イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

まぐろとミントのパスタ リングイネ ガルム風味

   

まぐろとミントのパスタ リングイネ ガルム風味
イタリアン料理レシピ
マグロの赤身部分をたっぷりと
ガルムの風味を加えて
裏漉ししたトマトソースを使いました
塩漬けケッパーの香りと塩気が味に深みわ持たせてくれます
ミント香りをたっぷり盛り込んだパン粉が
たまりません
パスタはリングイネを使いました
IMG_2819IMG_2820
イタリア料理に使用する食材2人分




















パスタ リングイネ140g
マグロ(赤身)200g
ガルム6cc
フレッシュミント10枚12枚
たまねぎ1/4個
にんにく1片+1片
白ワイン(辛口)30cc
:ケッパー(塩漬け)20粒
トマトソース200cc
オリーブオイル60cccc
ドライパン粉30g
トマトソース食材
ホールトマト1缶(400g)
にんにく1片
たまねぎ1/2個
バジルの葉4枚+4枚
ホワイトペパー適量
岩塩適量
オリーブオイル40cc

イタリア料理に使用する食材

まぐろ 赤身
スーパー等では出会えない、
至高の逸品をまぐろ問屋からお届け!

イナウディ ケッパー塩漬け 75g
粒ぞろいのケーパーを塩漬けにしました。
アクアパッツァやサラダ、
またはパスタに加えて彩りと
香り高い風味をお楽しみいただけます。

チェターラ産 コラトゥーラ・ディ・アリーチ (ガルム)
アンチョビから作られた天然の調味料。
いわゆるイタリア産の魚醤です。
こちらはナポリから
40kmほど南のアマルフィ近くの
チェターラというところで作られています。
製造方法はイワシの内臓と頭を取り、
約半年間熟成させアンチョビに仕上げ、
その後ろ過します。
このろ過の工程を何度も繰り返すと
ようやく純度の高い
旨み成分たっぷりの琥珀色に
輝くコラトゥーラの出来上がりです。
一般の物のように魚臭くないのが
こちらの最大の特徴。
塩分もまろやかで料理の味に
上品な旨みとコクを与えます。
ソースに何かコクが足りないと思った時に
スプーン1杯程使用するだけで
驚くほどグンと味に深みが増します!
特にカラスミのパスタや、ペスカトーレビアンコ、
ボンゴレなどの魚介類のパスタに、
又アクアパッツァなどのお料理の仕上げに最適です。

有機栽培 ホールトマト 400g
1980年よりイタリア・マルケ州の
90以上の農家が加盟し、
小麦をはじめとする農作物の栽培から加工まで、
一貫してオーガニック製法を行っている
農業協同組合「ラ・テラ・エ・イル・チェロ」の、
有機JAS認定ホールトマトの缶詰です。

テルッツィ&ピュトー カルメン ピュトー イタリア 白ワイン
トスカーナ地方の主要品種である
赤ぶどうサン・ジョベーゼ100%から
造られる白ワイン。
バランスが良く、心地良い酸が
このワインの魅力を高めています。
スパイシーさも若干感じられ、長い余韻が楽しめます。

イブロン500ml ミケーレ・コスタンツォ エキストラバージンオリーブオイル
シチリア島東部、
古代ギリシャ植民都市として
歴史的に有名な海の都シラクーザ。
そのシラクーザ市街を包み込むように連なるモンティ・イブレイ(イブレイ山塊)はEU認定のオリーブオイル保護指定原産地
(DOP)として知られています。


イタリア料理レシピ手順
*****最初にトマトソースを作ります
1.バジルの葉4枚は
  手で3つにちぎります
2.にんにくは
  縦に二等分し中の芽の部分を
  きれいに取ります
3.たまねぎは
  繊維に沿って出来るだけ
  薄くスライスします
4.ホールトマトは
  ボウルにあけ手でホールを
  つぶして置きます
5.ソースパンに
  オリーブオイル40ccを入れ
  にんにくを加えて弱火で丁寧に炒めます
  にんにくの香りが立ってきたら
  たまねぎを加え弱火で丁寧に炒め続けます
  たまねぎが透明になってきたら
6.ホールトマトを入れ
  木べらでホールトマトをつぶしながら
  中火で煮込みます
  沸騰したら弱火に戻し
  バジルの葉を入れます
  40分間煮込みます
  塩・ホワイトペパーで味を調えます
7.あら熱が取れたら
  裏ごし器で裏ごしします
  なめらかでコクのある
  トマトソースができあがります
8.マグロは
  前日に冷蔵庫に移し自然解凍します
1cm角にカットします
9.塩漬けケッパーは
  必要量を叩いて塩を振るい落としておきます
10.たまねぎは
   微塵切りにします
11.にんにくは
   縦に二等分し中の芯の芽の部分を
   綺麗に取り除きます
12.ミントの葉は
   微塵切りにします
13.ドライパン粉とににんにくの微塵切り・ミントの葉を
   混ぜ合わせておきます
14.フライパンに
   オリーブオイルを入れ
   たまねぎ・にんにくを 加えて
   弱火で丁寧に炒めます
15.たまねぎに
   透明感が出てきたら中火にし
   マグロを加え炒めます
16.軽く海塩 ・ブラックペパーを
   振り入れます
17.白ワインを加え
   強火にしてアルコール分を飛ばします
18.弱火に戻し
   トマトソース・塩漬けケッパーを加えます
   水を60cc加え煮込みます
19.パスタパンに
   お湯を
   沸騰させ塩を水量の1%を加えます
   パスタを入れ茹でます
   パスタのゆで時間は
   袋に表示されてある時間より
   2分間短めに茹で上げます
   仕上がり時にアルデンテを
   お楽しみ頂けます
20.パスタが
   茹で上がった水気を切り
   フライパンに入れソースを絡めます
   ガルムを振り入れます
21.食器に盛り付け
   上にミントとにんにくを混ぜたパン粉を
   振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
イタリアン料理レシピ ・パスタ
 

こちらにもクリックよろしくお願いします

イタリアン料理レシピ ・パスタ
まぐろ 関連
イタリアン料理レシピ
*****まぐろとほうれん草のパスタ ペンネッテ
パスタ ペンネッテは
普通のペンネより細くできています
マグロの赤身はあまり火を通さずに
暖めた感覚で仕上げます
ほうれん草もさっと湯がいて
その後は軽く火を通すだけに押さえ
ほうれん草の甘みと綺麗な色を堪能します
*****マグロとラーファノ(西洋わさび)のパスタ スパゲッテーニ
rafanoラーファノとは
イタリア語で西洋わさびのことです
フレッシュホースラディッシュとして
一般に知られています
自然の山でとれた西洋わさびは
風味が強く美味しいものです
その辛さを卵黄で優しくします
マグロと合わせて頂きます
ディルで香り付けをします
パスタは細めのスパゲッテーニを使います
*****フレッシュトマトとマグロ赤身のパスタ カペッリーニhttps://ryujis.jp/archives/51647456.html
パスタ カペッリーニは
ローマ法王庁御用達のパスタです
フレッシュなトマトとレモンの蜂蜜
オリーブオイルを入れ撹拌しソースの素を
作ります
その中にマグロを入れまぜ合わせます
イタリア料理です
*****マグロのタルタル ハーブ風味  オリーブオイル アンチョビー
マグロの赤身をたたいてタルタルを作ります、
ハーブの香りが一杯のイタリア料理の味付けです、
生臭さがハーブの力で消し味わい深くワインが
おいしくいただけます
*****まぐろとツナのじゃがいもの重ね焼き
スペインのORTIZ★オルティス社の最高のツナを使用し
マグロのトロと香草パン粉を使用したイタリア料理です、
香草パン粉の香りが素晴らしいです、

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    まぐろとミントのパスタ リングイネ ガルム風味、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、恐縮です。
    応援ポチ♪♪(全)

  2. こんばんわ♪。
    まぐろとミントのガルム風味パスタ、赤身のまぐろたっぷりのトマトソースが美味しそうです♪。
    私はガルム食べたことありませんが、気になります。

  3. らるむ。 より:

    おはようございます。
    マグロにミントを合わせるのが驚きましたが、爽やかなトマトースが合いそうですね♪
    ガルム風味が嬉しいです^^
    応援☆☆

  4. kazuyoo60 より:

    カラミンサが賑やかで良いですね。
    昨日、ビンチョウマグロがバーゲンだったので、粉を付けて油焼きして砂糖と醤油でした。野菜とキノコとケチャップと一緒にパスタにしました。副菜で食べても良かったのですが、こんなモドキでも美味しかったです。
    刺身用のマグロでも、私は焼くことの方が多いです。

  5. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    ガルムの風味が素敵です!!
    素材の組合せかたもいいですね!!
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  6. tamakiti より:

    おお、ガルムってなんじゃらほい?
    と思ったら魚醤ですか~。
    料理を志す人は食材覚えるだけでも
    大変なのでは?

  7. tamakiti より:

    ↑だは~評価のボタンを押すのを
    忘れたら青い星になった~。

  8. jugon より:

    ryuji s1さん、こんにちは。
    ガルムもだんだんメジャーになってきましたね?
    先日、リーズナブルな和食屋さんのランチにガルムで煮たお魚のメニューがありました。
    ミントの香りが美味しそうなパスタですね~♪

  9. Sakulanbo より:

    こんにちは
    マグロとミントのパスタですか。
    これまたおしゃれですね。
    食べてみたいです。

  10. Rune より:

    マグロとミントの組み合わせ
    さわやかで美味しそうです!
    なにかにつけ、ミントを使ってた時期がありました。
    マグロ漬けにいれてしまったりとかなり冒険もしましたが、イタリア料理にもあるのですね!勉強になります。
    今度はこちらのレシピで是非頂きたいです!

  11. イヴォンヌ より:

    マグロにガルムも加えてミントの香りのパスタいいですね~おいしそう♪

  12. yuko より:

    マグロにミント ガルムも加わって
    なんだかシチリアを思い浮かべるようなパスタですね
    とってもおいしそうです
    素敵なレシピありがとうございます

  13. りかりん より:

    わぁ、ミントがたっぷり・・・
    これならちょっと胃の働きが悪くなる秋にも美味しくいただけますね!
    そっか、お料理にふんだんにミントを使う・・・いいなぁ、これはぁ(^0^)

  14. masakohime より:

    マグロのパスタをガルムを使ったトマトソースで。仕上げにミントを。
    ミントとマグロの組み合わせ、どんな味になるのか、想像しただけで、楽しいコラボです。お洒落なレシピをありがとうございます。

  15. タヌ子 より:

    マグロとミントの組み合わせが新鮮。
    フランスではは生で食べるにはちょっと勇気が要りそうなマグロの赤身が比較的お安く買えるので、試してみます。

コメントを残す

  関連記事

パスタ スパゲッティ ペコリーノ・トスカーナ・スタジオナート風味
賀茂なすとカチョカヴァロのグラタン
にんにくとトマト・バジルのパスタ フジッリルンギブカティ アーモンド風味
イカのカルパッチョ
パスタ カラマーリ イカとイカスミソース
トマトとアボガドの水牛モッツアレラのヤキレーゼ
トラフグのハーソース添え
パスタ キタッラ チーズソース ブラウン・ホワイトマッシュルーム添え
イベリコ豚骨付きロース肉のロースト
カボチャのパスタ たまご麺フェトチーネ ゴルゴンゾーラソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。