イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,581、パスタのレシピ数は1587。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

エゾ鹿肉のロースト キノコソースとキノコ添え

   

エゾ鹿肉のロースト キノコソースとキノコ添え
イタリアン料理レシピ
柔らかな鹿肉のローストを
キノコのソースで頂ます
ジビエの季節を実感する料理です
キノコの風味が素晴らしいです
それにラルドの風味と香り
フォンドボー
濃くと味の深みたまりません
IMG_2798IMG_2799
キク
イタリア料理に使用する食材2人分

















エゾ鹿肉ロース350g
ラルド60g+30g
エシャロット2片
白ワイン(辛口)30cc
キノコのソース100cc
牛肉のブロード350cc
ローズマリー2枝
生クリーム20cc
キノコのソース30g
ブラウンマッシュルーム160g
マイタケ160g
椎茸160g
エシャロット1片
無塩バター30g
イタリアンパセリ1枝
マイタケ・エリンギ・シメジ適量

イタリア料理に使用する食材

エゾ鹿肉ロース、ステーキ用350g(5~6枚入)
エゾ鹿ロースはステーキとして、よく使われます。
赤身の肉と脂身が程好いバランスで、最高の逸品!

ラルド イン コンカ コロンナータ 約600g
豚の背脂、食塩、黒胡椒、ニンニク、ローズマリー
内容量:約600g
原産国:イタリア
生産地:トスカーナ州モンティニョーゾ
【ラルド】は
新鮮な豚の背脂に塩をすり込み熟成させた
「生ハム」のようなものです。
使われるのは、厳選された豚の背脂とハーブ、
それに自然塩のみ。
古い伝統を受け継ぐ熟練の職人達は
ハーブと塩をすり込んだ豚の背脂を
コロンナータ村の大理石の桶に重ね入れてゆきます。
この大理石がラルドの熟成に
非常に重要な役割を果たします。
そして180日以上の熟成を経た背脂は、
芳しい香りを持つ純白の【ラルド】へと
変化してゆくのです。
まずは薄くスライスしたらラルドを
焼き立てのバゲットやトーストに乗せて
召し上がってみてください。
芳しい香りと絶妙の塩かげん、
瑞々しい脂の旨みを実感していただけると思います。

ベルギー産エシャロット(300グラム)
褐色の薄皮に包まれ、ペコロスのような形をしています。
摩り下ろして、ドレッシングに入れたりみじん切りにして
炒め、魚や肉料理の香りつけなどに使われます。
国産のエシャロットはらっきょうの種類で、生食用で
このエシャロットとは、まったくの別種です。
300gで約6個くらいです

ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ 白 750ml 
イタリア産白ワイン 格付 D.O.C.G. ゾーニン社 辛口
淡い黄金色、やさしい花の香り、
そして特有のほろ苦さをもつ味わい深いワインです。

カルピス 特選バター(食塩不使用)
発売当初より
本場フランスのバターの味に一番近く、
フランス料理の微妙なおいしさを出す隠し味として、
一流フランス料理店のシェフから絶賛されています。

キスコ:HCQフォンドボー!
『選び抜かれた
最上級の仔牛骨と新鮮な野菜を使用し、
じっくりと煮込みました。
完成度が高く、
コクと旨みが充分にあるので、
あまり煮つめずにどうぞ。』 
まさに彼らがこのフォンドボーに
付けたキャッチコピーその物の
出来上がりとなっております。
もしも冒頭でも書かせて頂いた
内容にマッチするお客様は
是非一度キスコさんの
フォンドボーをご利用頂ければと思います!!


イタリア料理レシピ手順
***キノコソースを作ります***
1.にんにくは
  縦に二等分し芯の芽の部分を
  綺麗に鶏微塵切りにします
2.フライパンに
  エシャロットの微塵切りを入れ
  フライパンに入れ無塩バターを
  30g加え弱火で炒めます
3.マイタケ・椎茸・ブラウンマッシュルームを
  丁寧に炒め余分な水分をしっかり飛ばします
4.フライパンに
  ラルドを入れ中火で溶かします
5.鹿肉を
  入れ中火で炒めます
  両面全体に焼き色を付けます
  一枚を
  2等分にカットします
  一度別の器に移しておきます
6.作りおいたキノコのペーストを
  フライパンに加え
  ローズマリーを入れて中火で
  炒め香りを出します
7.白ワインを
  注ぎ入れアルコール分を飛ばします
8.牛のフォンドボーを
  加えます
9.ローズマリーを取り出します
  フライパンのソースを
  フードプロセッサーに入れミキシングします
10.フライパンに
   ソースを戻し入れ生クリーム加えて
   煮詰めこくを出汁ます
11.エリンギ・マイタケ・シメジなどを
   食べやすい大きさにカットし
   新しいプライパンでラルド30gで炒めます
   添え物にします
12.食器に盛り付けます
   キノコのソースを敷き
   その上に鹿肉のローストをのせ
   炒めたキノコを植えにのせ飾り
   イタリアンパセリの粗みじんを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

ブラウン マルチクイック プロフェッショナル ハンドブレンダー MR5550MFP

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
イタリアン料理レシピ ・パスタ
 

こちらにもクリックよろしくお願いします

イタリアン料理レシピ ・パスタ
鹿肉 関連
イタリアン料理レシピ
*****鹿肉ロースのラグー パスタ パルデッレ
秋も深まりジビエの季節です
一度はジビエを味わいませんか
鹿のロース肉を使います
500gのブロックを使いますが
仕上がりのグラム数は300g以下になります
トロトロになりソースに溶け込んでいます
スーゴ・ディ・カルネは
フォンドボーのことです
コクのあるソースを作ります
ソフリットイタリアの調味料をしっかり
入れコクと味に奥行きを与えます
たまねぎ・にんじん・セロリを丁寧に炒め
しっかり水分を飛ばしたものです
赤ワインをたっぷり使い
チョコレート(カカオ70%)を入れ
鹿肉の臭み取り除きます
パスタはパルデッレを使います
すごく幅の広いパスタです
かみ応えがあり味の強い
ジビエによく合います
イタリア料理です
*****鹿肉のカルパッチョ
熊本県人吉、球磨地区の原生林の中で育った鹿。
柔らかく低カロリー、低脂肪、低コレステロール、
高タンパクでくせも無くとてもヘルシー。
高級食材としても人気のお肉です。
食べてみて初めて分かる美味しさです。
ブロックの為、鹿刺身を中心に他の肉料理にもお使い頂ければ
今まで味わった事のないような味わいです。
*****エゾ鹿もも肉のロースト スチューベン(葡萄)のソース
エゾシカ肉とても癖が無く美味しいです、
しかも柔らかいです、
低カロリーでダイエットにも
良い食材です、
甘いぶとうスチューベんがよく合います、
脂肪分が全く無いのでバター・生クリーム・
フォン・ド・ボー出こくを付けます、

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. らるむ。 より:

    おはようございます。
    鹿肉とか馬肉とかが好きなので、ジビエに憧れています。
    ちょっと癖のあるお肉も風味良いきのこソースでおいしくいただけそうですね^^
    応援☆☆

  2. Rune より:

    昔。。今でもあるのでしょうか。。
    東京青山に『ミュージアム1999ロアラブッシュ』というフランス料理店がありまして、月1度の贅沢会に参加していたのですが、エゾ鹿肉を食したことが御座います。
    バルサミコ酢と赤ワインバターソースがこの赤身肉にピッタリだったのを想い出します。ローズマリーハーブが生クリームとバター風味ももちろん合いますね!
    頂いてみたいです!
    プロ級の味わいだと想像しています!
    今日も感激して応援して帰ります☆

  3. ぱお より:

    わ~~~エゾ鹿肉のローストとってもおいしそうですね~ヽ(^o^)丿
    食べたことないです!!
    是非是非食べてみたいです~
    奥深いお味なのでしょうね。
    きのこソースにきのこ添え・・
    旬のおいしさも加わって素敵です!!
    今日も素敵なお料理ありがとうございます!!

  4. kazuyoo60 より:

    菊が可愛いです。菊の季節です。
    捕った直ぐにちゃんとした処理をすれば、シカ肉は美味しいのでしょう。エゾ鹿には気の毒でも増えすぎたら、自身の首を絞めることにもなりますから。
    各地で猟師さんは少なくなってると聞いてます。

  5. masakohime より:

    ジビエ料理。エゾ鹿のロースト。
    自分で作るのは無理でも、一度食べてみたいものです。
    キノコのソース、これは他の肉にもよく合いそうです。鶏肉でも豚肉でも、この季節にピッタリ。キノコのペーストを作り、最後にキノコをたっぷり加えて、秋を堪能できそうです。

  6. こんにちわ♪。
    鹿のお肉のロースト、きのこ添え、美味しそうですね。
    私も鹿のお肉食べてみたいです
    きのこソースにきのこソース添えのWきのこがまたいいですね。
    ポチ応援します?。

  7. はーい♪にゃん太のママ より:

    こんにちは
    いつも温かいコメントをありがとうございます
    食べたことのない
    美味しそうなお料理ですね!
    是非食べてみたいです

  8. イヴォンヌ より:

    エゾ鹿肉食べたことないのですごく興味津々です。
    ラルドときのこたっぷりでおいしそうですね~♪

  9. ゆりりん より:

    わぁすごぉい!!
    鹿のお肉!!!
    パーティ料理!?おもてなし!?にぴったりですね~。
    きのこのソースがまた素敵です。
    食べてみたいです。

  10. sakura より:

    ryuji s1さん、こんばんはぁ~(^^)
    コメントありがとうございました♪とても嬉しかったです
    さすが、美味しそうなお料理ですね♪
    エゾ鹿の肉って…もちろん食べたことないです(笑)
    でもきのこソースきのこ添え、今が旬でいいですね
    応援ポチッ^^

  11. yuko より:

    エゾ鹿ジビエの季節
    秋を感じさせますね
    きのこのソースともピッタリですね
    赤ワインを用意していただきたいです
    素敵なレシピありがとうございます

コメントを残す

  関連記事

パスタ カラマーリ イカとイカスミソース
アーティーチョークのリゾット
ラムチョップ ブロックのロースト ハーブの香り
サルシッチャのリゾット
芽キャベツのパルミジャーノチーズ
豚肩ロースのブルーベリーソース
カリフラワーのミネストラ ナツメグ風味
なすのリゾット
豚もも肉のパイナップル煮込み
豚スペリアリブのブルベリーソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。