います
カボチャのリゾット 赤ワイン風味
かぼちゃの甘み・旨みを精一杯入れた
リゾット料理です
かぼちゃは赤ワインを入れたスープで煮込みます
かぼちゃの風味がまします
お米はイタリア米を使います
最後にパンプキンシードオイルを
小さじ一杯入れます
*****カボチャの フォンデュータソース パスタ タリアテッレ
イタリアのチーズフォンデュソースです
それをパスタに絡めます
濃厚な奏すか゛楽しめます
パスタは卵麺のタリアッタレを使います
イタリア料理です
*****栗カボチャとアーモンド風味のカネロニ ゴルゴンゾーラ添え
ホクホクの甘いカボチャをペーストにして
アーモンドのペースト・生クリームを混ぜ合わせます
それをラザニアの皮にくるんで軽くローストして
提供します
上にゴルゴンゾーラ・ドルチェを添えます
アーモンドのスライスを散らし
パンプキンシードオイルを少し垂らし飾ります
綺麗な色のカネロニが出来ます
*****イカとカボチャの簡単マリネ
イタリア料理の定番レシピです、
イカは結構使っています、
津軽海峡で獲れた天然活イカが
本当に活きた状態で手に入ります、
新鮮なイカにカボチャの甘みが
まつわりついてたまらなく
美味しい風味を味わえます、
活きているイカは熱をさっと通すだけで
とても柔らかく美味しく頂けます、
イタリア料理らしい雰囲気が味わえます

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    カボチャのパスタ たまご麺フェトチーネ ゴルゴンゾーラソース、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、恐縮です。
    応援ポチ♪♪(全)

  2. おはようございます。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    とても美味しそうです。
    たまご麺が素敵です。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  3. らるむ。 より:

    おはようございます。
    カボチャは甘いので、ゴルゴンの塩気がバッチリですね!
    そこにトマトが入るというのが斬新で驚きですw(*゚o゚*)w
    チーズさえあればすぐにでも試したいパスタです♪
    応援☆☆

  4. eichan より:

    この材料、、もう間違いなく美味しそうです~  
    南瓜のニョッキをゴルゴンゾーラで頂くのが好きなんですけれど、フェットチーネで南瓜を具材、、それにトマト! 自分ではぜったいに思いつかないお料理を教えて下さって感激ですー
    素敵なレシピをありがとうございますっ 今度、作ってみます!

  5. kazuyoo60 より:

    金木犀が綺麗です。我が家でも満開の色になって良い香りです。
    カボチャ美味しいですね。自家採取のツルクビナンキン、どの料理にも合います。重宝して使ってます。

  6. Rune より:

    日本のかぼちゃは美味しいですよね。
    こちらのは繊維質と水分が多くほっくらと仕上がりません。日本の美味しいかぼちゃを思い出してしまいました。
    このパスタレシピで美味しいかぼちゃを味わいたいです。

  7. Sakulanbo より:

    わあ、かぼちゃのパスタですか。
    おしゃれで、この季節にぴったりですね。とてもおいしそうです。

  8. ぴよこ より:

    こんにちは
    おいしそうなパスタですね。
    チーズとのハーモニーが素敵です。

  9. misya より:

    こんばんは♪
    いつも有難うございます♪
    おお、南瓜のパスタ♪
    なんだかありそうでなさそうで・・・素敵ですね♪
    まったりと・・・今の季節にぴったりです♪
    とっても美味しそう♪

  10. イヴォンヌ より:

    かぼちゃとゴルゴンゾーラに卵麺のパスタおいしそうですね~♪

  11. ortho より:

    こんばんは。先日は拙ブログ記事 「アメリカ旅行記15 I wished I could sleep like a little rock.」にコメントいただきありがとうございました。
    フェットチーネはアメリカにいた頃、きしめんの代用として出汁で食べましたが、ここで紹介されているジュゼッぺコッコを試したくなりました。もちろん、うどんではなく、このレシピで。

コメントを残す

  関連記事

芽キャベツのパルミジャーノチーズ
甘エビのセモリナ粉揚げ
ホワイトアスパラの焦がしバターがけ
キャベツのフェンネル風味 ビネガー和え
パスタ スパゲッティ 白トリュフ風味のカルボナーラ
じゃがいものピューレー ペコリーノ トスカーノ風味
新ジャガイモとクラテッロ ディ ジベッロ・温度たまご
するめイカのリゾット コラトゥーラ風味
パスタ フェットチーネ 栗とゴルゴンゾーラチーズソース
鹿肉ロースのロースト ブィンコットソースと赤タマネギのバルサミコ煮込み
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。