イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,574、パスタのレシピ数は1583。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

牛フィレ肉のロースト バルサミコとゴルゴンゾーラソース

   

牛フィレ肉のロースト バルサミコとゴルゴンゾーラソース
イタリアン料理レシピ
赤ワイン・バルサミコ・ハチミツでーを使い
1/3まで煮詰めソースを作ります
フォンドボーを加え味に深みと風味を与えます
これにゴルゴンゾーラピカンテを入れ溶かし込み
出来あがります
フィレは500gの塊をローストします
切り分けて食器にもりつけます
IMG_2880IMG_2881
シュウメイギク
イタリア料理に使用する食材2人分









牛フィレ肉500g
赤たまねぎ1/4個
バルサミコ100cc
赤ワイン300cc
蜂蜜50cc
フォンドボー300cc
ゴルゴンゾーラピカンテ120g
いんげん10本

イタリア料理に使用する食材

牛ヒレブロック 500gサイズ
オーストラリア産
テンダーロインブロック。
やわらかーいお肉好みの
ヒレ派の方のために、
肉好きの大人2-3人でも
十分な量のブロックサイズにカットしました。

【国産・輸入】赤玉葱(あかたまねぎ)※別称:アーリーレッド
約1Kg前後(数量目安:約5個前後)

アチェート バルサミコ ディ モデナ シジッロ
6年から8年の熟成 バルサミコ 250ml キアルリ
キアルリの12年ものに比べ、
少し甘みも控え目ですが、
6年から8年でも十分な旨味・甘みを備えています。

バローロ リヴァータ イタリア 赤ワイン 
イタリア高級赤ワイン ばろーろ Barolo
世界の赤ワインのなかで味、
品質、重厚感すべて最高ランク。
それがバローロやバルバレスコと云われています。

《リゴーニ》アカシアハニー★イタリア産オーガニック蜂蜜
イタリアのオーガニックハチミツを
ご案内します!
このハチミツを生産するリゴーニ家は、
1992年以来イタリアにおいても
A級の認証を受けた
オーガニックハチミツ専門に扱っています
(ハチミツのオーガニックとは研究機関で、
一切の農薬が残留していないことが証明されているもの)。
低温加工をしていますが、
リゴーニ家が特許を取得した特殊製法で、
ハチミツの栄養素が
そこなわれていないことが保証されています。

キスコ:HCQフォンドボー!
仔牛骨をコトコト煮込み
一切化学調味料、
添加物を使用せず作り上げた
HOTEL CLASS QUALIT の製品です!【1kg】

ゴルゴンゾーラ(ピカンテ)
『ピカンテ』と呼ばれる辛口タイプです。
青カビもしっかりと入っていて、
ピリッとした青カビの辛さが味わえます。
しかし、塩味は控えめで思ったよりも
マイルドに感じられるかもしれません。
また、中身がしっかりと硬く締まっているのも特徴です。
キツめの味わいが多い青カビチーズの中では
比較的食べやすい方に分類されるでしょう。

パルミジャーノ レジャーノ36か月以上熟成 約300g
そのままでも、
充分なおいしさの
パルミジャーノレッジャーノ36ヶ月以上熟成ですが、
お料理に使用していただければ
あなたのクッキングレベルは格段にアップします!
ここでは代表的なお料理をご紹介しますので、
最高のチーズでおいしいお料理にチャレンジしてみてください!!

カルピスバター 発酵バター 450g <無塩タイプ>
爽やかなコクと香りを生み出す乳酸菌を厳選。
後味すっきりでタルトやパイ、
クロワッサンに最適な発酵バターです。


ダウロ オリーブオイル アンポルダ (DAURO EMPORDA) 500ml
ナッツや、草原のグリーンを
思わせるような清々しい香り、
油とは思えないライトでフルーティーな味
人を幸せにするオリーブオイルを見つけました。


イタリア料理レシピ手順
****バルサミコソースを作ります***
1.ソースパンに
バルサミコ100ccを入弱火で
  1/3間で煮詰めます
2.蜂蜜を
  加え混ぜ合わせます
3.赤ワイン・フォンドポー加え
  1/3まで煮詰めます
4.ゴルゴンゾーラピカンテを
  加え溶かし込み混ぜ合わせます
5.最後に無塩バターを
  加え溶かしまぜます
6.牛フィレ肉
  全体に塩・ブラックペパーをまぶします
7.オーブンを
  180℃に設定余熱しておきます
8.フライパンに
  オリーブオイルを入れ
  フィレ肉全体に焼き目を付けます
9.オーブンに入れ
  フィレ肉全体を焼き固める感じにします
  30分間ぐらいです
  肉の中心部を計る温度計が50℃を超えたら
  OKです
10.耐熱皿に
   フィレ肉をのせ上にアルミをかぶせます
   オーブンに入れ5分間立ったらそのまま取り出し
   自然に冷まします
11.フライパンに
   オリーブオイル20ccを入れ
   いんげんを加えて中火で炒めます
12.フィレ肉を
   食べやすい大きさ・厚さに切り分けます
13.食器に
   バルサミコソースを敷き
   その上に牛フィレ肉を盛りつけ
   いんげんを添えます
イタリア料理に使用する調理器具

[Fissler]フィスラー プロコレクション ソースパン浅型 16cm

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト ラウンドプラター 29cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
こちらにもクリックよろしくお願いします

牛肉 関連
イタリアン料理レシピ
******牛肉の細切りとブロッコリーのパスタ スパゲッティ
イタリア料理レシピ
牛肉を細くカットし炒め白ワインで
香り付けをします
たっぷのパルミジャーノ・レジャーノチーズを
振りかけ
砕いたブラックペパーをたっぷり振りかけます
パスタは太めのパスタ スパゲッティを使いました
*****牛肉の赤ワイン煮込みのパスタ コンキリエ
イタリアン料理レシピ
牛肉の切り落としを使います
赤ワインとフォンドボーで軽く煮込んで
味に奥行きとコクを与えます
天然の香り豊かなクレソンを入れます
パスタは貝殻の形のコンキリエを使います
ソースが貝殻の形に入り込んで
凄くおいしくいただけます
*****インゲンの牛肉巻き ヴィンコットソース
イタリアン料理レシピ
ヴィンコットとは
イタリア語の 「ヴィンコット」 とは、
「Vino cotto(煮たワイン)」 という意味です
とろりとしたなめらかな
褐色のしずくです
ぶどうからつくられた天然甘味料です
これをベースに下ちっつとオシャレな料理です
上質な牛もも肉をインゲンに巻いて
ソテーします
それにアイオリソースを使いさっぱりした
味に仕上げています
*****ピッツアヨーラ(pizzaiola) 牛肉薄切りの煮込み
イタリア料理レシピ
ピッツァヨーラは、ナポリ湾を囲む、
カンパニア州の料理で
イタリア語でピザ職人風という意味です。
牛肉はすき焼き用のものを使います、
ホールトマトで煮込ます、
酸味が牛肉のくどさを和らげてくれます、
牛の出汁(フォ・ド・ボー)と赤ワインを使いました、

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. yuko より:

    バルサミコに赤ワインふフォンドボーそこにゴルゴンゾーラ・・・濃厚なソースですね
    残ったソースはパンにつけていただきたいです
    素敵なレシピありがとうございます

  2. siawasekun より:

    牛フィレ肉のロースト バルサミコとゴルゴンゾーラソース、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    昨日も、拙い私のブログを見て、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、恐縮です。
    応援ポチ♪♪(全)

  3. plumeria より:

    青カビチーズ好きとしては気になる料理です!
    しかも これが出来たらちょっとカッコいいですね♪

  4. らるむ。 より:

    おはようございます。
    私は魚より肉派なので、お店にあったら絶対に頼んでしまうメニューですね^^
    フィレ肉にゴルゴンゾーラソースがすっごく合いそうです♪
    応援☆☆

  5. kazuyoo60 より:

    シュウメイギク、まだ綺麗ですね。我が家のはほとんどが咲き終わりました。咲いた茎を切り取ってません。種で増えなくても地下茎で増えますね。
    食材偽装、次から次へです。氷山の一角かもと思ったのが当たってしまって、困ったことです。
    2人で500gですか。自分で作ったのが一番口に合います。どんなものでも納得しての手抜きですので。(笑い)

  6. タヌ子 より:

    赤ワインとバルサミコのソースにゴルゴンゾーラを溶かし込むってなかなか思いつきませんね。
    味もちょっと想像がつかないので、これは一度作ってみなければ。
    フランスの牛肉もフィレの部分はなかなか美味しいので、きっと美味しく出来上がると思います。

  7. こんにちは。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    本日のお料理も美味しそうですね!!
    バルサミコとゴルゴンゾーラの組み合わせがいいですね!!
    私も作ってみたくなりました。
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  8. misya より:

    おはようございます♪
    きゃああ、肉好きにはたまりません♪
    バルサミコとゴルゴンゾーラの組み合わせ♪
    想像しただけでよだれものです。
    美味しそうですね♪
    頭の硬い私、思いも付かない組み合わせです~(笑)
    興味深々♪

  9. tamakiti より:

    だは~
    美味そう~っ!
    500gの肉って焼く前だと
    めっちゃデカイっすね。

  10. Rune より:

    赤ワイン・バルサミコ・ハチミツでーを使い煮詰めソースを作りフォンドボーを加え味に深みと風味とゴルゴンゾーラピカンテを入れ溶かして頂くとは!
    美味しさを妄想しております☆

  11. puffpuff より:

    じゅわ~っと肉汁が美味しそうです!!
    バルサミコのソースで、素敵なディナーになりますね。

  12. イヴォンヌ より:

    フィレ肉にバルサミコと赤ワインとはちみつ、それにゴルゴンゾーラ入れたソース最高ですね♪

コメントを残す

  関連記事

さんまの鉄板焼き
パスタ リングイネラルド・ラルド・イン・コンカ・コロンナータのカルボナーラ
清美オレンジのサラダ
パスタ タリアテッレ トマトソースとアンチョビー
イチゴ トマト ゴンゴンゾーラのカプレーゼ風
ズッキーニのトリフォラーティ Zucchine trifolate
豚のほほ肉・肩ロースのラグーパスタ キタッラ
ブロッコリーのアンチョビー風味
鮭と洋なしとゴルゴンゾーラのパスタ パッパルデッレカサレッチェ
豚バラのロースト 新ジャガイモ添え サルサヴェルデソース
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。