イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,575、パスタのレシピ数は1584。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

イカのカルパッチョ

   

イカのカルパッチョ
イタリアン料理レシピ
活イカのカルパッチョです
活きているイカを下ろし
盛り付けいただきます
サルサ・ベルデソースを敷きその上にイカを乗せ
シブレットとブェグネットソース
ガルムを振りかけます
イカの甘みと口に含んだ時の感覚がたまりません
IMG_2819IMG_2820
カラミンサ
イタリア料理に使用する食材2人分


















活ヤリイカ1杯
ベビーリーフ10本
シブレット4本
ガルム4cc
サルサ・ベルデソース10cc
サルサ・ベルデ食材
イタリアンパセリ/TD>10g
ディル6g
塩漬けケッパー12粒
アンチョビー2フィレ
にんにく1片
ブェグネットソース10cc
サルサ・ベルデ食材
レモン汁10cc
ホワイトバルサミコ40cc
グラニュー糖10g
海塩塩の花適量

イタリア料理に使用する食材

函館漁港直送! 活イカ(真イカ)【2尾入】
朝とれの活イカを、ご自宅でもお楽しみいただけます。
活イカは、特殊の細長いビニール袋に1匹ずつ入れ密封、
その中に、特殊の海水(サプリメント)と酸素を注入し
イカが活発に動かないよう水温を一定に保ち空輸します。
そうする事により、約24時間生きた状態で、朝どれのイカを
お届けする事が可能になったのです。

チェターラ産 コラトゥーラ・ディ・アリーチ (ガルム)
アンチョビから作られた天然の調味料。
いわゆるイタリア産の魚醤です。
こちらはナポリから
40kmほど南のアマルフィ近くの
チェターラというところで作られています。
製造方法はイワシの内臓と頭を取り、
約半年間熟成させアンチョビに仕上げ、
その後ろ過します。
このろ過の工程を何度も繰り返すと
ようやく純度の高い
旨み成分たっぷりの琥珀色に
輝くコラトゥーラの出来上がりです。
一般の物のように魚臭くないのが
こちらの最大の特徴。
塩分もまろやかで料理の味に
上品な旨みとコクを与えます。
ソースに何かコクが足りないと思った時に
スプーン1杯程使用するだけで
驚くほどグンと味に深みが増します!
特にカラスミのパスタや、ペスカトーレビアンコ、
ボンゴレなどの魚介類のパスタに、
又アクアパッツァなどのお料理の仕上げに最適です。

スペイン産 高級アンチョビ!95g瓶入り オルティス社
手造り味が違います!
もうこのアンチョビしか使えません!
パスタなどにアンチョビを入れたり、
アンチョビ入りのパスタを食べたりしていますよね~~
このアンチョビはメチャウマ!
そのまま野菜や、
ボイルしたジャガイモにのせても最高です!
スペイン・カンタブリコ海で
水揚げされたカタクチイワシを、
昔ながらの手作りで加工した
オルティス社のアンチョビフィレ。
フィレ(骨や皮を取り除いた肩身)の
部分を樽の中で6ヶ月以上寝かせながら
発酵させているのでイワシの風味が引き出され、
身も柔らかいながらしっかりしています。

塩蔵ケッパー (250g)
ケッパーの大生産地、
シチリア島の北東部に浮かぶ
リーパリ島産のケッパーの塩漬け。
4~6mmの厳選された小粒のケッパーのつぼみを
シチリアのミネラルたっぷりの海塩で塩蔵しています。
イタリア料理や南仏料理にはかかせないこのケッパー、
洗って塩を落とし、サラダやパスタなどのお料理に
お使い下さい。

シブレット1パック
ユリ科 多年草
小花はサラダに散らす。
葉はサラダ、サンドイッチ、
スープに入れたり彩として。
バターやクリームチーズも美味。

ビオロジコ(オーガニック)白バルサミコ酢250ml
ぶどうを熟成して作られるバルサミコ酢は、
まろやかな香りと奥行きのある風味で、
今やオリーブオイルやワインビネガーと
同じようにイタリア料理にかかせない
調味料として日本でもよく使われるようになりました。
一般的には、
黒いバルサミコ酢が主流ですが、
白バルサミコは、ややゴールドがかった色合いが特徴です。

オーガニック・ソルト 海塩の結晶 「フィオール・ディ・サーレ (塩の花)」
海塩の代名詞とも言えるトラーパニの海塩。
岩塩との最大の違いは、生きたミネラル分の含有量です。
マグネシウムなどの岩塩には含まれないミネラル分が、
料理の味付けに重要な役割を果たすのです。
そして、大切なミネラルを失わないよう、
「フラミンゴ (Flamingo)」 の塩は洗わずに
採取されたそのままの状態で、粒の大きさのみ調整され、
パッケージされます。
天然の塩が本来持っている色のままなので
、真っ白ではありませんが、
採取されたそのままの味を保っています。


イタリア料理レシピ手順
1.イカの下処理

2.綺麗に解体したら
  ペーパータオルでくるんで冷蔵庫にいれておきます
3.足・エンペラー・胴の部分は
  盛り付ける直前にカットします
  胴体は6cm幅にカットし切り身の半分の深さに
  斜め交互に隠し包丁を入れます
4.エンペラーは
  幅1cmにカットします
5.足は1本ずつに分けます
***サルサ・ベルデソースを作ります***
6.イタリアンパセリは
  葉の部分を微塵にします
7.ディルは葉
  の部分を微塵にします
8.アンチョビーフィレは
  細かく砕きます
9.塩漬けケッパーは
  塩を叩いて振り落とします
  細かくきざ看ます
10.にんにくは
   縦に二等分し中の芯の芽の部分を
   綺麗に取り出します
11.フードプロセッサーに入れ
   ・オリーブオイルを加えミキシングします
***ブェグネットソースをつくります***
12.ボウルに
   ホワイトバルサミコ・レモン汁・グラニュー糖を入れ
   フードプロセッサーの撹拌機能で撹拌します
13.食器にサルサ・ベルデソースを敷き
   その上にイカを盛り付け
   シブレットを振りかけ
   上にブェグネットソースを振りかけます
14.上からガルムを振りかけます
イタリア料理に使用する調理器具

柳宗理 ステンレスボール&ストレーナー(16.19.23) 6pcs

MR5550MFP ブラウン マルチクイック プロフェッショナル

J.L コケー ヘミスフィア プラチナストライプ ディナープレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

イカ 関連
イタリアン料理レシピ
*****するめイカのパスタリングイネ
新鮮なするめイカを丸ごと使います
胴・ゲソ・肝・イカスミをすべて使い切ります
イカの持つ風味をたっぷりと味わえます
パスタはリングイネを使いました
*****真イカとにんじんのストゥファート
stufatura ストゥファートは煮込み料理のことです
じっくりとオーブンで煮込む料理をいうようです
真イカは胴・足・腑・墨すべてを使い切ります
赤ワインです煮込みます
にんじんの力でイカの生臭さを押さえて
しかもにんじんの風味でイカの味に深みがでます
イタリア料理です
*****イカの詰め物プーリア風
イタリア半島の「かかと」に位置する。北はモリーゼMolise州、
西をカンパーニアCampania州、バジリカータ州と隔てる。
アドリア海側の海岸線は長く美しい。南方でイオニア海に面 し、
丁度半島の「土踏まず」の部分を
ターラントTaranto湾が作り出している。
観光情報 プーリア州
イタリア旅行情報サイトJAPAN-ITALY Travel On-line
REGIONE VALLE PUGLIA
食材がとても豊富で海産物は素晴らしいです、
ムール貝の料理が有名です、
新鮮なヤリイカを使います。

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    イカのカルパッチョ、・・・・・・。
    大好物です。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
    応援ポチ♪♪(全)

  2. らるむ。 より:

    おはようございます。
    イカの甘みと口に・・・のくだりで、生唾飲みました~^^
    白バルサミコスなんてあるんですねw(*゚o゚*)w
    応援☆☆

  3. あべべ より:

    イカのカルパッチョをサルサヴェルデで・・・すごく美味しそう!!
    これは是非作ってみたいです。

  4. tamakiti より:

    新鮮なイカなら
    刺し身でも十分美味しいですが、
    たまにはこういうのもいいですよね。
    美味そうだわ~♪

  5. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    イカが大好きですので強く惹かれます。
    とても魅力的なお料理ですね!!
    私も作ってみます。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  6. misya より:

    おはようございます♪
    イカのカルパッチョ♪
    厳選された食材がふんだんに使われて
    とっても美味しそうですね♪
    白バルサミコ・・・こんなふうに使うのですね^^
    勉強になります♪
    綺麗な1皿・・・うっとりです^^

  7. Rune より:

    ヤリ烏賊のカルパッチョはよく作ってたのですよ。。
    お洒落な逸品。。
    日本に帰ったら作りたいです♪

  8. マムチ より:

    こんにちわ~♪
    生きた新鮮なイカで作ったカルパッチョ
    もう絶対に笑っちゃう美味しさですね♪
    魚醤は苦手なのですが
    イタリア産の魚醤コラトゥーラは臭みもないので
    私も隠し味によく使います^^v
    ポチっ!!おうえーん*

  9. puffpuff より:

    新鮮なイカはとてもきれいですね。
    カルパッチョで、素敵なお料理になります!
    白バルサミコ大好きです。

  10. kazuyoo60 より:

    ヤリイカですか。上品な味が好きです。
    イタリアンパセリ、気が付いたら、木アゲハの幼虫が大きくなってました。フェンネルもです。もちろん捕殺でしたが。
    ベビーリーフ、綺麗な料理になりますね。今、間引き菜に出来るのがあります。さっと熱を通してますが。

  11. イヴォンヌ より:

    新鮮なイカを使ったカルパッチョすっごくおいしそうですね~♪

コメントを残す

  関連記事

栗のポタージュスープ スターアニス風味
パスタ イタリアカラーのファルファッレ ケッパーとミニトマト
鶏骨付きもも肉のマスタード風味
パスタ フジッリ クルミ・ゴルゴンゾーラ・マスカルポーネソース
焼きパプリカのオイル煮 オレガノ風味
パスタ キタッラ 仔牛オーソブッコ 白ワイン風味
パスタ コンキリエ ズッキーニ 生ハム
パスタ キタッラ セミドライトマトと グアンチャーレ
鯛のカルパッチョ 冷製カポナータ
ナスとたまごのロースト
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。