イタリアン パスタ イタリア料理レシピ

イタリア料理レシピを紹介しています。できる限り珍しい食材を取り入れ、イタリアの食文化の深さをお伝えします。
イタリア料理のレシピ数は4,641、パスタのレシピ数は1615。出来るかぎり詳しくレシピ、珍しい食材を掲載させていただきます。料理は愛情の表現です。料理は心で作るものを心がけています。

牛テールのパスタ  ペンネ・リガーテ

   

イタリアン料理レシピ
牛テールは500gを使いますが
仕上がりの時に骨を除くと200gぐらいの肉の量です
ソフリット(香味野菜の炒めたもの)を加えるることで
味に落ち着きと深みを持たせています
ホールトマトの酸味が脂身のくどさを押さえます
野菜のブロードを加え煮込みます
肉が凄く軟らかく口の中でとろけます
パスタはショートパスタ ペンネリガーテを
使いました
牛テールのパスタ  ペンネ・リガーテ
IMG_2912IMG_2913
アプチロン
イタリア料理に使用する食材2人分
















ペンネ・リガーテ140g
牛テール500g
たまねぎ1/4個
にんじん6/1本
セロリ1/4本
にんにく1片
ローリエ1枚
:オリーブオイル20cc+20cc
白ワイン(辛口)50cc
トマトホール>1/2缶
鶏のブロード400cc
薄力粉適量
岩塩適量
ブラックペパー適量
イタリアンパセリ1枝

イタリア料理に使用する食材

ドン・アルフォンソ ペンネ・リガーテ
イタリアのリストランテ
「ドン・アルフォンソ」の
オリジナルパスタです。
ゆで時間10分。
内容量 500g
原産国名 イタリア

【牛テール】500g 美味さ極上!テールスープ、煮込み料理に
【牛テール】美味さ極上!テールスープ、

イタリア・フレスコバルディ侯爵家のEXVオリーブオイル 500ml
イタリアトスカーナ生まれの
フレスコバルディ・ラウデミオは、
さわやかで初々しい味と香りを持ち、
品質ともに満足していただける逸品です。

アンナリサ (アナリサ) サンマルツァーノDOP 4号缶 400g
ナポリ近郊の
サレルノ・ノチェーラ平原一帯を里とする、
サンマルツァーノ種のトマトは、
ベスビオ火山質の土壌と地中海より降り注ぐ
強烈な風と日差しに育まれ、
本国イタリアでも入手が困難なほど
希少な品種です。
その、水分の少なさと果肉の多さは、
ソースになった時に、
他種と比べ3割程度の量の違いと
なってあらわれます。
口に残る種も少なく、
出来上がりも滑らかでコクがあり、
まろやかさと味の深みを感じることが出来ます。

ヴァレンティーナ  [2011] 白ワイン 辛口 750ml
Valentina
味わい 辛口
色 白
ヴィンテージ 2011
産地 イタリア トスカーナ スヴェレート コスタ・トスカーナ I.G.P.
品種 ヴェルメンティーノ 100%


イタリア料理レシピ手順
牛テールに
  塩・ブラックペパーを振りかけ
  薄力粉をまぶします
フライパンに
  オリーブオイルを入れ
  中火で牛テールの全体炒め焼き色を付けます
たまねぎ・にんじん・セロリは
  微塵切りにします
にんにくは
  縦に二等分し中の芽の芯の部分の目を
  綺麗に取ります
  微塵にします
ソースパンに
  オリーブオイル20ccを入;
  にんにくを入れ弱火で丁寧に炒めます
  にんにくの香りが立ってきたら
  たまねぎ・にんじん・セロリの
  微塵切りを入れローリエを加えて
  弱火で炒めます
野菜の水分を
  しっかり飛ばしたら
  牛テールを入れます
強火にして白ワインを入れ
  アルコールぶんを飛ばします
トマトホール缶の
  ジュースと実の1/2を加えます
  鶏のブロードを注ぎ入れます
弱火にしてコトコトと
  2時間殻3時間煮込みます
パスタパンに
  お湯を
  沸騰させ塩を水量の1%を加えます
  パスタを入れ茹でます
  パスタのゆで時間は
  袋に表示されてある時間より
  2分間短めに茹で上げます
  仕上がり時にアルデンテを
  お楽しみ頂けます
フライパンに
  牛テール・ソースを入れ
  弱火で暖めておきます
パスタが
  茹であがったらパスタの水気を切り
  フライパンに入れソースを絡めます
食器に盛り付け
  ブッラクペパーを振りかけ
  イタリアンパセリのみじん切りを振りかけます゛
イタリア料理に使用する調理器具

フィスラー NEWプロコレクション ソースパン浅型20cm

フィスラー NEWプロコレクション フライパン28cm

フィスラー(Fissler) NEWプロコレクション マルチスター(パスタ鍋) 20cm

リチャードジノリ (Richard Ginori) ベッキオホワイト プレート 26cm
にほんブログ村 料理ブログ イタリア料理(レシピ)へ
にほんブログ村
イタリアン料理レシピ ・パスタ
 

こちらにもクリックよろしくお願いします

イタリアン料理レシピ ・パスタ
牛テール 関連
イタリアン料理レシピ
https://ryujis.jp/archives/51788141.html
*****牛テールの赤ワインシチュー
牛テールのシチュー料理です
昨日の赤ワインソースを使います
赤ワインソースにフォンドボーを加え
味に深みを持たせます

 - イタリアレシピ, イタリア料理レシピ

Comment

  1. siawasekun より:

    牛テールのパスタ  ペンネ・リガーテ、・・・・・・。
    素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
    食べたくなりましたよ。
    ぜひ、・・・・・・。
    いつも、心あたたまるコメント&応援ポチに、心より、恐縮、深謝です。
    応援ポチ♪♪(全)

  2. らるむ。 より:

    おはようございます。
    イタリアンやフレンチでは魚より肉派なので、今日のパスタもとってもおいしそうです(*^_^*)
    メニューにあったら、迷わず頼んじゃいます♪
    応援☆☆

  3. ety より:

    コメントいただきありがとうございました
    煮込まれた牛テール
    パスタに絡んだらとってもおいしそうです
    味わい深い奥深いパスタですね
    応援☆

  4. おはようございます。
    いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。
    牛テールを活かしているのですね!!
    とても美味しそうです。
    本日のパスタも魅力的ですね!!
    全部ポチッと応援させて頂きます。

  5. hannoah より:

    こんにちは♪
    コトコト煮込まれた牛テール☆
    旨みたっぷりで、ショートパスタにたっぷりと
    具が絡んでいるのを想像するだけで、笑顔に
    なっちゃいます!!
    これからの季節にもぴったり♪ パーティにも
    おもてなしにも喜ばれますね^^

  6. ぴよこ より:

    こんにちは
    牛テールのパスタってあるんですね。
    こくがあって、おいしそうですね。
    いつも応援いただき、ありがとうございます。
    応援☆

  7. kazuyoo60 より:

    アブチロンが咲きだしましたね。咲く前の赤い蕾だけでも十分に楽しめますね。
    1度だけ牛テールを買ったことがあります。あの凄い脂肪、びっくりでした。
    骨髄に栄養があるのは良く分かっています。
    次々と食品偽装ですね。まさか吟醸酒にまで、もうびっくりです。

  8. のんた より:

    おはようございます。
    牛テールを使ったペンネのお料理。とっても美味しそう。。。いい牛テールを仕入れたくなりました。
    いつも素敵なレシピをありがとうございます。刺激をいただいています。
    応援です

  9. misya より:

    こんにちは♪
    コトコトと時間をかけて作られた牛テール♪
    贅沢ですね~旨味一杯♪
    それをペンネに・・とっても美味しそうです♪

  10. puffpuff より:

    とろける牛テール、美味しそう!!
    コラーゲンもたっぷりかしら。

  11. イヴォンヌ より:

    牛テールを煮込んだパスタ最高に贅沢でおいしそうですね~♪

  12. yuko より:

    2度おいしいというやつですよね
    お肉はお肉で楽しめ
    旨みの出たソースでパスタ
    贅沢な一皿ですよね
    素敵なレシピありがとうございます

コメントを残す

  関連記事

サーモンとオレンジのマリアージュ
なすとパンチェッタのパスタ リングイネ
パスタ メッツェマニケ そらまめ ペコリーノ・スカカーナ・フレスコ
パスタ キタッラ カステルマーニョチーズソース
パスタ カサレッチェ クルミソース
パスタ リングイネ ビエトラ クルミのソース
仔羊のカツレツ トマトソース 水牛モッツアレラチーズのせ
パスタ タリアッテレ ウニ 白ワイン風味
パプリカと菜の花のパルミジャーノ 牛もも肉のカルパッチョ添え
パスタ キタッラ いわし ドライトマトソース