イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,690、パスタのレシピ数は1637。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

カーボロ・ヴェルツァとパンチェッタとゴルゴンゾーラ・ピカンテのスープ

   

カーボロ・ヴェルツァとパンチェッタとゴルゴンゾーラ・ピカンテ
イタリアン料理レシピ
カーボロ・ヴェルツァは
イタリア・フィレンツェ産のチリメンキャベツですbr>
Cavolo verza:カーボロ・ヴェルツァ (サボイキャベツ)
大地と太陽の恵みをいっぱいに受け
た味・色とも濃いイタリアの野菜は
大変魅力があります
おいしいキャベツ
パンチェッタのブロードで煮込み
ゴルゴンゾーラ・ピカンテの塊をませ飾ります
ピン糧の塩気で味に深みがでて
おいしくいただけます
ピカンテは値を加えるとチーズの癖が薄くなり
食べやすくなります
IMG_2827IMG_2828
イタリア料理に使用する食材2人分







カーボロ・ヴェルツァ300g
パンチェッタ200g
たまねぎ1個
鶏のブロード200cc
ゴルゴンゾーラ・ピカンテ120g
ブラックペパー20粒

イタリア料理に使用する食材

カーボロ・ヴェルツァ(チリメンキャベツ)
イタリアのフレッシュ野菜
大地と太陽の恵みを
いっぱいに受けた味・色とも
濃いイタリアの野菜は大変魅力があります。
イタリアの野菜は毎週2便入荷してますが、
時期・季節によりお届けできる種類は異なります。
入荷量の変動もあり、
ご注文の際確認させていただいた上で
お届けいたします。

パンチェッタ 250g ヴィラーニ 【冷凍便のみ】
豚のばら肉を開いたまま
塩漬けにしてから熟成した製品で、
本格的な味わいです。
まろやかな味わいで、
カットしてパスタやリゾットの
具として楽しめます。
カルボナーラに使われることでも有名!
そのままスライスしても楽しめます♪

ホテル用冷凍ブイヨン ロイヤルシェフ(キスコ)
鶏ガラと野菜のみで丁寧に取った濃縮タイプのブイヨンです。

ゴルゴンゾーラ(ピカンテ)
『ピカンテ』と呼ばれる辛口タイプです。
青カビもしっかりと入っていて、
ピリッとした青カビの辛さが味わえます。
しかし、塩味は控えめで思ったよりも
マイルドに感じられるかもしれません。
また、中身がしっかりと硬く締まっているのも特徴です。
キツめの味わいが多い青カビチーズの中では
比較的食べやすい方に分類されるでしょう。


イタリア料理レシピ手順
1.キャベツは芯を取り除き
  5cm角にカットします
2.パンチェッタは
  1cm角・横2cmにカットします
3.たまねぎは
  繊維に沿って出来るだけ
  薄くスライスします
4.ゴルゴンゾーラ・ピカンテは
  2cm角にカットします
5.ソースパン20cmに
  オリーブオイルとパンチェッタを
  入れたまねぎを加えて
  弱火で丁寧に炒めます
  たまねぎの水分をしっかり飛ばし
  まねぎの旨みをしっかり引き出します
  最低でも40分間炒めましょう
  飴色になります
6.鶏のブロードを
  加えます
7.ソースパンに
  キャベツを加え煮込みます
  綺麗なグリーンの色が映えます
8.スープさらに注ぎ入れ
  上にゴルゴンゾーラ・ピカンテを乗せます
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

リチャードジノリ ベッキオホワイト 0180 スーププレート 24.0cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
イタリアン料理レシピ ・パスタ
 

こちらにもクリックよろしくお願いします

イタリアン料理レシピ ・パスタ
キャベツ 関連
イタリアン料理レシピ
*****キャベツとボッタルガのパスタ フェデリーニ ガルム風味
ガルムとは
イタリアの魚醬です
ナポリから40kmほど南のアマルフィ近くの
チェターラというところで作られています
製造方法はイワシの内臓と頭を取り
約半年間熟成させアンチョビに仕上げ
その後ろ過します
このろ過の工程を何度も繰り返すと
ようやく純度の高い旨み成分たっぷりの
琥珀色に輝くコラトゥーラの出来上がりです
一般の物のように魚臭くないのが
最大の特徴
塩分もまろやかで料理の味に
上品な旨みとコクを与えます
ソースに何かコクが足りないと
思った時にスプーン1杯程
使用するだけで驚くほどグンと味に深みが増します!
特にカラスミのパスタや
ペスカトーレビアンコ、ボンゴレなどの
魚介類のパスタに
又アクアパッツァなどのお料理の仕上げに最適です
パスタはフェデリーニ
細めのパスタを使いました
ボッタルガは
日本のからすみと同じです
ボラの卵を乾燥させた物です
イタリアにも日本と同じ食材があるのですね
*****豚バラ肉のラグーとキャベツのパスタ ペンネ・リガーテ
豚バラ肉は
たっぷりの塩・ブラックペパーを塗り混み
ローズマリーを6枝のせ
しっかりサランラップで包み密閉し
一晩冷蔵庫に入れ手おきます
マリネした豚肉の塩・ブラックペパーを
洗い流し1cm角にカットして炒め使います
豚肉の風味がすごいです
キャベツと合わせパスタはペンネ・リガーテを使います
ソースの絡みが素晴らしいです
*****キャベツとセミドライトマトのパスタ バジルスパゲッティ
バジルを練り込んだのパスタです
きれいなモスグリーンです
セミドライトマトの甘みと
ペペロンチーノの辛みが良く合います
ブラックオリーブを加えて
味に奥行きを与えました
イタリア料理 レシピです
*****キャベツのパスタ スパゲッティ  バーニャカウダ風味
バーニャカウダ
にんにくとアンチョビーの
オリーブオイル煮のソースです
お野菜との相性がよくこのキャベツともよく合います
パスタのソースとして使いました
*****チリメンキャベツとライ麦パンのスープ フォンティーナ風味
チリメンキャベツの甘さと
ライ麦パンの酸っぱさが良く合います
フォンドボーで浸されたパンがすごくおいしいです
フォンティーナチーズの甘さも一役買っています
ローズマリーの余す香りも良く合います

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. dove-2 より:

    あっさりとした鶏のブロードとキャベツ…パンチェッタのコクのある味わいとゴルゴンゾーラの独特の風味と旨味…美味しそうですね~。
    マダコのリゾピラフ ガルム風味、作らせて頂きました。
    食材の関係で、またまたdove風です。
    いつものことながら申し訳ありません。
    御免なさい。

  2. Rune より:

    チリメンキャベツが懐かしいです!
    パンチェッタとゴルゴンゾーラ・ピカンテのスープを作ってみたかったです!
    またヨーロッパに住みたい気持ちになってしまいます^^
    とっても美味しそうです!

  3. kazuyoo60 より:

    パイナップルセージに出会えません。懐かしいです。花の蜜の味を思い出します。
    縮緬キャベツも大昔に作った記憶があります。スーパーで出会った記憶は1-2度ですが。

  4. tamakiti より:

    ブルーチーズは苦手だけど
    こういう料理になってれば食べられます~♪
    美味しそうだにゃん。

  5. amabilis より:

    ryuji_s1さん、いつも美味しいレシピと温かいコメントをありがとうございます。
    フィレンツェのちりめんキャベツなど
    以前、旅行先でリボリータをいただいたときを思い出しました。
    ユニークな地元産の食材を使っての料理が
    それぞれの地域に数多くあることに驚くと同時に
    和洋の差はあれど日本も似ていることに
    意欲がさらに湧いてきたものです。

  6. らるむ。 より:

    おはようございます。
    だんだん冷えてきたので、これからは温かいスープが嬉しいですね♪
    パンチェッタのスープにチリメンキャベツがとっても合いますね^^
    応援☆☆

  7. siawasekun より:

    カーボロ・ヴェルツァとパンチェッタとゴルゴンゾーラ・ピカンテのスープ、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    飲みたくなりましたよ。
    是非、・・・・・・。
    いつも、涙が出るほど嬉しいコメント&心遣い、心より、恐縮、深謝しています。
    応援ポチ♪♪(全)

是非 あなたのご意見をお願いします 質問があれば分かる範囲でお答えしたいと思っております

  関連記事

米なすとたこのラグー パスタ キタッタラ
パスタ Ravioli リコッタ いちじくソース
パスタ スバベッティーニ 白桃と生ハム ブッラータ
パスタ キタッラ カステルマーニョチーズソース
カリフラワーとゴルゴンゾーラ パスタ カヴァテッリ
パスタ スパゲッティのオムレツ芽キャベツとミニトマト
鮎のフリット
じゃがいものスープ 黒トリュフピューレー添え
イチゴのスープ ブッラータ乗せ ミントソースかけ
アボガドとグリーンアスパラのパスタ リングイネ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。